東京スタッフブログ

【開講記】霧ヶ峰のニッコウキスゲに映える夏鳥たち


ツアー名:7/8(日)花と草原の鳥たち 夏の霧ヶ峰


数日前の西日本では災害発生級の大荒れの天気でしたが、この日は八王子から雨にはほとんど降られることなく霧ヶ峰に到着。

昨年ジョウビタキがいた樹の近くの電柱に、今年もジョウビタキがいます。本来は冬鳥のはずですが、日本の高原で繁殖している個体もいるのでしょう。


観察風景観察風景

アマツバメが上空を通過していきました。ちょっと距離はありますが草地からホオアカも登場します。キセキレイがアンテナに止まっています。飛び立っても何度もアンテナに戻ってくるのでお気に入りでしょうか。

アカゲラが飛び出してきました。頭が真っ赤だったということは幼鳥だったか。カラマツにカワラヒワがやってきました。ヒガラやキクイタダキも樹の枝の中で騒いでいます。ヒガラの団体は親子だったかな。遠くの樹の先にモズやイカルもいました。


ニッコウキスゲとホオアカニッコウキスゲとホオアカ

場所を変えてニッコウキスゲの群落地へ。例年、食害が進んでニッコウキスゲは少ないのですが、今年は大群落です。タイミングがよかったか電気柵の効果か。

ノビタキがあちこちで飛び回っています。岩の上やなどで一休み。ビンズイも現れました。しばらくすると飛び去っていきましたが、その後も近くの樹などに止まっていました。




ホオアカも続々登場します。かなり至近距離に止まってばんばんさえずる個体もいて、ハイキング中の方もスマホで撮影をしていました。ニッコウキスゲの群落をバックにいい写真が取れたのではないでしょうか?




さらに場所を変えて池と草地が混在するポイントへ。ここでもホオアカやノビタキが登場します。ちょっと遠いですがいい感じに枝先に止まったりします。カワラヒワもいます。池にはカルガモが2羽。


ノビタキノビタキ

ノスリがホバリング中です。しばらくすると急降下! 何かをくわえて飛び去っていきました。ネズミだったか? 後半は晴れ間も広がって、しっかり日焼けする1日となりました。


次回の日帰りバスツアーは、ケリを探して11/17(土)静岡・浮島ヶ原です。



【今回確認できた鳥達】


キジ・カルガモ・カッコウ・アマツバメ・トビ・ノスリ・アカゲラ・モズ・ハシブトガラス・キクイタダキ・ヒガラ・ヒバリ・ツバメ・ウグイス・ジョウビタキ・ノビタキ・スズメ・キセキレイ・ハクセキレイ・ビンズイ・カワラヒワ・イカル・ホオジロ・ホオアカ



 

風の鳥日和

 

【開講記】夏鳥勢揃い! 八ヶ岳 野辺山高原


ツアー名:6/9(土)八ヶ岳の麓 初夏の野辺山高原


八ヶ岳の東側に広がる野辺山高原。標高が1,000m以上もあるので涼しいかと思いきや、都心の天気が真夏日予報なので、初夏というより真夏の景色です。

まずは林道を奥まで進み、沢沿いになったあたりで観察開始です。


観察風景観察風景

コマドリの声がしますが、姿は見えません。樹の高いところでオオルリが負けじとさえずっています。




センダイムシクイとエゾムシクイ、メボソムシクイの「ムシクイ」軍団も鳴いています。上空ではノスリが飛んでいます。ホトトギスも一瞬表れて飛んでいきました。


ノスリノスリ

場所を変えて道路沿いの開けた駐車場へ。「コムクドリ、来るかなー」と期待していたら、タイミングよく数羽が飛んできました。撮影もばっちり。




午後は草原と畑が広がる地域へ。高原とはいえ徐々に暑くなって来ました。夏空に八ヶ岳の雄大な山容が映えます。


八ヶ岳連峰八ヶ岳連峰

あちこちでカッコウが鳴いています。時折、姿を現してふわふわと飛んでいきます。遠くにはホオアカが止まっています。オオヨシキリも現れました。


カッコウカッコウ

草地を歩いていたキジが飛んでいきます。電線にはモズやコムクドリが止まっています。草地では頭がちょっと立ち気味のヒバリが歩いています。


ヒバリヒバリ

次に、森の中を通る旧国道沿いで観察します。キビタキのいい声がしますが、姿は見つからず。最後にダムにも立ち寄ってみましたが、渋めにカワウだけでした。


いくつかの観察地を巡り、様々な環境で暮らす高原の鳥たちを楽しめた一日となりました。次回はまだまだ厳しい残暑から逃れて、9/8(土)亜高山帯の野鳥 秋の富士山です。



