ツアー関連情報

インレー湖周辺、東部シャン州の少数民族の村

 

インレー湖周辺で穏やかな笑顔に出会う ― インレー湖周辺

クリックで拡大します
クリックで拡大します
「暮らし」がテーマのツアーだけに、観光客の行かない村へ足を伸ばします。特にたくさんの少数民族たちが独自の文化を保ちながら生活をするインレー湖周辺では、牛車に乗ってパオ族やタウンヨー族の暮らす農村を訪ねたり、村の寺院で宿泊しながら1泊2日かけてインレー湖郊外の農村地帯を牛車に乗ったり歩いたりして、いくつかの村を訪れます。農作業にいそしむ人や家事を手伝う子供たち、家に迎え入れてくれるおじいちゃんおばあちゃんなど、素朴な人との出会いが貴重な体験になることでしょう。

牛車と徒歩でトレッキング
牛車と徒歩でトレッキング
素朴な村での宿泊
素朴な村での宿泊
トレッキング中に出会った笑顔
トレッキング中に出会った笑顔



タイ・ラオス国境の素朴な暮らしに出会う ― 東部シャン州

ミャンマー東部のタイ、ラオス、中国と国境を接する山岳地域には、自らの民族の伝統を色濃く残す村がたくさんあります。標高約800mの高原地帯に位置するチャイントォンには、毎朝、アカ族、ロエ族、エン族、ラフ族、シャン族、パラウン族など近郊の様々な少数民族が集まってマーケットが開催されています。チャイントォン郊外のピンタウクから歩くと、銀装飾の帽子が特徴のアカ族の村や、お歯黒などの独特の習慣があるエン族の村などを訪れることができます。アップダウンのある山道を歩きますので多少体力も必要ですが、その分素朴な出会いも期待できます。

トレッキングで訪れたアカ族の村
トレッキングで訪れたアカ族の村
お歯黒の風習が残るエン族
お歯黒の風習が残るエン族
田植え中のパラウン族
田植え中のパラウン族