東京スタッフブログ

【開講記】ノビタキ祭り 相模川で夏羽との違いを確認


講座名:10/14(日)秋の河川敷でノビタキを探す 相模川


季節が一ヶ月進んだかのような寒い雨の朝です。まもなく雨は上がるという予報に期待して、相模川沿いを歩きます。

昨夜からの雨で川の水量が多く、ミサゴやカワセミ、カイツブリ等の水辺の鳥は少なめの様子です。川沿いは藪が多めでアリスイがいそうですが、もう少し早い時間帯がより期待できそうです。


観察風景観察風景

長い電線にたくさんのトビが止まっています。上昇気流を待っているようです。セグロセキレイやハクセキレイが元気です。同じセキレイ同士でケンカしてますね。

ダイサギやアオサギは動きが鈍いようです。川の水面を見つめていますが、濁った流れでは獲物を見つけにくいか。


ダイサギダイサギ

一度、休憩を入れて、川の中州地帯へ向かいます。イソシギが現れて、保護色となりそうなコンクリートの上や河辺の藪で忙しそうにしています。


イソシギイソシギ

ノビタキがたくさんいます。草の先端でさえずっています。尾がピコピコ動いています。夏羽だと黒が多めでおなかがオレンジっぽいですが、冬羽に移行中の秋は褐色系の羽に変わってきました。

まだ夏の名残か顔が黒っぽい個体もいます。いずれも虫を捕まえるフライングキャッチに忙しそうです。




稲を刈り取った後に干している稲木にスズメが群がっています。上空にはノスリや尾の長いチョウゲンボウがやってきました。


スズメスズメ

モズが木の上にとまっています。あちこちでモズの高鳴きが聞こえます。なわばり争いが激しくなってきているようです。




かなり歩いたところでちょっと早いですが一旦終了。観察続行の方とバスで帰宅組に分かれて解散となりました。次回は12/8(金)多摩川中流でモズの「はやにえ」を探します。



 

風の鳥日和

 

【社会人も休みやすい!】 学スタ・モロッコ年末年始ツアー ★12/23(日)発~1/1(火・祝)帰国


kochisuta20161028_01

“青の街”で知られ、フォトジェニックな場所として人気のシャウエン


kochisuta20161028_01

サハラ砂漠にある学校でボランティア活動。砂漠に3連泊!


毎年、春(2~3月)と夏(7~9月)のみ設定していた人気のモロッココース10日間に、年末年始ツアー【2018/12/23(日)発】が新登場!

実は、最近、学生さん以外の社会人の方の参加が増加傾向で、「休みが取りやすい、年末年始にも…ぜひ設定を!」という熱い要望を受け、満を持しての登場なのです。

2018-19年末年始カレンダー

※12/23(日)~1/1(火・祝)がツアー期間

12/16 12/17 12/18 12/19 12/20 12/21 12/22
12/23 12/24 12/25 12/26 12/27 12/28 12/29
12/30 12/31 1/1 1/2 1/3 1/4 1/5



これなら…元日1/1(火・祝)に帰国して、1/2(水)や1/3(木)は家族や親戚と、しっかりお正月を過ごせますね!


さらに…
出発日12/23(日)の東京・大阪の集合時間は、夜です!

東京(成田空港)の集合予定時間:20:00
大阪(関西空港)の集合予定時間:21:35
愛知(名古屋駅)の集合予定時間:15:20(名古屋駅→関西空港 無料送迎バス)

なので、12/23(日)の日中は、旅行準備や別の予定を入れたりできるかも。


現在、はりきって募集中です! が!一次締め切りは11/19(月)です。航空便もかなり混み合ってますので、お早めにご予約ください!


