一周まわって、やっぱりタジン


ウサギのタジンは、鶏のような味わい ドライブインにて
ウサギのタジンは、鶏のような味わい ドライブインにて
店先に並ぶタジン
店先に並ぶタジン 今日の中身は?
季節の野菜のタジン カリフラワーとえんどう豆  マラケシュスークにて

季節の野菜のタジン カリフラワーとえんどう豆  マラケシュスークにて

くたくたに煮たタマネギが絶品 タマネギとオレンジと羊 フェズのリアドにて

くたくたに煮たタマネギが絶品 タマネギとオレンジと羊 フェズのリアドにて


モロッコには様々な料理があり、どれもこれも美味しいものばかりなのですが、私が一周まわって行き着いた先は、やっぱりタジンです。 日本でもメジャーになったタジン。独特の円錐形のフタがついた土鍋で煮込んだ料理で、このタジンで煮込む組み合わせによって、様々な味を楽しむことができます。
ローカルな食堂にお昼ごろ行くと店先でタジンを煮込んでいます。常連さんは、三角の鍋蓋をヒョイとつまんで中身を覗きながら、「今日はなに?」ときき、店へ入っていくのです。
季節ごとの野菜を組みあわせたり、肉の種類、魚の種類のよって香辛料をかえたりと、タジンは店主の腕の見せ所。ぜひ、その土地の名物タジンで召し上がってみてください!

アンチョビのタジンはパンにつけながら召し上がれ シャウエンにて

アンチョビのタジンはパンにつけながら召し上がれ シャウエンにて

ぎゅーと果実を絞ったらおいしさ倍増 マグロのタジン シャウエンにて

ぎゅーと果実を絞ったらおいしさ倍増 マグロのタジン シャウエンにて


タジンを食べたくなったらモロッコへ! 
モロッコツアー一覧はこちら!

ウズベキスタンのバービー人形?


斜めの視線が高貴な雰囲気
斜めの視線が高貴な雰囲気

昨年9月催行したコース「悠久のシルクロード大走破【第3弾】新疆~キルギス~カザフスタン~ウズベキスタン天山越えから天山北路を西へ 玄奘求法の道を追う12日間」に同行したK崎が撮影した写真をみていると気になる写真がでてきました。民族衣装に身を包んだ人形です。バービー&リカちゃん人形世代としては、この歳になっても、こういった人形には惹かれるものがあります。ウズベキスタン人形は、眉毛長め、髪の毛は黒、目は青く、そして斜め視線で高貴は雰囲気です。この人形はタシケントのウズベキスタン工芸博物館のお土産コーナーにあるようですので、人形好きな方、ぜひいってみてください。

ウズベキスタンのツアー一覧はこちら!

「世界の車窓から」は中央アジアを放映中


テレビ朝日の「世界の車窓から」(外部リンク)では、3月下旬まで中央アジアと中東ドバイ編が放送される予定です。中でも今週はウズベキタンのサマルカンドなどが放送されており、懐かしい風景をみることができました。

乗り込む時の段差があります。 荷物は軽めに!
乗り込む時の段差があります。 荷物は軽めに!

2014年のウズベキスタン出張でウルゲンチ~ブハラ間の夜行列車に乗りました。
地平線に沈む夕日を眺めながら(ビール片手に)、「この夜行に乗るツアーを作ろう」と思っていたのですが、列車のスケジュールがあわないなどの理由で、夜行列車利用はやめて現在はブハラ~サマルカンド間や、タシケント~サマルカンド間の日中の列車に乗るツアーを企画しています。

スケジュールがあわず断念した寝台車
スケジュールがあわず断念した寝台車

二重内陸国でもあるウズベキスタンの広い大地を感じることのできる国ですので列車の旅はおおススメです。忙しい日常から抜け出し、車窓の風景をぼんやり眺めながら、過去や未来に思いを馳せ、なんだか少しセンチメンタルな気分に浸るのも、大切な旅の時間だと感じます。
そんな旅をしてみるのもいいものですよ。

ウズベキスタン、列車の旅はこちらがおススメ!
3つのバザールを訪れ2つの列車で旅する ウズベキスタン暮らし探訪9日間

列車でGOGOサマルカンド5日間

2019~2021年までGWはラマダン(断食月)です!


