【なにわ日記】熱中症対策にモロッコの水売りおじさん?


水売りおじさん ジャマ・エル・フナ広場にて
水売りおじさん ジャマ・エル・フナ広場にて

 今年の暑さは例年に比べて、格段に暑いように感じます。家では扇風機でしのごうとしていたのですが、今年は無理でした。ここ数日はお風呂上りと寝る前の2時間だけクーラーをつける日々です。熱中症にも注意が必要なため、寝る前や日中の水分補給をこまめにしないとと思いながら、モロッコの写真の整理をしていたときに、水売りおじさんの写真を見つけました。
 このおじさんは、マラケシュのジャマ・エル・フナ広場にいて、水売りのコスチュームに身を包み、観光客の写真のモデルをしています。日本でコンビニなどでお水を買うより、おじさんが大阪の町中にいて、水を売ってくれたらなあと思ったのですが、いままで撮影をしたことはありましたが、水を飲んだことはありませんでした。 本当にお水を売ってくれるのか、またそのお水はお腹に安心なお水なのか、次回のモロッコ出張時に確かめてこようと思っています。

水売りおじさんに会えるかも?!モロッコのツアーはこちら!

【なにわ日記】マイレージがたまらない


1月に乗ったエミレーツの機体は虎が描かれていました
1月に乗ったエミレーツの機体は虎が描かれていました

長年、旅行業の仕事をしていると、友人達に「マイレージ、めっちゃ貯まるんちゃう?(訳:すごく貯まるんじゃない)?」と言われるのですが、風の取扱い地域は、貯まらないのと、貯まったとしても活用ができない航空会社が多いのです。この夏も多くのスタッフがモンゴルへ添乗ででていますが、モンゴル航空独自のマイレージサービス(外部リンク)しかないため、提携航空会社での利用ができないのです。また、モロッコ添乗や出張時に利用するエミレーツ航空も独自の「スカイワーズ」(外部リンク)というマイレージサービスなのですが、エミレーツの場合、提携航空会社にJALがあるので、JALでマイル加算が可能(外部リンク)です。ただし、予約クラスによっては日本からドバイ間は加算できず、ドバイ/カサブランカ間も50%のみ(クラスによります)が、ほとんどです。なんやかんやで結局は貯まらず、期限切れになるという残念な結果を続けています。

【なにわ日記】福岡はステキなところ


会場の裏はすぐ海! 気持ちのいい風が吹いていました。
会場の裏はすぐ海! 気持ちのいい風が吹いていました。

6/15~6/17までモンベルフレンドフェアのイベントで福岡(外部リンク)に出張をしてきました。過去にも何度か福岡で説明会などを開催したことがあるのですが、今回は2泊したので福岡滞在を堪能しました。福岡は地下鉄やバスも多くあり便利なのですが、道もわかり易く綺麗なので、お天気に恵まれれば徒歩で移動がお勧めです。今回も会場の福岡国際センターから博多駅まで25分ほど歩いたのですが、気持ちよく歩けました。

そして今回の会場裏は、すぐ海! 休憩時間は海沿いで美味しいシラス丼を食べたり、お茶を飲んだりして過ごすこともできました。

モンベルフェアでは多くのお客様とお話ができました。
モンベルフェアでは多くのお客様とお話ができました。

そしてそして夜は、とり鍋をいただきました。通常、福岡で鍋といえば水炊きですが、以前食べたこともあり、今回は福岡出身スタッフのお勧めの「とり鍋」をいただきました。とり鍋は出汁に味があるので、そのままで食べることができます。もちろんポン酢や柚コショウをいれても美味しいです。名物の「酢もつ」海草でできた「おきゅうと」などの郷土料理もいただき
美味しい福岡を満喫しました。

福岡名物おきゅうと

福岡名物おきゅうとはさっぱり味

水炊きではなくとりなべです。

水炊きではなくとり鍋です。

たくさんのお客様とお話ができた今回のモンベルフレンドフェア福岡。次回開催が待ち遠しいです。

【なにわ日記】モロッコのサッカーから目が離せない!?


