中村のラサこぼれ話! チベット版「家系ラーメン」ルトゥクの話

 

これがルトゥク

いまや日本の「国民食」とも言われるラーメンには、「横浜家系」「ラーメン二郎系」「博多とんこつ」などとさまざまな系統に分かれて発展していますが、チベット人にとっての国民食「トゥクパ」(チベット風のうどん)にもこの「系統」に近いものが現われたようです。

魯固阿媽餐庁 魯固阿媽餐庁 第1号店

それがこの「ルトゥク」と名のトゥクパ(写真)。

ラサの旧市街の中心地にあるルグ(魯固)という地区にある「魯固阿媽餐庁」というお店が最初に出したので、「ルグのトゥクパ」が略されて「ルトゥク」となったのが名前の由来だそうです。もともとこの店のオリジナルメニューだったものが、その後真似をして同じような麺を出す店があちこちに出来て、「ルトゥク」という料理になったんだとか。

その麺は明らかに普通のトゥクパよりも太めで、モチモチしていて、日本で言う太めの「つけ麺」のようです。コシも非常に強いです。さっぱりしているのに、しっかりと出汁の効いたヤクのスープと、細かく刻まれたヤク肉が、麺とよく絡み、非常に「食いで」があります。

夏の添乗の際に、この「魯固阿媽餐庁」の1号店に行ってきました。
つけ麺好きの私としては、かなり「クセになる」味と食感です。
付け合せの大根の漬物「ソンロブ」、肉入りのパン(シャパレ)も一緒に食べれば、朝ごはんとしてはお腹一杯。もちろん甘くておいしい「チャガモ(甘いミルクティー)」もあります。
ホテルの朝食に飽きたら、ガイドに頼んでつれてきてもらってはいかがでしょうか?

美味しいですか? お味はいかが?
魯固阿媽餐庁 内部 お店の内部


魯固阿媽餐庁 魯固阿媽餐庁 第1号店
魯固阿媽餐庁 内部 お店の内部
美味しいですか? お味はいかが?


【新着記事】夏のチベットを訪れるべき3つの理由

 

チベットは、冬もいいけど、夏だっていいんです!

最近、「チベットは冬がすばらしい」、「チベットらしい季節だ」と冬の魅力があまりにも強調されすぎて、「やっぱりチベットに行くなら冬だよね」と頭に刷り込まれてしまわれている方もいるのではないでしょうか? しかし、一般的には夏はチベット観光のベストシーズン! 魅力的でない訳がないのです。

2001年、2004年にチベット駐在員として夏の間ラサに各3ヶ月ほど滞在した風の旅行社東京本社の中村が、夏のチベットの魅力を改めて皆さまにご紹介します。

(more…)

夏のチベットを訪れるべき3つの理由

 

チベットは、冬もいいけど、夏だっていいんです!

8月のポタラ②調整

青い空に映える8月のポタラ宮


最近、「チベットは冬がすばらしい」、「チベットらしい季節だ」と冬の魅力があまりにも強調されすぎて、「やっぱりチベットに行くなら冬だよね」と頭に刷り込まれてしまわれている方もいるのではないでしょうか? しかし、一般的には夏はチベット観光のベストシーズン! 魅力的でない訳がないのです。

2001年、2004年にチベット駐在員として夏の間ラサに各3ヶ月ほど滞在した風の旅行社東京本社の中村が、夏のチベットの魅力を改めて皆さまにご紹介します。


(more…)

ラサから旅の最新情報 デプン寺の改修(ショトゥン祭に向けて)

 
巨大なタンカと殺到する人々巨大なタンカと殺到する人々(2012年)


「チベット最大規模」とも言われるラサのショトゥン祭は毎年8月から9月にかけて、ラサの三大僧院のひとつデプン寺とセラ寺、そして「ダライ・ラマの夏の離宮」ノルブリンカを中心に行われます。中でもデプン寺では、巨大なタンカ(仏画)のご開帳があり、夥しい数の巡礼者と観光客が訪れます。
(more…)

6/4(土)夏~秋 深緑のチベット&ブータンでの楽しみ方・体験できること

 

チベット・ガンデン寺のセタン祭で開帳される大タンカ(仏画)
チベット・ガンデン寺のセタン祭で開帳される大タンカ(仏画)
◇日 時:2016年6月4日(土) 11:30~14:00
◇会 場:チベット料理店 スノーライオン(大阪・新町)
◇定 員:15名前後(先着順、事前予約制)
◇参加費:2,000円
◇内 容:チベット料理を楽しみながら、夏~秋の現地での楽しみ方をご紹介します。

(more…)

【特報】サイト・リニューアル記念!
1月の「青蔵鉄道で行くチベット7日間」が緊急値下げ

 

本日、風の旅行社のウェブサイトが全面リニューアルした記念に、皆さんにちょっと気の早いお年玉です。
各方面の協力を得て、1月1日~22日出発(一部除く)の「ヤムドク湖にも訪れる 青蔵鉄道で行く 遙かなる聖都ラサ7日間」ツアーが大幅値下げとなりました!
(more…)