なにわ日記

モロッコのドライフルーツ


スークのドライフルーツやさん(マラケシュ)
スークのドライフルーツやさん(マラケシュ)
モロッコではバブーシュやタジン鍋アルガンオイル、などお勧めのお土産がたくさんある国ですが、食べ物ではドライフルーツがおすすめです。マラケシュのスークでドライフルーツやさんが並んでいます。今回添乗したツアーでも、フリータイムの時にガイドさんお勧めのドライフルーツ屋さんに連れて行ってもらいました。モロッコは果物が豊富なので、ドライフルーツも種類がたくさんあります。中でもイチオシがイチジクとナツメヤシ(デーツ)。種類にもよりますが、値段は大体1キロ=30DH~40DH(1DH=約12円)くらい。味が濃厚でとっても美味しいですし、安いので今回たくさん買って帰りました。半キロ、4分の1キロ単位でも買えますので、プレゼントにもお勧めです!マラケシュ訪れた際には、是非ガイドにお勧めのお店を尋ねてみてください。

サハラ砂漠でHAPPY NEW YEAR!


年末年始を『年越しモロッコ周遊10日間』に添乗員として同行してきました。このコースは、マラケシュ、フェズ、シャウエンなどモロッコの見所をすべて網羅した「風のモロッコ」の人気NO1コースです。

総勢11名の参加者にこのツアーを選んだ理由をお尋ねしたところ、ほとんどの方がサハラ砂漠での年越しを1番の楽しみにされていました。

砂丘の上から今年初めての日の入り
砂丘の上から今年初めての日の入り

今年の新年はなんとスーパームーン!日が沈むのとほとんど同時に、東の空にはおっきなお月様があらわれました。お陰で、夜の間とっても空が明るく、懐中電灯を持たずに砂漠を散策できたほど。月灯りのせいで満点の星空というわけにはいきませんでしたが、「月の砂漠」を楽しむことができました。

明け方、まだ暗いうちにラクダでテントを出発して、途中ででっかい月が西の空に沈んでいくのを見つつ、今度は東の空からの日の出を拝みました。1年の始まりにふさわしい素敵な体験でした。

壮大なサハラ砂漠を感じたいならやっぱりモロッコが一番!今年是非いかがでしょうか?

風のモロッコ人気NO1コースはこちら!


砂漠から昇る朝日を眺める 11月マラケシュ・フェズ・シャウエンの旧市街を歩く
サハラ砂漠から大西洋へモロッコ周遊10日間 

最少催行人員●3名(★は6名催行)(定員16名) 添乗員●同行なし。現地係員がご案内。(但し10名以上の場合は同行)

1/31(水)発|東京発 299,000円|大阪・名古屋発 298,000円 募集中
3/8(木)発|東京発 328,000円|大阪・名古屋発 329,000円 募集中
4/3(火)発|東京発 299,000円|大阪・名古屋発 299,000円 募集中
4/27(金)発|東京発 425,000円|大阪・名古屋発 425,000円 募集中
5/30(水)発|東京発 299,000円|大阪・名古屋発 309,000円 募集中
6/19(火)発|東京発 326,000円|大阪・名古屋発 328,000円 募集中
7/10(火)発|東京発 328,000円|大阪・名古屋発 328,000円 募集中
8/9(木)発|東京発 425,000円|大阪・名古屋発 425,000円
9/14(金)発|東京発 384,000円|大阪・名古屋発 384,000円 募集中
9/26(水)発|東京発 326,000円|大阪・名古屋発 329,000円 募集中
10/24(水)発|東京発 299,000円|大阪・名古屋発 299,000円 募集中

ツアー概要旧市街を徒歩で散策し、サハラ砂漠ではラクダに2時間揺られて砂丘の中のテントで泊まります。お天気に恵まれれば満点の星空をご覧いただるかも!翌朝、砂丘から昇る朝日を鑑賞したら、迷宮の都フェズへ。シャウエンとマラケシュはモロッコの宿泊施設「リアド」にも泊まる人気コースです。

