2名様から催行毎週出発日本語ガイドが付きます英語ガイドは付きません添乗員は同行しません特別講師は同行しません

永続可能な社会は築けるか

世界一のNGO大国・バングラデシュの村でNGOの活動現場を見る7日間

  • エネルギッシュな喧騒の街、バングラデシュの首都ダッカ
  • 渡し舟はダッカで暮らす人々には欠かせない交通の足
  • リキシャが行き交うダッカ市内
  • 移動の車中からは、ベンガルの美しい農村風景が見られる
  • アムラボ村を拠点に活動するNGO「PAPRI」の事務所
  • 好奇心旺盛なアムラボ村の子どもたち
  • NGO「PAPRI」が行うマイクロクレジット活動の現場に同行
  • アムラボ村で宿泊するNGOのゲストハウスは必要最低限の設備
  • 日本人の口にも合うベンガル料理
  • アムラボ村では「キシュリ」の少女たちとも交流
  • 色とりどりの野菜が並ぶアムラボ村の朝市。早起きして出かけてみましょう。
  • 水場は水浴び場であり、洗濯の場であり、遊び場でもある
  • リバークルーズで、川と寄り添う暮らしの風景を垣間みる
  • ストリートチルドレン施設の子どもたちと交流
  • 世界最大のNGO「BRAC」のメインオフィス。活動について話を伺います。
  • スラム地区には、家を持たない多くの人々が集まり、暮らしている
  • 「BRAC」が経営するダッカ市内のフェアトレードショップ
  • バングラデシュはヒマラヤの雪解け水を湛えた大河の、海への玄関口

【※現地事情を考慮し、募集を一旦見合わせています】
首都ダッカは、エネルギッシュな熱気に満ち溢れ、その喧騒は、衝撃的ですらある。バングラデシュは日本の4割の国土に1億5000万人以上が暮らし、人口の約75%が一日2ドル以下で生活する貧困国である。同時に2,200を超えるNGOが活動するNGO大国でもある。NGOの多くは、経済発展が貧困を撲滅するという幻想を超えて、人間開発をその活動の中心に据える。この国には、「発展こそが人間が豊かになる方法」という価値観とは全く違う世界がある。
このツアーでは、世界最大のNGO「BRAC」本部を訪問しマイクロクレジットの活動の意義を、村で活動する地元NGO「PAPRI(パプリ)」訪問では、活動現場に同行し、スタッフたちに話を伺いながらNGOの目指している価値観を見つめます。
ツアーポイント
1. 喧騒の街ダッカでバングラデシュのエネルギーを感じる
2. ストリートチルドレン施設を訪問し子どもたちと交流
3. 村で活躍するNGOのマイクロクレジットの活動現場に同行
4. 世界最大のNGO「BRAC」の本部を訪問しレクチャーを受ける



