なにわ日記

【なにわ日記】「映える」ウズベキスタンの青


サマルカンドのシャーヒズィンダ廟群
サマルカンドのシャーヒズィンダ廟群

昨年2月より日本国籍の方はウズベキスタン査証が免除(30日間の滞在内)になったことやTVや雑誌で取りあげられたりと、ここ数年ウズベキスタンへの注目度がUPしています。そして最近はなんといってもインスタの影響が大きく、#ウズベキスタンで検索をかけると多くの写真が投稿されています。それらの写真の中で目にとまるのは「青」。様々なモザイクタイルを組み合わせた美しい青のグラデーションは、吸いこまれそうな色合いです。写真はサマルカンドにあるシャーヒズィンダ廟群ですが、ここはサマルカンド有数の聖地で巡礼者が多いところです。狭い道にたくさんの霊廟が並びその装飾の美しいこと!「映える」に違いないです。

「映える」ウズベキスタンのツアーはこちらをクリック

【なにわ日記】6/27~30 関空・伊丹利用の方はご注意下さい


のんびりとしたパロの空港
のんびりとしたパロの空港(G20とは関係ありません。)

いよいよ開催が近づいてきた大阪でのG20サミットですが、遠い話だと感じていましたが、じわじわと実感することが増えてきました。
大阪(梅田)の駅や地下街にはG20サミット開催についての告知ポスターが貼られ、子どもが通う小学校では、給食がお休みになったりしています。

そして、6月27日~30日の期間中、各空港へのリムジンバスが交通規制の影響から一部を除き休止となっています。車での移動はかなり制限を受けますので、電車利用をお勧めします。

空港到着後も、ターミナルビルに入る前に警察官による手荷物検査・航空券確認などがありますので、いつもより時間に余裕をもってご集合下さい。
なお、航空券を空港内の集合場所でお受け取りされる場合は、「ツアー日程表」などのご旅行内容がわかるものを検問の際にご提示下さい。

【なにわ日記】風の季節便vol.13完成!


さて、今回の表紙はどこの写真でしょうか?
さて、今回の表紙はどこの写真でしょうか?
総合パンフレット「風の季節便」の最新号が今朝大阪支店に届きました。弊社では年2回、このパンフレットを発行しています。年々コース数が増え、太さが増していく季節便ですが、今回も新企画盛りだくさんで企画者のあふれる想いが詰まったパンフレットになりました。皆様のお手元にも近日中にお届けできるかと思います。さて、明日6/8(土)10時~13時の間、東京本社、大阪支店ともに社内研修の為、臨時半日休業とさせて頂きます。13時からは通常営業しますので、ご来店予定の方は13時以降にお越しくださいませ。ご迷惑おかけしますが何卒よろしくお願いいたします。

【なにわ日記】モロッコでよく見る大きな鳥


イフレン付近で見た営巣中のシュバシコウ
イフレン付近で見た営巣中のシュバシコウ
GWに訪れたモロッコのイフレンで屋根の家に大きな巣を作っている鳥を見ました。調べてみると、コウノトリ科の一種で北アフリカやヨーロッパに生息するシュバシコウという鳥だそうです。日本では「コウノトリが赤ん坊を運んでくる」という言い伝えがあり縁起のよい鳥とされていますが、ヨーロッパではどうやらこのシュバシコウについて語られたものだそうです。屋根や高い塔の上に大きな巣を作り、雄と雌が協力しあって卵を温めるそうで、これほど大きな巣が自分の家の上にあるとたしかに幸せを運んできてくれそうです。マラケシュやシャウエンでも見ることができました。行かれた際は是非探してみて下さい!

屋根の上には大きな巣が
屋根の上には大きな巣が

【なにわ日記】最近読んだ本


ガイドブックを眺めたり、その土地にまつわる本を読んだり・・・。地名も分かるようになってきて嬉しいです。
ガイドブックを眺めたり、その土地にまつわる本を読んだり・・・。地名も分かるようになってきて嬉しいです。
旅の準備や帰国後にガイドブックや、その土地を舞台とした本を読むのが好きな方も多いと思います。私も京都の外れに引っ越してきて数年経ち、当初は知らないことだらけでしたが、ようやく本の中に出てくる場所や地名が大体イメージができるようになってきて、楽しみも増しています。
最近読んだ一冊は、浅田次郎著『わが心のジェニファー』(小学館文庫)。清水寺の表紙に引かれて購入。訪日観光客の目線で綴られ、東京、京都、大阪、別府、釧路を主人公と一緒に旅をしながら、日本人には当たり前の光景が、海外から訪れた人にとってどのように感じられるのか、日本を再発見するような一冊でした。小説なので内容については好みもそれぞれかと思いますが、訪日の方達がどんなことに喜びを感じたり、困ったりしているのか、想像するきっかけになったように思います。私たちが海外旅行で感じるカルチャーショックも、立場を変えてみると面白いです。