伝統の森に行ってみたくなったら


伝統の森はカンボジアのシェムリアップ郊外にある
伝統の森はカンボジアのシェムリアップ郊外にある
「世界の村で発見 こんなところに日本人」という番組が人気のようですが、自分で村(のようなもの)を作ってしまった日本人もいます。カンボジアで絹織物の復興に尽力された故・森本喜久男さん。シェムリアップ郊外に桑の木を育て、織物を支える自然環境を復元させる「伝統の森」作りを進めてこられ、次の世代へと引き継がれています。
森本さんを敬愛されるお客様の、少数民族の衣装にであったり、伝統の森にいけるツアーはないかしら、という声をヒントに作ったツアーがこれです。ベトナムとカンボジア両国を訪れるぜいたくな日程ですが、お勧めです。

魅力の布をもとめて
ベトナム最奥部の少数民族とカンボジアの伝統の森を訪ねる旅7日間

ラオスで象乗りミニキャラバンしてきました


ラオス象乗りミニキャラバンで山を越える
ラオス象乗りミニキャラバンで山を越える

あけましておめでとうございます。
年末はラオスで象乗りミニキャラバンの添乗に行っておりました。幸い、キャラバン中は暑すぎず寒すぎずの好天に恵まれ、お客様全員完走いたしました。
メコン河畔のロッジを出発して、ラオスの田舎の風景を眺めながら、村人に羨望の目で見送られ、山に登り、森を抜け、小さな村にホームステイ。帰りも山から街に降りて来ては、ラオスの人たちが象にバナナや水を差し出してくれる光景に驚いたり。
今回は小学校1年生から人生の大先輩まで参加いただき、このツアーの楽しめる年齢の幅を実感いたしました。みなさんもぜひ一度ご参加下さい。

カム族の村でホームステイ
象乗りミニキャラバンとメコン河クルーズ7日間

今年もよろしくお願いいたします。

2018年もよろしくお願い致します


2018年の年賀状です。
2018年の年賀状です。

新年明けましておめでとうございます。
年末年始は、みなさまどちらでお過ごしでしたでしょうか?
大阪は元日と1/2はいいお天気で、日が照ると暖かさも感じ、夜にはまんまるお月様も
顔を覗かせていましたが、1/3からぐっと寒くなりました。
寒さに重ねて、年末年始の暴飲暴食で体調を崩しやすくなっています(私だけでしょうか?)のでどうぞご自愛くださいませ。

大阪支店は1/5 10:00より営業いたします。2018年も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

年末のねぎま鍋
年末のねぎま鍋

今年も1年ありがとうございました


モンゴルの犬もマイナス20℃はさすがに寒そう
モンゴルの犬もマイナス20℃はさすがに寒そう

昨晩からぐっと寒くなり、年末だなあと感じています。
毎年、年が明けて3月ごろに「1月2月って早いなあ~」と皆で話をしたと思ったら、夏場のピークを向かえ、秋にちょっとほっと一息ついたら、もう年末!!っというサイクルを送っており、どんどん1年すぎるのが早くなります。

今年は大阪支店も20周年を迎えることできました。
たくさんのお客様に支えていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

2018年戌年も引き続き、どうぞよろしくお願い致します。

GWから久しぶりのインカ古道ハイク!


段々畑が美しいウイナイワイナ遺跡(ペルー)
段々畑が美しいウイナイワイナ遺跡

ペルーに添乗で行ったのが12年前のGWでした。日本の8月ごろがペルーでは乾季でベストシーズンとされています。GWはペルーでは秋に差し掛かったくらいの季節で、気温も低すぎず、お天気も良くてとてもすごしやすかったことを覚えています。美味しい料理と素晴らしい景色。ペルーはやっぱりのんびり時間を掛けて歴史を噛み締めながら旅する場所だなと思ったものでした。

 インカの時代にマチュピチュ遺跡まで繋がっていた道「インカ古道」を遺跡手前から半日トレッキングできるコースはそれはそれは人気がありました。遺跡と古道の保護で一時期厳しい制限が掛けられていましたが、ようやく許可が比較的取れやすくなったということで、来年GWからツアーに復活することになりました!

