2名様から催行出発日限定日本語ガイドが付きます英語ガイドは付きません添乗員は同行しません特別講師は同行しません

ホームステイで冬のラダックの暮らしに触れる

12/29(土)発 スピトク・グストル祭と氷の回廊チャダル体験 8日間

  • 冬のザンスカール山脈を飛び越えてラダックへ(写真提供:小町篤様)
  • レー王宮。澄み切った空気が写真でも感じられます(写真提供:小貝宏様)
  • 真冬のレーの街(写真提供:小貝宏様)
  • 冬でも荘厳さは変わらないティクセ・ゴンパ
  • ティクセ・ゴンパの弥勒菩薩像
  • 冬は凍った河がスケートリンクに
  • お正月に祈りの旗(タルチョ)を付け替える村人
  • さあ、河は凍ってるかな?
  • 凍った河に降りてみました!
  • 凍った河を歩く「チャダル・トレック」も体験
  • チャダル・トレッキングの気分で歩いてみます
  • 足元はスノーブーツなど冷気を通さないものがおすすめ。河に降りる前にガイドが足場を確認します
  • 凍った河の上で寝転んでポーズ!
  • 100人乗っても大丈夫?
  • 民家訪問。近所の人も混ざり、もはや誰が家族かわかりません。(写真提供:小貝宏)
  • よくきたね。やわらかい笑顔に癒されます(写真提供:小貝宏様)
  • ホームステイ先でお母さんが出来たての温かい食事を作ってくれます
  • タイミングがあえば一緒にお手伝いもできます
  • 日当りが良く、意外に?快適なホームステイ先
  • チリン村の鍛冶屋さん
  • 日向ぼっこしながら編み物をするおばあちゃん写真提供:小貝宏)
  • 真冬でも僧侶は大人も子供も薄着です(写真提供:小貝宏様)

北インドのヒマラヤ山中に位置するラダックは、標高3,500m前後。伝統的なチベット仏教を信仰する人々が暮らしています。真冬は厳しい寒さが続きますが、そんな自然環境だからこそ、人々は明るく力強く助け合い、家族の絆を大切に暮らしています。暖かい空気を逃がさないよう工夫して建てられた民家の扉をくぐれば、ホームステイ先の家族が温かな笑顔で迎えてくれます。

そんな、真冬のラダックを訪れ、農村にホームステイしてその暮らしを体感したり、餓鬼とよばれる霊や魂に供物を施す「施餓鬼」法要のお祭り「グストル」を見学したり、冬しか通ることのできない「氷の回廊」チャダルを体験するなど、冬しか味わえないラダックの暮らしを満喫します。
ツアーポイント
1. 民家でホームステイ。冬のラダックの暮らしを垣間見てみましょう
2. 凍った河を歩く「チャダル・トレック」も体験
3. チベット仏教美術の至宝、アルチ・チョスコル・ゴンパも訪問
4. スピトク・グストルのお祭も見学
5. ラダックでは日本語ガイド、スタンジン・ウォンチュクがご案内

このツアーは割引サービスが適用されます。

現地同行ガイド

スタンジン・ウォンチュク(すたんじん・うぉんちゅく)

地元出身の日本語ガイド

ラダック最奥ザンスカール出身でザンスカール王家とは親戚関係。現在は下ラダックのニンム在住(ホームステイ先は彼の実家でもある)。デリー大学卒。学生時代からアルバイトでガイドとして経験を積み、日本語を学ぶ。長年のガイド経験と広い人脈を生かしての、臨機応変な対応が得意。


このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1【大阪
東京
デリー
【午前:大阪(関西または伊丹)より空路、東京(成田または羽田)へ。】
11:00〜17:15:東京(成田)を出発し空路、デリーへ。
(19時以降到着の場合は、夕食は機内食となります。)
  宿泊●ホテル泊 食事● - / 機内 / 夕
2デリー
レー
早朝:国内線で、ラダックの中心地、レー(約3,500m)へ。到着後、ガイドがお迎えし、ホテルで休憩。この日は高度順応のため、午前中はレー旧市街を散策してゆっくりと過ごします。
午後:引き続き旧市街散策後、車でレー市街を一望できるシャンティ・ストゥーパなどを訪れます。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
3レー午前:車で、かつての王都シェイで、見事な獅子吼観音の壁画のあるシェイ・ゴンパなどを見学。その後、巨大な弥勒菩薩で有名なティクセ・ゴンパを観光後、ティクセ近郊の村で昼食。ゆっくりと村を散策します。
午後:ラダック地方最大のヘミス・ゴンパなどを訪ねます。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4レーアルチ ニンム
午前:車でアルチへ。(走行=約63km、約1時間45分)リンチェン・サンポの創建といわれ、10~11世紀にカシミールから伝えられた貴重な壁画と建築の宝庫アルチ・チョスコル・ゴンパを見学します。その後、ホームステイ先のあるニンム(3,270m)へ。(走行=約30km、約1時間)
  宿泊●ホームステイ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
5ニンム
チリン
ニンム
午前:車でチリンへ。(走行合計=約68km、約2時間)凍りついたザンスカール河を歩く、氷の回廊「チャダル」トレッキングの出発地を見学。氷の状態がよければ凍った河を歩きます。
その後、チリンの鍛冶屋などを見学後、ニンムに戻ります。
  宿泊●ホームステイ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
6ニンム スピトク
レー
午前:レー空港近くのスピトク・ゴンパで行われるグストル(施餓鬼)祭を見学します。観光客のほとんどいない、地元の人々の熱気に包まれるお祭を楽しみましょう。
午後:レーに戻ります。(合計約33km、約1時間)
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
7レー
デリー
早朝:ガイドが空港へお送りします。
午前:再びザンスカールの山々を飛び越え、空路デリーへ。
到着後、時間があれば昼食と簡単なデリー観光へ。
夜、または深夜:空路、帰国の途へ。
  宿泊●機内泊 食事●朝 / 昼 / 機内
8東京 【
大阪】
07:00~12:45:東京(成田)着。
〔午後:国内線にて東京(成田または羽田)より大阪(関西または伊丹)へ〕
※デリー⇒関西(香港経由)便の利用も可能です。詳しくはお問い合わせください。
  宿泊●泊 食事●機内 /  - /  - 
出発日・旅行代金(1名様あたり)
東京発
2018/12/29(土)408,000円
大阪発
2018/12/29(土)428,000円
ご旅行条件・他
最少催行人員●2名(定員10名)
添乗員●同行なし。現地係員がご案内。(但し8名様以上のは同行)
利用予定航空会社●エア・インディア、日本航空、全日空
利用予定ホテル●【デリー】シャンティパレス、ラーマン、ウェイブス、アヴァロン・コートヤード、ロイヤルプラザ 【レー】マヘイ・リトリート、ラリモ、ホリデイラダック、ナムギャルパレス、オマシラ、グランドドラゴン 【ニンム】民家(男女別相部屋・分宿の場合あり) ※インド各地のホテルはバスタブなしのシャワーのみとなる場合があります。またレーでは、お湯が出ない場合は、バケツでお湯をお配りします。
お一人部屋追加代金●39,000円 ホテル泊
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●目安:国際線17,000円(2018年6月1日)
●注意点
このコースは標高3,000mを超える高地に宿泊するため、高山病にかかる恐れがあります。健康に不安がある方は必ず事前にご相談ください。また、海外旅行保険への加入をお願いしております。

●ご旅行代金に含まれないもの
【事前徴収】
・成田空港諸税2,610円
 国内線空港諸税(大阪発着) :290円x2回
・インド空港税等:710円(6.5ドル)
【その他】
※個人的な出費、クリーニング代など
※大阪発の場合の羽田空港~成田空港間の交通費(詳細下記)