ハミリア村でサッカーを楽しむ子ども達
ハミリア村でサッカーを楽しむ子ども達

ワールドカップがはじまり、昨晩は皆様もテレビの前に釘付けだったのではないでしょうか?
今回のワールドカップにはモロッコも出場しており、現地では盛り上がっているようです。そして日本では、別の意味でモロッコのサッカーに注目が集まっているようです。6/16のモロッコVSイランをご覧いただいた方は、お気づきかと思うのですが、モロッコの監督から目が離せません。
ちょうど、その試合をみていたスタッフから「ぜひ監督をみてください!」と教えてもらい見たところ納得しました。そんなモロッコは今晩ポルトガルとキックオフです。試合はもちろんですがベンチにも注目です。

モロッコでサッカーをしたくなったら、こちら!
【FOOTRAVEL】ボールを持って砂漠の村へ!
2019/2/15(金)・3/22(金)発 モロッコ サハラ砂漠でサッカー交流10日間 ─ 砂漠の民ベルベル人の伝統を知る ─

【なにわ日記】モロッコの世界遺産 ヴォルビリス考古遺跡


夕暮れのヴォルビリス遺跡
夕暮れのヴォルビリス遺跡 間に合わなくて残念

モロッコには世界遺産が9つあり、1997年に登録されたのがヴォルビリスの考古遺跡です。メクネスから車で1時間ほどのところにあるのですが、外の景色を眺めているとだんだんと緑が多くなり草原が広がった先に遺跡が現れます。全盛期には2万人の人が住んでいたといわれており、遺跡の中には、それぞれの「家」のモザイク画が多く残っています。

日中は日差しを遮るものがないため、帽子やミネラルウォーターは必携です。特に6~9月の日差しは強烈なので朝や夕方の時間帯がおススメです。ただし閉園時間には御注意を! 夕暮れまでしか観光できないため、秋~冬の時期は閉園時間も早いのです。実は、私も1月に訪れ際には、日没時間のため入ることができず、目の前の遺跡に涙を呑みました。

ヴォルビリスを訪れるコースはこちら!
地中海から砂漠を越えて モロッコ大周遊13日間

【なにわ日記】モロッコ土産に最適!ミントティーパック!


おススメのミントティの箱
おススメのミントティ

大阪支店では、ご来店いただいたお客様にお茶をお出ししています。お茶葉はできるかぎり添乗や出張で訪れた国や地域のものを使用(たまに切らしている場合もあります…が)しており、現在はモロッコのミントティです。
モロッコではお土産用にも様々なティーパックがあるのですが、今回のミントティは、私がいままで飲んだお土産用ミントティの中でナンバー1の美味しさです。

開けるといい香りがします
開けるといい香りがします

パックも布製でできており、開けた時の香りよく、夏にいただくのはぴったりの味です。

年末添乗時にモロッコから持ち帰ったこちらのミントティ。どこで買うことができるのか、モロッコ支店に問合せ中です!

美味しいミントティが飲みたくなったら、モロッコへ!
モロッコツアー一覧はこちら!

ゴールデンウィークはいかがお過ごしですか?


5月のサハラ砂漠の様子
5月のサハラ砂漠の様子

本日、大阪はあいにくの雨ですが、
皆様、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?
5/4~5/6あたりはお天気も回復するようですので、近郊へお出かけの方も多いのではと思います。今年、大阪支店では4/27、4/28のご出発が多く、ネパールやミャンマーなどにお出かけいただいております。

風のスタッフは、既に来年のGWコースを企画中です。6月中旬発行の「風の季節便」で2019年イチオシGWツアー予告発表をしますので、ぜひ来年の10連休!?には海外旅行をご検討くださいませ。

風の季節便とは!