(more…)

【開講記】アオバトの大群が続々飛来 大磯海岸


講座名:9/1(土)アオバトを探そう 大磯海岸バードウォッチング


毎回、雨や台風の影響を受けがちな大磯海岸のアオバト観察ですが、今日の天気はまだ大丈夫。しかし、遠くの強力な台風21号の影響で海はうねり、雨雲は目の前の相模湾まで迫っています。

防波堤にはアオバト狙いのカメラマンが大勢並んでいます。我々もしばらく防波堤の上から観察です。


防波堤の上から観察防波堤の上から観察

うねりがある上に、この時間帯はあまり潮が引いていないので、アオバトが着地できる岩場は限られているようです。イソヒヨドリが港湾施設の屋根におり、ウミネコは電柱の上に止まっていました。


ウミネコウミネコ

防波堤からの観察後、海岸へ降りて岩場に近づいてみます。降りられる場所は限られているものの、この日は一度に100羽以上のアオバトの大群が続々と飛来します。


飛来するアオバト飛来するアオバト

なかなか岩場に降り立つチャンスがない中で、比較的降りやすい大きめの岩場より、より波をかぶりやすい小さめの岩場を狙っているようです。潮だまりの海水よりもさらに新鮮な海水を狙っているのでしょうか。




波にさらわれるギリギリのところで回避するので、なかなかスリルのある光景です。それでも100%逃げられるわけではないのでしょう。この日も海岸に打ち上げられたアオバトの死骸がありました。海水を飲むのも命がけです。


波から逃げるアオバト波から逃げるアオバト

キョウジョシギの幼鳥が飛んできました。恐れることなく近くの海岸に打ち上げられたごみの中のえさを探しているようです。岩場近くの波間に浮かんでいるウミネコには、茶色っぽい幼鳥も混じっていました。


キョウジョシギキョウジョシギ

お気に入りの場所なのか、近くのテトラポットにはイソヒヨドリが何度もやってきました。あまり青くなっていないのでまだ若手でしょうか。


イソヒヨドリイソヒヨドリ

このほかにも遠くの海上にはオオミズナギドリが飛翔する姿がありました。沖にはいい風が吹いているか。

一通り観察を終えて、おなじみの大磯漁港食堂「めしや」に並んで早めのお昼としました。今回は「ヒラメ塩焼き定食」をいただきました。


ヒラメ塩焼き定食ヒラメ塩焼き定食

次回は12/8(金)多摩川でモズの「はやにえ」を探します。



【今回確認できた鳥達】


アオバト・カワラバト(ドバト)・オオミズナギドリ・アマツバメ・キョウジョシギ・チュウシャクシギ・ウミネコ・トビ・ハシボソガラス・ハシブトガラス・ツバメ・イソヒヨドリ・スズメ・ハクセキレイ



 

風の鳥日和

 

講座「熊野古道・中辺路を歩く」ってどんな旅?


熊野古道・中辺路を歩く 2泊3日の様子を簡単ですがご紹介いたします。
ご検討中の方の参考になりましたら幸いです。


 


特急くろしお号の車窓から

 
新大阪から、特急くろしお号で集合地の紀伊田辺駅に向う途中、雄大な太平洋の景色が楽しめます。これから始まる熊野古道歩きへの期待も高まります。


 

滝尻王子にて
滝尻王子にて

 
熊野三山の聖域の始まりとされる滝尻王子にて。紅葉が美しいかったです、まずはここにお参りしてからスタートです。


 

近露を望む
近露を望む

 
宿のある近露を望む一同。さぁ、もう少し歩きましょう!


 

足取りも軽く中辺路を行く
足取りも軽く中辺路を行く

 
秋の清清しい空気を吸いながら歩きます。


 

紅葉が目を楽しませてくれた
紅葉が目を楽しませてくれた

 
途中で目を和ませてくれる紅葉に励まされながら、先へ歩みを進めます。


 

秋の夕暮れは早い
秋の夕暮れは早い

 
山間の日はストンとあっという間に沈んでいきます。寂しくなってくる黄昏時、まもなくこの日の行程が終わります。


 

さぁ今日の道程は長いぞ
さぁ今日の道程は長いぞ

 
2日目の朝です、さぁ今日は約10kmの道程を歩きます。


 

無人販売所でご当地モノを知る
無人販売所でご当地モノを知る

 
途中にある無人販売所で買うご当地モノが楽しいのですが、荷物が重くなっていくのが悩みですね。


 

