ツアー関連情報

ブータンのデラックス・ホテル紹介~ゆっくり快適に過ごす休日~

 

ブータンにもこんなホテルがあるんです。 (ウマ・パロ、ロビー風景)
ブータンにもこんなホテルがあるんです。 (ウマ・パロ、ロビー風景)

記念旅行やオーダーメイド旅行でブータンを旅される方には、可能な限り連泊を織り交ぜたゆったりめのスケジュールで、ブータン時間をお楽しみいただくのがお薦めです。そこにデラックス・ホテルのアレンジを少し加えることで、より快適なブータンの旅をお楽しみいただけることでしょう。

ここでご紹介するホテルは全て通常のツアーで利用するスタンダードクラスより星クラス、値段ともに高いホテルばかりです。年を追う毎に向上しているブータンのスタンダード・ホテルでも特に不自由なく過ごせますが、日本や欧米諸国と比較してしまうと設備やサービスなどまだ十分とはいえません。その中で以前「旅のヒント」でご紹介した「高級ホテル・シリーズ」に登場するホテルや今回新たにご紹介するホテルは別途追加代金がかかるものの、設備などのハード面、サービスなどのソフト面など多方面に渡りその快適さ、居心地の良さを滞在中に実感いただけることでしょう。
お2人だけ(もしくは参加者だけの)オーダーメイド旅行にすれば、いろいろなアレンジが可能なので、通常よりさらにたっぷりとのんびりとしたブータン時間をお楽しみいただけます。

※ 表示している追加代金(部屋毎)はシーズンによって異なります。また、ホテル側の事情に代金は予告なく変更される場合がございます。なお、表示している追加代金は全て2018年5月現在のものです。

◎ご旅行代金はご希望のアレンジに沿ってお見積もりをいたしますので、お問い合わせください。

各都市のデラックス・ホテル

アマンコラ(パロ、ティンプー、プナカ、ポブジ谷、ブムタン)
・オプション バンコクで延泊




※ホテルの昇降順はホテルアップグレード追加代金額に順じています。

★ パロ

1.ジワリン Zhiwa Ling

パロ郊外、タクツァン僧院に程近い農村地帯に佇むホテルがジワリン。本館、別館ともにブータンの伝統建築様式で建てられた姿は美しく、異空間に飛び込んでしまったような錯覚におそわれます。それもそのはず、ここジワリンでは当時改装中だったポブジ谷のガンテ僧院へ建材を提供するかわりに、僧院で使われていた柱、梁などの資材を譲り受け内装に生かしているのです。本館には本格的な仏間があり、常駐しているお坊さんによって瞑想指導だけでなく、希望者にはブータン式結婚セレモニーを執り行ってくれます。
また本館では、思わず買って帰りたくなる美しいチベット式およびブータン式絨毯の展示販売や寺院で見るような壁画や彫刻、生活雑貨のディスプレイが至るところになされていて、目も心も楽しめるホテルです。インテリア雑誌のような洒落た内装は新居のコーディネートの参考になるかもしれません。
別館にスパ、サウナ、ティー・サロン、瞑想室、ジムなども併設しているので長期滞在も可能です。また本館や屋外の高台からパロ市街やタクツァン僧院などが遠望できるのも、このホテルのもうひとつの魅力といえるでしょう。


ホテル外観

ロビー



スイート(1ベッドルームタイプ)

朝食(一例)



☆ハネムーナーには「スイート(1ベッドルーム・タイプ)」がオススメ!