【今回確認できた鳥達】


キジ・キジバト・カワウ・ホトトギス・カッコウ・トビ・ノスリ・コゲラ・アカゲラ・モズ・カケス・ハシブトガラス・コガラ・ヤマガラ・ヒガラ・シジュウカラ・ヒバリ・ツバメ・イワツバメ・ヒヨドリ・ウグイス・メボソムシクイ・エゾムシクイ・センダイムシクイ・オオヨシキリ・セッカ・ミソサザイ・コムクドリ・コマドリ・ノビタキ・キビタキ・オオルリ・スズメ・キセキレイ・ハクセキレイ・セグロセキレイ・カワラヒワ・イカル・ホオジロ・ホオアカ・アオジ



 

風の鳥日和

 

【開講記】やっぱりキビタキ 外敵にも気をつけて 多摩森林科学園


講座名:6/3(日)キビタキなどの夏鳥を探そう 多摩森林科学園


梅雨入り迫る6月、快晴の観察日和です。高尾駅集合時間の頃にはツミの姿もありました。エサを運んでいるのでしょうか?

アマツバメやツバメが飛び交っています。河原にはハクセキレイやセグロセキレイ、キセキレイが勢揃い。エサをくわえているものもいます。


キセキレイキセキレイ

多摩森林科学園に到着し、まずは森の科学館裏手の池でモリアオガエルの卵を確認。その後、第2樹木園方面へ散策していきます。

キビタキがいます。何かに警戒しているようです。警戒の対象は我々ではないようですが。結局、何に警戒しているかは分からず。


キビタキキビタキ

ホオジロが枝先に止まってさえずっています。直射日光に当たって暑そう。途中、エナガの群れや、コゲラのドラミングする姿にも遭遇。アオゲラやキビタキの声が響きますが、森の中で見つけるのはなかなか難しいですね。


観察風景観察風景

サン●ウチョウの声が聞こえるエリアにやってきましたが、今年はその声はないようです。近くでは繁殖しているらしく、個体数自体は増えているそうなので、別の機会に期待しましょう。

ヤマガラやヒヨドリ、ガビチョウ、ウグイスが一斉に警戒しています。これは何かあると、観察を続けます。少し待つと、なんとアオダイショウが出てきました。卵かヒナを狙っていたのでしょう。その後はいかに。


アオダイショウアオダイショウ

草むらの中でウグイスが飛び回っているのがチラチラ見えます。シジュウカラの幼鳥もいます。おなかの辺りが黄色っぽいですね。この時期はファミリー行動でしょうか。


ウグイスウグイス

昨年、カラ類にモビングされていたアオ●ズクですが、今年は飛来していないようでした。しかし、昨年はなかったアオ●ズクを紹介する案内板が新しくできていました。

近くではまたキビタキがさえずっています。やや見つけにくい角度ですが、長い間滞在してくれました。




森の科学館へ戻ってきて、鳥合わせをして解散。その後、お時間と元気がある方と場所を変えて延長観察会も行いました。


次回はアオバトと漁港めし! 9/1(土)アオバトに会いに行く大磯海岸です。


*写真の一部はご参加の方からご提供いただきました。ありがとうございました。




【今回確認できた鳥達】


ツミ・オオタカ・コゲラ・アオゲラ・サンショウクイ・ハシボソガラス・ハシブトガラス・ヤマガラ・シジュウカラ・ツバメ・イワツバメ・ヒヨドリ・ウグイス・ヤブサメ・エナガ・メジロ・キビタキ・キセキレイ・ハクセキレイ・セグロセキレイ・カワラヒワ・イカル・ホオジロ・ガビチョウ・コジュケイ



 

風の鳥日和

 