一周まわって、やっぱりタジン


ウサギのタジンは、鶏のような味わい ドライブインにて
ウサギのタジンは、鶏のような味わい ドライブインにて
店先に並ぶタジン
店先に並ぶタジン 今日の中身は?
季節の野菜のタジン カリフラワーとえんどう豆  マラケシュスークにて

季節の野菜のタジン カリフラワーとえんどう豆  マラケシュスークにて

くたくたに煮たタマネギが絶品 タマネギとオレンジと羊 フェズのリアドにて

くたくたに煮たタマネギが絶品 タマネギとオレンジと羊 フェズのリアドにて


モロッコには様々な料理があり、どれもこれも美味しいものばかりなのですが、私が一周まわって行き着いた先は、やっぱりタジンです。 日本でもメジャーになったタジン。独特の円錐形のフタがついた土鍋で煮込んだ料理で、このタジンで煮込む組み合わせによって、様々な味を楽しむことができます。
ローカルな食堂にお昼ごろ行くと店先でタジンを煮込んでいます。常連さんは、三角の鍋蓋をヒョイとつまんで中身を覗きながら、「今日はなに?」ときき、店へ入っていくのです。
季節ごとの野菜を組みあわせたり、肉の種類、魚の種類のよって香辛料をかえたりと、タジンは店主の腕の見せ所。ぜひ、その土地の名物タジンで召し上がってみてください!

アンチョビのタジンはパンにつけながら召し上がれ シャウエンにて

アンチョビのタジンはパンにつけながら召し上がれ シャウエンにて

ぎゅーと果実を絞ったらおいしさ倍増 マグロのタジン シャウエンにて

ぎゅーと果実を絞ったらおいしさ倍増 マグロのタジン シャウエンにて


タジンを食べたくなったらモロッコへ! 
モロッコツアー一覧はこちら!

ウズベキスタンのバービー人形?


斜めの視線が高貴な雰囲気
斜めの視線が高貴な雰囲気

昨年9月催行したコース「悠久のシルクロード大走破【第3弾】新疆~キルギス~カザフスタン~ウズベキスタン天山越えから天山北路を西へ 玄奘求法の道を追う12日間」に同行したK崎が撮影した写真をみていると気になる写真がでてきました。民族衣装に身を包んだ人形です。バービー&リカちゃん人形世代としては、この歳になっても、こういった人形には惹かれるものがあります。ウズベキスタン人形は、眉毛長め、髪の毛は黒、目は青く、そして斜め視線で高貴は雰囲気です。この人形はタシケントのウズベキスタン工芸博物館のお土産コーナーにあるようですので、人形好きな方、ぜひいってみてください。

ウズベキスタンのツアー一覧はこちら!

「世界の車窓から」は中央アジアを放映中


テレビ朝日の「世界の車窓から」(外部リンク)では、3月下旬まで中央アジアと中東ドバイ編が放送される予定です。中でも今週はウズベキタンのサマルカンドなどが放送されており、懐かしい風景をみることができました。

乗り込む時の段差があります。 荷物は軽めに!
乗り込む時の段差があります。 荷物は軽めに!

2014年のウズベキスタン出張でウルゲンチ~ブハラ間の夜行列車に乗りました。
地平線に沈む夕日を眺めながら(ビール片手に)、「この夜行に乗るツアーを作ろう」と思っていたのですが、列車のスケジュールがあわないなどの理由で、夜行列車利用はやめて現在はブハラ~サマルカンド間や、タシケント~サマルカンド間の日中の列車に乗るツアーを企画しています。

スケジュールがあわず断念した寝台車
スケジュールがあわず断念した寝台車

二重内陸国でもあるウズベキスタンの広い大地を感じることのできる国ですので列車の旅はおおススメです。忙しい日常から抜け出し、車窓の風景をぼんやり眺めながら、過去や未来に思いを馳せ、なんだか少しセンチメンタルな気分に浸るのも、大切な旅の時間だと感じます。
そんな旅をしてみるのもいいものですよ。

ウズベキスタン、列車の旅はこちらがおススメ!
3つのバザールを訪れ2つの列車で旅する ウズベキスタン暮らし探訪9日間

列車でGOGOサマルカンド5日間