風スタッフブログ


【開講記】ノビタキ祭り 相模川で夏羽との違いを確認


講座名:10/14(日)秋の河川敷でノビタキを探す 相模川


季節が一ヶ月進んだかのような寒い雨の朝です。まもなく雨は上がるという予報に期待して、相模川沿いを歩きます。

昨夜からの雨で川の水量が多く、ミサゴやカワセミ、カイツブリ等の水辺の鳥は少なめの様子です。川沿いは藪が多めでアリスイがいそうですが、もう少し早い時間帯がより期待できそうです。


観察風景観察風景

長い電線にたくさんのトビが止まっています。上昇気流を待っているようです。セグロセキレイやハクセキレイが元気です。同じセキレイ同士でケンカしてますね。

ダイサギやアオサギは動きが鈍いようです。川の水面を見つめていますが、濁った流れでは獲物を見つけにくいか。


ダイサギダイサギ

一度、休憩を入れて、川の中州地帯へ向かいます。イソシギが現れて、保護色となりそうなコンクリートの上や河辺の藪で忙しそうにしています。


イソシギイソシギ

ノビタキがたくさんいます。草の先端でさえずっています。尾がピコピコ動いています。夏羽だと黒が多めでおなかがオレンジっぽいですが、冬羽に移行中の秋は褐色系の羽に変わってきました。

まだ夏の名残か顔が黒っぽい個体もいます。いずれも虫を捕まえるフライングキャッチに忙しそうです。




稲を刈り取った後に干している稲木にスズメが群がっています。上空にはノスリや尾の長いチョウゲンボウがやってきました。


スズメスズメ

モズが木の上にとまっています。あちこちでモズの高鳴きが聞こえます。なわばり争いが激しくなってきているようです。




かなり歩いたところでちょっと早いですが一旦終了。観察続行の方とバスで帰宅組に分かれて解散となりました。次回は12/8(金)多摩川中流でモズの「はやにえ」を探します。



 

風の鳥日和

 

【なにわ日記】イラン食いしん坊通信 4


見た目はイマイチですがおいしんですよ
見た目はイマイチですがおいしんですよ

イランで出会ったモンゴルの味
ここはタブリーズ、1,000年以上続く、ふるいふるーいバザールと人気のピスタチオ屋があります。そこで出会ってしまったのです。ホテルで朝食を食べようとしていたそのときでした、昨夜ガイド氏から「これだけは食べておいて方がいい」といわれた代物。現地では確か「ガイマフ」と呼ばれていました。
それは蜂蜜とセットで並べられており、見た目はパッとしないのですが、とろけるような食感と適度な甘みと濃厚なバターの味わい。ナンにつけてご賞味あれ。
「どこかで食べたなあ、そうだ、これがモンゴルの遊牧民宅でいただいたウルムと同じだ」。チンギスハンの孫フラグは西アジアに遠征。1258年バグダッドを攻略。アッバース朝を倒すと、イルハン国を建国して都をタブリーズにおきました。ペルシアにも遊牧の民はいましたから、ガイマフがはるばるモンゴルから来たとは言い切れませんが、そんな風に考えてみるのも、たのしいものですよね。

タブリーズには行きませんが、年末のイランが催行人数に達しています。

美しきペルシアをたずねて ペルシャ絨毯の産地とイラン周遊8日間

【なにわ日記】イラン食いしん坊通信 3


イランは魚介類もおいしいです
イランは魚介類もおいしいです

10/2テヘランを出たバスはザンジャーンという町のホテルに着きました。部屋の電話の調子が悪いのでレセプションに修理の人を依頼したのですがなかなか来ません。どうも様子がオカシイと階下に下りていったら、ロビーの大型テレビにイラン人がたむろしています。どうやらACL(アジアチャンピオンリーグ)の準決勝でイランのペルセポリスがカタールのアルサッドと対戦してるようです。みんな釘付けで、ボールの行方に一喜一憂しています。聞いて見ると相手チームは金持ちチームで元スペイン代表のシャビやらカビやらを召集し、メンバーもほとんどカタール人じゃないとか(真偽不明)。
イラン人はサッカー好きが多い。彼らは「この準決勝に勝ったら、韓国と日本の勝者クラブと決勝で当たることになる」とも話してくれました。そのホテルでいただいたのが、こちら。「ニジマスのフライとえびのケバブ」・・・おいしかったです。
ちなみに、昨日のニュースでご覧の通り、ACLの決勝戦は、イランのペルセポリス対鹿島アントラーズ。鹿島が見事優勝。おめでとうございます。ぜひ今年のクラブワールドカップでレアル・マドリードとの再戦が見たいものです。
※参考:「有名なドーハの悲劇」のドーハはカタールの首都です。但し、そのときの対戦国はイランではなく、イラクです。

