2名様から催行出発日限定日本語ガイドが付きます英語ガイドは付きません添乗員は同行しません特別講師は同行しません

ミャンマー三都周遊

マンダレー古都めぐりとバガン遺跡7日間

  • 総チーク材の建築のバガヤー僧院(インワ)
  • インワに残る数少ない建造物・マハーアウンミェ僧院
  • エーヤワディ川を渡り、ミングォンをめざします
  • 完成していれば世界一というミングォン・パゴダの土台
  • ミャンマー最大の聖地シュエダゴンパゴダは黄金の寺院
  • ミャンマーの伝統的化粧をした女の子(マンダレーにて)
  • 廃都となった王宮の材木を使って湖にまたがる橋を作った(アマラプラ)

バガン王朝やマンダレー王朝と呼ばれるように、かつてこの2つの地域は政治的・文化的にミャンマーの中心地でした。それだけ豊かで住みやすいところだったのでしょう。このツアーは雨季でも比較的雨が少ないバガンとマンダレーに絞ってじっくり観光します。
ツアーポイント
1. マンダレーではインワ、アマラプラ、マンダレー3つの都を観光
2. 更にエーヤーワディ川を渡ってミングォン遺跡にも足を延します
3. 土着宗教ナッ神の聖地ポッパ山麓の岩峰タウンカラッも訪問
4. バガン遺跡の近くの村を訪ね、農村の素朴な暮らしに触れます
5. ヤンゴン、バガン、マンダレー3つの見所を押さえたコースです



関連よみもの


このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1東京・大阪・名古屋
乗継地
ヤンゴン
9:30~16:30:東京(成田・羽田)・大阪(関西)・名古屋(中部)を出発。乗り継いで、ミャンマーの中心地ヤンゴンへ。到着後、ガイドと共にホテルへ。(大韓航空利用の場合は夕食なし)
  宿泊●ホテル泊 食事● - / 機内 / 夕
2ヤンゴン
マンダレー
インワ・アマラプラ観光
午前:国内線で、マンダレーへ。宝石の町(ラトナ・プラ)と呼ばれ14~19世紀の間に何度も都となったインワへ。馬車に乗って、総チーク材のバガヤー僧院、荘厳なレンガ造りのマハーアウンミェ僧院、畑の中に残された監視塔などを見学します。
午後:インワ廃都後その王宮の木材を使ってアマラプラ(新都)に作ったウーベイン橋へ。対岸のチャウットーヂー・パゴダも見学します。その後、伝統工芸の機織工房、旧王宮が見下ろせるマンダレーヒルなどを観光。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
3マンダレー
ミングォン
マンダレー
バガン
午前:船でエーヤワディー川を渡り、ミングォンへ。コンバウン王朝の王の死で建設が中断され、完成していたら世界最大だったというパゴダや巨大な釣鐘、須弥山をかたどった白い仏塔群シンビューメなどを見学します。
午後:マンダレーに戻り、国内線でバガンへ。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4バガン午前:車で精霊信仰の聖地ポッパ山麓の岩峰タウンカラッへ。石段を上って山頂まで行きます。帰路、ヤシ酒の工房見学。
午後:バガン王朝三代かけて完成させた黄金の仏塔シュエズィーゴォン・パゴダ、当時の暮らしを描いたフレスコ画が残るスラマニ寺院、バガンの代表的建築アーナンダ寺院、ナッ神とともに城を守るタラバー門などを観光します。
夕刻:馬車に乗ってシュエサンドーパゴダへ。天気が良ければ夕日鑑賞。夕食時あやつり人形ショー鑑賞。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
5バガン
ヤンゴン
早朝:朝日を狙って見晴らしのいいパゴダへ。
午前:朝食後、ニャウンウーのマーケットを散策し、その後、郊外の素朴な村で民家を訪問し農村の暮らしに触れます
午後:漆器工房、悲劇の王ゆかりのマヌーハ寺院を観光後、国内線でヤンゴンへ。
夕食後:希望者はライトアップされたシュエダゴンパゴダに案内します。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
6ヤンゴン
午前:シュエダゴンパゴダを観光したり、ヤンゴンを走るミャンマーの鉄道に体験乗車したりします。
午後:植民地時代の建物群を車窓から眺めた後、ボーヂョーアウンサンマーケット(月・祝など休みの日はスーパーマーケット)などへご案内します。
夜または深夜:乗り継いで帰国の途へ。
  宿泊●機内泊 食事●朝 / 昼 / 夕
7乗継地
東京・大阪・名古屋
06:00~15:00 東京(成田・羽田)・大阪(関西)・名古屋(中部)到着。
  宿泊●泊 食事●機内 /  - /  - 
出発日・旅行代金(1名様あたり)
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2017/5/26(金)・6/30(金)278,000円
2017/7/28(金)・8/25(金)298,000円
2017/9/15(金)334,000円
ご旅行条件・他
最少催行人員●2名(定員6名)
添乗員●同行なし。現地係員がご案内。
利用予定航空会社●ベトナム航空、大韓航空、タイ国際航空、全日空
利用予定ホテル●ヤンゴン:セントラル、パノラマ、ニューエイヤー、グリーンヒル、オーキッド、イースト、シティスター、セブンマイル、ホテルヤンゴン、パンダ、グランドユナイテッド バガン:バガン、タンデ、タラバゲート、タジンガーデン、プリンセス、アメイジング、クムドラ、エーヤー・リバー・ビュー マンダレー:ヤダナボン、マンダレーシティ、マンダレースワン、エヤーワディ・リバービュー、シュエインジン、マンダレービューイン、マンダレー
お一人部屋追加代金●34,000円
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●(基準日2017年2月1日)
国際線0~6,390円
※国内線はツアー代金に含まれています。
●注意事項
※ポッパ山のタウンカラッの石段は770段あります。体力に自信の無い方は麓で待つことも可能です。
※バガンの馬車はともに2~3人乗りのため、人数が多い場合は分乗となります。
※全日空利用の大阪・名古屋発の場合、羽田~成田空港間の交通費は含まれておらず、お客様ご自身の手配・ご負担になります。例:羽田~成田空港間リムジン代片道3,100円(2017年2月現在)。

