3名様から催行出発日限定日本語ガイドが付きます英語ガイドは付きません添乗員は同行しません特別講師は同行しません

ウズベキスタン古都周遊と伝統家屋でホームステイ8日間<ウズベキスタン航空直行便:東京発>


(写真: サマルカンドの旧市街でホームステイ!)

●ウズベキスタン航空 直行便利用コース

ウズベキスタンの中でも特に人気のヒヴァ、ブハラ、サマルカンド巡ります。世界遺産にも登録されているヒヴァ内城のイチャン・カラ。街そのものが博物館のようで、タイムスリップしたように時を過ごします。また、ブハラは16世紀に再建された街並みが残る中世イスラム文化の発信地。サマルカンドでは観光地を訪れる以外に、旧市街の民家にホームスティ。市場に行ったり、伝統の家庭料理を一緒に作ったりと、人々の生活の息吹を感じながら、心温まるステイ先の家族と一緒に過ごします。とってもフレンドリーでお客さんをもてなすことが大好きなウズベク人ホストファミリーが暖かく迎えてくれますよ。
★詳しくは→旅のヒント●青の都サマルカンドでホームステイ体験

※大阪・名古屋・福岡出発の方はこちらをご覧ください。

【パンフレットを見る】






関連よみもの

 

こんなツアーもあります!

このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1東京
タシケント
◇午前:東京(成田)発。空路、ウズベキスタン航空の直行便にて、ウズベキスタンの首都タシケントへ。
◇午後:タシケント到着。ホテルへ。
  宿泊●ホテル泊 食事● - / 機内 / 夕
2タシケント
ウルゲンチ
ヒヴァ
◇早朝:空港へ向かいます。
◇午前:国内線にて、ウルゲンチへ。その後、歴史地区に指定されたヒヴァの都市遺跡イチャン・カラを訪れます。
◇午後:ガイドと一通り観光をした後、フリータイム。ご自身で歴史の変遷を垣間見れるような城内の街歩きをお楽しみください。

  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
3ヒヴァ
ブハラ
◇終日:キジルクム砂漠を横断し、オアシスの街ブハラへ。(走行=約470km、約7 時間)
※ブハラ旧市街の中に宿泊します。

  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4ブハラ
◇午前:ブハラ旧市街観光。初期イスラム建築の代表作であるイスマイール・サーマーニ廟、ブハラのシンボルであるカラーン・ミナレット(外観のみ)、偶像壁画で有名なナディール・ディヴァンベギ・メドレセ、タキ・バザールなどを訪れます。
※ブハラ旧市街の中に宿泊します。
  宿泊●ホームステイ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
5ブハラ
サマルカンド
◇午前:フリータイム。
◇午後:車でサマルカンドへ。(走行=約300km、約4 時間)
途中、陶器の町ギジュドゥヴァンの陶器工房を訪れます。
◇午後:サマルカンド到着。宿泊先の民家へ。

  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
6サマルカンド
◇終日:サマルカンド市内観光。ウズベキスタンを象徴する3つの神学校が建つレギスタン広場、中央アジアを代表する大型モスク・ビビハニム、シヤブバザール、ティムール一族が眠るグリ・アミール廟などを訪れます。
民家では家庭料理を一緒に作り、滞在先のご家族との交流を楽しみます。


  宿泊●ホームステイ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
7サマルカンド
タシケント
◇午前:サマルカンド市内観光。霊廟建ち並ぶシャーヒズィンダ廟群を訪れます。
◇午後:タシケント到着。(走行=約300㎞、約5時間)
◇夜:夕食後、空港へ。ウズベキスタン航空直行便にて帰国の途へ。


  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
8東京◇午前:東京(成田)着。

  宿泊●泊 食事●機内 /  - /  - 
出発日・旅行代金(1名様あたり)
東京発
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2013/4/26(金)279,000円
2013/5/10(金)251,000円
大阪発
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2013/4/26(金)
2013/5/10(金)
ご旅行条件・他
最少催行人員●3名(定員12名)
添乗員●同行なし。現地係員がご案内。(但し10名以上の場合は同行)
利用予定航空会社●ウズベキスタン航空
利用予定ホテル●【タシケント】ロッテシティホテルタシケント・パレス、デデマン・タシケント、ウズベキスタン、ベク 【サマルカンド】民家 男女別大部屋(※ホテル泊希望の方はお問合せ下さい) 【ブハラ】ザルガロン、アミュレット、サーシャ&サン、オマール・ハイアム、スルタン、ラビハウス、エミール 【ヒヴァ】オリエント・スター・ヒヴァ、マリカ・ヘイワク、マリカ・ヒヴァ、アジア、アラカンチ
お一人部屋追加代金●17,000円
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●
●ツアー代金に含まれないもの
・事前徴収