【なにわ日記】世界で二番目に美しい本屋さん


世界で二番目に美しい本屋
世界で二番目に美しい本屋

“世界で○番目に美しい~”という謳い文句をよく聞くことがありますが、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスには“世界で二番目に美しい本屋”がありました。1919年に建てられた「グランド・スプレンディド劇場」をリノベーションした建物で、書店チェーン店「エル・アテネオ」のグランド・スプレンディド店です。
二番目とは実に微妙ですが、けれどもそう言われるとなぜか気になるもの。今回ガイドさんがツアー中に連れて行ってくれました。売り物はごく一般的な本ですが、舞台やバルコニー席があったり、やはり昔の劇場の名残が感じられるお店でした。ちなみに世界一美しい本屋はオランダにあるそうです。(そういえばブダペストを旅したときに世界一美しいマクドナルドにも行ったなぁ・・・。)
元々舞台だった場所はカフェに
元々舞台だった場所はカフェに

【なにわ日記】アルゼンチン土産


HAVANNA製のアルファホール
HAVANNA製のアルファホール
アルゼンチンの首都ブエノスアイレスに添乗してきました。この時期の気温は日本と同じくらいで日中は長袖シャツ、朝晩はカーデガンや薄手のコートを羽織るくらい、湿度も程よくありとても過ごしやすかったです。今回の旅ではアルゼンチン・タンゴに触れる機会が多くあり、タンゲリア(食事をしながらタンゴショーを鑑賞できる場所)をいくつか訪れました。タンゴといえば、男女ペアのダンスのイメージが強いですが、迫力のある歌も魅力のひとつ。本場ブエノスアイレスでタンゴを存分に楽しむことができました。
アルゼンチンを代表するお土産といえば、あまーいチョコレート。「ドルセ・デ・レチェ」というミルクジャムをはさんだアルファホールというお菓子が有名です。写真の「HAVANNA」はブエノスアイレス市内の直営店やスーパー、空港などで買うことができます。ドルセ・デ・レチェはアイスクリームやケーキなど様々なデザートにかかっていました。アルゼンチンの人々にとって、なくてはならない味のようですね。その他にもワイン、マテ茶、サッカーグッズ、革製品などが人気のお土産です。

【社会人も休みやすい!】 学スタ・モロッコ年末年始ツアー ★12/23(日)発~1/1(火・祝)帰国


kochisuta20161028_01

“青の街”で知られ、フォトジェニックな場所として人気のシャウエン


kochisuta20161028_01

サハラ砂漠にある学校でボランティア活動。砂漠に3連泊!


毎年、春(2~3月)と夏(7~9月)のみ設定していた人気のモロッココース10日間に、年末年始ツアー【2018/12/23(日)発】が新登場!

実は、最近、学生さん以外の社会人の方の参加が増加傾向で、「休みが取りやすい、年末年始にも…ぜひ設定を!」という熱い要望を受け、満を持しての登場なのです。

2018-19年末年始カレンダー

※12/23(日)~1/1(火・祝)がツアー期間

12/16 12/17 12/18 12/19 12/20 12/21 12/22
12/23 12/24 12/25 12/26 12/27 12/28 12/29
12/30 12/31 1/1 1/2 1/3 1/4 1/5



これなら…元日1/1(火・祝)に帰国して、1/2(水)や1/3(木)は家族や親戚と、しっかりお正月を過ごせますね!


さらに…
出発日12/23(日)の東京・大阪の集合時間は、夜です!

東京(成田空港)の集合予定時間:20:00
大阪(関西空港)の集合予定時間:21:35
愛知(名古屋駅)の集合予定時間:15:20(名古屋駅→関西空港 無料送迎バス)

なので、12/23(日)の日中は、旅行準備や別の予定を入れたりできるかも。


現在、はりきって募集中です! が!一次締め切りは11/19(月)です。航空便もかなり混み合ってますので、お早めにご予約ください!


(more…)

【なにわ日記】モロッコは、ずーとサマータイムのまま?


サマータイムのままだと、1時間、日照時間を確保できます。
サマータイムのままだと、1時間、日照時間を確保できます。
先週末、「たびレジ」(たびレジとは旅先の安全情報が届く外務省のメール配信サービス 外部リンク)から、1通のメールがきました。タイトルは「モロッコにおける標準時の変更」とあり、本文の1行目には、 

2018年10月28日午前3時にサマータイムの終了は実施されず,今後日本との時差は年間を通じてマイナス8時間となります。

との記載が! 
意味がわからず???だったのですが、どうやら10/28までだったサマータイムを続けることになり、日本との時差は9時間から8時間に変更されるようです。
他のニュースなどをみると、冬時間への切り替え廃止により1日で1時間の「自然の光」がある時間を確保することができ、電力消費を削減することができることのメリットがあると記載がありました。
いままでラマダンの開始終了を含めて、年4回、時差の切り替えがあったモロッコ。これからは便利にはなりますが、少しだけ寂しいような気持ちにもなりました。