●旅行代金に含まれないもの
各国空港税、燃油付加運賃、査証代金、日程表に含まれない食事代、その他個人的な出費、クリーニング代など。

 ▼各地空港税(事前徴収するもの)
 ○成田空港諸税:2,610円
 ○羽田空港諸税:2,670円(国際線)
 ○関西空港諸税:3,040円
 ○中部空港使用料:2,570円
 ○韓国空港税:10,000ウォンX2回(約1,940円)
 ○タイ空港施設使用料:35タイバーツX2回(約230円)
 ○ミャンマー出入国税:26.5米ドル(約3,020円)
 ※ミャンマー国内線空港税はツアー代金に含まれています
 <全日空利用の場合>
  国内線空港諸税(大阪発着) :580円
  国内線空港諸税(名古屋発着):1,200円
※2017年2月1日現在

●旅券(パスポート)
ミャンマー入国時に有効期間が6ヶ月以上残っている旅券(パスポート)が必要です

●査証(ビザ)
このご旅行にはミャンマー査証(ビザ)が必要です
査証(ビザ)代金(実費、手数料込み):9,400円

※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

●こんなアレンジもできます
追加料金で次のようなホテルのアップグレードも可能です。
①ヤンゴン:サミットパークビュー(4星)やチャトリウム(5星)など
②マンダレー:マンダレーヒルリゾート(4星)
③バガン:オーリアムパレス(5星)など
※詳しくはご相談下さい。

<2名様以上でお申込みの方へ>バガンの2日間は希望の訪問地を変更することが可能です。希望者はご予約時にご相談下さい。

*大阪・名古屋発着の航空会社について
東京乗継ではなく、関空、中部発着のベトナム航空(ベトナム乗継)や大韓航空(ソウル乗継)他に変更することも可能です。
(注)到着時間が遅いため、初日のスーレーパゴダへの案内はなくなります。別途お見積いたしますのでご相談下さい。
 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求