2名様から催行出発日限定日本語ガイドが付きます英語ガイドは付きません添乗員は同行しません特別講師は同行しません

ミャンマーの少数民族に出会う 1

奥インレー湖からカヤー州へ8日間

  • 奥インレー湖の集落サガーに残る仏塔
  • カヤー州の都ライコーの岩上寺院タウンクェ
  • ミャンマー最大の聖地シュエダゴンパゴダ-黄金の寺院だ
  • インダー族は海の民、片手片足で器用に船をあやつります
  • ボートで奥インレー湖を南下します
  • 赤が基調の美しい民族衣装をまとったカヤー族の女性
  • タイに出稼ぎに出ている女性も多いというパダウン族
  • カヨー族のこの村ではほとんどの女性が民族衣装を着ていました
  • インレー湖ではほぼ毎日どこかで朝市が立っています

昨年新たに開放されたカヤー州。タイ国境も近く首長族などのふるさとといわれています。今まで観光客が訪れることも少なかったため村人たちはとてもおだやかでシャイ。今回はカヤー州の北に位置するインレー湖からボートで南下し、奥インレー湖を抜けてカヤー州に入ります。ミャンマーの少数民族インダー族、カヤー族、パダウン族の暮らしを訪ねるちょっとわくわくするミャンマーの旅です
ツアーポイント
1. インレー湖から水路でつながる奥インレー湖へボートで縦断します
2. インレー湖ではインダー族の漁の様子を見学したり、民家を訪ねたり、その暮らしにふれます
3. 最近、旅行者解禁になったカヤー州にカヤー族やパダウン(首長)族の村を訪ねます
4. シュエダゴン・パゴダやスーレーパゴダ以外にも、ヤンゴンを1日ゆっくり観光




このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1東京・大阪・名古屋
乗継地
ヤンゴン
9:30~16:30:東京(成田・羽田)・大阪(関西)・名古屋(中部)を出発。乗り継いで、ミャンマーの中心地ヤンゴンへ。到着後、ガイドと共にホテルへ。(大韓航空利用の場合は夕食なし)
  宿泊●ホテル泊 食事● - / 機内 / 夕
2ヤンゴン
ヘーホー
インレー湖
午前:空路、国内線でヘーホーヘ。到着後、車でシュエヤンウェ僧院に立ち寄りながら、インレー湖へ。(走行=約45分)
午後:ボートでインダー族の漁の様子を見た後、伝説のご本尊がある水上寺院ファウンドゥーウーパゴダや蓮糸の工房、水上生活をする民家、水上菜園などを訪れます。
夕刻:ボートでホテルへ。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
3インレー湖
ペコン
ライコー
この日は1日かけてインレー湖から奥インレー湖を縦断します
午前:ボートで出発。パオ族やインダー族が集うマーケットを見学後、湖を南へ。寄進された仏塔が並ぶ、奥インレー湖岸の小さな村サガーで昼食。地酒を造る工房も訪ねます。
午後:昼食後、再びボートで南へ進みます。奥インレー湖の南岸にあるペコンに上陸。車でカヤー州の州都ライコーへ。(ボート=約4時間、走行=約1時間)
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4ライコー
カヨー族の村
ライコー
午前:車で近隣の村からの人でにぎわう市場を訪問します。その後、山間部に暮らすカヨー族の村を訪ねます。(走行=約3時間半)女性は耳たぶにはめるリングと鮮やかな赤の民族衣装が特徴です。
午後:ライコーに戻り、今はお寺となっているかつての藩王の住居や町を一望する岩上寺院タウンクェパゴダを訪れます。(走行=約3時間半)
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
5ライコー
カヤー族の村
パダウン族の村
ライコー
午前:車で出発。片方肩出しの民族衣装が特徴のカヤー族の村を訪ね高床式の住まいを訪問し、その暮らしぶりに触れます。途中、地元の人々から信仰の厚いナッ神の祭り場に立ち寄ります。(走行=約2時間)
午後:首長族の呼称で知られるパダウン族の村を訪ねます。両村ともにナッ神を信仰しています。(走行=約2時間、歩行=約30分)その後、ライコーに戻ります。(走行=約2時間)
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
6ライコー
ヤンゴン
午前:ライコーの朝市などを散策。国内線でヤンゴンへ。
午後:ミャンマー最大の聖地シュエダゴンパゴダを観光。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
7ヤンゴン
終日:ヤンゴン市内観光
ヤンゴン市内を走る列車に乗ったり、スーレーパゴダ(車窓)、植民地時代の建物が残るストランド通り(車窓)、スーチーさんの自宅(車窓)、スーチーさんのNLD事務所(入口まで)やアウンサン将軍のボージョーアウンサン博物館にご案内します。
(大韓航空、全日空利用の場合は夕食あり)
夜または深夜:乗り継いで帰国の途へ。
  宿泊●機内泊 食事●朝 / 昼 /  - 
8乗継地
東京・大阪・名古屋
06:00~15:00 東京(成田・羽田)・大阪(関西)・名古屋(中部)到着。
  宿泊●泊 食事●機内 /  - /  - 
出発日・旅行代金(1名様あたり)
東京・大阪・名古屋発
2017/12/3(日)・2018/1/21(日)344,000円
2018/2/11(日)368,000円
2018/3/18(日)374,000円
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2017/11/19(日)358,000円
ご旅行条件・他
最少催行人員●2名(定員12名)
添乗員●同行なし。現地係員がご案内。(但し10名以上の場合は同行)
利用予定航空会社●ベトナム航空、大韓航空、タイ航空、全日空
利用予定ホテル●ヤンゴン:セントラル、パノラマ、ニューエイヤー、グランドユナイテッド  インレー湖:パラダイス、パラマウント、スカイレイクインレー、ゴールデンアイランドコテージ  ライコー:ミャッナンタウ、ライコー
お一人部屋追加代金●38,000円 ホテル泊
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●国際線0~7,970円
(基準日2017年6月1日)
●旅行代金に含まれないもの
各国空港税、燃油付加運賃、査証代金、日程表に含まれない食事代、その他個人的な出費、クリーニング代など。

・事前徴収するもの
▼各地空港税:
 ○成田空港諸税:2,610円
 ○関西空港諸税:3,040円
 ○中部空港使用料:2,570円
 ○ミャンマー出国諸税:26.5米ドル(約2,960円)
 ○ミャンマー国内線空港税:2米ドルX2回(約440円)
 ○韓国空港税:10,000ウォン×2回(約2,000円)
 ○タイ空港施設使用料:50バーツ(約160円)

 <全日空利用の場合>
  国内線空港諸税
    成田発着:440円/回 羽田発着:290円/回
    関空発:410円/回、関空着:360円/回
    名古屋発着:310円/回
※2017年6月1日現在

●注意事項
※5日目のミンダのロッジ
共同トイレとシャワー(水のみ)が部屋の外にあります。部屋数に限りがあるため男女別の相部屋をお願いする場合があります。相部屋の場合、一人部屋追加代金は3,500円安くなります。
※シュエダゴンパゴダは金箔の張り替え作業のため観光当日足場が組まれていたり保護幕に覆われていたりする可能性があります。

●旅券(パスポート)
ミャンマー入国時に有効期間が6ヶ月以上残っている旅券(パスポート)が必要です

●査証(ビザ)
このご旅行にはミャンマー査証(ビザ)が必要です
査証(ビザ)代金(実費、手数料込み):9,400円

※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

*地方発について
福岡など地方発はお問い合わせ下さい。
 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求