東京スタッフブログ

【開講記】今年は天気良好!富士山麓・草原の夏鳥たち


講座名:5/22(日)草原の夏鳥 初夏の富士山麓草地

標高は高め、気温も高めで日差しは強め、日焼け止めは使わない派です。初夏を迎える山梨県側の富士山麓で、大きな富士山に見守られながら、山菜採りも気になりますが観察開始です。

初夏の富士山麓草地
何が出るか? 初夏の富士山麓草地

(more…)

【開講記】新緑まぶしい北本公園で元気なオオヨシキリ


講座名:5/8(日)さえずるオオヨシキリを探す 北本公園

オオヨシキリ
さえずるオオヨシキリ


昨年も天気がいい中で開催された北本公園。今年もちょっと風がありますが、なかなか観察日和のようです。

園内に入ると早速オオヨシキリがいます。相変わらず先っちょ狙いで高いところ好きですね。よく鳴いています。池にはカイツブリがいます。2羽の雛も一緒です。よく見ると雛はシマシマ柄です。イノシシのウリ坊と似た柄です。かわいい。親が餌をあげてますね。早く自分で潜れるようになれよー。 (more…)

【開講記】お帰り夏鳥 さえずり満喫の山中湖


講座名:4/30(土)来たばかりの夏鳥を探す 山中湖

観察風景
山中湖の森でバードウォッチング!


天気は上々。3月の山中湖では期待のオオマシコ・レンジャクは不発でしたからねー、今回は夏鳥で挽回なるか!?

湖畔の森に入ると、早速オオルリの美声が聞こえてきます。姿も確認できるかな。特徴的なさえずりを聞かせてくれるセンダイムシクイのつがいがいます。さえずりは「焼酎一杯グイ」って聞こえますかねー?「センダイムシクイー」って自己紹介にも聞こえるような?? (more…)

【開講記】夏鳥は帰ってきたのか? 観察チャンスの短い旅鳥も確認中


講座名:4/24(日)春の雑木林で夏鳥を探す 滝山公園

キジ
道路で“ほろうち”をしているキジ(♂)


朝からなんとも残念な小雨模様ですが、天候回復に期待してバスで滝山公園へ。

谷地川にはアオサギがいます。近くの電線にはコムクドリがとまっています。ムクドリは大群で市街地にねぐらを作って年中観察できそうですが、コムクドリは旅鳥なので一時期しか観察できないようです。首の付け根が赤いのも特徴ですね。

滝山公園は城跡でもあるので、様々な環境が揃っています。かなり散っていますが満開だと楽しい桜の花見ができそうです。古峰の道沿いを観察しながら中の丸を目指します。 (more…)

【開講記】東京湾奥部最大干潟 三番瀬でミヤコドリ・シギ類の群れを観察 !


講座名:4/16(土) 東京湾奥部最大干潟 三番瀬

ミヤコドリ
群れているミヤコドリ


船橋駅からバスに乗って、ふなばし三番瀬海浜公園へ。まだ潮干狩りは始まっていないので、来園者は少なく、バードウォッチャーや家族連れ、あとは少々レアな趣味(?)をお持ちの方々です。 (more…)

FOOTRAVEL 2016年夏~2017春のツアー発表!


「サッカー交流」×「その国ならではの体験」=FOOTRAVEL


「2016GW」カンボジア、ペルー

「2016夏」 モンゴル、カンボジア、ペルー、ブータン、ネパール

「2017春」 ネパール、ブータン、モロッコ、カンボジア(予定)


老若男女、旅とサッカーを愛する皆さーん、新しいフィールドに繋がる世界への扉は開かれています! お問い合わせお待ちしております!

(more…)

学生スタディツアー2016年7~9月のツアー発表!


【新コース2本登場!】 2015年7~9月発・夏ツアーを発表!

「まだGWも来ていないのに…夏のことなんて…」という方も、必見。
なぜなら、ツアーによっては、60日前までのお申込み完了でお得な、『早割制度』を導入しています!