 モロッコに行くならいい季節に行きたい!ということで、天候の安定する春か秋に検討なさる方も多いかと思います。中でも長期休暇の取れるGWはおススメです。

GWごろのサハラ砂漠の様子 ラクダに乗って砂丘の奥へ
GWごろのサハラ砂漠の様子
ラクダに乗って砂丘の奥へ

ただし、来年からはGWのモロッコはちょっと注意が必要です。それは、2019年から2021年まで「ラマダン」がゴールデンウィークに重なるのです。(ラマダンとはこちらをご覧ください
2018年は5/15~約1ヶ月
2019年は5/5 ~約1ヶ月(開始、終了は前後します)
と毎年10日づつほどずれるため、2021年まではラマダンがGWにかかります。

ラマダン中もご旅行は問題なくできるのですが、日没と同時に、現地の方々は食事をすることになるので夕方になると人々がいなくなる、車の運転が荒くなる(家に急いで帰るので)など
いつものモロッコと違う雰囲気になります。また、レストランもオープンしていますが、料理人が日中味見ができないので、塩辛くなったり、味がなかったりすることもあるとかないとか?

ラマダンを避けたい方は今年のGWに!
そして、ラマダンを体験したい方は、来年のGWにぜひご検討ください! 

今年のGWならこちらのツアーがおススメです。
サハラ砂漠から大西洋へ モロッコ周遊10日間
5/4(金)発 砂漠とバラと迷宮のモロッコ ~月の砂漠で満天の星空散歩&咲き乱れるバラの谷~

5月上旬はバラの季節です
5月上旬はバラの季節です

ウズベキスタンでおススメ ヒヴァの町


ここ数日、ウズベキスタンへのお問い合わせが増えているようなのでおススメのヒヴァの町を紹介します。

ヒヴァのイチャン・カラ内にある未完成のミナレット「カルタ・ミナル:
ヒヴァのイチャン・カラ内にある未完成のミナレット「カルタ・ミナル」:

タシケントから国内線で約1時間、その後車で約40kmのところにあるヒヴァは外敵からの侵入を防ぐために外壁と内壁の二重の城壁に守られており、この内側の城壁に囲まれたところを「イチャン・カラ」といいます。このイチャン・カラには数多くのモスク、メドレセ、ミナレットが残されており、ユネスコの世界遺産にも登録されています。

青のタイルと城壁の対比が美しいヒヴァのイチャン・カラは一見の価値アリです。

高さ10m弱の城壁に囲まれています

高さ10m弱の城壁に囲まれています

青色に惹かれてつい買ってしまうお土産用のタイル

青色に惹かれてつい買ってしまうお土産用のタイル


ウズベキスタンのツアー一覧は「こちら」をクリック!

モロッコで食べる美味しいセネガル料理


モロッコへ出張へ行ったら必ず食べる食事があります。
タジンやクスクスも美味しいのですが、カサブランカに泊まるのではあれば
「セネガル料理」を必ず食べます。

卵と海老の上にクリームチーズをのせると更に美味
卵と海老の上にクリームチーズをのせると更に美味

セネガル料理といっても本格的なものではなく、港にあるセネガル料理屋さんで食べる食事なのですが、ここには2品しかありません。1つは海老の入ったオムレツ。そしてもう1つはスープです。少し胡椒の効かせたスープは、魚介のうまみがたっぷり詰まった味わいです。
そしてオムレツは、ホブス(モロッコのパン)をちぎってすくうように口に運ぶのですが、少し半熟気味の卵でエビのプリプリ感がたまりません。パンについてくるクリームチーズをのせるとこれまた美味しい!

見た目よりずっとアッサリしています

見た目よりずっとアッサリしています

絶えずお客様が入ってきます

絶えずお客様が入ってきます

綺麗でオシャレなお店もたくさんあるモロッコですが、私はこういった地元の人が集まるお店が大好きです。この味に興味のある方は、カサブランカ滞在中お連れできますので、ぜひお知らせください!