【なにわ日記】“とりあえず”の予約も


冬の旅行先として人気のネパール!夕日に染まるヒマラヤの山々も神々しい
冬の旅行先として人気のネパール!夕日に染まるヒマラヤの山々も神々しい
年末年始ツアーのお問い合わせや仮予約のご連絡も目立ってきています。例年お休みの日取りが決まっている方にとっては計画も立てやすいと思いますが、秋以降に決まって考え始める方も多いかなと思います。ご出発1ヶ月や2ヶ月前のご依頼も大歓迎ですが、航空便のお席が混んでいたり、希望のツアーが定員に達していたり、、、ということもありますので、少しでも「旅行に行こうかなぁ」とお気持ちがありましたら「とりあえず」の予約もOKです。取消料は出発40日前から(募集ツアーの場合)となりますので、予約後に他の計画ができたりご参加難しくなった場合でも考えるお時間もありますよ。

夏前ですが、、、年末年始ツアー冬のツアーもご検討ください♪

【なにわ日記】さよなら、グルジア


グルジア軍用道路は十字架峠という峠を越えます。途中に広がる風景はみどころのひとつ
グルジア軍用道路は十字架峠という峠を越えます。途中に広がる風景はみどころのひとつ
年のせいでしょうか? 改名した新しい名前って慣れるのに時間がかかったりしませんか?
コーカサス3国の1つ「ジョージア」は2008年頃から、国家名称を「グルジア(ロシア語名)」から「ジョージア(英語名)」に変更されるようになりました。
缶コーヒーかアメリカの州名と間違えられそうな名前にわざわざ改名したのは、対ロシアとの関係が影響してるという話しですが、最初はどうも慣れませんでした。といいますか「グルジアのほうがかっこいいのに」と思っていました。 (more…)

【なにわ日記】イランたてものめぐり 4


泉あり、風採り塔ありの中庭は今はレストランとして利用されています。地下水路もありの楽しいホテルファハダン(ヤズド)
泉あり、風採り塔ありの中庭は今はレストランとして利用されています。地下水路もありの楽しいホテルファハダン(ヤズド)
前回までアミール・チャグマーグのタキイェバードギール(風採り塔)とズールハーネ
そして沈黙の塔とヤズドの建物を紹介しました。もうひとつございます。 (more…)

【なにわ日記】久しぶりに名古屋へ


モンベルフェア名古屋の会場(吹上ホール)
モンベルフェア名古屋の会場(吹上ホール)

昨年福岡で開催したモンベルフレンドフェア(福岡の様子はこちら)が5/18~19に名古屋で開催されます。その準備のため、17日から名古屋入りをしています。久しぶりの名古屋出張で、皆様にお会いできるのを楽しみにしていますので、お時間ある方はぜひご来場ください。(当日でもご来場いただけますが、モンベル会員の年会費1,500円必要、詳細は外部リンク「モンベルフレンドフェア」を参照下さい。)
さてさて、今回の名古屋ではなにを食べようかと思案中ですが、美味しい名古屋コーチンの焼き鳥が第一候補です。

ブース設置前!
ブース設置前!
ブース設置後!
ブース設置後!

naniwa20190518_4

会場の横には大きな公園!
会場の横には大きな公園!

【なにわ日記】今年もラマダン開始!


デーツは干し柿の味ににています。
デーツは干し柿の味ににています。
今年もこの時期がやってきました。そう「ラマダン」です。毎年少しづつ日程がずれるため、2019年度は5/6~6/3頃までの予定です。ラマダン期間中、モロッコの標準時を一時的に変更となるため、モロッコと日本との時差は、マイナス9時間となります。

毎年、この時期になると在モロッコ日本国大使館より、ラマダン期間中における注意喚起がメールで送られます。もちろん今年も「日没直前は帰宅を急ぐ多くのドライバーが猛スピードで車を運転」や「日没時刻から始まる夕食の時間帯は,警察官も含め多くの人が帰宅気が無くなることから,この時間帯における外出中の者を狙った窃盗・強盗等が起きています」の注意がでていますので、モロッコ滞在中の方はご注意ください。

日没後、最初に口にするのはデーツやハリラスープです。1日なにも食べていないとおいしさも倍増のはずです。来年の2020年はGWにラマダンが重なるので、ツアーの出発日や内容を思案中です。

ラマダン明けのモロッコツアーはこちら!
7~9月のモロッコ旅行