お世話になった金華山のお二人が、退職されました


kochisuta20180613

退社奉告祭を奉仕される日野権禰宜


学生スタディツアーの中で、東日本大震災の復興支援活動をおこなっている主な活動地、宮城県金華山・黄金山神社の、いつも我々ボランティアの受入れをしてくださっていたお二人が、この度退職されたとの報告が来ました。

退職されたのは、権禰宜の日野さん、巫女の大沼さんです。

日野さんは、学スタで最初の復興支援ボランティアツアーとなる2012年8月から、神社側のボランティア受入れを担当して下さり、私たちスタッフからしてみれば、少しおこがましいですが、“同志”ともいえるほど篤い信頼を寄せていた方です。

大沼さんは、同ツアーでの私たちの任務が、徐々に土木作業・整備系→神社裏方スタッフへと徐々に遷移していく中で、特に女性参加者が授与所の持ち場に着任した際に、指導およびサポートをしてくださいました。

お二人とも、2011年の大震災から現在に至る金華山の大変困難な時期に、復旧と復興を支えご尽力してこられた方。現在まで本当にお疲れさまでした。そしてこれからもどうか、このご縁を大切に、私たちや過去の参加者との繋がりも引き続き持って頂けたら幸いです。

下記の金華山黄金山神社のブログ内でも紹介されていますが、震災後、長きに亘り復興支援活動をされている、「this is a pen」さんの活動でも分かる通り、被災から7年以上経った現在もなお、地震や津波を起因とした爪あとが残っている金華山。

金華山黄金山神社ブログ「金華山日誌」

※6月20日(水)記事 「出発と再生」(外部リンク)
(more…)

新企画発表! “風カルらしい” カンボジアツアー


sekamaru20170624_01

風カルチャークラブ座学講座「インドを知るシリーズ」を担当する、関根先生が同行のカンボジアツアーが満を辞して登場します!

南アジア史・東南アジア史に精通した関根先生と一緒に、アンコール遺跡の本当の魅力を、古代カンボジアの歴史や繊細にして華麗なクメール芸術から紐解いていく旅。


関根先生は語ります――

プノンペン国立博物館には一体の人物像があります。その像はカンボジア栄光の時代を築いた偉大な王ジャヤヴァルマン7世その人の像です。その優れた写実性と人間性に満ち溢れた高い精神性を含んだ大王像は、アンコール芸術の白眉であると同時にアンコール遺跡を理解する上で外すことのできない作品です。この旅の始まりは皆さんにこの像を紹介するところから始まります。私と一緒にアンコール遺跡とクメール芸術の旅に出かけませんか?



ホームページで募集を開始いたしました。ご参加お待ちしております!

ジャヤバルマン7世頭部像関根秋雄先生と巡るカンボジアの今と昔
【新企画】1/12(土)発 プノンペンからクメール遺跡・芸術を巡る旅8日間

1/12(土)発|東京発 287,000円 募集中

ツアー概要
<新企画>アンコール遺跡群の本当の意味での魅力を、古代カンボジアの歴史や繊細にして華麗なクメール芸術から紐解く、関根先生同行の特別企画ツアーです。


tyostaffblog20180623_02tyostaffblog20180623_03カンボジアの前に…予習としても最適な座学講座、あります。
インドを知る シリーズ5  -アンコール遺跡・理解のために- カンボジアの歴史と遺跡


第①回 2018年9月29日(土)13:30~15:30 古代カンボジア・アンコール時代の歴史を紐解く
第②回 2018年11月11日(日)13:30~15:30 古代カンボジア人が遺した壮大なアンコール遺跡群


(more…)

W杯便乗投稿! 代表ユニフォームで気持ちを一つに!


sekamaru201804623_01旅の最中は交流試合用に、その後は旅の記念にピッタリ!


W杯に沸く時流に乗っかりつつ…

国の誇りをかけて試合に臨む選手たちと、その選手たちを力の限り応援し、一喜一憂するサポーターの姿…。

毎晩のようにテレビに映し出されているそのような光景の中で、選手と国民の気持ちをひとつにするひとつの象徴、代表ユニフォーム。

FOOTRAVELツアーでは、世界の村での交流草サッカー用に、その国の代表チームのユニフォームをベースに特製ユニフォームをプレゼントしています。

もちろんその国の国旗、さらに背面にはご希望の背番号とお名前もプリントしています! 旅の記念にもピッタリですよー

関連よみもの

全参加者に、FOOTRAVEL特製ユニフォームをプレゼント!



