オーストリア・チロル地方の魅力


つい先日(6/11-20)、女子旅の視察(出張)でオーストリアのチロル地方に行ってきました。

「え、風の旅行社がヨーロッパ進出?」、弊社の得意とする地域を知っている方にはそう思われるでしょう。・・・事実、私自身、今回が初のヨーロッパ渡航でした。


IMG_3122

(どこに行っても、花・花・花!! これぞまさにお花畑~) (more…)

お土産はスーパーや市場で買うのがおもしろい!


風の旅行社に長く在籍していると、どうも感覚が麻痺してしまい、世の中のスタンダードがわからなくなって、風の(女子旅含む)ツアーの特長が何なのか、自分たちでもよくわからなくなることがあり、、、むしろ逆に、お客様から「こうゆうところが風っぽくて好き!」と教えてもらうことがままあります(笑)


バザールでは現地の人たちとのコミュニケーションが楽しみの一つ
バザールでは現地の人たちとのコミュニケーションが楽しみの一つ


風の(女子旅)ツアーでは、スーパーや市場(バザール)へ積極的に立ち寄ります。スタッフの多くが実際に面白いと思ってあえて日程に入れているので、もはやそれが風のスタンダードになりつつあります。 (more…)

私が旅に出る理由


たくさんの出会いと感動がもらえる風のスタディーツアー
沢山の出会いと感動がもらえる学生スタディーツアー。陽気なモロッコのスタッフたちと!


数日前、この夏一緒に学生スタディーツアーでモロッコを旅したメンバー数名と遊んだときに、唐突に投げかけられた質問。

「ミクさんは、なんで旅が好きなんですか?」

どんな旅が好きか、は聞かれたことも考えたこともあるけれど、、、

「‘なぜ’、旅に出たくなるのか?」

そう改まって聞かれると、自分が旅に出る(出てしまう)理由をいままで考えたことも無かったことに気づきました。

(more…)

添乗報告記●富士山プリンスルートを登ってきました


yamabito_tenjo018_01
プリンスルート 御殿場口6合目~7合目間(標高3000m前後)


7/23-24の一泊二日で、「【風の山人】山岳ガイド木元康晴さん同行・富士山プリンスルート」に行ってきました。 (more…)

ほしのいえから帰ってきました!


サインバイノー!

ひんやりカラッとした空気、青々と茂った草原、スカッと晴れ渡った気持ちのいい夏空、そして爽やかなハーブの香りに包まれた、直営キャンプほしのいえから帰ってきました。


IMG_0697

(more…)

ちょっとアクティブに遊ぶ女子旅 チェジュ島(韓国)へ


日本からわずか3時間以内で着く身近な海外の島・済州島へ行ってきました。今秋以降の女子旅新企画のための下見が目的です。

3


一昔前にブームが去ってしまったのか(?)、台湾より近いのに、日本人には空港以外で一度も会いませんでした。台湾とは雲泥の差ですね。

リゾートのイメージが強いチェジュ島ですが(もちろんメジャーな観光地には韓国人&中国人観光客の姿がたくさんありましたが・・・)、世界自然遺産の島でもあるので、サイクリング、森歩き、そして馬旅やミニバイクなども楽しめる、とっても気持ちがいいフィールドが、人知れずあるのです。


新鮮なシーフードや美味しい黒豚が味わえる美味しい食事


(more…)

キルギスのかわいいフェルトグッツ


DSCF4110


風スタッフも薄々気づいていることでしょう。私のデスクの上にある癒しスペースに、毎夏1~2体ずつ、フェルトの動物たちが増えていることを。(2016年4月現在、5体の動物が並んでいます)
(more…)

お茶旅のススメ


数年前までコーヒー党だった私ですが、カフェインを控えたくなり、最近ではすっかりお茶党に生まれ変わりました。


14278849_orgedited


(more…)

あこがれの山旅



joshikikaku20160205_02
(つい先日訪れたアンナプルナサーキット/ネパールの旅のひとこま)



ある日突然、山歩きにハマリました。 (more…)

モノより思い出。体験はpriceless!


みなさん、メモをしっかり取ってやる気満々です!
みなさん、メモをしっかり取ってやる気満々です!

‘旅行中に食べた、あのおいしくてカラダに優しい韓国料理を、日本に帰ってからも食べたい!’


下見出張のときに、「自分でも作れるようになったら嬉しいな~」と思ったわたしは、ツアーとして企画化する際に、少々無理を言って「料理体験」を盛り込んでもらいました。


KAZEのツアーでは、ローカルなスーパーに立ち寄ることはよくありますが、実際に料理を作る機会はほとんどありません。20代の頃はあまり、帰国後に「現地料理を作りたい欲」はありませんでしたが、歳を重ねるにつれ、「料理欲」が沸々と湧いてきたのです。 (more…)