語り部さんの解説が深みを与えてくれる
語り部さんの解説が深みを与えてくれる

 
途中、要所要所で聞く語り部さんの解説が古道歩きに深みを与えてくれます。


 

古道の雰囲気が漂う石段
古道の雰囲気が漂う石段

 
ゴールである本宮大社が近づくと、古道の雰囲気がますます強まります。さぁあと少しです。

 

本宮につきました
本宮につきました

無事に辿りついたことへの感謝と道中の祈りを捧げましょう。


 

かつての本宮大社の大鳥居
かつての本宮大社の大鳥居

 
大洪水で流れてしまったかつての本宮大社へも詣でます。大きな鳥居にはいつも圧倒されてしまいます。


 

神倉神社の石段をのぼる
神倉神社の石段をのぼる

 
3日目(最終日)は、大岩のある神倉神社に詣でます。石段がすごいですが、見た目ほど時間がかからずに登れてしまうことが多いです。


 

神倉神社の大岩
神倉神社の大岩

 
落ちてくるのではないかと心配になるような大岩を拝みに石段を登ります。


 

那智の滝を望む
那智の滝を望む

 
最後は、那智の滝にも参詣します。


 

那智の滝(神体)
那智の滝(神体)

 
滝自体がご神体です。滝の水しぶきが醸しだす清浄な空気に心が清められつつ静かに手をあわせて2泊3日の旅が終えます。


熊野古道・中辺路を歩く


苔むした石畳の古道を往く
熊野の語り部と行く
熊野古道を歩く・中辺路を歩く

【開講記】安定の富士山・奥庭 バードバスをじっくり撮影


ツアー名:8/4(土)亜高山帯の野鳥 夏の富士山・奥庭


連日の猛暑から脱出を図るべく八王子から2時間ちょっとで標高約2,200mの奥庭に到着。下界から見上げる富士山は雲の中でしたが、到着時には雲を突き抜けて快晴になりました。


天狗岩と富士山天狗岩と富士山

7月の富士山ツアーでは五合目から奥庭まで約4km弱を歩きましたが、今回は奥庭で1日じっくり観察です。

まずは希望者を募って天狗の庭を周回散策へ。コガラやヒガラ、ホシガラスがカラマツに止まっています。




鳥ではないですが長距離移動するというアサギマダラという蝶の姿もあります。


アサギマダラアサギマダラ

遠くにノスリの姿が見えましたが、ガスがかかってシルエットのようになっています。枝の先端に止まってさえずるルリビタキもいました。




天狗の庭を一周して奥庭荘に戻り、水辺に鳥達が集まるバードバス(Bird bath)をじっくり撮影・観察します。

常連のウソやキクイタダキがやってきました。カヤクグリとヒガラがほぼ同時に登場。


カヤクグリ&ヒガラカヤクグリ&ヒガラ

その他にもヒガラの幼鳥やメボソムシクイも観察できました。


ヒガラ幼鳥ヒガラ幼鳥

雲行きが怪しくなってきたところで、ちょうどお時間となり本日も終了。今回も探鳥と避暑をゆっくり楽しめた一日となりました。次回は11/17(土)秋の静岡・浮島ヶ原でケリを探します。



【今回確認できた鳥達】


アマツバメ・ノスリ・ホシガラス・キクイタダキ・コガラ・ヒガラ・ツバメ・メボソムシクイ・ルリビタキ・カヤクグリ・ウソ


 

風の鳥日和

 

【開講記】富士山五合目で元気な鳥たちを観察 御庭・奥庭


ツアー名:7/14(土)五合目から歩いて観察 夏の富士山 御庭・奥庭


海の日3連休の初日とあって電車も高速道路も混雑気味です。富士山もとても賑わっています。この日も日本各地で猛暑日予想ということで、標高2,300mの吉田口五合目も日差しが強くあまり涼しくありません。


