6名様から催行出発日限定添乗員は同行しません特別講師が同行します

【地球の歩き方・コラボレーションツアー】

【2018冬】 宮城県・金華山 巫女の仕事体験と復興の“今”を考える5日間


(写真: 巫女姿でのお手伝いも)

宮城県牡鹿半島の沖、太平洋に浮かぶ金華山(標高444.9m、周囲26km)は島全体が金華山黄金山神社のご神域となっており、地場信仰の対象として有名です。創建は古く奈良時代、聖武天皇によって東大寺盧舎那仏像の建立の詔が出された際、金華山付近にてわが国初の産金が行われたことを祝い、金を司る金山毘古神(かなやまひこのかみ)・ 金山毘賣神(かなやまひめのかみ)を奉祀し神社を創建したのが、金華山黄金山神社であります。中世の神仏習合時代には弁財天を守護神とする金華山大金寺と称し多くの信仰を集めた由緒ある聖地でもあります。そんな金華山は恐山・出羽三山と並ぶ「奥州三大霊場」の一つとして数えられ、また江ノ島・厳島・天川・竹生島と並ぶ「日本五大弁財天」の一つでもあります。「三年連続で参拝すると一生お金に困らない」という言い伝えから、多くの参拝者を集めて来ました。
 
一方、金華山は東日本大震災の震源地に最も近い有人地であったことから、地震やその後の台風被害により、境内や参道などに甚大な被害を被りました。その後、神職や様々なボランティア団体の方々のご尽力により地道な復旧活動が続けられて来ましたが、震災という天変地異の影響は大きく、7年以上たった現在でもまだ震災復興の途中の段階です。
 
神職と巫女が日々粛々と丁寧にご神事を執り行っている金華山は、年末年始、初詣に訪れる参拝客で島全体が大変賑わいます。今回は、その時期に神社スタッフ・巫女として神社を支えてくれるボランティアを募集します。主なボランティア内容は巫女装束を着用しての、授与所でのお守りやお札の授与対応です。4日目の夜には、滞在中の活動を通して感じた事や金華山の今後について話し合う意見交換会も実施。金華山のさらなる復興のために皆さんの知恵をお貸しください。

「金華山黄金山神社に参拝したことはないけれど、何か惹かれるものがある。」
「経験しないまま年を経てしまったが、巫女装束を着て働いてみたかった。」
「震災復興に、何らかの形で携わりたい。」
「普通の神社参拝ではなく、内側から神社を支える経験をしてみたい。」

授与所で巫女として神社を支えることが、震災復興につながります。


同行講師 初瀬保 公映 (はつせほ きみえ)

幼少期から神社・仏閣に魅力を感じて育つ。京都大学文学部にて国語学国文学を専攻する。社会人としてIT企業で働く傍ら、「神道を浸透!」をテーマに古神道の魂観に基づく一霊四魂リーディングや、各地での神社ツアー、祝詞(のりと)の勉強会などを開催。2016年、金華山黄金山神社に出会う。神職と巫女により日々粛々と丁寧に執り行われるご神事や、金華山の雄大で美しい自然環境に惚れこみ、継続的なボランティア活動を続けている。

宮城県・金華山の場所


ツアーポイント
1. 3.11東日本大震災の震源に最も近かった有人地、金華山で、巫女スタッフとして神社を支えるボランティア活動
2. 活動を通して感じた事や、金華山の今後の復興について話し合う意見交換会も実施
3. 旅行代金の一部が金華山黄金山神社への寄付金となり、復興支援活動に役立ちます
4. 参加者の方に「ボランティア活動証明書」をお渡しします



このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1女川金華山13:00頃: JR石巻線 女川駅集合。改札(一箇所しかありません)を抜けた場所で「風カルチャークラブ」の看板を持ったスタッフがお待ちしております。集合後、徒歩にて女川港へ。途中、スタッフとともに、女川周辺の復興状況を視察します。
15:00頃: 船にて金華山へ。
※冬の海は荒れる場合がありますので、その場合は天候を待ちながら、牡鹿半島鮎川地区や石巻周辺の活動に変更します。
到着後、黄金山神社参拝や境内散策、オリエンテーションを実施。
夜:スタッフと参加者との交流会。
  宿泊●金華山黄金山神社泊 食事● - / 昼 / 夕
2金華山早朝: 朝食前作業(境内清掃など)。※滞在中に一度、希望者は早朝の神事に参加できます。玉串奉奠など(※別途料金/現地払い。玉串料として1,000円前後が必要です)。
午前・午後:各持ち場に就き、新年に向けた神社の準備の手伝いをします。
夜:スタッフと参加者、神社の神職や巫女との交流会。
  宿泊●金華山黄金山神社泊 食事●朝 / 昼 / 夕
3金華山早朝: 朝食前作業(境内清掃など)
午前・午後:各持ち場に就き、新年に向けた神社の準備の手伝いをします。
夕方:年越しの大祓式及び除夜祭に参列。
※心身の穢れを祓い清め、一年の無事を感謝し、来年もよき年であることを祈る一年の最後のお祭りに参列します。
夜~深夜:授与所に就き、大晦日の参拝者で混み合う神社を、巫女スタッフとして手伝います。
  宿泊●金華山黄金山神社泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4金華山午前・午後: 授与所に就き、元日の参拝者で混み合う神社を、巫女スタッフとして手伝います。
夜: 意見交換会を実施。活動を通して感じた事や金華山の今後について、レポートとしてまとめて頂いたご自身の意見を発表し合います。
  宿泊●金華山黄金山神社泊 食事●朝 / 昼 / 夕
5金華山女川早朝: 屠蘇・箸戴きの儀という、一年の計を占う神社内の新春行事に特別参加。
午前: 引き続き授与所にてお手伝い。
午後: 船にて、女川港へ。着後、解散(14:00頃を予定)。
  宿泊●泊 食事●朝 / 昼 /  - 
出発日・旅行代金(1名様あたり)
女川発着
2018年12月29日(土)54,000円
ご旅行条件・他
最少催行人員●6名(定員12名)
添乗員●同行なし。現地係員(講師)がご案内。
利用予定航空会社●なし
利用予定ホテル●金華山/黄金山神社
お一人部屋追加代金●設定ありません
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)● 
*女性限定のツアーです。
*基本的に男女別の相部屋でお願いしております。予めご了承下さい。
タオル、歯ブラシ、寝間着などはご用意ください。
*お風呂は男女別で順番に入浴をお願いいたします。
*初日の昼食は済ませてご集合ください。
*ボランティア活動保険はご旅行代金に含めております。弊社にて代行し加入手続きを取り、当日集合場所の女川駅にて加入証明書をお渡しします(未加入の方のみ)。※有効期間が残っている同保険に既にご加入済みの方はご旅行代金から600円の割引がございますので、お申込み時に申告をお忘れになった方は旅行申込書にその旨お書き添え下さい。


 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求