2名様から催行毎日出発日本語ガイドが付きます英語ガイドは付きません添乗員は同行しません特別講師は同行しません

わたしの好きな仏教遺跡

バガン遺跡とアンコールワット7日間

  • 朝日を迎えるアンコールワット
  • アンコールワットへの道 世界でも屈指の仏教遺跡です
  • ミャンマー最大の聖地シュエダゴンパゴダ

世界遺産の中でも常に高い人気のアンコールワット、世界遺産ではないものの世界遺産級との呼び声高いバガン遺跡を一回のツアーで訪れます。2つはアジア三大仏跡に数えられ、その価値には定評があります。
バガン王朝もアンコール王朝も12世紀ごろに全盛期を迎え、その後バガンは元のフビライに、アンコールはタイのアユタヤとそれぞれ外からの侵略で滅亡。2つの同時代の王朝の軌跡をお確かめ下さい。
ツアーポイント
1. アジア三大仏跡の内2つを訪れます
2. 2つの遺跡群の見所はしっかり押さえて効率よく周ります
3. バガン、シェムリアップでは素朴な村や庶民も集うマーケット散策を組み込みました
4. もっと遺跡を見たいという方は各地で延泊のアレンジも可能です




このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1東京・大阪・名古屋 →
乗継地 →
ヤンゴン
9:30~14:00:東京(成田)・大阪(関西)・名古屋(中部)を出発。乗り継いで、ミャンマーの中心地ヤンゴンへ。到着後、ガイドと共にホテルへ。
  宿泊●ホテル泊 食事● - / 機内 / 夕
2ヤンゴン →
バガン
午前:国内線でバガンへ。
到着後、ニャウンウーのマーケットを散策し、バガンを展望するバガンタワーやバガン王朝三代かけて完成させた黄金の仏塔シュエズィーゴォン・パゴダにご案内します。
午後:バガンで1,2位の高さを誇るタビニュ寺院、ゴドーパリン寺院を望むシュエグーヂー寺院、バガンの代表的建築アーナンダ寺院、ナッ神とともに城を守るタラバー門などを観光します。
夕刻:馬車に乗ってシュエサンドーパゴダへ。天気が良ければ夕陽鑑賞。夕食時あやつり人形ショー鑑賞。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
3バガン →
ヤンゴン
早朝:希望者は再びシュエサンドーパゴダにご案内します。
午前:車で精霊信仰の聖地ポッパ山麓の岩峰タウンカラッへ。石段を上って山頂まで行きます。
午後:王の暗殺で建設が中断されたダマヤンヂー寺院を観光。郊外の素朴な村で民家を訪問し農村の暮らしに触れます。
夕刻:国内線でヤンゴンへ。夕食後、希望者は夜も参拝者の絶えないシュエダゴンパゴダにご案内します。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4ヤンゴン →
乗継地 →
シェムリアップ
午前:ヤンゴン市内のスーレーパゴダ、植民地時代の建物群を車窓から眺めた後、ボーヂョーアウンサンマーケット(月・祝など休みの日はスーパーマーケット)へご案内。
午後:空路、カンボジアのシェムリアップへ。到着後、ホテルへ。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
5シェムリアップ早朝:天気が良ければアンコールワットの朝日鑑賞にご案内。
午前:シェムリアップ郊外ののどかな農村へ。牛車に乗ったり、村を散策。民家訪問では、家庭料理をいただいたり、胡弓に似た伝統楽器(トロゥ)の演奏を聴いたりします。のどかな村の雰囲気をお楽しみ下さい。
午後:アンコールトム遺跡内のバイヨン寺院や大樹に侵食されそうなタプローム遺跡を観光します。
夕食時、伝統のアプサラの舞をお楽しみ下さい。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
6シェムリアップ →
乗継地 →
午前:治水技術のレベルの高さを誇る寺院遺跡アンコールワットをじっくり観光。
午後:シェムリアップ市内のオールドバザールを訪れます。
16:50 ~ 24:00:空路、乗り継いで帰国の途へ。
  宿泊●機内泊 食事●朝 / 昼 /  - 
7東京・大阪・名古屋06:00~13:30:東京(成田)・大阪(関西)・名古屋(中部)到着。
  宿泊●泊 食事●機内 /  - /  - 
出発日・旅行代金(1名様あたり)
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2016/3/30~4/1333,000円
2016/4/3・4/4351,000円
2016/4/5~4/23
2016/5/6~6/30319,000円
2016/7/1~7/22331,000円
2016/7/23~7/29の(水)(金)351,000円
2016/7/23~7/29の(土)(日)(月)357,000円
2016/7/30~8/4(除く7/31・8/1)380,000円
※2016/7/31・※8/1397,000円
2016/8/5~8/8424,000円
2016/8/9・8/10357,000円
2016/8/11~8/13380,000円
2016/8/14~8/24の(水)(金)325,000円
2016/8/14~8/24の(土)(日)(月)351,000円
2016/8/25~9/13の(水)(金)319,000円
2016/8/25~9/13の(土)(日)(月)331,000円
2016/9/14・9/15331,000円
2016/9/16~9/18380,000円
2016/9/19~9/21351,000円
2016/9/22380,000円
2016/9/23~10/6319,000円
2016/10/7・10/8380,000円
2016/10/9~10/31319,000円
ご旅行条件・他
最少催行人員●2名(定員6名)
添乗員●同行なし。現地係員がご案内。
利用予定航空会社●ベトナム航空、タイ国際航空、大韓航空、アシアナ航空
利用予定ホテル●ヤンゴン:セントラル、パノラマ、ニューエイヤー、グリーンヒル、オーキッド、イースト、シティスター、セブンマイル、ホテルヤンゴン、パンダ、グランドユナイテッド バガン:バガン、タンデ、タラバゲート、タジンガーデン、プリンセス、アメイジング、クムドラ、エーヤー・リバー・ビュー シェムリアップ:ロイヤルクラウン、ソマデビアンコール、プリンス・ドゥ・アンコール
お一人部屋追加代金●28,000円
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●(基準日2016年3月1日)
国際線6,000円~13,000円
ミャンマー国内線62米ドル(約7,100円)
●注意事項
※ポッパ山のタウンカラッの石段は770段あります。体力に自信の無い方は麓で待つことも可能です。
※アンコールワットでの朝日鑑賞は天候がよくない場合は中止いたします

