イベント&説明会

【イベント】ヒマラヤのキジを探せ! ブータンでBird Watching!



Himalayan Monal 1 ニジキジ
ニジキジ
◇日 時:2017年6月3日(土) 11:00~12:30
◇会 場:風の旅行社 東京本社(東京・中野)
◇内 容:ブータンのバードウォッチングツアー説明会。ブータンの鳥のエキスパート・田儀耕司さんにお話しを伺います。

 ブータンでバードウォッチング?

ヒマラヤ=高地のイメージが強いブータンですが、実は大きな川沿いは大きく標高が下がり、人々が暮らす範囲でも標高4,000m弱の峠(山)から標高1,000m以下の熱帯雨林の低地まで、3,000m以上の大きな標高差とそれに伴う植生の変化が見られます。そのため、狭い範囲で高原の鳥から、熱帯地方の鳥まで、非常に多くの鳥が観察できることが特徴のひとつです。

また、ブータンは憲法で国土の7割を森林として残すことを国是としているため、近隣諸国とは比べ物にならないほど自然環境が守られています。そのため周辺のネパール、インド、ミャンマーなどでも同じ種類の鳥が観察できますが、ブータンのほうが圧倒的に個体数が多く、またそれゆえに幹線道路沿いや、人家の近くで容易に発見することができます。

わざわざ山奥までトレッキングで出かける必要がないため、体力のない方や、重い機材を持って撮影する方にもお勧めできるのがもうひとつの特徴です。

講師:田儀 耕司(たぎ こうじ)
田儀 耕司

バードウォッチング歴約30年。豪州留学時に、海外バードウォッチングにはまり、これまでにタイ、マレーシア、ウガンダ、マラウィなど、約15か国で2,500種近くを観察。現在、JICAとブータン政府が協力して勧める、ブータンにおけるエコツーリズム普及プロジェクトに携わり、5年半に15回ブータンに渡航。観察経験も豊富。

講師の田儀耕司さんは、ブータンでエコツーリズムの普及活動を行う傍ら、時間を見つけてはブータンの鳥の観察を続けた日本では数少ないブータンの鳥のエキスパート。
日本ではほとんど耳にすることのない貴重なブータンの鳥の話を、スライドを見ながら、ご紹介いたします。5年半で15回もブータンへ渡航するなど現地事情にも詳しいので、ご旅行全体のこともお聞きすることが可能です。

【10/6(金)深夜発】ブータンでキジを探すツアーはこちら!

ベニキジ Blood Pheasant田儀 耕司さんと行くブータン野鳥観察
秋のブータンで3種類のキジを探す9日間

最少催行人員●6名(定員10名) 添乗員●同行なし。現地係員がご案内。(但し10名以上の場合は同行)

10/6(金)発|東京発 548,000円 募集中

ツアー概要ブータンでは、狭い範囲で高原の鳥から、熱帯地方の鳥まで、非常に多くの鳥が観察できることが特徴のひとつです。また、自然が豊かで個体数が多いので、幹線道路沿いや人家の近くでも観察できます。日本では数少ないブータンの野鳥のエキスパート、田儀耕司さんが同行します。


[東京]

日 時 2017年06月03日(土)11:00〜12:30(10:45開場)
会 場 風の旅行社 東京本社 7階セミナールーム(東京・中野)
定 員 24名 ※事前申込み制
参加費 無料
お問い合わせ
お申込み
風の旅行社 東京本社
TEL:0120-987-553/FAX:03-3228-5174
E-MAIL:::info@kaze-travel.co.jp
※FAX、E-mailでお申込みの場合は、人数、人数分のお名前と連絡先、ご住所、をお書き添え下さい。