東京スタッフブログ

【FOOTRAVEL】 日本サッカー界の中枢を訪問


tyostaffblog20151211_1


先日、日本サッカー協会(JFA)を人生で初めて訪問してきました。

エントランスに飾ってある、最新の代表ユニフォームを見て、まず高揚! そして、サッカーミュージアムに展示されている、2011FIFA女子ワールドカップでなでしこが勝ち取った優勝トロフィー(本物!)を、ガラスケース越しに見て鳥肌が立ち…。
いやー、思わず両目を閉じて、右手を左胸に当てるところでした…はい。 (more…)

【FOOTRAVEL】ネパールでサッカー交流をする理由


IMG_2659

2015.4.25の大地震以降、風の旅行社では風のスタッフが交代で支援物資を携え現地入りし、被災・復興状況の確認と現地スタッフとのミーティングを重ねています。震源地に近く大きな支援先の1つとしてサポートさせて頂いているパトレ村。この村でFOOTRAVELサッカー交流ツアーを企画した背景をお伝えしたいと思います。

 


(more…)

若者を前に「旅の力」を語る時間


都内の大学にて
都内の大学にて

FOOTRAVEL」や「学生スタディツアー」、「ネパール復興支援ツアー」など、ちょっと変わった企画をしているせいか、様々な大学から講演の依頼をいただき、現役大学生を前に、90分ほどお話をさせて頂く機会があります。
大学中退の私が、まさかピンポイントの時間とはいえ、教壇に立つなど想像もしなかったですし、まったく恐れ多いのですが、若者を前に語る時間は個人的にはとても楽しい時間です。
今週も平日の午後に、ある大学で講演の機会をいただきました。お話しする内容は、自分自身の経験に基づいた事柄をベースにするしかないので、 (more…)

モロッコとサッカーの話


サハラ砂漠にて
サハラ砂漠にて



モロッコは、サッカーの強豪国が群雄割拠たるヨーロッパに近いという土地柄の影響か、アフリカの中では古くから一目置かれるサッカー強豪国です。近年はアフリカ他国の台頭もあり、ワールドカップ本大会には出場できていないものの、世界のサッカークラブ世界一を決める「FIFAクラブワールドカップ」の2013・2014年の開催国として存在感を示し、2013年にはラジャ・カサブランカ(モロッコ)が、バイエルンミュンヘン(ドイツ)に次いで準優勝した事は記憶に新しい人も多いと思います。

空き地にボールが1つあれば、すぐにボールを蹴り始めます
空き地にボールが1つあれば、すぐにボールを蹴り始めます



(more…)

【開講記】天気がよければ鳥観察も好調! 川崎・等々力緑地+多摩川河川敷


【開講記】天気がよければ鳥観察も好調! 川崎・等々力緑地+多摩川河川敷
11/21(土)都市公園と中流河川敷の魅力 等々力緑地バードウォッチング

紅葉した桜の木にとまるシジュウカラ紅葉した桜の木にとまるシジュウカラ


久しぶりに晴れていい天気。まだ秋の気配が残る青空です。今回目指すのは川崎市の等々力緑地公園。前回のさいたまの秋ヶ瀬公園ほどではありませんが、なかなかの広さです。ただこちらは川崎フロンターレのスタジアムや野球場、テニスコートなどの競技場が並んで釣り池もあるという、まさに都会の公園といった感じです。果たして鳥たちはいるのかな? (more…)

2016年GW・FOOTRAVEL(ペルー編)企画中!


企画の糸口は、思わぬところにあった!
企画の糸口は、思わぬところにあった!

2016年GW・FOOTRAVEL(ペルー編)企画中

正直、Footravel・ペルー編の企画は、チベットと同様の理由で無理だと思っていました…。
何しろ、アンデスエリアは標高が高い。

日程にマチュピチュ訪問は外せない

そうなるとマチュピチュへの拠点であるインカ帝国の古都クスコでサッカー交流

クスコは標高約3,400m→順応するには最低4日前後=ツアー日程8日間でサッカーなんて激しい運動無理か…。

という思考回路だったからです。 (more…)

【開講記】雨で寒くても鳥たちの存在感は増しています!さいたま・秋ヶ瀬鳥三昧


【開講記】雨で寒くても鳥たちの存在感は増しています!さいたま・秋ヶ瀬鳥三昧

11/14(土)さいたま秋ヶ瀬鳥三昧

雨で寒かった秋ヶ瀬公園
雨で寒かった秋ヶ瀬公園


今回の鳥日和はさいたまの秋ヶ瀬公園です。浦和駅から路線バスでも行けるのですが、公園自体の広さが100ha(東京ドーム21個分)ありますから、到着してからの移動には車が便利です。貸切バスで浦和駅を出発して30分もしないうちに秋ヶ瀬公園の入り口に到着。
(more…)

【開講記】思ったより季節は進んでいます! 秋の奥日光


【開講記】思ったより季節は進んでいます! 秋の奥日光
10/31(土)秋の奥日光 色づく紅葉とツグミ類

秋も深まる戦場ヶ原でバードウォッチング!
秋も深まる戦場ヶ原でバードウォッチング!


今回はバスの移動時間を短くするために大宮集合です。秋の日光名物いろは坂渋滞を避けるために関越道から目指しましたが、その関越道が渋滞。なかなかうまくいかないもんですね。それでもなんとか午前中に到着。紅葉は山を下っていったようで、標高1300m前後の戦場ヶ原は冬目前の空気です。 (more…)

【開講記】秋の相模川、観察できる鳥が増えてきています!


【開講記】秋の相模川、観察できる鳥が増えてきています!
10/18(日)上流河川敷の野鳥を探そう 相模川

V字編隊で飛ぶカワウ
V字編隊で飛ぶカワウ


前日までの寒い秋雨から一転、晴れてきました。今回は橋本駅集合。路線バスに乗って相模川を目指します。相模川の橋の近くのバス停で下車。早速、カワウがV字編隊を組んで飛んでいきます。相模湖あたりまで飛んでいくのでしょうか? これが雁なら、『ニルスのふしぎな旅』(more…)

カラフル・ネパール〜おすすめのガイドブック紹介〜


colorful。

もし、「ネパール」をたった一語で表せ、と言われたら、そう答えると思います。

初めてカトマンズの旧市街を歩いたときに目にした、濃い色彩の数々。
それは、寺院に掲げられた五色のタルチョやあちこちに供えられている黄金色のマリーゴールド。チョーク(旧市街の路地)に並ぶ野菜やスパイス、行き交う女性たち鮮やかなサリー。土産物店で目にする色とりどりのフェルトグッズやミティラーアート。

さらには多様な民族と信仰、そしてそれぞれの神様までもが混然一体となって動いているその様を見て「カラフル」という言葉がぴったりだな、そう思っていました。

そんな自分のイメージである「カラフル・ネパール」を具現化してくれたかのような本が、つい先日出版され、早速入手いたしました。それがこちら『トレッキングとポップな街歩き ネパールへ』(イカロス出版)。 (more…)