観察風景観察風景

バスを降りて準備をしているとビンズイの声がします。どうやら道路沿いの木々の裏にある木のてっぺんからのようです。これを見つけるのはなかなか難しい。一度場所が分かれば道路沿いの木々のおかげで、お互い大して見えていないので撮影も楽しめました。




五合目の賑わいを背にして我々はお中道・御庭方面へ歩きます。この時期、富士山五合目から上は大変な混雑ですが、遊歩道が整備されているお中道は歩く人も少なく静かです。ゆっくり観察や撮影しながら散策できます。ミソサザイやヒガラも元気です。ホシガラスはまだ現れません。


ヒガラヒガラ

しばらく歩くとルリビタキやビンズイのさえずりが聞こえてきました。いずれも遠いですが木のてっぺんにいます。ルリビタキのわき腹の黄色っぽい部分や、ビンズイの黒褐色の縦斑も分かります。その後もいたるところで姿を見せてくれました。




遠くの富士山の斜面にはニホンカモシカがいました。暑いのでなるべく標高の高い場所でエサを探しているのでしょうか? 赤褐色のカヤクグリも木の先端でさえずっています。


ニホンカモシカニホンカモシカ

お中道・御庭から奥庭へと下ります。奥庭荘に到着するとお店の方にご挨拶して、お昼の時間も過ぎたということで、早速お昼を注文。今回も大きめの天ぷらがついた「そば定食」が人気です。


そば定食そば定食

奥庭荘の水場には常連のウソやキクイタダキ、メボソムシクイなどが交代で登場してくれました。ようやくホシガラスも現れて、周囲のカラマツの木に止まっています。


ホシガラスホシガラス

残念ながら人気者のオコジョの姿は捉えられませんでしたが、また来年のツアーに期待しましょう。次回の日帰りバスツアーは、ケリを探して11/17(土)静岡・浮島ヶ原です。



【今回確認できた鳥達】


アマツバメ・ノスリ・ホシガラス・キクイタダキ・コガラ・ヒガラ・ウグイス・メボソムシクイ・ミソサザイ・ルリビタキ・カヤクグリ・キセキレイ・ビンズイ・ウソ・ホオジロ
※番外編・ニホンカモシカ



 

風の鳥日和

 

【開講記】霧ヶ峰のニッコウキスゲに映える夏鳥たち


ツアー名:7/8(日)花と草原の鳥たち 夏の霧ヶ峰


数日前の西日本では災害発生級の大荒れの天気でしたが、この日は八王子から雨にはほとんど降られることなく霧ヶ峰に到着。

昨年ジョウビタキがいた樹の近くの電柱に、今年もジョウビタキがいます。本来は冬鳥のはずですが、日本の高原で繁殖している個体もいるのでしょう。


観察風景観察風景

アマツバメが上空を通過していきました。ちょっと距離はありますが草地からホオアカも登場します。キセキレイがアンテナに止まっています。飛び立っても何度もアンテナに戻ってくるのでお気に入りでしょうか。

アカゲラが飛び出してきました。頭が真っ赤だったということは幼鳥だったか。カラマツにカワラヒワがやってきました。ヒガラやキクイタダキも樹の枝の中で騒いでいます。ヒガラの団体は親子だったかな。遠くの樹の先にモズやイカルもいました。


ニッコウキスゲとホオアカニッコウキスゲとホオアカ

場所を変えてニッコウキスゲの群落地へ。例年、食害が進んでニッコウキスゲは少ないのですが、今年は大群落です。タイミングがよかったか電気柵の効果か。

ノビタキがあちこちで飛び回っています。岩の上やなどで一休み。ビンズイも現れました。しばらくすると飛び去っていきましたが、その後も近くの樹などに止まっていました。




ホオアカも続々登場します。かなり至近距離に止まってばんばんさえずる個体もいて、ハイキング中の方もスマホで撮影をしていました。ニッコウキスゲの群落をバックにいい写真が取れたのではないでしょうか?




