添乗報告記

【バードウォッチングツアー添乗報告記】
12/1発 晩秋の八郎潟・ハクガンの群れ 2日間

 

ツアー名:晩秋の八郎潟・ハクガンの群れ 2日間

2018年12月1日(土)~12月2日(日)
文●ツアーガイド:簗川 堅治(やながわ けんじ)



 晩秋の八郎潟バードウォッチング 1日目

強風注意報が出ている中、秋田駅から八郎潟へと向かいました。まずはお目当てのハクガンです。よく行くポイントには、少なくとも350羽ほどのハクガンがいるようです。すると、早くも進行方向のずっと先、今まさに降り立とうとしているハクガンの群れを発見しました。

下りた場所を見定め、早速向かったところ、300羽ほどのハクガンがオオヒシクイと共にいました。幸先いいスタートです。よく見ると灰色の幼鳥も30羽程度います。どのハクガンもしきりに餌をとっています。


ハクガンの群れハクガンの群れ

しばらくするとハクガンの群れは、一斉に飛び立ち、強風にあおられながらも、「クワッ、クワッ、クワッ…」と鳴きながら、まるでアメーバのように形を変えながら飛んでいきます。飛ぶと体の白に対して次列風切の黒が目立ちます。そして、やや離れた場所へまた降り立ちました。それにしても強風です。

今度は先ほどより近い位置で観察できました。するとノスリが飛んできて、ハクガンの群れはまた一斉に飛び立ちました。2つの群れに分かれましたが、最終的には1つの群れになり、遠い場所へ降りたようです。再び追跡し、またまたハクガンの群れを観察しました。オオヒシクイ、そして今度はマガンもいます。よく見るとシジュウカラガンも2羽いました。


飛び立つハクガンの群れ飛び立つハクガンの群れ

ハクガンの群れを堪能したので、ケアシノスリを探しに行きましたが、残念ながらいませんでした。ガン類のねぐら入りを見ることにして再移動です。

辺りが薄暗くなった頃、チュウヒ2羽に続いてオオヒシクイがねぐら入り。マガンも少しずつやってきました。かなり暗くなった頃には、あちこちからガン類の群れが三々五々ねぐら入りし、この日の観察を終えました。



 晩秋の八郎潟バードウォッチング 2日目

2日目。ハクガンが毎年ねぐらにしている沼は、今年は水が少ないせいか利用していません。今年のねぐらは判明していないため、ねぐら立ちのハクガン観察は厳しそうです。それでも、オオワシやマガンがねぐらにしている場所の近くで観察してみることにしました。

辺りが薄明るくなってきた頃、オオヒシクイの群れがぱらぱらと飛び立っていきます。マガンも飛び始めました。なかなか本陣が飛び立ちませんでしたが、ついに大群のねぐら立ちが始まりました。マガンを中心としたおびただしい数のガンが空を埋め尽くしました。圧巻です。しばし見とれていました。


ねぐら立ちねぐら立ち

朝食後は小鳥や水鳥の観察です。水路や沼ではたくさんのカンムリカイツブリ、そしてハジロカイツブリ、オカヨシガモ、コガモ、チュウヒ、オジロワシなどを楽しみました。

場所を移動し、遥か遠くに豆粒サイズのオオワシを見つけました。しかも、オオワシは旋回しながら徐々にこちらにやって来ます。最終的にはなんと我々の目の前、地上20mのところをゆったりと通過していきました! まさか目の前までくるとは思いもよらず、びっくり! そして、素晴らしい体験でした。ホオジロガモの群れも近くで観察できました。


オオワシオオワシ

今度はまたハクガン探しです。昨日と同じ場所にいるとの情報で行ってみましたが、残念ながら移動後のようでした。しかし、やや離れた場所にハクガンの群れを見つけ、しばし観察しました。

昼食は秋田名物・稲庭うどんなどを食べ、今度は沿岸部へ移動しました。沿岸ではウミネコの群れの中にカモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、そしてワシカモメを見ることができました。


ハクガンの群れハクガンの群れ

海にもかかわらず、オオハクチョウ、コハクチョウ、オオヒシクイがそれぞれ1羽ずつ、カモメ類のそばで休んでいたのはちょっと不思議でした。その他、ホシハジロ、ウミアイサ、イソヒヨドリなどを見て、すべての日程を終え、秋田駅へと向かいました。

本州ではここだけでしか見ることができないハクガンの群れ。そして多くのガン類や水鳥たち。八郎潟の冬は厳しいですが、充分に楽しめる野鳥の楽園です。参加者のみなさん、お疲れ様でした。


【おまけ】簗川さんによる手書きのおさらい


クリックでPDFファイルが開きます



【今回確認できた鳥達】


キジ、ヒシクイ、マガン、ハクガン、シジュウカラガン、コハクチョウ、オオハクチョウ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、ホオジロガモ、ミコアイサ、カワアイサ、ウミアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、ウミウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ウミネコ、カモメ、ワシカモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、トビ、オジロワシ、オオワシ、チュウヒ、ノスリ、チョウゲンボウ、モズ、ミヤマガラス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ムクドリ、ツグミ、イソヒヨドリ、スズメ、ベニマシコ、ホオジロ


 

風の鳥日和