「FOOTRAVEL」

ツアー情報・基本情報ページはこちら!

FOOTRAVELtop


モロッコとサッカーの話


サハラ砂漠にて
サハラ砂漠にて

モロッコは、サッカーの強豪国が群雄割拠たるヨーロッパに近いという土地柄の影響か、アフリカの中では古くから一目置かれるサッカー強豪国です。近年はアフリカ他国の台頭もあり、ワールドカップ本大会には出場できていないものの、世界のサッカークラブ世界一を決める「FIFAクラブワールドカップ」の2013・2014年の開催国として存在感を示し、2013年にはラジャ・カサブランカ(モロッコ)が、バイエルンミュンヘン(ドイツ)に次いで準優勝した事は記憶に新しい人も多いと思います。
(more…)

人気のモロッココース、夏ツアーが間もなく催行決定!


kochisuta20180613

モロッコは、光と影と色彩であふれている


「学生スタディツアー」で人気のモロッココース、催行しそうな出発日が早くも出てきました!

【2018夏】モロッコ サハラ砂漠の学校で子どもたちの教育支援を行う活動10日間


※8/5(日)発は、まもなく催行決定しそう!
※7/25(水)発・8/28(火)発も、順調にご予約伸びております
※9/9(日)発は、徐々にご予約入り始めました



(more…)

【開講記】オオルリの競演 ヤブサメも登場 新緑の奥多摩


ツアー名:5/6(日)奥多摩 桧原都民の森と奥多摩湖


新緑まぶしい奥多摩・桧原都民の森へ。とても豊かな自然が広がっていますが、これでも多摩川源流の東京都内です。

奥多摩へは電車&路線バスでも行けますが、この時期は混雑しているバスに1時間以上立ちっぱなしの事が多いので、確実に座れる貸切バスがありがたいですね。


観察風景観察風景

途中、車内からクマタカが旋回する姿が見えました。奥多摩地域では繁殖しているクマタカの密度が高いそうです。

桧原都民の森に到着。ハイカーやライダーで賑わっています。入り口近くの駐車場周辺ではミソサザイの巣がいくつかあります。


ミソサザイの古巣ミソサザイの古巣

(more…)

【報告】 “mini” FOOTRAVEL in Morocco


sekamaru20170624_01FOOTRAVELツアーではないのに、思わず制作してしまったモロッコ版のユニフォーム!


「学生スタディツアー」で3月に実施したモロッコツアーの中で、FOOTRAVEL要素が満載の出来事がありましたので、“ミニ”FOOTRAVELとして報告します!

毎回FOOTRAVEL以外の旅でも、必ずボールを持っていってしまう私(竹嶋)なのですが…今回、より一層サッカー要素が強まってしまったのは、1人の参加者男性の、ある思いでした。
砂漠の子どもたちにユニフォームを届ける活動を実施し、さらにはサハラ砂漠の村の子どもたちやマラケシュの男たちとの草(砂漠?)サッカー交流。企画者は先走ってユニフォームまで制作しまうなど、モロッコ旅の様子をご覧ください!


今回参加された男性(萩原さん)が、モロッコに来た理由。
それは、彼が勤務するサッカーの正規品の中古ユニフォームの販売・買取をしている「Vintage Sports FOOTBALL(外部リンク)」さんで、新しく始まったプロジェクト『Vintage Sports 世界貢献プロジェクト』の最初の訪問国として、モロッコを選ばれたことからです。

【Vintage Sports 世界貢献プロジェクト in モロッコ】

main
世界貢献プロジェクトとは、ユニフォームを世界各国の人達にプレゼントする活動のこと。
その記念すべき最初の国が、アフリカのモロッコでした。
今回我々がユニフォームをプレゼントしたのは、モロッコの中でもサハラ砂漠の中にある『ハミリア村』という場所です。現在は街などではアラブ人が大多数を占めていますが、この村はアフリカ系の血が濃い先住民ベルベル人が数多く暮らしています。2004年に設立された支援学校「KHAMLIA(ハミリア)」を訪問しました。この支援学校は、経済的な理由で中学校に通うことが出来ない子ども達(…続きはこちら…


(more…)