8名様から催行出発日限定日本語ガイドが付きます英語ガイドは付きません添乗員が同行します特別講師は同行しません

コーカサス山脈に抱かれた国

山と花とワインの国ジョージア周遊9日間

  • ジョージアではコーカサス山脈の麓で乗馬ができます(ウシュグリにて)
  • カズベキ地方の料理ヒンカリを一緒に作ってみませんか? 
  • 6日目:ジュヴァリ(十字架)聖堂からスヴェティ・ツホヴェリ大聖堂を見下ろす(ムツヘタ)
  • ワインの産地ジョージアでは、ぶどうで作ったお菓子(チュルチヘラ)も人気
  • 2日目:スワネティには恐ろしい報復の掟にちなんだ中世の塔が残されている(メスティア)
  • 7日目:ロシア国境に近い丘に立つ三位一体教会、奇跡を起こすマリア様のイコンがある(ステパンツミンダ)
  • 3日目:上スワネティの塔の家とジョージア最高峰のシハラ山(5,068m)(ウシュグリ)
  • 5日目:ゲラティ修道院に残るフレスコ画は圧巻(クタイシ)
  • イワギキョウの仲間 Campanula
  • ハクサンチドリの仲間 Dactylorhiza
  • ヤグルマギクの仲間 Centaurea
  • ジュタのハイキングにて、正面はチャウヒの主峰(3,842m)
  • ジョージアはワイン発祥の(候補)地のひとつ

●ジョージアはワンダー(驚き)がいっぱい
長年イランやトルコの支配を受け続けたにも関わらず、キリスト教の伝統を守り続けた国。かつて強大なロシア帝国の侵攻を退けた小さな秘境・上スヴァネティがある国。クレオパトラやロシア皇帝が愛飲したという歴史をもつワイン発祥の国(諸説あり)。そして何より、ヨーグルトをはじめとする乳製品、海(湖)の幸、大地の恵みと自然豊かな長寿の国。食いしん坊からミステリーハンターまで、魅了する驚きに満ちた国です。
ツアーポイント
1. コーカサス山脈のお花畑をハイキング
2. ロシア国境に近い山奥にあるキリスト教会(三位一体教会)も訪れます
3. コーカサス山脈の展望が楽しめる軍用道路を国境近くまで走ります
4. 世界有数のジョージアワイン。ワイナリーでテイスティングを楽しみます
5. 中世からの塔の家や美しい高山風景が残るスヴァネティ地区で乗馬を楽しみます
6. ムツヘヤやクタイシでは中世キリスト教会などの世界遺産を訪れます

