10/15(土)ミャンマー料理とミャンマー&ラオスのお話の会 2016

 
タナカという伝統的な化粧をした女の子
タナカという伝統的な化粧をした女の子

◇日 時:2016年10月15日(土) 18:00~20:00
◇会 場:ミャンマー料理のお店・
       ミンガラバー(東京・高田馬場)
◇定 員:25名限定(先着順、事前予約制)
◇参加費:3,000円(食事代、ワンドリンク込)
◇内 容:ミャンマーやラオスへの旅行を考え中の方向けのイベントです。ミャンマー料理を楽しみながら、ミャンマーそしておまけにラオスの楽しみ方や情報をご紹介します。


11月になると東南アジアもモンスーンシーズンが終わり乾季(いわゆるベストシーズン)に入ります。このタイミングにぴったりのミャンマーとラオスの旅を紹介いたします。「世界遺産や有名な遺跡は見たよ」という方でも楽しんでいただける少し奥の、少しアクティブなツアー(たとえばラオスの象乗りミニキャラバンやミャンマーでの少数民族の村を訪ねるトレッキングなど)をご用意していますので2回目の訪問にもお勧めです。ミャンマー料理を食べながら、2つの国の素顔に出会える旅の話を聞きに来られませんか?



レストランでのお食事例 (※イベントでの盛り付けは、写真と異なります)

ミャンマー料理

ラペットゥ

「茶葉」を食するのはミャンマー独自の食習慣。油を使っていますが、発酵茶葉の爽やかさがそれを緩和して爽やかな味わいでした。豆のサクサクした食感、青唐辛子の刺激でお箸が進む一品です。

ミャンマー料理

モヒンガー

その色からスパイシーかと思いきや、魚介出汁を効かせたスープは優しい味わい。お店に寄っては、米麺やラーメンの場合もありますが、こちらではなんと素麺。ゆで卵を崩してスープに馴染ませると美味でした。


ミャンマー料理

鶏もも肉のスパイス煮込み(一例)

もも肉の柔らかさにびっくり!の一品。お肉のスパイス煮込みは色々ありますので、イベントで何をお出しするかはお楽しみに。

ミャンマー料理

ミャンマービールもあります

その名も「Myanmar」。味はインドシナエリアのビールらしく、あっさり味です。



ミャンマー&ラオスについてはこちら!

*ミャンマー&ラオスの旅の情報
*ミャンマー&ラオスツアー一覧


ミャンマー料理プチ情報

ミャンマーの美味しい朝食 
神戸でモヒンガー 
ミャンマー料理とお話の会 


[東京]

日 時 2016年10月15日(土)  18:00~20:00(17:30~受付)
会 場 ミンガラバー (外部リンク 食べログ)(東京・高田馬場)
定 員 25名※事前申込制。定員になり次第締め切り
参加費 3,240円(食事代、税込)
お問い合わせ
お申込み
風の旅行社 東京本社
TEL:0120-987-553/FAX:03-3228-5174
E-MAIL:info@kaze-travel.co.jp
※FAX、E-mailでお申込みの場合は、人数、人数分のお名前と連絡先、ご住所をお書き添え下さい。