さらに場所を変えて池と草地が混在するポイントへ。ここでもホオアカやノビタキが登場します。ちょっと遠いですがいい感じに枝先に止まったりします。カワラヒワもいます。池にはカルガモが2羽。


ノビタキノビタキ

ノスリがホバリング中です。しばらくすると急降下! 何かをくわえて飛び去っていきました。ネズミだったか? 後半は晴れ間も広がって、しっかり日焼けする1日となりました。


次回の日帰りバスツアーは、ケリを探して11/17(土)静岡・浮島ヶ原です。



【今回確認できた鳥達】


キジ・カルガモ・カッコウ・アマツバメ・トビ・ノスリ・アカゲラ・モズ・ハシブトガラス・キクイタダキ・ヒガラ・ヒバリ・ツバメ・ウグイス・ジョウビタキ・ノビタキ・スズメ・キセキレイ・ハクセキレイ・ビンズイ・カワラヒワ・イカル・ホオジロ・ホオアカ



 

風の鳥日和

 

【開講記】夏鳥勢揃い! 八ヶ岳 野辺山高原


ツアー名:6/9(土)八ヶ岳の麓 初夏の野辺山高原


八ヶ岳の東側に広がる野辺山高原。標高が1,000m以上もあるので涼しいかと思いきや、都心の天気が真夏日予報なので、初夏というより真夏の景色です。

まずは林道を奥まで進み、沢沿いになったあたりで観察開始です。


観察風景観察風景

コマドリの声がしますが、姿は見えません。樹の高いところでオオルリが負けじとさえずっています。




センダイムシクイとエゾムシクイ、メボソムシクイの「ムシクイ」軍団も鳴いています。上空ではノスリが飛んでいます。ホトトギスも一瞬表れて飛んでいきました。


ノスリノスリ

場所を変えて道路沿いの開けた駐車場へ。「コムクドリ、来るかなー」と期待していたら、タイミングよく数羽が飛んできました。撮影もばっちり。




午後は草原と畑が広がる地域へ。高原とはいえ徐々に暑くなって来ました。夏空に八ヶ岳の雄大な山容が映えます。


八ヶ岳連峰八ヶ岳連峰

あちこちでカッコウが鳴いています。時折、姿を現してふわふわと飛んでいきます。遠くにはホオアカが止まっています。オオヨシキリも現れました。


カッコウカッコウ

草地を歩いていたキジが飛んでいきます。電線にはモズやコムクドリが止まっています。草地では頭がちょっと立ち気味のヒバリが歩いています。


ヒバリヒバリ

次に、森の中を通る旧国道沿いで観察します。キビタキのいい声がしますが、姿は見つからず。最後にダムにも立ち寄ってみましたが、渋めにカワウだけでした。


いくつかの観察地を巡り、様々な環境で暮らす高原の鳥たちを楽しめた一日となりました。次回はまだまだ厳しい残暑から逃れて、9/8(土)亜高山帯の野鳥 秋の富士山です。



【今回確認できた鳥達】


キジ・キジバト・カワウ・ホトトギス・カッコウ・トビ・ノスリ・コゲラ・アカゲラ・モズ・カケス・ハシブトガラス・コガラ・ヤマガラ・ヒガラ・シジュウカラ・ヒバリ・ツバメ・イワツバメ・ヒヨドリ・ウグイス・メボソムシクイ・エゾムシクイ・センダイムシクイ・オオヨシキリ・セッカ・ミソサザイ・コムクドリ・コマドリ・ノビタキ・キビタキ・オオルリ・スズメ・キセキレイ・ハクセキレイ・セグロセキレイ・カワラヒワ・イカル・ホオジロ・ホオアカ・アオジ



 

風の鳥日和

 

【開講記】やっぱりキビタキ 外敵にも気をつけて 多摩森林科学園


講座名:6/3(日)キビタキなどの夏鳥を探そう 多摩森林科学園


梅雨入り迫る6月、快晴の観察日和です。高尾駅集合時間の頃にはツミの姿もありました。エサを運んでいるのでしょうか?

