山人スタッフブログ

添乗報告記●富士山プリンスルートを登ってきました


yamabito_tenjo018_01
プリンスルート 御殿場口6合目~7合目間(標高3000m前後)


7/23-24の一泊二日で、「【風の山人】山岳ガイド木元康晴さん同行・富士山プリンスルート」に行ってきました。 (more…)

山ごはん作りに挑戦!風の登山教室 in 石老山



石老山山頂にて


スカッとした秋晴れがなかなか訪れない今年の秋。貴重な晴れ間に恵まれた先週末「風の登山教室」(実践編)が開講されました。今回は丹沢山地の北端、石老山を舞台に「山ごはん」づくりに挑戦です。 (more…)

高尾山シリーズは最終回!秋からの講座再開を願う観察結果とは!?


この日が見ごろ!ハナネコノメ



平日だというのに高尾駅北口から出発するバスは超満員。そのほとんどが日影沢林道周辺の早春植物観察の方々だったようです。これが週末だったらと思うと恐ろしい。。。期待通り、ハナネコノメはちょうど見ごろを迎えたようです。葯(やく)が真っ赤~小豆色でかわいらしい。 (more…)

高尾の四季を楽しもう 春の芽覚めを待つものたち


今回は数ある高尾山へのルートの中でも比較的マイナーな北側の日影から登り、南側との生態の違いも観察します。昨年秋から齋藤さんの高尾山シリーズが始まり、プライベートも入れると高尾山はここ半年で十数回目です。通ったなー。

週末の高尾駅は京王線と中央線の乗換客などで混雑しています。高尾駅北口からはいろんな登山口へのバスが出ていて、我々も日影へ向かうべくバスに乗り込みます。日影バス停に到着すると、降りるのはやはり我々のみ。ちなみに今回のルート、昔は「郵便みち」と呼ばれていたそうで、参道が整備されるまではこの山道を登って薬王院まで郵便物を届けていたそうです。

郵便みちをゆく
郵便みちをゆく
(more…)

高尾山の夜を感じた 野生動物との出会いとムササビ観察


高尾山のアイドルといえば、「空飛ぶ座布団」ことムササビ!イラストはよく見かけますが、実際に見たことない方も多いのではないでしょうか?今回は笑顔が素敵なネイチャーガイドの齋藤 保次さんによる案内で、高尾山の「なるほど率」を上げていく『高尾の四季を楽しもう~自然感察のすすめ~』講座に同行してきました。ムササビは12月と6月が繁殖期で活発になるので、木が葉を落としたこの時期に観察会を開催するのです。

12月6日(土)、新宿を出た頃は空も快晴で気持ちのいい電車旅でしたが、高尾山口駅に到着したらなんと雪!「まさかの雪かよー」とガックリしながらも、早めに到着したスタッフ3名は駅前の食堂で名物のカツ丼をチャージします。

ケーブルカーで高尾山駅へ
ケーブルカーで高尾山駅へ




(more…)

紅葉の伯耆大山(ほうきだいせん)を歩いてきました!


木々の合間から見えた大山北壁
木々の合間から見えた大山北壁

ガイドの木元康晴さんが同行する登山ツアー「邦岳探訪の旅」シリーズ。木元さんは鳥取に6年間住んでいたことがあり、“もう一つの地元”とも呼べる米子周辺の山々を案内していただきました。11/1から2日間に渡って行われた「南北から歩いて探る伯耆大山の紅葉」ツアーの様子をご報告します。 (more…)

三浦アルプスで「山岳ナビゲーション講習」を行いました


読図講習の様子
読図講習の様子

10/26(日)に、登山ガイドの木元康晴さんに教わる読図講習が行われました。

会場は三浦アルプス。登山道や尾根・沢が入り組んでおり、講習には地形判断が難しすぎるルートだったかなとも感じましたが、ただ地形図を読むだけではなく、仮説アプローチ(①状況の観察・分析 ②仮説の設定 ③仮説の検証 の3つのプロセスを繰り返して、物事の真偽を実証していく方法のこと)による現在地確認や、鉄塔・煙突などのランドマークや植生などを利用したルートファインディングなど、大変ためになるノウハウを伝授していただきました。

以前、木元さん自身がルートを間違えてしまった箇所では、私が先頭を歩き、登山ガイドの威信をかけて?リベンジしようと試みましたが、見事に撃沈! 間違っているのか、情報が古いのか、なんと地形図とは反対方向に登山道の分岐が伸びていたのでした。“地形図を読んだからこその道迷い”というのもあるものなんですね。(言い訳ですが。。)

1日の講習でコンパスや地形図をマスターするのは難しいと思いますので、来季以降も定期的に講習を設定しようと考えています。はじめての方も、今回ご一緒した方も、ぜひ奮ってご参加ください。


(more…)

ネパール支店・ホムも同行した両神山


紅葉の両神山山頂
紅葉の両神山山頂

素晴らしい秋晴れの中、ガイドの木元康晴さんと共に、「10/18(土)両神山 ~最短コースで行く奥秩父信仰の山~」ツアーにアテンドしてきました。

今回はネパールから来日していたトレッキングマネージャーのホムも同行いたしましたが、人々が暮らす集落を繋ぐネパールトレッキングとは違い、自然そのものを楽しむ日本の登山は新鮮に映ったようです。

下りでは、当コースの地権者(木元さん曰く、日本の国立公園の70%が私有地だそうです!)である山中氏にもご同行いただき、豊臣秀吉の時代から金山として栄えた両神山の歴史や信仰、山中氏ご本人が開拓した「白井差コース」の植生などについても興味深いお話を聞かせていただきました。

山頂付近の紅葉も進み、四季のある日本の山の素晴らしさを再確認できたツアーでした。


(more…)

黄葉の甲斐駒ケ岳へ


黄葉の甲斐駒ケ岳
甲斐駒ケ岳 右の小ピークは摩利支天

甲斐駒ケ岳 山頂にて
甲斐駒ケ岳 山頂にて

9/27から28にかけ「風の山人・邦岳探訪の旅」で、甲斐駒ケ岳を登ってきました。同行ガイドは木元康晴さん。突き抜けるような青空、そして鮮やかな黄葉に恵まれた2日間でした。

四季がある日本の山。あらためて「いいなぁっ!!」と思える山行でした。(荻原)
白い岩肌に映えるダケカンバの黄葉、針葉樹の深い緑。その中にナナカマドの紅が散らばって…。秋色に見とれながらの山歩きとなりました。(小塩)

(more…)

“もがみ回廊の魅力”を確かめてきました!


梅雨の晴れ間に恵まれた2日間でした
梅雨の晴れ間に恵まれた2日間でした

最上地域観光協議会の協力により、女性エベレスト初登頂者の田部井淳子さんにもご参加いただいた「~田部井淳子さんと探す~ ブナと巨木のもがみ回廊の魅力」ツアーの様子をご報告します。 (more…)