6名様から催行出発日限定日本語ガイドが付きます英語ガイドは付きません添乗員が同行します特別講師は同行しません

【FOOTRAVEL】 ボールを持ってカンボジアへ!

2018/2/8(木)・3/5(月)発 カンボジア サッカー交流とアンコールワット5日間 ─ 遺跡と農村の暮らしを知る ─

  • カンボジアで、現地の人々とサッカーの交流試合をしませんか?
  • 現地でFOOTRAVEL特製チームユニフォームをプレゼント!
  • 交流試合1試合目は、サッカーが大好きな、孤児院の男の子たちと
  • 日々の暮らしについて、施設を案内いただきます
  • いよいよ、試合開始!
  • お兄ちゃんたちが羨ましい、女の子
  • 試合後には、クメール人の大好きな炭酸飲料を飲みながら健闘をたたえ合いましょう!
  • さらに、ココナッツで水分補給!
  • もちろん、世界に誇る仏教遺跡アンコールワットもしっかり見学
  • アンコールワットで旅と試合の成功を祈ったり…
  • アンコールワットに残るレリーフ(ラーマヤナの一場面)
  • 僧侶と記念撮影できた!
  • 夕食フリーの日は、地元の味を満喫しましょう!(写真はクイティウ)
  • サッカー交流2試合目は、「アンコール中学校」の学生たちと!
  • 1試合でも共にボールを蹴れば、なんだか別れが寂しいもの…
  • アンコールトム見学も外せませんよね
  • バイヨン寺院では、巨大観音菩薩に守られてる気持ちになります
  • 樹木に飲み込まれそうな寺院・タプロームも見どころの1つです
  • 夕食を食べながら、指先まで美しい民族舞踊アプサラをうっとり鑑賞
  • ホテルから徒歩圏内のオールド・マーケット散策で、掘り出し物があるかも
  • 郊外の農村にも足をのばし、高床式の民家で家庭料理の昼食をいただきます
  • 元気いっぱいの子どもたちとの触れあいも、楽しいひと時
  • 突然、村人のお宅で歓迎の地酒をいただくチャンスがあるかも!
  • こんな牛車体験も。のどかな村で農村の暮らしを感じてみましょう
  • 恥ずかしがりやな村の子供とは、サッカーの力を借りて交流
  • 農村では、時間はゆるやかに流れます

サッカー経験者なら誰もが、「いつも日本でやっているように、世界のサッカーを愛する人と、公式試合ではなく、楽しみでサッカーを一緒にやったらおもしろそう」と思ったことはあるのではないでしょうか。サッカーに言葉は要りません。1試合でも共に汗を流せば試合後には肩を組み「昔からの友達!?」と思ってしまうほどの仲になってしまうもの。現地の人々とそんな関係なれたからこその交流があると思います。サッカーを通して心を開き、日本人と外国人の垣根を超え異文化理解をする旅。サッカーが持つ力は、きっと世界の新たな旅の扉を開いてくれるでしょう。さあボールを持って新たなフィールドへ、一緒に行きましょう!

こんな旅、今までなかった! 風の旅行社が新たに提案する「FOOTRAVEL 世界の村人とサッカー交流シリーズ」のカンボジア編です! アンコールワット遺跡などカンボジアの見所をしっかり抑えつつ、シェムリアップの地元の人々とサッカー交流試合2試合を行います!(人数によってフットサルに切り替えます) 郊外に足をのばし、農村の暮らしも体験。牛車に乗ったり、民家に訪問して家庭料理をいただいたり、のどかな村の雰囲気をお楽しみください。毎日、交流試合から遺跡観光とリズムよく時間が流れ、心も体も充実すること間違いなしの新しいスタイルの旅です!

サッカー経験者でなくてもOK(交流目的の試合なのでレベルは問いません。もちろん女性や学生の方も大歓迎!)

