【なにわ日記】ダイエットの神様?

 
ファウンドゥーウー寺院の御仏(インレー湖)
ファウンドゥーウー寺院の御仏(インレー湖)

前回に続いてミャンマーシリーズです。

水上に高床式の家を建てて人々が暮らすインレー湖。その真ん中にこれまた水上に建てられたお寺があります(今はしっかり湖底まで埋められてるようですが)。そこに鎮座ましましてるのが写真の金のだるまさん。ではありません。信心深いミャンマーの人たちの金箔の寄進によって丸々とお肥えるなられた仏像様。その数5体。

年に一度のお祭りの日には、この内4体が担ぎ出され船に乗せられて湖畔の村々へ出張サービスをするのですが、昨今、世相を反映してか寄進される金箔が増えて、仏様が重量オーバー。お祭りの時に担ぎ出せないような重さになってしまったとのこと、ダイエットせにゃならん、とのことで、今年から金箔の寄進は中止になったそうです。それを知らずに来た私は少なからずショック。

でも、もしかしたら、今後『ダイエットの願いをかなえる仏様』として有名になるかもしれません。

ちょっと行ってみたくなった方はこちらを。

4日目:モンユワのポーウィン山には、このような洞窟寺院が点在しているナッカドー(霊媒師)にもご対面
ミャンマー周遊ふれあいの旅9日間

最少催行人員●4名(定員16名) 添乗員●同行なし。現地係員がご案内。(但し10名以上の場合は同行)

6/22(土)発|東京・大阪・名古屋発 338,000円 募集中
8/10(土)発|東京・大阪・名古屋発 408,000円 募集中
9/28(土)発|東京・大阪・名古屋発 338,000円 募集中

ツアー概要ナッ神との交信を手助けするナッカドー(霊媒師)に話しを聞いたり、聖地に巡礼する人々とふれあったり、田舎の牛車に乗ってみたり、田舎の朝市を訪れたり、ひと味違うミャンマーに出会う旅です。

【なにわ日記】輝き3割増 夜のゴールデンロック

 

ライトアップされ神々しさを増すゴールデンロック
ライトアップされ神々しさを増すゴールデンロック

乾季(歓喜?)の真っ只中(俗に暑期という)にミャンマーに行ってきました。昼は40℃です。夜もモワっと温かい南方の気候に慣れるのに3日かかりました。

「一生に一度は訪れたい」と地元巡礼者でごった返すゴールデンロックは神々しいこと限りなし。つい最近金箔の張替えを終え、輝きも3割増。標高1,000mを越す山頂のホテルで1泊したので、過ごしやすいし、ライトアップされ、光輝くゴールデンロックをばっちり拝むこともできました。皆さんにご利益ありますように。

山頂で1泊してゴールデンロックを拝むコースはこちら

日夜参拝者が絶えないミャンマー最大の聖地シュエダーゴン・パゴダ精霊信仰の霊媒師(ナッカドー)にも会う
バガン遺跡と古都マンダレーとゴールデンロック 6日間

最少催行人員●3名(定員12名) 添乗員●同行なし。現地係員がご案内。(但し10名以上の場合は同行)

7/12(金)発|東京発 297,000円|大阪・名古屋発 273,000円 募集中
8/16(金)発|東京発 297,000円|大阪・名古屋発 313,000円 募集中
9/13(金)発|東京・大阪・名古屋発 283,000円 募集中
9/20(金)発|東京・大阪・名古屋発 283,000円 募集中

ツアー概要黄金寺院、精霊信仰の聖地ポッパ山、世界三大仏教遺跡バガン、奇跡の巨石などミャンマーの「祈りの地」を訪れ、霊媒師のお話を伺います。

【なにわ日記】フォーで痩せた?

 

ベトナムハノイのフォー。柑橘類を搾っていただきます!
ベトナムハノイのフォー。柑橘類を搾っていただきます!

昨年の2月ごろなんとなく、小麦粉製品断ちでもしてみようと思い、うどんやパスタ、パンやピザなどを出来るだけ取らない食事に切り替えました。そのほうが調子がいいような気がするので、ゆるく今も続けています。食べたくなったら、我慢せずにうどんもラーメンも食べるので、さほど困らないのですが、一番やっかいなのは休みの日お昼を、簡単な麺で済ませることが出来なくなったことでした。家にうどんやラーメンのストックをなくしたために、休日のお昼は、ご飯とできるだけ具沢山のお味噌汁、そしておかず的なものが必要になるのでちょっと面倒です。

そこで我が家に登場したのが「フォー」です。最近はスーパーでも安価で手に入るようになったので、常備しておき、うどん出汁、ラーメンスープ、カレーフォーなど、バリエーションをつけて食べています。1年続けてみると、あら不思議!食べる量は変わらないのに体調もよく体重も減っていました。「やっぱり小麦よりお米やな」と思っていたのですが、同じ時期にメインのアルコールをビールからハイボールにかえたので、そっちのほうで痩せた可能性大かもっと内心思っています。

我が家のストックフォー。取り出しにくいのは難点です。
我が家のストックフォー。取り出しにくいのが難点です。

美味しいフォーが食べたくなったらベトナムへ!
ベトナムのツアーはこちらをクリック!