このツアーは割引サービスが適用されます。


関連よみもの


このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1東京夜:空路、東京(成田)を出発。
  宿泊●機内泊 食事● - /  - /  - 
2
乗継地
バトゥミ
メスティア
深夜:乗り継いで、黒海の港町バトゥミへ。
午前:バトゥミ到着後、車でコーカサス山脈の山懐・上スワネティのメスティアへ。上スワネティはコーカサスの4,000m級の山々や深い谷が作り出す景観のすばらしいところです。(走行=約5時間)
午後:メスティア(約1,500m)着。血の掟から家族や村を守るため作られたといわれるジョージア独特の塔の家を見学します。夕食にはジョージアのヨーグルト・マツオニもご賞味下さい。
  宿泊●ホテル泊 食事●機内 / 昼 / 夕
3メスティア
ウシュグリ(馬)
午前:4WDに乗り換え、峠を越え、ジョージア最高峰シハラ山(5,200m)麓の村・ウシュグリ(約2,100m)へ。道中、天候がよければ、ウシュバ山、テトヌルディ山も望めます。途中、小さな村も散策します。(走行=約2時間)
午後:塔の家の残る村中を散策したり、コーカサスの山や花々を眺めながらの乗馬をお楽しみ下さい(乗馬=約2時間)。
  宿泊●ゲストハウス泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4ウシュグリ
メスティア
クタイシ
午前:コーカサスの山の風景を後に、ウシュグリを出発、メスティアで車を乗り換えて下山。
夕刻:クタイシ到着。(走行=約7時間)
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
5クタイシ
トビリシ
午前:活気あふれるマーケットを散策後、中世ジョージアの学問の中心だったゲラティ修道院を観光。クタイシ地方のワイナリーでワイン発祥の地とも言われるジョージアの伝統的ワイン製法の説明を聞いたり、テイスティングも楽しみます。
午後:ギリシャ神話に登場するプロメテウスの伝説が残る洞窟などを観光後、車で首都トビリシへ。夜、希望者はハマム(現地払い)へご案内します。(走行=約3時間半)
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
6トビリシ
ムツヘタ
ステパンツミンダ
午前:車でムツヘタへ。6世紀に建てられたジュヴァリ(十字架)聖堂やキリスト教伝道師聖ニノゆかりのスヴェティ・ツホヴェリ大聖堂を観光します。
午後:グルジア軍用道路で、十字架峠(2,395m)を越えてステパンツミンダへ。 夕食には民家でジャガイモパンと現地の餃子ヒンカリ作りも体験。(走行=約4時間)
  宿泊●ゲストハウス泊 食事●朝 / 昼 / 夕
7ステパンツミンダ
ジュタ
ステパンツミンダ
午前:4WD車に乗り換え、ジュタ谷(約2,300m)へ。天気が良ければチャウヒ山(3,842m)の展望が美しい谷でラワーハイキングフを楽しみます。(走行=片道約1時間)(歩行=約3時間)
午後:ステパンツミンダに戻り、車で急坂を登ってステパンミンダの街を見下ろす三位一体教会へ。その後、ステパンツミンダへ戻ります。(走行=片道約45分)
  宿泊●ゲストハウス泊 食事●朝 / 昼 / 夕
8ステパンツミンダ
トビリシ
乗継地
午前:車でトビリシまで戻ります。(走行=約3時間)
午後:ハマム地区、城壁の残るナリカラ要塞などトビリシの旧市街を観光します。
夕刻:空路、トビリシを出発。
  宿泊●機内泊 食事●朝 / 昼 / 機内
9
東京
深夜:乗り継いで帰国の途へ。
夜:東京(成田)到着。
  宿泊●泊 食事●機内 / 機内 /  - 
出発日・旅行代金(1名様あたり)
東京発
2018/6/30(土)発388,000円
2018/7/11(水)発398,000円
2018/7/28(土)発428,000円
ご旅行条件・他
最少催行人員●8名(定員16名)
添乗員●同行(成田から成田まで)
利用予定航空会社●ターキッシュエアラインズ
利用予定ホテル●メスティア:オールドセティ、ティトゥヌルディ、スヴァネティ ウシュグリ:ゲストハウス クタイシ:アルゴ、ルチェリパレス、バグラティ、アルゴパレス、ベカィ トビリシ:ラエルトン、アストリア、トビリシイン、ホリデーイン・トビリシ、シタディン、 ステパンツミンダ:ゲストハウス ※ウシュグリはシャワー、トイレ共同です。
お一人部屋追加代金●30,000円 ホテル泊・ゲストハウス泊
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●国際線11,500円
(2017年11月1日)
●旅行代金に含まれないもの
各国空港税、燃油付加運賃、日程表に含まれない食事代、その他個人的な出費、クリーニング代など。

【事前徴収】
・成田空港諸税:2,610円
・トルコ旅客サービス料:5ユーロX2回(約1,340円)
・ジョージア空港税(トビリシ):25米ドル(約2,870円)
・ジョージア旅客保安料(トビリシ):12リラ(約490円)
<2017年11月現在>

●旅券(パスポート)の残存期間
残存期限が入国時6ヶ月以上有効な旅券(パスポート)が必要。

●査証(ビザ)
ジョージアは不要(1年以内の滞在、但し、滞在期間をカバーする海外旅行保険への加入が必要)。
※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

●注意事項
・大阪、名古屋、札幌、福岡など特別国内線乗継運賃のご利用可能な出発地があります。
※基本、乗馬では走らずに、ゆっくり歩きながら景色などを楽しむスタイルですので、初心者から参加可能です。
※メスティア、ウシュグリ、ステパンツミンダのホテルやゲストハウスは小さいため、部屋の広さに差があります。また、ウシュグリのゲストハウスはシャワー、トイレが共同です。
 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求