【その他】
査証代、日程表に含まれていない食事代、個人的な出費、クリーニング代など

●旅券(パスポート)の残存期間
入国時に残存期間が6ヶ月以上必要

●査証(VISA)
インド査証(VISA)が必要
・弊社代行の場合:9,480円(Eツーリスト・ビザ、実費込)
※ご自身でも申請・取得が可能です。外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

ご注意事項:
●羽田空港~成田空港間の交通費は含まれておらず、お客様ご自身の手配・ご負担になります。例:羽田空港~成田空港間リムジン代片道3,100円(2018年5月現在)。
●近年気候変動の影響でザンスカール河が凍結しづらくなっています。当日ガイドが河の状態を見て危険と判断した場合は「チャダル体験」を中止する場合がございます。
●ニンムでのホームステイは分宿となる場合があります。
●ラダックでは大型バスでの観光は制限されているため、小型車に分乗します。
●帰路、デリー〜大阪便利用も可能です。詳細はお問い合わせください。
●名古屋・福岡・札幌・沖縄など地方発はお問い合わせ下さい。
 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。

いってきました! お客様の声

  • 2017-12-29発/総合評価★★★★★

冬のラダックはホントに観光客がいません。どこに行っても私一人でした。しずかでとってもゆっくり観光しました。空は高く青く、山は雪をかぶり川は凍っている。空気も澄んでいてとても気持ちがよかったです。冬のラダックはサイコーです。寒いけれどそれも楽しめちゃいます。
 そしてチャダルは楽しいです。ただ凍った川で遊ぶのではなく時間の許すかぎり歩いてみるといろんな景色や川面がありエキサイティングです。チャダルが生活の一部にあるというのは日本人ではなかなか考えれらないと思います。ときどき氷がバリッっていうのも楽しいですよ。ガイドのSさんが本当によくしてくれました。ノーストレス。冬のラダック最高!

御社のツアーはいつも現地ガイドさんが本当に熱心でうれしくなります。そして内容も面白い。チャダルなんてそんな文化があることも知らなかったので本当に面白く体験しました。できればチャダルで1泊2日くらい歩きたいですね。
今回は一人催行ということでさみしくないかちょっと心配していましたが、まったく杞憂でした。かえってとてものんびりしました。
担当のAさんもいつも丁寧で親切で 御社に任せておけば安心。って思っています。またおもしろいツアー作ってくださいね。期待しています。      

  • 2016-12-28発/総合評価★★★★

少人数で添乗員同行で気の合った仲間と毎日一杯飲めて楽しかった又ぜひ皆で行きたいと思います。      

  • 2014-12-27発/総合評価★★★★★

かつてNHKで放送した氷の回廊を短時間とはいえ歩くことができて感動しています。数日前に氷の状態を確認していただいたりして、あの危険極まりないチャダルを安全に歩けたことに感謝しています。
今回は、インドを襲った寒波による濃霧のためのフライトキャンセルや道路拡張工事のための通行止めなどで、実質2日間の日程短縮を余儀なくされましたがデリーでのスタッフ、ラダックでのスタッフの尽力で楽しく過ごすことができました。道路工事のためにチャダルができているところまで行きつかないときは焦りましたが、予定外のお寺めぐりや偶然にも開催されていたお祭(悪霊払い)の見学などを急遽入れていただいたりして、日程をほぼ熟しつつ。最終目的のチャダル体験をすることができました。ありがとうございました。

また、出発前に寒いですよと脅かされていたので覚悟していましたが、夜中を除き夜と朝にホテルではスチーム暖房が入り部屋の中では厚着をせずに過ごすことができました。従業員も親切で(もしかするとラダックの人はみんな親切なのかもしれませんが)快適に滞在できました。
ホームステイ先もストーブのおかげで朝の起き抜け以外はそんなに寒くありませんでした。      

すべての「いってきました」を表示
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求