アマツバメやツバメが飛び交っています。河原にはハクセキレイやセグロセキレイ、キセキレイが勢揃い。エサをくわえているものもいます。


キセキレイキセキレイ

多摩森林科学園に到着し、まずは森の科学館裏手の池でモリアオガエルの卵を確認。その後、第2樹木園方面へ散策していきます。

キビタキがいます。何かに警戒しているようです。警戒の対象は我々ではないようですが。結局、何に警戒しているかは分からず。


キビタキキビタキ

ホオジロが枝先に止まってさえずっています。直射日光に当たって暑そう。途中、エナガの群れや、コゲラのドラミングする姿にも遭遇。アオゲラやキビタキの声が響きますが、森の中で見つけるのはなかなか難しいですね。


観察風景観察風景

サン●ウチョウの声が聞こえるエリアにやってきましたが、今年はその声はないようです。近くでは繁殖しているらしく、個体数自体は増えているそうなので、別の機会に期待しましょう。

ヤマガラやヒヨドリ、ガビチョウ、ウグイスが一斉に警戒しています。これは何かあると、観察を続けます。少し待つと、なんとアオダイショウが出てきました。卵かヒナを狙っていたのでしょう。その後はいかに。


アオダイショウアオダイショウ

草むらの中でウグイスが飛び回っているのがチラチラ見えます。シジュウカラの幼鳥もいます。おなかの辺りが黄色っぽいですね。この時期はファミリー行動でしょうか。


ウグイスウグイス

昨年、カラ類にモビングされていたアオ●ズクですが、今年は飛来していないようでした。しかし、昨年はなかったアオ●ズクを紹介する案内板が新しくできていました。

近くではまたキビタキがさえずっています。やや見つけにくい角度ですが、長い間滞在してくれました。




森の科学館へ戻ってきて、鳥合わせをして解散。その後、お時間と元気がある方と場所を変えて延長観察会も行いました。


次回はアオバトと漁港めし! 9/1(土)アオバトに会いに行く大磯海岸です。


*写真の一部はご参加の方からご提供いただきました。ありがとうございました。




【今回確認できた鳥達】


ツミ・オオタカ・コゲラ・アオゲラ・サンショウクイ・ハシボソガラス・ハシブトガラス・ヤマガラ・シジュウカラ・ツバメ・イワツバメ・ヒヨドリ・ウグイス・ヤブサメ・エナガ・メジロ・キビタキ・キセキレイ・ハクセキレイ・セグロセキレイ・カワラヒワ・イカル・ホオジロ・ガビチョウ・コジュケイ



 

風の鳥日和

 

お世話になった金華山のお二人が、退職されました


kochisuta20180613

退社奉告祭を奉仕される日野権禰宜


学生スタディツアーの中で、東日本大震災の復興支援活動をおこなっている主な活動地、宮城県金華山・黄金山神社の、いつも我々ボランティアの受入れをしてくださっていたお二人が、この度退職されたとの報告が来ました。

退職されたのは、権禰宜の日野さん、巫女の大沼さんです。

日野さんは、学スタで最初の復興支援ボランティアツアーとなる2012年8月から、神社側のボランティア受入れを担当して下さり、私たちスタッフからしてみれば、少しおこがましいですが、“同志”ともいえるほど篤い信頼を寄せていた方です。

大沼さんは、同ツアーでの私たちの任務が、徐々に土木作業・整備系→神社裏方スタッフへと徐々に遷移していく中で、特に女性参加者が授与所の持ち場に着任した際に、指導およびサポートをしてくださいました。

お二人とも、2011年の大震災から現在に至る金華山の大変困難な時期に、復旧と復興を支えご尽力してこられた方。現在まで本当にお疲れさまでした。そしてこれからもどうか、このご縁を大切に、私たちや過去の参加者との繋がりも引き続き持って頂けたら幸いです。

下記の金華山黄金山神社のブログ内でも紹介されていますが、震災後、長きに亘り復興支援活動をされている、「this is a pen」さんの活動でも分かる通り、被災から7年以上経った現在もなお、地震や津波を起因とした爪あとが残っている金華山。

金華山黄金山神社ブログ「金華山日誌」

※6月20日(水)記事 「出発と再生」(外部リンク)
(more…)