※ スイートルームは本館にあり、パロの町の遠望など景色もよく、リビング、ベッドルームともにテレビがあるなどお客様個々人の好みに合わせた滞在ができます。天気の良い日にはルームサービスを頼んでベランダで朝日や星空を見ながらの食事もお楽しみいただけます。
※ ジュニア・スイートは本館を囲むように建てられた別棟となります。

部屋タイプ 追加代金(部屋毎)※朝食込み
ジュニア・スイート(シングル利用) 28,800円〜50,400円
ジュニア・スイート(ダブル利用) 33,200円〜54,000円
スイート(1ベッドルーム) 59,100円〜68,400円
ロイヤル・レーヴン・スイート(2ベッドルーム) 102,900円〜140,800円
※上記代金は1泊分の代金です。
※上記代金には、20%のサービス税が含まれています。
※上記代金は2018年5月現在のものです。ホテルの都合により予告なく代金は変動する場合があります。


2.ル・メリディアン・パロ Le Meredien Paro

世界展開する高級ホテルグループ・メリディアン系列のホテル。2017年にオープンしたばかり。パロ空港にも近いパロ・チュ(川)沿いに建ち、静かな立地。

ル・メリディアン・パロ 外観
ル・メリディアン・パロ 外観

デラックス・ルーム(イメージ)
デラックス・ルーム(イメージ)
部屋タイプ 追加代金(部屋毎)※朝食込み
クラシック 50,400円〜70,600円
デラックス 59,800円〜79,200円
グランド・デラックス 74,200円~93,600円
スイート 88,600円~108,000円
※上記代金は1泊分の代金です。
※上記代金には、20%のサービス税が含まれています。
※上記代金は2018年5月現在のものです。ホテルの都合により予告なく代金は変動する場合があります。


3.ウマ・パロ Uma Paro

世界展開しているコモホテルズ&リゾーツ系列の「ウマ・パロ」は快適性を追求したラグジュリー・ホテル。食事の美味しさはブータン1ともいわれ、洋食はオーストラリア人、ニュージーランド人の女性シェフが、インド料理はインド人シェフが担当しています(2009年7月現在)。スパが自慢のホテルというだけあって、オイル・マッサージ(別料金)なども充実。ヨガ教室なども開催されています。非常によく教育されたスタッフ、行き届いた設備など、「ブータンで何不自由ない快適な滞在」を望むお客様にはベスト・マッチな宿泊先かもしれません。


玄関

スイートベッドルーム



ヴィラのバスルーム

食事(一例)



☆ハネムーナーには「スイート(1ベッドルーム・タイプ)」もしくは、別棟で高いプライバシーが保てる「ヴィラ (1ベッドルーム・タイプ)」がオススメ!

※スイートルームは本館、ヴィラ(プライベート・コテージ) は別館にあります。ヴィラ にはなんとスパ施術ルームまで設けられているので、食事を含めルーム・サービスを多様すると部屋を一歩も出ずに過ごすこともできます。

部屋タイプ 追加代金(部屋毎)※朝食・夕食込み
スーペリア(Forest view) 80,000円~104,400円
デラックス(Valley view) 100,100円~124,600円
スイート(1ベッドルーム・タイプ) 132,500円~157,700円
ヴィラ(1ベッドルーム・タイプ) 157,700円~198,800円
ヴィラ(2ベッドルーム・タイプ) 257,100円~298,100円
※上記代金は1泊分の代金です。
※上記代金には、20%のサービス税が含まれています。
※上記代金は2018年5月現在のものです。なお、代金はホテル側の都合により予告なく変動する場合がございます。


★ ティンプー

1.ドゥク Druk

ブータンの老舗ホテル。ティンプーの時計台広場に面しており、立地は抜群。2012年に全館改装し、名実ともにアップグレードしました。スタッフはよく教育されており、全室無線LAN使用可で、快適に滞在できます。室内の照明はちょっとトーンを落としてあり、全体的に落ち着いた雰囲気になっています。レストランの食事も美味しく、ブータン人や現地駐在員がフォーマルなランチ・ミーティングなどでよく利用しているのをみかけます。部屋の種類は「デラックス」か「スイート」の2種類のみ。

ティンプー市街の中心、時計台広場にあるドゥクの概観
ティンプー市街の中心、時計台広場にあるドゥクの概観

スイート・ルーム(黄金の間)
スイート・ルーム(黄金の間)
デラックス・ルーム(緑の間)デラックス・ルーム(緑の間)



☆ハネムーナーには「スイート」がオススメ!

