東京スタッフブログ

パトレ村(ネパール)で2つの新年を祝う、年越しツアー


sekamaru20170624_01

2015年4月25日のネパール大地震、その後の余震で、レンガ造りの古い建物や長い歴史を持つ寺院や仏塔などが崩れ、カトマンズ盆地や近郊の村々の一部で家屋が全壊・半壊するなど甚大な被害が出たネパール。地震により家屋を奪われた多くの人々が、現在でも仮設家屋での生活を余儀なくされています。
風の旅行社では、震災3日後に「ネパール大地震支援金口座」を開設し、多くの方から温かいご支援をいただきました。風の旅行社ネパール支店は、その支援金を支援物資に充て、被災者へ直接手渡しで渡す活動を中心に、各地の団体から情報収集に努めてきました。


ネパール大震災・情報発信一覧


弊社では、スタッフが現地の視察や情報収集をもとに企画した「復興支援ボランティアツアー」を実施。2015年8月・9月に15人の方に、その後2015年の年末や2016年春には10人の方にご参加いただきました。
一人でも多くの方に行って欲しい。それこそが、復興に繋がるという思いでした。



その後…
2016年9月、2017年9月には、被災された村の子どもたちとサッカーで交流する、FOOTRAVELネパールツアーが実現! 待ちに待った日本人との交流試合に、村中が沸きました!
»添乗報告記●「FOOTRAVEL」ネパール・被災地の山村でサッカー交流!



sekamaru20170624_01

地震前に風の旅行社が農村ホームステイのツアーを組んでいたパトレ村は、本震の震源地に近く、激しい揺れで97棟ある村の家屋全てが全壊・半壊となるなど甚大な被害を受けました。その後、村人やボランティアの力で学校や一部の家屋の再建がなされ始め、ようやく復興の兆しが見えてきた状況です。

また、村のリーダーたちは、村全体で取り組んできた「村の伝統的な文化、生活、習慣、そして自然環境を守りながら、それらをホームステイを通じて体験してもらおう」というビレッジツーリズムの本格的な再開も目指しています。

弊社では今年の年末も、復興が進むパトレ村に滞在し、村のリーダーたちが目指す未来の村の姿のお話をうかがうと共に、グルン族の新年「タムーロサール」行事の再開と西暦の新年を祝いながら村人と交流することを主旨にした年越しツアーを設定しています。村の高台にあるゴンパから、初日の出に向かいネパールの復興を祈りましょう。
sekamaru20170624_01


以前パトレ村を訪れた方も、村の“今と未来”に触れるべく、再訪の旅としてもご活用いただければ幸いです。皆さまのご参加をお待ちしております。


パトレ村で年を越す年末年始ツアー

旅人を歓迎するパトレ村の人々ネパールの山村で年を越し、復興を祈る
12/29(金)発 復興が進むパトレ村を訪ね村人とグルン族の新年を祝う6日間

12/29(金)発|東京・大阪・名古屋発 347,000円|福岡・札幌発 347,000円 募集中

ツアー概要
復興が進むパトレ村に滞在し、グルン族の新年12/30と、西暦の新年1/1を村人と共に迎え、復興を祈ります。


【速報】FOOTRAVEL in Morocco、間もなく催行決定!!


sekamaru20170624_01

サッカーと旅を愛し、そして「モロッコにいつか行ってみたいんだよなー」という皆さん! 年明け2月、チャンスですよ~。

FOOTRAVEL in Moroccoの、初めて(初回)のツアー実施が…現実味を帯びてきました! このMorocco編は、Footravelのブランドの立上げ前に、どの国よりも先に構想を練って企画した旅。今まで何度も催行人員に達せず、実施まで漕ぎつけられませんでしたが、ここにきて…2018/2/16発に参加者が集まり始め、なんと…【催行間近】です!

モロッコ人の男たちにとってサッカーは生活の一部。町でも砂漠でも大人・子ども関係なく、ボールを蹴っています。

〜モロッコとサッカーの話〜 (※「ボールが世界を丸くする」ブログ内)
http://www.kaze-travel.co.jp/tyostaffblog201511130.html

mainモロッコは、サッカーの強豪国が群雄割拠たるヨーロッパに近いという土地柄の影響か、アフリカの中では古くから一目置かれるサッカー強豪国です。近年はアフリカ他国の台頭もあり、ワールドカップ本大会には出場できていないものの、世界のサッカークラブ世界一を決める「FIFAクラブワールドカップ」の2013・2014年の開催国として存在感を示し、2013年にはラジャ・カサブランカ(モロッコ)が、バイエルンミュンヘン(ドイツ)に次いで準優勝した事は記憶に新しい人も多いと思います(…続きはこちら…


(more…)

【宮城県・金華山】 鹿の角で「ものづくり」、復興支援に繋げたい!


kochisuta20170928

鹿角表面の自然な風合いを活かした「金華山 鹿角プロジェクト」による試作品


金華山(宮城県)は、恐山(青森県)や出羽三山(山形県)と並び奥州三大霊場の一つとして知られ、また、東日本大震災においては有人地として震源地から最も近くにあった場所としても知られています。
東日本大震災後、島全域がご神域にあたるこの島は、政教分離の観点から行政からの支援を受けられず、また、離島という特有の立地条件からボランティアが金華山に入山するための渡船手配や、中・長期的に日数を伴う効果的な活動を可能にするための寝食の確保など、支援活動を行うにも困難な場所です。

風の旅行社と風カルチャークラブでは、2012年の夏より「VCを支援する会山形」と「地球の歩き方」との協力により、金華山での東日本大震災復興支援ツアーの企画・運営を行ってきました。ツアーを開始してから丸5年が経ち、今まで約300名近い方々が支援活動に参加してくれています。
風の旅行社と金華山のつながり(※2014年9月執筆)

