なにわ日記

【なにわ日記】美味しいタジンは調味料いらず


白身魚とトマトと旬のオリーブのタジン 
白身魚とトマトと旬のオリーブのタジン 

11月下旬モロッコへ9日間のツアーに同行してきました。(添乗報告記はこちら!)11月は様々な食物の収穫時期にあたります。日本では冬の果物でお馴染みの「みかん」ですが、モロッコでは11月上旬~12月上旬が旬のようで、ホテルの朝食時に飲んだ「みかんジュース」は、オレンジジュースよりも甘く美味しかったです。「ザクロ」も旬ですので、果物屋さんやジュース屋さんでたくさん見かけました。
 また、この時期はオリーブの収穫時期にもあたり、オリーブを落とすために長い棒をもった家族が畑に向かう様子をたくさん見かけました。

 そんな旬のオリーブを使ったタジンを昼食にいただきました。アルガンオイル工房で作ってもらった白身魚とトマトとオリーブのタジンは、優しい味付けの家庭の味です。レストランのタジンも美味しいのですが、旅の後半になると、どうしても飽きてきてしまいます。そこで、日本から持参したチューブ入りの柚コショウなどをつけて食べるのですが、やはり家庭の味には、調味料の助けは必要ありませんでした。淡白な白身魚はタジン鍋の効果でふっくらと仕上がり、スパイスの味とトマトの酸味、そこにオリーブが加わって絶妙な味わいでした。家庭の味に勝るものはないというタジンでした。

ミカン、ザクロは11月に旬を迎えます
ミカン、ザクロは11月に旬を迎えます

モロッコの美味しい食べ物に興味がある方はこちら!
【お一人さま参加限定企画】シャウエン、フェズ、サハラ砂漠、マラケシュを訪れ名物、郷土料理を味わう おいしいモロッコ9日間

【なにわ日記】一番すきな国はどこですか?


ブータンのお祭り「ツェチュ」の会場にて。子どもはどの国でもやっぱり可愛い!(ブータン)
ブータンのお祭り「ツェチュ」の会場にて。 子どもはどの国でもやっぱり可愛い!

先日子どもの保育園の参観日に行きました。約30名の園児からの質問タイムがあり、「どの国が一番好きですか?」と聞かれて、しばし考えました・・・・。 国旗カルタなどで遊んでいるなかで、子ども達も外国に興味を持っていると聞いていたので、「ブータンという国が一番好きです。日本人と顔が似ていて、でも、辛い物がとっても好きな人たちが住んでいます」と答えました。
後日、担任の先生がブータンという国をみんなで調べたと教えてくれました。ブータンのある場所や、国旗の黄色は仏教の色だということ、龍が描かれていることなどがわかり、みんな興味を持ってブータンについて話を聞いていたそうです。外国にいろいろな文化や生活があることに、興味を持ってもらえてよかったです。

【なにわ日記】モンゴルの冬の魅力とは?!


冬のモンゴルも空が綺麗です。
冬のモンゴルも空が綺麗です。

この写真はたぶん15年位前のモンゴルの冬の写真です。
久しぶりに真冬のモンゴルに行こうかと計画していて、写真を見返していて見つけました。緯度が高いモンゴルなので、夏はかなり早い時間から空が白み始め、夜も21時頃まで明るいのですが、冬の今は8時30位に日が出て、17時過ぎには暗くなるので、日照時間もぐっと短くなります。ちなみに最高気温-25度 最低気温-31度 「晴れ」が本日の気温です。
草原で暮らす遊牧民の人たちは、北風を避けるように山の麓に冬営地に移動しています。気温だけ見るととっても寒いのですが、ゲルの中はストーブのお陰で薄い長袖でも暑いときもあります。

夏場は搾乳や乳製品作り、家畜たちに草を食べさせるための番などで朝から晩まで忙しい遊牧民の人たちも、冬場は仕事量が減った分、ゲルの中でのんびりとする時間も多くなります。日本にいると難しいであろう「1、-30度の寒さ」「2、冬に生まれる子羊・子ヤギに会う」「3、遊牧民の冬の生活」を体験して、皆さんにまた報告したいと思います。お楽しみに!!