※デラックスとスイートの違いは別室リビング・ルームがあるか否かが一番大きな違い。ティンプーは1泊だけだから予算を抑え目に・・・という方は「デラックス」。ブータン滞在初日だしせっかくなら・・・という方はぜひ「スイート」をどうぞ。

部屋タイプ 追加代金(部屋毎)※朝食込み
デラックス(ツイン/ダブル) 15,700円~29,500円
スイート 20,900円~43,200円
※上記代金は1泊分の代金です。
※上記代金は2018年5月現在のものです。ホテルの都合により予告なく代金は変動する場合があります。
※デラックスルーム・シングル利用代金はお問い合わせください。


2.ル・メリディアン Le Meredien

世界展開する高級ホテルグループ・メリディアン系列のホテル。ティンプーの目抜き通りノルジン・ラムまで徒歩5分圏内。

ル・メリディアン・ティンプー外観
ル・メリディアン・ティンプー外観

デラックス・ルーム(イメージ)
デラックス・ルーム(イメージ)
部屋タイプ 追加代金(部屋毎)※朝食込み
クラシック 49,000円〜59,400円
デラックス 57,600円〜68,000円
ジュニア・スイート 75,600円~86,000円
ロイヤル・スイート 98,000円~108,300円
※上記代金は1泊分の代金です。
※上記代金には、20%のサービス税が含まれています。
※上記代金は2018年5月現在のものです。ホテルの都合により予告なく代金は変動する場合があります。


★ プナカ

1.デンサ Dhensa 

プナカの丘陵に立つ、スパ施設を備えたリゾート・ホテル。松林に囲まれた静かな環境で、リラックスしたい人にお勧め。

ダイニング棟の外観
ダイニング棟の外観

デラックス・ルーム(イメージ)
デラックス・ルーム(イメージ)
部屋タイプ 追加代金(部屋毎) ※朝食込み
スイート 35,000円~44,000円
※上記代金は1泊分の代金です。
※上記代金には、20%のサービス税が含まれています。
※上記代金は2015年4月現在のものです。なお、代金はホテル側の都合により予告なく変動する場合がございます。


2.ウマ・プナカ Uma Punakha 

コモホテルズ&リゾーツがウマ・パロに続き、プナカにオープンしたウマ・ブランド第2弾のホテル。丘の丘陵に立ち美しい棚田とモ・チュ(川)を部屋から眺められる設計になっている。

リビング&ダイニング棟の外観
リビング&ダイニング棟の外観

ウマ・プナカ、リビングのベランダからはのんびりとした田園風景が一望できる
ウマ・プナカ、リビングのベランダからはのんびりとした田園風景が一望できる
部屋タイプ 追加代金(部屋毎) ※朝食・夕食込み
デラックス(Valley View) 88,000円~96,000円
1ベッドルーム・ヴィラ 120,000円~143,000円
2ベッドルーム・ヴィラ 183,000円~215,000円
※上記代金は1泊分の代金(朝食・夕食込み)です。
※上記代金には、20%のサービス税が含まれています。
※上記代金は2015年4月現在のものです。なお、代金はホテル側の都合により予告なく変動する場合がございます。


★アマンコラ

世界中にラグジュアリー・ホテルを展開するアマン・グループがブータンで展開するロッジが『アマンコラ』。ブータンではパロ、ティンプー、プナカ、ポブジ谷、ブムタン、の5箇所で展開しています。各地のロッジは王族とも縁の深い贅沢な土地に建てられていることが多く、ホテルの敷地内に踏み入れると独自の隠れ里に導かれたようです。ブータンに初めてオープンした外資系ホテルでもあります。

1.アマンコラ・パロ Amankora Paro

アマンコラ・パロ外観 (c)Amankora
アマンコラ・パロ外観 (c)Amankora

森の中にある立地を活かしたアマンコラ・ぱろ。焚き火を囲んでのんびり。 (c)Amankora
森の中にある立地を活かしたアマンコラ・パロの中庭一部 (c)Amankora

