POWER OF LOVE? TOWER OF LOVE?

 

ジョージア スワネティ地方に残る伝説の塔
ジョージア スワネティ地方に残る伝説の塔
ジョージアの田舎の村でのお話です。昔、貧しい羊飼いの男(だったと思う)と恋に落ちた良家の娘さん。よくあることだが父親は猛反対。愛の力及ばず、怒った父はその男を殺してしまった(確か)。それを悲しんだ娘は、一生結婚はしないと、死ぬまでこの石造りの塔に一人で住んだとか。
カップルが押し寄せて自撮りしまくりそうなこの愛の塔。せちがらいこの世では、入場料1ラリ(約50円)です。あなたなら入る?入らない?

ジョージアの唐辛子?

 

ジョージアの伝統的お菓子 チュルチヘラ
ジョージアの伝統的お菓子 チュルチヘラ

ジョージアから戻りました。ジョージアは西は黒海、北はロシアという位置、国名の響きからして、あまりシルクロード感が漂わないかもしれませんが、行くところに行くとやっぱりあるのです。バザールです。
今回はクタイシというジョージア第2の町のバザールによってきました。ジョージはワインの国、つまりぶどうの国なんですが、くだものがたいへん豊富。香辛料やドライフルーツの店をみるとやっぱりつながってるのだなあと思ったりします。
写真の奇怪な吊るし物は唐辛子ではありません。ジョージア伝統のお菓子。くるみの実をタコ糸で干し柿のようにつなげ、それをぶどう汁から作ったゼリー状のシロップの中に入れて、取り出したものを天日干しすると、こうなるそうです。子どもたちも大好きなジョージアのお菓子、チュルチヘラ。今なら大阪支店にあるかも。

ナツ、ナツ、ナツ、ナツ、トンコナン。トラ、トラ、トラ、トラ、タナトラジャ。

 

タナトラジャで出会ったお葬式。水牛が死者へのお供え物としてたくさん持ち込まれている
タナトラジャで出会ったお葬式。水牛が死者へのお供え物としてたくさん持ち込まれている
東南アジアはすべて夏は雨季と思ってませんか?実は私は思ってました。
でも、違うんです。インドネシアは5~10月が乾季。なのでトンコナンと呼ばれる伝統建築が必見の、私お勧めのタナ・トラジャ地方も、夏がベストシーズンなんです。そしてその時期にお祭も多いと来たら、どうです、俄然いきたくなってきませんか?
ただ、お祭といってもお葬式というのが他と違うところかもしれません。でも、トラジャのお葬式は私たちの死生観では測りきれない、より死者に寄り添ったもののように思えるのです。死が今よりもっと身近にあった時代の儀式を続けているように思えるのです。興味が沸いた方はこちらへどうぞ。

歩いてふれるトラジャ文化
高床式舟形家屋(トンコナン)がある風景7日間

歩いてふれるトラジャ文化
高床式舟形家屋(トンコナン)がある風景とボロブドゥール8日間

※最後のジョグジャカルタでの観光日程をカットした7日間プランも可能です。お問合せ下さい。

2017年秋〜2018年春出発日限定ツアーパンフレット
『風の季節便』完成!

 

風の季節便

風の季節便』のキャッチフレーズは、「その時、その場でしか味わえない旅」。期間や出発日を限定し、長期休暇やベストシーズンに合わせたり、お祭見学など特別なイベントに合わせたり、特別ガイドがご案内したりするなど、スタッフが自信を持って「こんなツアーに行けばきっと楽しい」「自分も行きたい」と思える、「とっておき」の旅をご提案します。

今回の季節便では、新企画37ページを含む全92ページにわたりコースを紹介しています。また引き続き「早期割引制度」を設定しております。ぜひご活用ください。


ご登録いただいているお客様には、6月中旬以降、順次お手元に届く予定です。2017年の秋から2018年の春はどこへ行こう、何をしよう? とご検討されている方も是非ご請求下さい。

(今回の表紙:8,000m峰マナスルを仰ぎ見る(ネパール)


(more…)