【なにわ日記】ブエノスアイレスの高級住宅地?


立派なお墓が並ぶレコレータ墓地
立派なお墓が並ぶレコレータ墓地
ブエノスアイレスの市内観光で必ずといっていいほど訪れる場所、レコレータ墓地へ行ってきました。1882年に開設された、ブエノスアイレス最古のお墓です。お墓といっても普通のお墓ではありません。広い敷地に、一つ一つ、立派な彫像や装飾が施された芸術的な納骨堂が並び、まるで故人たちの高級自宅地のようです。中でも有名なのがマドンナ主演のミュージカル映画“エビータ”でも有名な、元大統領夫人のエバ・ペロンのお墓。観光地となっている墓地なので、誰でもお参りに行くことができます。エビータ以外にも、歴代の大統領やアルゼンチンの有名人が眠っているそうです。

お墓といえば、ルーマニアにもユニークな墓地があります!
▼サプンツァ村の世界で一番陽気な墓!?

エバ・ペロンのお墓
エバ・ペロンのお墓

【なにわ日記】2019年春~秋の新コース続々発表中!


モロッコの世界遺産アイト・ベン・ハッドゥ(GW)
モロッコの世界遺産アイト・ベン・ハッドゥ(GW)

年2回発行の総合パンフレット「風の季節便2019年春~秋号」の入稿(完成)が間近に迫り、現在編集担当のスタッフが最終チェック中です。今号には巷で話題の夢のGW10連休に合わせたツアーや、夏ベストシーズンのモンゴル・キルギス・ラダック、また各方面新コースも盛りだくさんの内容となっています。皆さんのお手元には12月お届け予定です。ですが、一足早くHPでは続々と発表中。是非ご覧くださいませ!

10連休!ゴールデンウィークの特別企画

【なにわ日記】冬が狙い目?シルクロード


平山氏の描くラクダキャラバンに惹かれます。
平山氏の描くラクダキャラバンに惹かれます。
8月、大阪梅田の阪急百貨店で開催されていた平山郁夫氏のシルクロードコレクション展に行きました。今は行けなくなった楼蘭遺跡を題材としたものや、ウズベキスタンの青のモスクを描いた作品など、ついつい見入ってしまいました。観覧後に立ち寄ったミュージアムショップでは、ポストカードと一筆箋と来年のカレンダーを購入。まだまだ先と思っていた2019年ももうあと1ヶ月少しです。

さて年末年始は国内で過ごされる皆さん、年明けのシルクロードの地を巡るコースはいかがでしょうか?観光客の少ない寒い時期だからこそ、ゆったり石窟寺院の仏像と向き合い、お参りや見学ができますよ。比較的ゆったりとした日程で、シルクロードの代表的な古都西安や敦煌などをめぐります。

「シルクロード入門2 冬の敦煌・西安と川崖の石窟寺院炳霊寺7日間」
1/20出発は催行人数に達しています!

【なにわ日記】ビリヤニってなんだ?


タンドリーチキンと、ビリヤニのランチ。端の器に入っているものが、ライタと呼ばれるヨーグルトのソース
タンドリーチキンと、ビリヤニのランチ。端の器に入っているものが、ライタと呼ばれるヨーグルトのソース
先日、前から気になっていたパキスタン料理のお店に行ってきました。メニューを一通り見て、「一番人気」というビリヤニ、ライタと書かれたランチメニューを注文しました。
ビリヤニとはパキスタンや南インドなどでよく食べられている米料理のことで、お肉(チキンやマトンなど)や野菜、スパイスなどを炊き込んだご飯です。お米はインディカ米の細長い形状で、食感はサラサラとしており、あっさりと食べやすいのが特徴です。食事の前半はスパイスが程よくきいた、辛さが癖になるような味を楽しみました。後半はライタという野菜が入ったヨーグルトソースをかけていただきました。ご飯の辛さが、ヨーグルトの酸味と合わさってまろやかな味わいとなりました。今回食べたのはチキンのビリヤニでしたが、一つの料理でいくつもの味が楽しめて美味しかったです。食べたあと元気になるような、そんな料理でした。
2月にはこのビリヤニを楽しめるイベントを開催します。毎年キャンセル待ちが出る位の大阪恒例人気イベントです。お早めにご予約ください♪
 2/11(木・祝)第10回各国料理を大阪スタッフと食べに行こう「心斎橋でハラルフード体験 パキスタン料理」