※代金などは、こちらでご案内しています。

2.アマンコラ・ティンプー Amankora Thimphu

アマンコラ・ティンプー外観 夜間ライトアップの様子
アマンコラ・ティンプー外観 夜間ライトアップの様子 (c)Amankora

アマンコラ・ティンプーのリビングとダイニング。ブカリ(薪ストーブ)にあたりながら食前食後にのんびりするのも一興
アマンコラ・ティンプーのリビングとダイニング。ブカリ(薪ストーブ)にあたりながら食前食後にのんびりするのも一興 (c)Amankora

※代金などは、こちらでご案内しています。

3.アマンコラ・プナカ Amankora Punakha

アマンコラ・プナカは全8室。大僧正ジェ・ケンポ(一説には前皇太后様)によって建てたといわれる農家を改築し、宿泊客の方だけのための特別な空間が用意されています。
ホテルへはモ・チュにかかる吊り橋を渡り、向かいます。吊り橋を渡るのが心配という方でも大丈夫。吊り橋の袂までアマンコラのスタッフが出迎えに来てくれるので、荷物は彼らが部屋まで運んでくれますし、雨が降っていたら傘を差しかけてくれます。何か物語が始まりそうな情緒ある雰囲気をホテルにチェックインする前から体験することができます。全室スイート・ルーム、豊かな緑の中に佇むアマンコラ・プナカでは極上のリラックス・タイムを過ごせることでしょう。


外観

ラウンジ



スイートルーム

中庭



※代金などは、こちらでご案内しています。

4.アマンコラ・ガンテ Amankora Gantey

ポブジ谷を一望できる造りになっているアマンコラ・ガンテ
ポブジ谷を一望できる造りになっているアマンコラ・ガンテ (c)Amankora

リビングでくつろぎながらポブジ谷を望めます
リビングでくつろぎながらポブジ谷を望めます (c)Amankora

※代金などは、こちらでご案内しています。

5.アマンコラ・ブムタン Amankora Bhumtang (チョコル谷)

焚き火もできるアマンコラ・ブムタンの中庭
焚き火もできるアマンコラ・ブムタンの中庭 (c)Amankora
スイートルーム(イメージ)
スイートルーム(イメージ)(c)Amankora

アマンコラ各ロッジ追加料金一覧

部屋タイプ 追加代金(部屋毎)※3食込
スイート(シングル利用) 239,800円
スイート(ダブル利用) 256,800円
※上記代金は1泊分の代金です。
※上記代金には、20%のサービス税が含まれています。
※上記代金には、アマンコラロッジの一泊の宿泊代、食事(朝・昼・夜の3食)、飲み物(ハウスワインを含む)、ランドリーサービス、が含まれています。
※上記代金は2018年5月現在のものです。ホテルの都合により予告なく代金は変動する場合があります。


★ バンコクで延泊(オプション)

ホテル天国バンコクでは、頭に超がつくラグジュリー・ホテルから1泊150THB前後(約5USD)安宿まで何でもござれ。でもせっかくのハネムーン旅行、最後にブータンとはがらりと趣向を変えて買い物、スパ、チャオプラヤ川クルーズ、もう一足伸ばしてビーチへ行くのもいいかもしれません。ご希望のホテル(クラス)をお知らせください。


活気のあるバンコクの屋台





「パロだけデラックス・ホテルにしたい」、「ブムタン谷に長期滞在したい」、「全日程をアマンコラにしたい」などなど、お2人の希望を叶えるオーダーメイド旅行もアレンジします。「こんな感じがいいんだけど・・・」という大雑把な希望でもいいので、まずはぜひご希望をお聞かせください。
イメージが膨らんできたら、二人だけの思い出の1ページにぜひハネムーン in ブータンを加えてみてくださいね。

◎ご旅行代金はご希望のアレンジに沿ってお見積もりをいたしますので、お問い合わせください。