3名様から催行出発日限定日本語ガイドが付きます英語ガイドは付きません添乗員は同行しません特別講師は同行しません

地元出身日本語ガイドと行く

インド最奥の「信仰の里」 ザンスカール11日間

  • カルギルの街。イスラム教徒が多く暮らす
  • パルカチック村周辺で出会った家族
  • ラングドゥム周辺から再び仏教圏に入る
  • 圧巻のドラン・ドゥルン氷河
  • 氷河近くの湖。パルカチック~ドラン・ドゥルン氷河までの道は風向明媚なドライブルート
  • カルシャ・ホームステイ先はガイド・スタンジン(右)の実家。妹家族、ご両親がホストファミリー
  • カルシャ・ホームステイ先(ピコンマ家)からカルシャの谷を望む
  • 立派なホームステイ先の食堂
  • 岩の斜面に建つカルシャ・ゴンパ
  • カルシャ・ゴンパ内の壁画。大日如来
  • ゾンクル・ゴンパ。写真奥の道からグル・リンポチェがこの地を訪れたと伝わる
  • ゾンクル・ゴンパ内の様子
  • 移動中、こんな羊の大集団に出会うことも!?

チベット文化圏を好きな人なら、一度は憧れるであろう、インドそしてラダック最奥の地ザンスカール。このツアーを案内する日本語ガイド・スタンジンは、ザンスカールの王族の出身。彼の出身地であるザンスカールの魅力を存分に体験できる日程を組みました。

絶景が広がるラマユル、パルカチック~ランドゥムなどでも十分に時間をとってその景色をお楽しみいただきます。ホームステイ先はスタンジンの実家でもある、カルシャの名家ピコンマ家なので、安心して滞在いただけます。またスタンジンの伯父でもあるザンラ王との謁見も予定しています。ザンスカールの王族からザンスカールの歴史や文化をじっくりと聞くよい機会です。

ラダックからザンスカールへと続く道は、1年の大半の期間、峠が雪と氷で閉ざされているため、車移動のできる夏のわずか数ヶ月限定のコースです。
ラダック地方の中でも「旧き善き」生活が残るザンスカールへ是非お出掛け下さい。
※7/15発はカルシャグストルにあわせた日程です。

※プライベートツアーをお考えの方はご相談下さい。
ツアーポイント
1. 魅力溢れる「信仰の里」ザンスカールでじっくり3連泊。景色と観光、両方にこだわった日程
2. ザンスカールの王族出身でもある、日本語ガイド・スタンジンがご案内、カルシャの名家ピコンマ家でホームステイも
3. 少人数でじっくりと楽しみます
4. 標高の低いアルチで高度順応。パルスオキシメーターも携行
5. 7/15発はカルシャグストルにあわせた日程です。

このツアーは割引サービスが適用されます。

現地同行ガイド

スタンジン・ウォンチュク(すたんじん・うぉんちゅく)

地元出身の日本語ガイド

ラダック最奥ザンスカール出身でザンスカール王家とは親戚関係。現在は下ラダックのニンム在住(ホームステイ先は彼の実家でもある)。デリー大学卒。学生時代からアルバイトでガイドとして経験を積み、日本語を学ぶ。長年のガイド経験と広い人脈を生かしての、臨機応変な対応が得意。


