こちら、学スタ発信局

オリャンタイタンボで停電の話


停電の原因となった倒木を、豪快に切り落とそうとする村人たち

先日、2013年3月にペルーへ添乗で行ったときの話。

クスコから北西へ約90km、マチュピチュの麓へと続く列車の中間駅オリャンタイタンボ村に滞在中、停電に遭いました。海外に行くと、停電はよく起こるので、そんなに驚きはしませんでしたが、今回は停電の原因となる光景を目にしたので、印象深い出来事となりました。 (more…)

救急法救急員の資格更新!


資格の有効期間は3年間

世の中にはたくさんの資格がありますね。

法律関係から医療関係、運転免許や船舶、無線、英検、漢検、はたまたそろばん、など数えればきりがありません。それぞれの業界には必須といわれる資格がありますが、旅行業にとっても同じこと。
いくつか旅行業での例を挙げてみると、その旅行会社の旅行取引の責任者である「総合旅行業務取扱管理者」や、保険商品を扱う上で必要な「保険募集人」、俗にいう添乗員資格の「旅程管理主任者」などが該当します。
添乗員に限って言えば、「旅程管理主任者」資格があれば添乗業務はできるのですが、KAZEのツアーでは、トレッキングや乗馬などアクティブな内容が多く、通常の観光ツアーよりも怪我のリスクが高いため、添乗員もそのための準備が必要と考えています。そこで、KAZEの添乗に出る機会のあるスタッフが取得している資格が「赤十字救急法救急員」という資格です。 (more…)

世界の村人と、サッカー交流がしたい!


マラケシュの街では家や職場の庭を改造して専用コートにしている人々多いです

「学生スタディツアー」を立ち上げてから、ずーっと考えていたことの1つに…

現地の方とより深く交流する方法は何か?

それが、あるとき、ふと思いつきました。
「そういえば、仲間と河川敷でサッカーやっているときに、たまたま隣でボールを蹴っていた南米の人たちを誘い一緒にプレーをすると、いつもやっている感じと違ってすごく楽しかったし、試合後にやたらと仲良くなったよなー。」

そう、これがヒラメキ! (more…)

「学スタ」って、社会人参加はOK?


金華山復興支援活動に参加頂いた男性
「学生スタディツアー(以下、学スタと略)」にお問い合わせいただくご質問の中で、「学生しか参加できないですか?」というご質問が増えてきました。おそらく、ブランド名に「学生」という言葉が入っているので、少々分かりにくくなっているせいもあるかもしれません。
答えは、もちろん一般の方でも、学スタコースに参加いただけます。「青春18きっぷ」と同じように年齢制限はありません。

「学生スタディツアー」と名付けたのは、“若い世代を、海外へ”という願いを基本に、ありきたりの場所ではなく、体力と好奇心に満ちる若い世代だからこそ観光だけよりも村の中に入り込み、現地の人々と同じ目線で語り合い、作業し、そして交流を図ってもらいたい。そんな想いからブランド名を決めました。
(more…)

【その3】宮城県・金華山 復興支援活動4日間報告


地元の海産物がふんだんに使われた海鮮丼!
4日目の午後にチャーター船で金華山を後にし、鮎川港に到着した後、石巻駅行きの路線バスが到着するまでの間、初日にも立ち寄った仮設の「おしか商店街」にて、皆さんお土産を買ったり、自分で楽しむ用の東北産のお酒を買ったり、おすし屋さんで地元の新鮮な魚を使った海鮮丼のおいしさに唸ったり(旨い!)と、思い思いに過ごされていました。参加者の中には初日に交流した店のおばちゃんに「あら!この前の子たち! 金華山どうだった? 神社の方々は皆さん元気だった? わたしらは店があってなかなか行けないし、みんな若いんだからがんばって又来るんだよ!」と、店のおばちゃんに気さくに話しかけられている方もいました。 (more…)

【その2】宮城県・金華山 復興支援活動4日間報告


さて、話は飛びますが、今回新企画として夏に催行した出発日は以下の3コースでした。

8/03(金)発-8/06(月)4日間 ※石巻発着
8/24(金)発-8/27(月)4日間 ※石巻発着
9/07(金)発-9/10(月)4日間 ※石巻発着

金華山それぞれのコースで、滞在中に行った支援作業は多岐に渉りますので、ここからはすべてのコースで行った作業を総集編でお送りしていきます。

被災状況を見ていく
神職の方がユンボ操縦!

(more…)

【速報】宮城県・金華山 復興支援活動4日間報告


金華山黄金山神社
金華山黄金山神社


前回のこちスタで、予告しましたが「宮城県・金華山」に行ってきました。
今回同行したのは、地球の歩き方と行っている復興支援ボランティア4日間のコースです。

宮城県金華山は、青森の恐山、山形の出羽三山と並び奥州三大霊場の一つとして知られ、また、東日本大震災においては有人地として震源地から最も近くにあった場所としても知られています。島を訪問し黄金山神社にて復興支援活動を行うのがこのツアーの趣旨です。 (more…)

宮城県・金華山へ行ってきます


金華山

8/3(金)から4日間ほど宮城県・金華山へ行ってきます。「地球の歩き方」とやっている復興支援のボランティアツアーに同行してきます。ツアーの詳細は→こちら
※このツアーはおかげさまで既に満員となりました。皆さんやはり東北復興には関心があるんですね。

金華山は昨年の震災において、震源地に一番近い場所。牡鹿半島で暮らす地元の方にとって誇りであり、「金華山の復興なくして、牡鹿半島の復興はない」とまで言わしめる東北三大霊場のひとつをこの目で確かめてきます。
私自身、東北を訪れるのは約1年ぶりになります。戻ってきたら、この「こちスタ」にて報告をしたいと思っています。


【催行決定!】 モンゴル・馬頭琴を届けに行く旅


発信局デスクより(まだ私1名だけですが)
発信局デスクより(まだ私1名だけですが)

8/4(土)発「モンゴル伝統楽器・馬頭琴を届けに行く旅8日間」の催行が決定しました!

モンゴルの楽器と言えば「馬頭琴」。しかし様々な事情で馬頭琴が手に入らず、伝統が薄れつつあるゴビ砂漠へ馬頭琴を“手渡し”で渡しに行く旅です。ゴビ砂漠までは陸路4WDで行き、草原⇒砂漠へのダイナミックな大地の移り変わりを、車窓やタイヤから伝わるゴツゴツ感を通し、肌で感じます。

このコース、まだまだ募集中してます。
(more…)

説明会で感じた参加者の“熱”


地球の歩き方ボランティアツアー

風の旅行社が今春から立ち上げた、新ブランド「学生スタディツアー」の企画者ブログを開始しました!
企画の裏話やコース設定のための出張での出来事、日々の活動などを綴っていきますので、みなさまどうぞ宜しくお願いします。

さて、一発目の今回は、コラボレーションしている地球の歩き方で開催した説明会でのおはなし。

ところで、新ブランド「学生スタディツアー」の現在の3本柱は、「風の旅行社オリジナルツアー」、「地球の歩き方とのコラボレーションツアー」、「NPO/NGOとのコラボレーションツアー」です。

今回の説明会は、その中の「地球の歩き方とのコラボレーションツアー」の販売宣伝活動の一環な訳なのです。

はなしを元に戻します。 (more…)