時差が8時間になるモロッコへの旅行はこちら!
モロッコツアー一覧

【なにわ日記】mont-bellフレンドフェアに参加しました。


先週末の土日、春秋恒例のmont-bellフレンドフェアに出展しました。(外部リンク:フレンドフェア)土日ともによいお天気で、たくさんの方に来場いただきました。
今回もブースでは、羊の骨占い「シャガイ」とネパールの「シンギングボール体験」を行いました。前回から「スーホの白い馬」の絵本をディプレイしているのですが、学校で習った子供たちが絵本を見つけて「スーホだ」と言ってブースにたくさん来てくれるようになりました。また大人の方では、「あっ!この占い去年もやった。今年も占っていくわ~」とおしゃって頂いたり、嬉しい限りです。来年の春も出展を予定しておりますので、ぜひご参加くださいませ。(こちらのイベントはモンベルクラブ会員さま限定のイベントですが当日のご入会も可能です。<年会費¥1,500>)

風の旅行社ブース タルチョが目印です。
風の旅行社ブース
タルチョが目印です。

【なにわ日記】ミャンマーが期間限定ビザ無しで・・・


ポッパ山頂上の絶景。名物のサルも一緒に。(ミャンマー)
ポッパ山頂上の絶景。名物のサルも一緒に。

ミャンマーがビザ無しになって行きやすくなりました。大使館にパスポートを預けて、ビザを発給してもらう手間が省けます。
2019年の10月までの1年間期間限定という事なので、ミャンマーが気になっている方、1度行ったことがある方もぜひミャンマーにお越しください!1ヶ月を切った直前でも、条件が揃えばご参加いただけますので、急にお休みが取れたという人も、是非ミャンマーも検討地域の一つにお入れ下さい。

このミャンマーのビザ免除で、日本のパスポート保持者がビザ無しで入国できる国が世界190カ国となり、世界一になったとか。風の取り扱い地域では、ビザが必要な国は「カンボジア、ネパール、ブータン、インド、アゼルバイジャン」などです。入国または入境許可が必要な国もありますので、ご予約の際のご案内を差し上げています。

年末、そして来年のGWとどの国に行こうか、是非ご相談下さいね!
年末ツアー一覧
2019年GWツアー一覧(ツアー作成中。どんどん増えています!)

【開講記】アオバトの大群が続々飛来 大磯海岸


講座名:9/1(土)アオバトを探そう 大磯海岸バードウォッチング


毎回、雨や台風の影響を受けがちな大磯海岸のアオバト観察ですが、今日の天気はまだ大丈夫。しかし、遠くの強力な台風21号の影響で海はうねり、雨雲は目の前の相模湾まで迫っています。

防波堤にはアオバト狙いのカメラマンが大勢並んでいます。我々もしばらく防波堤の上から観察です。


防波堤の上から観察防波堤の上から観察

うねりがある上に、この時間帯はあまり潮が引いていないので、アオバトが着地できる岩場は限られているようです。イソヒヨドリが港湾施設の屋根におり、ウミネコは電柱の上に止まっていました。


ウミネコウミネコ

防波堤からの観察後、海岸へ降りて岩場に近づいてみます。降りられる場所は限られているものの、この日は一度に100羽以上のアオバトの大群が続々と飛来します。


飛来するアオバト飛来するアオバト

なかなか岩場に降り立つチャンスがない中で、比較的降りやすい大きめの岩場より、より波をかぶりやすい小さめの岩場を狙っているようです。潮だまりの海水よりもさらに新鮮な海水を狙っているのでしょうか。




波にさらわれるギリギリのところで回避するので、なかなかスリルのある光景です。それでも100%逃げられるわけではないのでしょう。この日も海岸に打ち上げられたアオバトの死骸がありました。海水を飲むのも命がけです。


波から逃げるアオバト波から逃げるアオバト

キョウジョシギの幼鳥が飛んできました。恐れることなく近くの海岸に打ち上げられたごみの中のえさを探しているようです。岩場近くの波間に浮かんでいるウミネコには、茶色っぽい幼鳥も混じっていました。


キョウジョシギキョウジョシギ

お気に入りの場所なのか、近くのテトラポットにはイソヒヨドリが何度もやってきました。あまり青くなっていないのでまだ若手でしょうか。


イソヒヨドリイソヒヨドリ

このほかにも遠くの海上にはオオミズナギドリが飛翔する姿がありました。沖にはいい風が吹いているか。

一通り観察を終えて、おなじみの大磯漁港食堂「めしや」に並んで早めのお昼としました。今回は「ヒラメ塩焼き定食」をいただきました。


ヒラメ塩焼き定食ヒラメ塩焼き定食

次回は12/8(金)多摩川でモズの「はやにえ」を探します。



【今回確認できた鳥達】


アオバト・カワラバト(ドバト)・オオミズナギドリ・アマツバメ・キョウジョシギ・チュウシャクシギ・ウミネコ・トビ・ハシボソガラス・ハシブトガラス・ツバメ・イソヒヨドリ・スズメ・ハクセキレイ



 

風の鳥日和