地域の方々の信仰と心の拠り所である霊島・金華山の復興が、地域の方々の心の支えになるとともに、金華山へ渡る多くの来訪客がもたらす牡鹿半島の各地域への経済的な効果が期待できます。この復興支援ツアーは、金華山黄金山神社の境内などの修復作業や参拝客の受入態勢のサポートなどの支援を通して、復興を推進することを目的にした「VCを支援する会山形」の活動に参加する形で企画を継続しています。



ツアーの中で実施する金華山での復興支援活動に関しては、毎回事前に活動内容の固定はせずに、その時のその場の状況や求められている作業内容により、柔軟に対応してきました。ツアー開始当初は、地震の揺れで倒壊した境内や参道の整備修復作業が主だった活動も、その後被災された方々が神社へ参拝の足を戻され始めた頃から、徐々に参拝客受入れ体制補完のための神社裏方サポートの活動が主となってきました。もちろん「この時点から内容が変わった」という明確なものはなく、VCを支援する会や神社の方々とその都度必要な事柄や状況を共有し判断しながら、グラデーション的に徐々に移行して来たというのが実際のところです。

[ツアー開始当初]
泥だし・土のう作りや運搬・山道や境内の修復作業など

[最近の主な活動の]
参拝客の受入れが十分にできない神社の裏方スタッフスタッフとしての活動など

[そして、これから…]
金華山の島内にある魅力的なもの(鹿角)を利用しデザインする、「ものづくりプロジェクト」


そして、今後活動の主となって行きそうなのが、上記の「ものづくりプロジェクト」なのです。なぜそのような流れになったのか、経緯をこれからお伝えしていきます。 (more…)

【開講記】台風接近で荒天! アオバトもピンチ!?


講座名:9/2(土)アオバトを探そう 大磯海岸バードウォッチング


台風接近で雨の大磯駅に集合。早めに止む予報がまだ降雨中です。しかも寒い。駅近くの軒下からアオバトがスタンバイしているという浅間山方面を観察しながら雨が止むのを待ちます。



浅間山を望む

(more…)

富山県・上市町インターンシップツアー、新聞各社に掲載されました!


kochisuta20161028_01

地元小学校で子どもたちに発表する参加者


先日終了した、学生スタディツアーの新しいプログラム、富山県・上市町観光協会インターンシップツアーの中で、参加者が最終日に実施した地元小学校での特別授業『みぃつけた 上市町のたから』の様子を、多数の新聞社が記事として掲載してくださいました!

●富山新聞
「県外大学生、上市を紹介 インターンシップ」(外部リンク)

●中日新聞
「成果、子どもらに発表 上市 就業体験の大学生」(外部リンク)

●北日本新聞(Yahoo! ニュース)
「上市の“宝物”知って 就業体験の県外学生 白萩西部小で特別授業 歴史・魅力 クイズで出題」(外部リンク)



→ 風の学生スタディツアー 一覧はこちら


→風の学生スタディツアーTOPへ
→学生スタディツアーの企画者ブログ「こちら、学スタ発信局」記事一覧はこちら

「学生スタディツアー」パンフレットのご請求・お問い合わせはこちらから


【開講記】天候悪化で急遽中止! でも、ツバメのねぐら入り映像撮りました


講座名:7/29(土)数万のツバメの大群! ねぐら入りを観察 多摩川


梅雨も明けたし、天気もぎりぎりもつかなーとJR中央線日野駅へ。集合して多摩川沿いまで歩いてきたところで雨がポツリ。


観察風景
観察風景

(more…)

【開講記】雲上の富士山・奥庭荘で定番の鳥たちを間近に観察


ツアー名:8/5(土)亜高山帯の野鳥 富士山・奥庭


中央道から観ると富士山には雲がかかっていますが、今日の天気はいかに? スバルラインから標高を上げて行くとしばらくして雲を抜けました。強い日差しの下で雲海が広がっています。標高が高いおかげで涼しくていいですね。


観察風景
観察風景

(more…)

【開講記】巣立ち続々!ブッポウソウの幼鳥を探せ!


ツアー名:7/8(土)ブッポウソウに会いに行く 長野・天龍村[もうすぐ巣立ち]


日帰りにしては長距離過ぎる長野県天龍村へのツアーも恒例になってきました。

しかし今年は天龍村へ向かういつもの道路が工事中のため迂回が必要です。急げないけど急げー! 結局、例年より30分送れて到着。急ぎ気味で観察準備です。


天龍村役場
天龍村役場

(more…)

【開講記】富士山 森林限界の森と奥庭荘の鳥たち


ツアー名:7/2(日)夏の富士山 御庭・奥庭


今回は毎年恒例の奥庭荘のみではなく、富士山吉田口の五合目から登山道を歩いて奥庭荘を目指します。ということで、5年ぶりくらいに五合目駐車場にやってきました。

以前から海外からの方は多かったようですが、さらに増えてますね。前日が山開きだったようですが、特にイベントなどは行われていないようです。


吉田口五合目
吉田口五合目

(more…)

【開講記】今年も人気者現れるか!? 多摩森林科学園


講座名:6/3(土)オオルリやキビタキを探そう 多摩森林科学園


緑の濃い季節がさらに深まってきました。朝の高尾駅前はイワツバメやツバメが忙しそうに飛び回っています。子育て大変ですね。イワツバメは集団生活らしいので、近所のコロニーがあるのかな。

遠くのマンションにイソヒヨドリのオスとメスがいます。海沿いの地域から進出してきているのでしょうか。多摩森林科学園までは徒歩10分。途中の南淺川ではセグロセキレイがいました。羽の色が淡いので幼鳥かな。


観察風景
観察風景

(more…)