過去に実施したこのツアーの添乗レポートはこちら
添乗報告記●「FOOTRAVEL」アンコールワット・地元の子供たちとサッカー交流!



公立アンコール中学校&高校の学生との試合の様子をご覧下さい!(2016年9月)



現地で同行予定のガイド・パナー君からメッセージが届きました!
パナー君

『僕の名前はパナーです。今年25歳です。
僕はスナダイクマエ孤児院で育ちました。孤児院では毎日サッカーをしていました。
今は施設から自立して、日本語ガイドの仕事をしています。ガイドの仕事の無い日は、サッカーの練習をしています。
僕の将来の夢はサッカーコーチになることです。そして、カンボジアの子供達にサッカーの楽しさをたくさん教え、いろいろな国々の方たちとサッカー交流が出来るようなことをやりたいです。
日本の皆さん、シェムリアップではまだまだサッカーが出来るクメール人は少ないですが、僕がいつもサッカーをしているメンバーは、サッカーがとても得意です。アンコールワットの近くの学校の学生とも試合を予定しています。
日本の皆さんとサッカー試合が出来ることを今からとても楽しみにしています。
皆さんが来てくれるのを、お待ちしています!』 日本語ガイド・パナー

◆当ツアーにご参加の方は、必ず海外旅行保険にご加入ください
ツアーポイント
1. アンコール遺跡があるシェムリアップで現地の人々とサッカーを通じて交流します
2. 交流試合は現地の児童養護施設と地元学校の学生や村人たちとそれぞれ開催。試合後は交流会も
3. アンコールワット、アンコールトムのバイヨン寺院、タプローム等の遺跡観光はもちろん、郊外ののどかな村を訪問し農村体験も
4. 全員に、試合用の特製チームユニフォームをプレゼント! 旅の記念としてもピッタリ(一例↓下の青いユニフォーム)

このツアーは割引サービスが適用されます。


企画・同行予定添乗員

竹嶋 友
ブログはこちら

(株)風カルチャークラブ 学生スタディツアー・FOOTRAVEL・バングラデシュ担当。 大学中退後、モンゴルへ放浪の旅に出る。その後、1年半かかって風入社(2回落とされる)。生まれも育ちも葛飾(残念ながら柴又ではない)。その影響か川の土手が好き。 趣味・特技 ①小学校からやっているサッカー。今も都内で仲間と汗を流す日々。 ②阿波踊りの太鼓(高円寺の連に所属)毎年夏はテンションが最高潮に。


