ツアー関連情報

ミャンマー旅行の楽しみ方 ~神秘の湖・インレー湖編~

 
独特の立ち漕ぎで漁をするインダー族

独特の立ち漕ぎで漁をするインダー族



ミャンマー東部・シャン州の高原にあるインレー湖(約900m)にはインダー族という民族が暮らしています。1,000年の昔、バガンの王様の命令で南の海岸地方から連れて来られた海の民で、今は湖上に高床式の家を建て、独特の立ち漕ぎで小船を操り、漁をしたり、浮島を作って野菜を栽培して暮らしています。また、周囲は1,200~1,400mの山に囲まれ、パオ族などの山の民が暮らしています。古くから敬虔な仏教徒が多く仏教遺跡もあります。そんなインレー湖での風の旅行社流の楽しみ方をご紹介いたします。




朝市を訪ねる

インレー湖周辺では複数の村で五日おきに朝市が立ちます。日をずらして開催されるので一年中ほとんどいつ訪ねてもどこかの朝市を訪ねることができます(満月新月など特別な日を除く)。その村だけでなく周辺の村から人が集いますのでいろんなものが集まります。魚類、山菜などの食料、衣類、日用品から鶏、市によっては出前鍛冶屋や散髪屋さん、時にサイコロ遊びの光景なども見かけます。

市場は人と人が出会う大切な場

市場は人と人が出会う大切な場

薪を運ぶパオ族の人たち

薪を運ぶパオ族の人たち

豆腐の麺も売ってました

豆腐の麺も売ってました

かわいい分銅発見!

かわいい分銅発見!



トレッキングで村を訪ねる

今も牛車が移動・輸送手段に使われているインレー湖周辺の丘陵地帯を歩きます。牛車の轍やあぜ道、手作りの橋をたどりながら、周辺に住むパオ族やダヌー族タウンヨー族たちの村をめぐってインレー湖へ。コースは日帰り、2日、または3日と体力に合せて選べます。宿泊は少数民族の民家または僧院。ミャンマーならではのトレッキングに挑戦してみてください。

村では民家訪問も

村では民家訪問も

牛糞を集めて学費の足しにするという

牛糞を集めて
学費の足しにするという

ミャンマーの僧院で泊まるのも貴重な体験

ミャンマーの僧院で泊まるのも貴重な体験



ホームステイする

インレー湖では湖上のインダー族の民家にホームステイできます。朝ボートのエンジン音とお経で目覚めます。立派な仏壇のある部屋やナッ神を祀る部屋もあります。トイレ、シャワー室はとてもベーシックですが。ここしかできない体験です。

湖上に建つインダー族の民家

湖上に建つインダー族の民家

近所のこどもたちが遊びにくることも

近所のこどもたちが遊びにくることも



湖上のコテージ風ホテルに泊まる

インダー族は湖上に高床式の家を建てて暮らしています。その建物をまねて作ったのがコテージ風ホテル。湖上を蹴立てて走るモーターボートで到着し、夜はとても静かです。風が刻む波の音を聞きながら泊まってみるのはいかがでしょうか。

ボートで到着

ボートで到着

部屋の中はまずまず快適も

部屋の中はまずまず快適



遺跡を訪ねる

インレー湖の周辺には2つの大きな遺跡があります。

カックー遺跡は2000年まで未開放であった仏教遺跡。16世紀頃からパオ族、シャン族の人々によって寄進されたパゴダが2,000基以上林立し荘厳な雰囲気です。

牛車で訪ねるのが楽しい(インディン遺跡)

牛車で訪ねるのが楽しい
(インディン遺跡)

整然とたつ千を越すパゴダ群(カックー遺跡)

整然とたつ千を越すパゴダ群
(カックー遺跡)



祭りを見る

インダー族・男の祭りインダー族・男の祭り

毎年9月下旬~11月上旬(年により変動)、インレー湖最大の祭りが行なわれます。湖上の寺院ファウンドーウーパゴダのご本尊を黄金の船に乗せ、18日間かけて周囲の村々を巡るのです。漕ぎ手はインダー族の青年。一艘に50~100人が乗り込んで独特の立ち漕ぎでご本尊の載った船を曳航します。

詳しくは ミャンマー旅行の楽しみ方 ~ファウンドーウーパゴダのいかだ祭り編~



世界にここだけの蓮の糸

蓮布 織り上がった蓮布
茎を二つに折ってひねり出す繊維が糸になる 茎を二つに折って
ひねり出す繊維が糸になる

インレー湖の特産のひとつ。茎から繊維を取り出してよるのですが、それだけでも大変な時間がかかる高級品。糸が繊細で機械織りはできないためインダー族の工房で手織りされています。世界でここしか生産されてないそうです。