バングラデシュ総合案内

関連記事


このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1東京・大阪・名古屋
乗継地
ダッカ
午前又は午後:東京(羽田または成田)、大阪(関西)、名古屋(中部)発、空路、乗継いでダッカへ。
夜又は深夜:着後、ホテルへ。
  宿泊●ホテル泊 食事● - /  - / 機内
2ダッカ終日:ダッカ市内観光。見事な建築の国会議事堂(外観のみ見学)、ベンガルの言語運動の象徴ラングエッジ・モニュメント、細かい路地に軒を接するバザールなど人々の暮らしが垣間見えるオールドダッカやスラム、ダッカが水の都だということを感じられる大きな船着場ショドルガット、歴史・自然・民族などの展示物が並ぶ国立博物館などを見学します。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
3ダッカ午前:世界一の規模を誇るNGO・BRAC本部を訪問。スタッフよりその活動の意義などレクチャーを受けます。
午後:ストリートチルドレンの支援活動を見学。ドロップインセンター(一時滞在所)を見学し子供たちと交流します。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4ダッカ
アムラボ村
午前:ダッカの喧騒を離れ、伝統的クルーズ船PANSI・NAO号でチャーターリバークルーズを楽しみます。船上では、ベンガル料理の昼食を取りながらゆっくりお過ごしください。
午後:車でノルシンディー県・アムラボ村へ(移動=約2時間30分)。この日は、村のNGO・PAPRIのゲストハウスに泊まります。
  宿泊●NGOのゲストハウス泊 食事●朝 / 昼 / 夕
5アムラボ村終日:アムラボ村滞在。村のNGO・PAPRIのマイクロクレジット(PAPRIは、より低利なソフトローンを行っている)や保険衛生などの活動を視察。女性の相互扶助グループ「ショミティ」の活動や、早婚防止、ジェンダー教育などを行う11歳から18歳の少女たちで組織する「キシュリ」の子どもたちとも交流します。夕方、PAPRIのスタッフたちから、ソフトローンや農村開発プロジェクトなどの話を伺います。
  宿泊●NGOのゲストハウス泊 食事●朝 / 昼 / 夕
6アムラボ村
ダッカ
午前:車でダッカへ戻ります(移動=約2時間30分)。
午後:フェアトレードの工芸品店やスーパーマーケットなどにご案内します。
【ホテルのお部屋はご出発までご利用いただけます】
夕刻:市内のレストランで夕食。
夜:日本語ガイドと共に、車で空港へ。
深夜:ダッカより空路、乗り継いで帰国の途へ。
  宿泊●機内泊 食事●朝 / 昼 / 夕
7乗継地
東京・大阪・名古屋
午後又は夕刻:東京(羽田または成田)・大阪(関西)・名古屋(中部)到着。
  宿泊●泊 食事●機内 / 機内 /  - 
出発日・旅行代金(1名様あたり)
東京発
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2015/10/4~10/25の毎週(日)293,000円
2015/11/1~11/22の毎週(日)269,000円
2015/12/5~12/19の毎週(土)279,000円
2016/1/2~1/30の毎週(土)269,000円
2016/2/7~3/27の毎週(日)279,000円
2016/4/3~4/24の毎週(日)274,000円
2016/5/8~7/10の毎週(日)265,000円
2016/7/17~7/31の毎週(日)275,000円
2016/8/11(日)299,000円
2016/8/14~8/28の毎週(日)275,000円
2016/9/4・9/11(日)265,000円
2016/9/18(日)299,000円
2016/9/25(日)265,000円
大阪発
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2015/10/4~10/25の毎週(日)313,000円
2015/11/1~11/22の毎週(日)289,000円
2015/12/5~12/19の毎週(土)299,000円
2016/1/2~1/30の毎週(土)289,000円
2016/2/7~3/27の毎週(日)299,000円
2016/4/3~4/24の毎週(日)294,000円
2016/5/8~7/10の毎週(日)279,000円
2016/7/17~7/31の毎週(日)289,000円
2016/8/11(日)313,000円
2016/8/14~8/28の毎週(日)289,000円
2016/9/4・9/11(日)279,000円
2016/9/18(日)313,000円
2016/9/25(日)279,000円
名古屋発
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2015/10/4~10/25の毎週(日)313,000円
2015/11/1~11/22の毎週(日)289,000円
2015/12/5~12/19の毎週(土)299,000円
2016/1/2~1/30の毎週(土)289,000円
2016/2/7~3/27の毎週(日)299,000円
2016/4/3~4/24の毎週(日)294,000円
2016/5/8~7/10の毎週(日)279,000円
2016/7/17~7/31の毎週(日)289,000円
2016/8/11(日)313,000円
2016/8/14~8/28の毎週(日)289,000円
2016/9/4・9/11(日)279,000円
2016/9/18(日)313,000円
2016/9/25(日)279,000円
ご旅行条件・他
最少催行人員●2名(定員6名)
添乗員●同行なし。現地係員がご案内。
利用予定航空会社●シンガポール航空、キャセイパシフィック航空
利用予定ホテル●<ダッカ>クリスタルクラウン、ローレルホテル、ダッカガーデンイン <アムラボ村>NGOのゲストハウス
お一人部屋追加代金●20,000円
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●(基準日2016年4月1日)
国際線0円~25,400円
●代金に含まれないもの
各国空港税、燃油付加運賃、査証代金、日程表に含まれない食事代、その他個人的な出費、クリーニング代など

●事前徴収
(2016年4月1日現在)
・羽田空港諸税2,670円
・成田空港諸税2,610円
・関西空港諸税3,040円
・中部空港施設使用料:2,570円
・ダッカ空港諸税:8,050円(5,500タカ)
・香港空港諸税:4,220円(320香港ドル) ※キャセイパシフィック航空の場合
・シンガポール空港税:1,010円(12シンガポールドル)※シンガポール航空の場合

●旅券(パスポート)
査証(ビザ)申請時に有効期間が6ヶ月以上、未使用査証欄が3ページ以上残っている旅券(パスポート)が必要です。

●査証(ビザ)
このご旅行にはバングラデシュの査証(ビザ)が必要になります。
査証(ビザ)代金(実費・手数料込み)¥7,560
※外国籍の方は、ビザ(査証)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

●一人部屋追加代金はダッカ市内ホテルのみ対象です。それ以外の宿泊では男女別の相部屋となります。

※今回、タンガイル県・ノルショッダ村で2日間の滞在が含まれます。そのため、女性の方には、現地の気候でも過ごしやすく宗教にも配慮できる民族衣装、サロワ・カミューズ(ワンピースとズボンとショールからなる3点セットの服)を、村の滞在中に着用いただいております(バングラデシュの女性が年齢を問わず一般的に着用しています)。サロワカミューズは現地にて無料レンタルいたしますが、色やサイズはご希望に沿わない場合もございますので、予めご了承ください。
 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求