FOOTRAVEL

関連よみもの


このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1東京・大阪・名古屋
乗継地
シェムリアップ
09:25~13:55:東京(成田または羽田)・大阪(関西)・名古屋(中部)を出発。空路、飛行機を乗り継いで、アンコール遺跡への玄関口シェムリアップへ。
16:55~22:40:着後、日本語ガイドと共に専用車でホテルへ。夕食を食べながら、参加者同士の交流会。
  宿泊●ホテル泊 食事●× / × / 夕
2シェムリアップ午前:地元の児童養護施設の子どもたちとサッカー交流(2試合を予定)試合後に全員で交流会。カンボジア人の大好きな炭酸ジュースで乾杯!。健闘を讃え合いながら言葉を超えた交流をしましょう。
午後:神々が住む宮殿を地上に体現した寺院遺跡アンコールワットを観光
夕食はフリーです。ホテルから徒歩圏内の飲食店が軒を連ねるストリートで各自お好きなお店にて。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / ×
3シェムリアップ午前:前日とは違う地元の学校の学生たちや村人とサッカー交流試合後に全員で交流会。カンボジア人の大好きな炭酸ジュースで乾杯!。健闘を讃え合いながら言葉を超えた交流をしましょう。
午後:巨大な観世音菩薩が林立するアンコールトム遺跡内のバイヨン寺院や大樹に侵食されそうなタプローム遺跡を観光します
夜:夕食を食べながら、アプサラ民族舞踊鑑賞でお楽しみください。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4シェムリアップ
郊外の農村(牛車)
シェムリアップ
乗継地
午前:シェムリアップ郊外ののどかな農村へ。牛車に乗ったり、村を散策したり、民家訪問では家庭料理をいただいたりします。のどかな村の雰囲気をお楽しみ下さい。
午後:専用車でシェムリアップへ。着後、出発までの間、ホテルの部屋でシャワーと荷物整理、夕食も各自でお済ませください。
夕刻~夜:空路、乗り継いで帰国の途へ。
  宿泊●機内泊 食事●朝 / 昼 / ×
5東京・大阪・名古屋06:40~12:30:東京(成田または羽田)・大阪(関西)・名古屋(中部)到着。
  宿泊●泊 食事●機内 / × / ×
出発日・旅行代金(1名様あたり)
東京発
2018年2月8日(木)197,000円
2018年3月5日(月)197,000円
大阪発
2018年2月8日(木)197,000円
2018年3月5日(月)197,000円
名古屋発
2018年2月8日(木)197,000円
2018年3月5日(月)197,000円
ご旅行条件・他
最少催行人員●6名(定員16名)
添乗員●同行します。
利用予定航空会社●ベトナム航空
利用予定ホテル●シェムリアップ:ロイヤルクラウン、ソマデビアンコール、プリンス・ドゥ・アンコール
お一人部屋追加代金●16,000円
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●(2017年9月1日)
国際線6,260円
●旅行代金に含まれないもの
各国空港税、燃油付加運賃、査証代金、日程表に含まれない食事代、その他個人的な出費、クリーニング代など。

 ▼各地空港税(事前徴収するもの)
 ○成田空港諸税:2,610円
 ○羽田空港諸税:2,670円
 ○関西空港諸税:3,040円
 ○中部空港使用料:2,570円
 ○カンボジア出国税:25米ドル(約2,770円)

●旅券(パスポート)
カンボジア入国時に有効期間が6ヶ月以上、余白1ページ以上残っている旅券(パスポート)が必要です。

●査証(ビザ)
このご旅行にはカンボジア査証(ビザ)が必要です
査証(ビザ)代金(実費、手数料込み):東京申請8,220円、大阪申請8,520円
尚、現地空港でも取得(30米ドル)可能です
※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

*地方発について
福岡など地方発はお問い合わせ下さい。

※5月~10月発の場合は雨期にあたり、1日中雨が降ることもありますが、ほとんどの場合は、朝か夕方に激しいスコールが30分ほどあり、その後、晴れ上がることが多いです。雨上がりの緑や、濡れた遺跡もまたいいものです。雨が長く続いた後などは、現地で状況を見ながらスケジュール変更をする場合もございますので、あらかじめご了承ください。
 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。

いってきました! お客様の声

  • 2016-09-07発/総合評価★★★★★

この5日間本当に濃い毎日を過ごすことができました。
サッカーをするだけじゃなくて現地の方の生活に触れ合うことができるこのFOOTRAVEL素晴らしい企画です。僕もこのFOOTRAVELがもっと発展するよう力になりたいと思います。本当にありがとうございました。
また、ピースインツアーのAさんやBさん、ツアー参加者の方達ともお会いでき、話すことができて輪が広がった感じが本当に嬉しかったです。ピースインツアーの方も参加したいなと思いました。      

  • 2015-08-19発/総合評価★★★★★

現地の人とサッカーをするのは個人旅行では経験できないと思いますが、そんなレアな機会を親子で体験できてとても楽しかったです。(添乗員の)Aさん、(ガイドの)B君のお陰でサッカーだけでなくカンボジアの国、人ととても身近に接することができて本当に良い時間を過ごすことができました。また機会があればFOOTRAVELに参加して色々な国の人とサッカーを通して交流したいと思います。
Aさんには大変お世話になりました。本当にありがとうございました。またお世話になる機会があれば宜しくお願いします。      

すべての「いってきました」を表示
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求