さらに、新コースとして、【ネパール・復興支援ボランティア6日間】、そして国内の【高野山・林業体験と自然環境保護活動4日間】が登場し、さらに活動先の選択肢が増えています。


【ネパール】
2015年4月25日のネパール大地震、その後の余震で、レンガ造りの古い建物や長い歴史を持つ寺院や仏塔などが崩れ、カトマンズ盆地や近郊の村々の一部で家屋が全壊・半壊するなど甚大な被害が出ているネパール。このツアーでは、カトマンズで支援を続ける団体の活動に加わり、そのときに必要なボランティア作業に参加いただくことを主旨にしたツアーです。



【ペルー】
クスコには日本語ガイドを目指し、日本語学校に通う学生たちがいます。そんな彼らの夢の一助となるべく、日本語ガイドの実地練習にマチュピチュやクスコ郊外の遺跡などにつき合いながら、彼らがなかなか触れることができない“生の日本語”で、交流をします。



【モロッコ】
サハラ砂漠にある小さな村には小学校が1つしかなく、中等教育以上の教育を受けたいのに受けられない子どもたちがたくさんいます。この村を訪れ、補助教育の一環として日本語や日本文化を紹介し交流します。



【宮城県・金華山】
東日本大震災の震源地に最も近い場所にあり、地震や津波被害の他にも、同年の台風被害が重なり甚大な被害を受けた金華山黄金山神社。奥州三大霊場でもあるこの神社に泊り込み、復興支援の手伝いをするNPOの活動に参加します。



【和歌山県・高野山】
812年、弘法大師空海が森を切り拓いてから1200年の歴史を持つ高野山。その長い歴史において、森林を切り離して語ることはできません。現在は、獣害や気候変動、そして今後の担い手の問題を抱えており、この大切な森を保護・管理し未来へ繋げていくためには、幅広い年齢層からの理解と協力が不可欠な状況となっています。この活動では、高野山の森を守る「高野山寺領森林組合」の協力のもと、悠久の森の歴史を知り、林業体験を通じて“森を守る活動”を学びます。




ただ今、全コース募集中です。お問い合わせお待ちしております!


→風の学生スタディツアーTOPへ
→学生スタディツアーの企画者ブログ「こちら、学スタ発信局」記事一覧はこちら

「風のスタディツアー」パンフレットのご請求およびお問い合わせはこちらから。

【開講記】水辺の広大な葛西臨海公園は鳥たちがたくさん!


講座名:3/12(土) 春を迎える海浜公園で観察 葛西臨海公園

スズガモの大群
スズガモの大群


葛西臨海公園を出ると目の前が公園入り口。早速、オオタカがハトを追いかけています。どちらもがんばれよー。

鳥類園がある汽水池と淡水池方面に向かいます。羽に白斑があるシロハラが落ち葉をひっくり返して地面を掘っています。しばらく進むと今度はアオジが地面を飛び回っています。 (more…)

【開講記】出るか!?レンジャク&オオマシコ!in山中湖


ツアー名:3/5(土) 厳冬の山中湖 オオマシコ・レンジャクに期待

ミコアイサ♂
ミコアイサ♂

中央道から見える富士山には笠雲がかかっています。こりゃ雨が近づいてきているかも? 標高1,000m近い山中湖は晴れて気温も10℃と全然寒くありません。遊覧船の桟橋付近ではカモ類やオオバンなどが餌を探しています。よくみると水中には巨大な鯉たちも。遠くにはカワアイサの群れが浮かんでいます。カワセミがいいタイミングで飛んできましたが完全に逆光でシルエットのみです。続いて、レンジャク率が高いかもしれない山中湖北側へ。 (more…)

【開講記】意外にも超鳥スポット! 浜離宮恩賜庭園


講座名:2/28(日) 東京湾岸の江戸大名庭園 浜離宮庭園

東京タワーを観察?
東京タワーを観察?


今回は徳川将軍家の庭園・浜離宮恩賜庭園です。なんと東京マラソンと同じ日でした。マラソンコースはすぐ近く。既に上空では警察と消防、報道の3機のヘリがホバリング中です。まー、さすがにこれで鳥が警戒することもないでしょう。それよりスコープや三脚なんか持っていると警察に連れて行かれそうです。 (more…)