関連よみもの

「風のラダック」特集

添乗員報告記


このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1【大阪・名古屋
東京
デリー
【午前:大阪(関西または伊丹)、名古屋(中部)より空路、東京(成田または羽田)へ。】
午後:東京(成田)発、空路デリーへ。
デリー到着後、ガイドとともにホテルへ。
  宿泊●ホテル泊 食事● - / 機内 / 夕
2デリー
レー
アルチ
早朝:国内線でラダックの中心地、レー(約3,500m)へ。
到着後、車でアルチ(約3,165m)へ。途中、バスゴに立ち寄り、王族の生活を描いた壁画の残るチャンパラカン、ジャムヤン・ナムギャル王の供養のために立てられたセルザンゴンパなどを見学します。(走行=約70km、約3時間)
午後:10~11世紀にカシミールから伝えられた貴重な壁画が残るアルチ・チョスコル・ゴンパへ。その後、フリータイム。
  宿泊●ロッジ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
3アルチ
ラマユル
午前:カシミール様式の仏教壁画が残るマンギュ・ゴンパへ(走行=約20km、約1時間)、その後、戒律の厳しいことで知られるゲルク派の僧院で山中の谷奥に建てられたリゾン・ゴンパへ。(走行=約10km、約1時間)
午後:「月世界」と形容される雄大な自然をゆっくり楽しみながらラマユル(約3,565m)へ。
  宿泊●ロッジ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4ラマユル
カルギル
パルカチック
午前:ラマユル・ゴンパを訪れます。朝は小坊主達が読経をあげる姿も見学できます。その後、カルギル経由、パルカチックへ(走行=約200km、約6~7時間)。
  宿泊●ロッジまたはテント泊 食事●朝 / 昼 / 夕
5パルカチック
パドゥム
終日:ザンスカールの中心地パドゥム(3,565m)へ移動します。(走行=約135km、約8時間)途中、豊かな牧草地、パルカチク氷河など多数の氷河や褶曲地層の織りなす絶景などが広がります。ランドゥム村周辺で休憩予定です。
  宿泊●ロッジ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
6パドゥム
カルシャ
午前:城砦のような外観を持つ、バルダン・ゴンパへ。(走行=約12km、約40分)その後、パドゥムの街を一望できるスタグリモ・ゴンパや五智如来の磨崖仏を見学します。昼食はパドゥムへ戻ります。
午後:ゾンクル・ゴンパを訪れます。その後、カルシャへ。
  宿泊●ホームステイ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
7カルシャ
ザンラ
カルシャ
午前:カルシャへ。ザンスカール最大の寺院カルシャ・ゴンパ、13-15世紀の美しい壁画が残るチュチクザル尼僧院を訪れます。
※7/15発はカルシャ・ゴンパのグストル祭も見学します。
その後、ザンラへ。(走行時間=約30km、約1時間)
午後:旧王宮を訪れ、ザンラ王に謁見します。(時間があれば、英語―チベット語辞書を作ったチョーマ・ド・ケレスが滞在したお堂も見学します。)その後、ストンデ・ゴンパを訪れます。もし外出されていなければ、日本に滞在経験もあるゲシェラ(大僧正)にも謁見します。
夕刻までにカルシャに戻ります。
  宿泊●ホームステイ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
8カルシャ
カルギル
終日:一路、カルギルへ。(走行=約240km、約10-11時間)
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
9カルギル
レー
終日:一路、レーへ。(走行=245km、約6時間)
到着後、フリータイム。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
10レー
デリー
早朝:ガイドが空港へお送りします。
午前:再びザンスカールの山々を飛び越え、空路デリーへ。デリー到着後、ホテルへご案内します。
午後:フリータイム
(出発時間までホテルのお部屋がご利用できます)
夕刻:ガイドが空港へお送りします。
夜:空路、帰国の途へ。
  宿泊●機内泊 食事●朝 /  - / 機内
11東京 【
大阪・名古屋】
午前:東京(成田)到着。
【午後または夕刻:空路、東京(成田または羽田)から大阪(関西または伊丹)、名古屋(中部)へ。】
  宿泊●泊 食事●機内 /  - /  - 
出発日・旅行代金(1名様あたり)
東京発
2017/9/2(土)435,000円
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2017/7/15(土)※カルシャグストル見学425,000円
大阪発
2017/9/2(土)455,000円
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2017/7/15(土)※カルシャグストル見学445,000円
名古屋発
2017/9/2(土)455,000円
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2017/7/15(土)※カルシャグストル見学445,000円
ご旅行条件・他
最少催行人員●3名(定員6名)
添乗員●同行なし。現地係員がご案内。
利用予定航空会社●日本航空、全日空、エア・インディア
利用予定ホテル●【デリー】シャンティパレス、アショカ・カントリー・リゾート、ラマーン、ウェイブス、ホリデイインIGI 【レー】マヘイ・リトリート、ラリモ、ホリデイラダック、ナムギャルパレス、オマシラ、スピック&スパン、ロータス、マナサロワール 【カルギル】ハイランド・マウンテン・リゾート、ホテル・シュアチュン 【アルチ、パドゥム】ゲストハウス 【パルカチック】ロッジまたはテント 【カルシャ】民家(男女別相部屋) ※ラダック、ザンスカール内はいずれのホテルもシャワーのみとなります。 ※ロッジ、ゲストハウスは規模が小さいため、分宿となる場合があります。 ※パルカチック、ホームステイでは男女別の相部屋となります。
お一人部屋追加代金●60,000円 ※パルカチック、カルシャは一人部屋利用設定なし
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●4,000円(基準日2017年2月1日)
●注意点
このコースは標高3,000mを超える高地に宿泊するため、高山病にかかる恐れがあります。健康に不安がある方は必ず事前にご相談ください。また、海外旅行保険への加入をお願いしております。

●ご旅行代金に含まれないもの
【事前徴収】
・成田空港諸税2,610円
・国内線空港諸税(大阪発着) :  580円
・国内線空港諸税(名古屋発着): 1,200円
・インド出国税 6370円(49.43ドル)
【その他】
※個人的な出費、クリーニング代など
※大阪・名古屋発の代金には羽田空港~成田空港間の交通費(詳細下記)


●旅券(パスポート)の残存期間
入国時に残存期間が6ヶ月以上必要

●査証(VISA)
インド査証(VISA)が必要
・弊社代行の場合 東京管轄10,200円 大阪管轄11,620円(実費込)

●大阪発、名古屋発、その他の地方都市発の場合
・各地から東京への便は、成田着、羽田着のいずれかになります。
・羽田空港~成田空港間の交通費は含まれておらず、この交通機関はお客様ご自身の手配・ご負担になります。
・羽田~成田空港間のリムジン代は片道3,100円(2015年4月現在)。
・福岡・札幌・沖縄など地方発はお問い合わせ下さい。

 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求