ツアー関連情報

ラオスの主食「カオニャオ」の作り方・食べ方 ~How to 編~

 
カオニャオ

ラオスの食事はほんとうに美味しい

間違いなく旅の楽しみのひとつになるはず

文●竹嶋 友(東京本社)

ラオスでの食事で欠かせない「カオニャオ(もち米)」は、レストランやホームステイ、はたまた象乗りキャラバン中の食事でも必ずといっていいほど登場する、ラオスの主食です。しかし、おひつの中におさめられたカオニャオを初めて目の前に出されても、「ん? これどうやって食べるの? 手?」と少し尻込みしてしまうもの。

ここでは、マフート(象使い)さんや村人たちに教わった、カオニャオの「現地式食べ方」を伝授します!

…とその前に、カオニャオの作り方から見てみましょう。

*ラオス料理全般の情報は「ラオスの楽しみ方~ラオス料理編~」をご参照下さい。


How to カオニャオ ~作る編~

火を興し水を入れたずん胴鍋の上に、水にひたしておいたもち米を専用のざるに入れ置き、蒸していきます。(もち米の上にふた代わりに鍋のふたや濡らした布をかぶせます)


炊き上がったもち米を、平らな場所で竹製のしゃもじ又は素手で手早く混ぜほぐして


ティップカオ(カオニャオを入れる竹製容器)に入れて出来上がり!



How to カオニャオ ~食べる編~

まずは心を落ち着かせ、カオニャオと対峙します

1.まずは心を落ち着かせ、カオニャオと対峙します

→
2)迷わず左手で適量(餃子の大きさ位)のカオニャオを手に取ります

2.迷わず左手で適量(餃子の大きさ位)のカオニャオを手に取ります

→
3)手に取ったカオニャオを手のひらでギュッギュッと握っていきます

3.手に取ったカオニャオを手のひらでギュッギュッとこねるように握っていきます

→


4)カオニャオがほどよくまとまり粘り気を帯びてきています

4.カオニャオがほどよくまとまり粘り気を帯びてきています

→
5)カオニャオを右手で一口大にちぎり、真ん中をへこませながら平たくします

5.カオニャオを右手で一口大にちぎり、真ん中をへこませながら平たくします

→
6)へこませたところに入れるようにおかずを取ります。そしてパクリと口にほうばります

6.へこませたところに入れるようにおかずを取ります。そしてパクリと口にほうばります


これさえできれば、ラオスの食事はこわくない! カオニャオと一緒に、日本人の口にも合うラオスの様々なおかずを、思う存分召し上がれ♪