●旅行代金に含まれないもの
各国空港税、燃油付加運賃、査証代金、日程表に含まれない食事代、その他個人的な出費、クリーニング代など。

 ▼各地空港税(事前徴収するもの)
 ○成田空港諸税:2,610円
 ○羽田空港諸税:2,670円(国際線)
 ○関西空港諸税:3,040円
 ○中部空港使用料:2,570円
 ○ミャンマー出入国税:21.5米ドル(約2,460円)
 ○ミャンマー国内線空港税:2米ドルX2回(約450円)
 ○カンボジア出国税:25ドル(約2,860円)
 ○韓国空港税:10,000ウォンX2回(約1,850円)
 ○香港保安税:45香港ドルx2回(約1,350円)
※2016年3月1日現在
            
●旅券(パスポート)
ミャンマー:入国時に有効期間が6ヶ月以上残っている旅券(パスポート)が必要です
カンボジア:入国時に有効期間が6ヶ月以上、未使用査証欄が1ページ以上残っている旅券(パスポート)が必要です

●査証(ビザ)
このご旅行にはミャンマーとカンボジアの査証(ビザ)が必要です
ミャンマー査証(ビザ)代金(実費、手数料込み):9,400円
カンボジア査証(ビザ)代金(実費、手数料込み):東京申請8,320円、大阪申請8,820円
尚、現地空港でも取得(30米ドル)可能です

※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

*地方発について
福岡など地方発はお問い合わせ下さい

●こんなアレンジもできます
追加料金で次のようなホテルのアップグレードも可能です。
①ヤンゴン:サミットパークビュー(4星)やチャトリウム(5星)など
②バガン:オーリアムパレス(5星)など
③シェムリアップ:タラアンコール、アンコールセンチュリーなど(4星)やソフィテルアンコール、メリディアンなど(5星)
 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。

いってきました! お客様の声

  • 2015-08-14発/総合評価★★★★

見所をきちんとおさえた日程だったので,短い旅行でしたが,充実していて良かったです。

ヤンゴン及びシェリムアップの空港は工事中でした。その為,空港前で少し交通渋滞が発生していました。ガイドさんの話では,2016年に再オープンとのことでした。シェリムアップのDUTY FREE SHOPは,店舗が増えており,商品も充実しておりました。買い忘れたカンボジア土産を手に入れることが出来ました。
ヤンゴン発バンコク行きの飛行機は,ヤンゴンの雨により出発が1時間遅れたため,バンコク空港を地上スタッフと一緒になって走り,無事に乗り継ぎが出来ました。
帰りのベトナム航空ハノイ行きですが,ハノイの天候悪化に伴いダノンに一旦向かいました。ダノンで約1時間機内待機し,その後ハノイに向かいました。
ハノイでは天候悪化に伴い多くの航空機が遅延となった為,成田までの飛行機に乗ることが出来ました。ちなみに,VN310便は2時間で遅れでした。
風の旅行社で手配して下さったガイド2名はどちらもマナーが良かったので問題はありませんでした。しかし,アンコールワットで見かけたガイドは,レリーフのハイライト前で大声で長時間説明する,レリーフを触る客や喫煙する客に注意しない等問題がありました。      

すべての「いってきました」を表示
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求