カサブランカ泊にアレンジできるモロッコツアーはこちら!
『風のモロッコ』のツアーアレンジ

中坪のメルハバ!モロッコニュース 砂漠で砂嵐に遭遇!


アッサラームアレイコム 引き続きモロッコから中坪です。

今日はメルズーガの砂漠からイフランの峠を越えてフェズへ移動です。

昨日マラケシュからティシュカ峠を越えたのですが、マラケシュで降っていた雨が雪になり、真っ白な峠越えでした。

マラケシュから砂漠への峠越え中に雪に遭遇
マラケシュから砂漠への峠越え中に雪に遭遇

そこからアグデス→アルニフを通りメルズーガへ。途中から風が強く砂嵐となり、テントも見えない状態に!
テントスタッフに途中まできてもらって、なんとかたどり着くことができました。
何度かメルズーガには来ていますが砂嵐にあったには始めてです。
荷物をテント内に入れるだけで、砂まみれになってしまいました。

夜中じゅう吹き荒れていた風も朝にはおさまり、朝の砂漠は快晴です。

昨日は砂嵐だったが今朝は快晴に!
昨日は砂嵐だったが今朝は快晴の砂漠

雄大なモロッコの景色を車窓から眺めながら、夕方には雪でクローズする予定のイフランの峠に向かってひた走っております。

kvmnews20180118_03

2018年もよろしくお願い致します


2018年の年賀状です。
2018年の年賀状です。

新年明けましておめでとうございます。
年末年始は、みなさまどちらでお過ごしでしたでしょうか?
大阪は元日と1/2はいいお天気で、日が照ると暖かさも感じ、夜にはまんまるお月様も
顔を覗かせていましたが、1/3からぐっと寒くなりました。
寒さに重ねて、年末年始の暴飲暴食で体調を崩しやすくなっています(私だけでしょうか?)のでどうぞご自愛くださいませ。

大阪支店は1/5 10:00より営業いたします。2018年も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

年末のねぎま鍋
年末のねぎま鍋

今年も1年ありがとうございました


モンゴルの犬もマイナス20℃はさすがに寒そう
モンゴルの犬もマイナス20℃はさすがに寒そう

昨晩からぐっと寒くなり、年末だなあと感じています。
毎年、年が明けて3月ごろに「1月2月って早いなあ~」と皆で話をしたと思ったら、夏場のピークを向かえ、秋にちょっとほっと一息ついたら、もう年末!!っというサイクルを送っており、どんどん1年すぎるのが早くなります。

今年は大阪支店も20周年を迎えることできました。
たくさんのお客様に支えていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

2018年戌年も引き続き、どうぞよろしくお願い致します。

黄熱病の予防接種を受けました


イエローカード
イエローカード

今年は秋に2回注射をしました。1回目は毎年のインフルエンザ予防接種。
そして2回は黄熱病の予防接種です。年明けの出張予定先で入国時にイエローカード(黄熱の予防接種証明書)が必要になるので今回はじめて接種をしました。
※黄熱について(外部リンク 厚生労働省)

 黄熱病の予防接種は、事前予約が必要です。そのほか、料金は収入印紙で支払う、予約は混んでいる、接種後、4週間は他の予防接種ができないなど、インフルエンザ予防接種とは違う点が多々あります。 
 また、接種後の副作用にも注意が必要です。いただいた注意事項説明書によると、まず接種後、30分間は急激な副反応に対応するため別室で待機しなければなりません。
接種後5~10日間の間に10~30%の方に接種部位の発赤、腫れ、発熱や頭痛、筋肉痛及び発疹などの症状が出現し、稀に脳炎(20万人に1人程度)、熱性多臓器不全(40万人に1人)などの重篤な副反応が起こる可能性があるとのことでした。

 私も接種後、6日目まではなんともなかったのですが、7日目になって、手がだるいなあと思って見てみると、接種部位が赤く腫れ、その日から頭痛と筋肉痛、全身の倦怠感を3日間ほど経験をしました。11日目の今日は、ほとんどの症状が落ち着いてきました。
接種10日後には90%の接種者で十分な免疫が得らるようですので、そろそろ私の身体にも免疫がつくころだなと思ってます。