<東京出発:ウズベキスタン航空利用の場合>
  ・成田空港諸税:2,540円
  ・ウズベキスタン空港税:15ユーロ(約1,620円)
  ・ウズベキスタン空港保安税:5ユーロ(約540円)
  ・燃油特別付加運賃:13,800円
  (2012年12月現在)

 
・その他
個人的な出費、クリーニング代など

●旅券
帰国時に有効期間が3ヶ月以上残っているパスポートが必要です。

●査証・その他
ウズベキスタン¥6,200-(実費含む)

●ご注意
・ホームスティ先では男女別2~3人の相部屋となります。共同トイレ・共同シャワーです。
・ホームステイ先の状況により、近隣のホテルにてシャワーをご利用頂く場合があります。
・ミナレットや城壁などへの特別入場料はお客様のご負担となります。
・観光地ではごくまれに通常営業日であるにも関わらず予告なく閉館となり観光ができない場合があります。
・ウズベキスタンには外務省より危険情報が発出されています。

●燃油付加運賃、空港諸税等
燃油特別付加運賃は、世界的な燃油価格高騰により航空会社が設定されているものです。日本および諸外国の空港諸税等(出国税・保安税・空港利用税等)も、航空券代金と一緒に徴収する事が増えてきました。これらはご旅行代金とは別に頂きますので、あらかじめご了承下さい。記載した金額は2012年12月時点のものです。詳細はツアーお申込時にご案内させて頂きます。金額は航空会社や関係諸機関の都合、および為替レートにより変動することが予想されます。
なお、外国通貨建て表示による換算レートの日本円金額は、毎月1日のBSRレート(IATA公示レート)により確定、当日より適用し、外国通貨建て金額を日本円に換算し、1円単位切り下げの10円単位表記になります。お申し込み日(請求書を発行する日)に該当する月の換算レートで計算したものを確定料金とし、請求書を発行させていただきます。レート変動による過不足が生じても差額徴収や返金は致しませんが、燃油特別付加運賃および空港諸税等の金額自体の変動による過不足の際は差額徴収や返金は致します。
 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
燃油特別付加運賃は、世界的な燃油価格高騰により航空会社が設定しているものです。日本および諸外国の空港諸税等(出国税・保安税・空港利用税等)も、航空券代金と一緒に徴収する事が増えてきました。弊社では、これらはご旅行代金とは別に頂きますので、あらかじめご了承下さい。記載した金額は基準日時点のものですので、詳細はツアーお申込時にご案内させて頂きます。また、それらの金額は航空会社や関係諸機関の都合、および為替レートにより変動することが予想されます。
なお、外国通貨建て表示による換算レートの日本円金額は、毎月1日のBSRレート(IATA公示レート)により確定、当日より適用し、外国通貨建て金額を日本円に換算し、1円単位切り下げの10円単位表記になります。お申し込み日(請求書を発行する日)に該当する月の換算レートで計算したものを確定料金とし、請求書を発行させていただきます。レート変動による過不足が生じても差額徴収や返金は致しませんが、燃油特別付加運賃および空港諸税等の金額自体の変動による過不足の際は差額徴収や返金を致しますので予めご了承ください。


いってきました! お客様の声

  • 2013-04-26発/総合評価★★★★★

正直高いけど十分満足です ×高い ○とっても自由

今回のウズベキスタンで気づいた点としては日本円からスムへ両替は私ができたところで タシケントパレス・アジアホテルブハラでした 現地で円→ドルはできないので・・・お土産を買う際にはやはりドルの方が便利なのと
ドル→スムの方が両替しやすいので 旅前の電話もしくはパンフレットで米ドルを必ず持っていってくださいと指示されたほうが良いと思いました
持っていったほうがベターですよだと、普通にスムを大量に持つこととなるのとタシケントのホテルのバンクが開いていないとしばらくお金なしで過ごすこととなりそうですので
またスムとドルでお土産屋さんのレートが異なり(ドルの方が安価で買い物ができる場合がおおいいし、数えるのも楽 現地の人もドルをスムに両替する際に闇レートがありドルの方が喜ばれるようでした)

ご担当頂いたA様にはとても丁寧にご対応頂きまして感謝です。不満は御社には全くありませんが自分にはもっとこうしたらとかいろいろありますが旅のTipsとして蓄積したいなぁと思いました



     

  • 2013-04-26発/総合評価★★★★★

値段の分満足度も高いです

ガイド (3:普通)
宿泊  (4:全体的に良いと思いますがお茶などパックで用意してもお湯がないのであまり意味がないような気がしました)

今回のウズベキスタンで気づいた点としては
■ 一日500mlのお水が配布されましたが500mlでは足りなかったです。何度かお水は買いました。
■ お茶を用意していたとしてもお湯がないので、粉末か水で溶けるものという注記があると親切かと思います。
■ スーパーや市場での買い物の時間がもっとあったら楽しかったです。


     

すべての「いってきました」を表示
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求