遺跡までの道の途中には、このルートでしかいけない遺跡もありますので、ガイド同行で安心、そして2名催行ですので、是非ご参加下さい!

インカ古道ショートトレッキングといにしえの面影を辿る9日間

3月11日から旅日和?!


しっかり着込めば恐くない!(モンゴル)
しっかり着込めば恐くない!(モンゴル)

 暑さより寒さが好きですが、今朝はまた一段と寒かったですね。朝、自転車に乗ろうとすると霜が下りていました。そういえば、今日は12月20日。モンゴルでは毎年、今日から本格的な寒さ「ユスンユス」が始まったといわれます。ユス=数字の9で、9日間×9回の計81日間寒い期間が続き、終わると段々暖かくなるといわれています。

 最低気温がマイナス20℃以上になるモンゴルですが、ものすごく辛いという感じは意外とありません。外に出るときには肌を出さないよう、なんでも着込んだりと注意が必要ですが、ゲルや部屋の中は暖房がしっかりしていてとっても暖かいです。大阪の我が家のリビングより確実に暖かいです。モンゴルの草原で、厳冬を一度体験してみて下さい。
寒いぞ!寒いぞ!楽しいぞ! サイエンス☆モンゴル4日間

3月中旬になると、現地の子どもはもう半袖!(ウズベキスタン)
3月中旬になると、現地の子どもはもう半袖!(ウズベキスタン)

 モンゴルはまだちょっと自信が無い・・・という方は、ウズベキスタンやモロッコもお勧めです。ベトナムやネパールも如何でしょうか。
ユスンユスが終わるのは3月11日。2月3月で春を探しに旅をして見ませんか?

●2/9発 高原地帯と贅沢な船旅をミックス 少数民族マーケットとゆったりハロン湾 7日間
●2/23発 モロッコを暮らすように旅する8日間
●3/12発 ウズベキスタンの個性的な宿ミッリィーウィに泊まる ブハラ・サマルカンド旧市街探訪6日間
●3/17発 3つの「風のいえ」を巡る ヒマラヤ展望乗馬6日間

大阪支店各国料理イベント発表!


モロッコの代表料理タジン
モロッコの代表料理タジン
年に一回、大阪支店で通称“各国料理イベント”を開催しています。色々な国のおいしい料理を食べたいというスタッフの欲も一部含まれているイベントです(笑)。2018年はモロッコ料理に決定!会場は、先日スタッフで下見に行ったLe Marrakechさんです。梅田スカイビルから徒歩2分です。先着25名のイベントですので、ご予約はお早めに!
私事ですが、年末年始はモロッコツアーに添乗に行くことになりました。本場のモロッコ料理も今から楽しみです!

▼第9回各国料理を大阪スタッフと一緒に食べに行こう!「中津でモロッコ料理」
◇日 時:2018年3月18日(日)12:00~14:30   
◇会 場:モロッコ料理 LE MARRAKECH(大阪・中津)
詳細はこちら!

「風の季節便2018春~秋」最新版完成!


今回の表紙はオーストリア・チロル
今回の表紙はオーストリア・チロル
総合パンフレット「風の季節便」最新号が今朝大阪支店に届きました!今回は、2018年春から秋のツアーを掲載したもので、季節便史上一番分厚い100ページのパンフレットです。表紙は新企画オーストリア・チロルの素敵可愛い絶景写真。それ以外にも新シリーズ・トランスヒマラヤロード、南インド・ケララ、バヌアツで乗馬、など新企画も盛りだくさんです。皆様のご自宅には12月下旬にお届けできる予定です。GWお盆シルバーウィークの休みにあわせたツアーも沢山ありますので、是非お手にとってご覧ください。