【なにわ日記】イラン食いしん坊通信 4


見た目はイマイチですがおいしんですよ
見た目はイマイチですがおいしんですよ

イランで出会ったモンゴルの味
ここはタブリーズ、1,000年以上続く、ふるいふるーいバザールと人気のピスタチオ屋があります。そこで出会ってしまったのです。ホテルで朝食を食べようとしていたそのときでした、昨夜ガイド氏から「これだけは食べておいて方がいい」といわれた代物。現地では確か「ガイマフ」と呼ばれていました。
それは蜂蜜とセットで並べられており、見た目はパッとしないのですが、とろけるような食感と適度な甘みと濃厚なバターの味わい。ナンにつけてご賞味あれ。
「どこかで食べたなあ、そうだ、これがモンゴルの遊牧民宅でいただいたウルムと同じだ」。チンギスハンの孫フラグは西アジアに遠征。1258年バグダッドを攻略。アッバース朝を倒すと、イルハン国を建国して都をタブリーズにおきました。ペルシアにも遊牧の民はいましたから、ガイマフがはるばるモンゴルから来たとは言い切れませんが、そんな風に考えてみるのも、たのしいものですよね。

タブリーズには行きませんが、年末のイランが催行人数に達しています。

美しきペルシアをたずねて ペルシャ絨毯の産地とイラン周遊8日間

【なにわ日記】イラン食いしん坊通信 3


イランは魚介類もおいしいです
イランは魚介類もおいしいです

10/2テヘランを出たバスはザンジャーンという町のホテルに着きました。部屋の電話の調子が悪いのでレセプションに修理の人を依頼したのですがなかなか来ません。どうも様子がオカシイと階下に下りていったら、ロビーの大型テレビにイラン人がたむろしています。どうやらACL(アジアチャンピオンリーグ)の準決勝でイランのペルセポリスがカタールのアルサッドと対戦してるようです。みんな釘付けで、ボールの行方に一喜一憂しています。聞いて見ると相手チームは金持ちチームで元スペイン代表のシャビやらカビやらを召集し、メンバーもほとんどカタール人じゃないとか(真偽不明)。
イラン人はサッカー好きが多い。彼らは「この準決勝に勝ったら、韓国と日本の勝者クラブと決勝で当たることになる」とも話してくれました。そのホテルでいただいたのが、こちら。「ニジマスのフライとえびのケバブ」・・・おいしかったです。
ちなみに、昨日のニュースでご覧の通り、ACLの決勝戦は、イランのペルセポリス対鹿島アントラーズ。鹿島が見事優勝。おめでとうございます。ぜひ今年のクラブワールドカップでレアル・マドリードとの再戦が見たいものです。
※参考:「有名なドーハの悲劇」のドーハはカタールの首都です。但し、そのときの対戦国はイランではなく、イラクです。

【なにわ日記】世界で二番目に美しい本屋さん


世界で二番目に美しい本屋
世界で二番目に美しい本屋

“世界で○番目に美しい~”という謳い文句をよく聞くことがありますが、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスには“世界で二番目に美しい本屋”がありました。1919年に建てられた「グランド・スプレンディド劇場」をリノベーションした建物で、書店チェーン店「エル・アテネオ」のグランド・スプレンディド店です。
二番目とは実に微妙ですが、けれどもそう言われるとなぜか気になるもの。今回ガイドさんがツアー中に連れて行ってくれました。売り物はごく一般的な本ですが、舞台やバルコニー席があったり、やはり昔の劇場の名残が感じられるお店でした。ちなみに世界一美しい本屋はオランダにあるそうです。(そういえばブダペストを旅したときに世界一美しいマクドナルドにも行ったなぁ・・・。)
元々舞台だった場所はカフェに
元々舞台だった場所はカフェに