もり・けん(もり・けん)

ハーモニカ片手に交流と支援

1951年大阪市生まれ。童謡伝道師として作詞、ハーモニカ奏者として日本各地でコンサート活動をし、モンゴルでは国立孤児院で交流と支援を続ける。「地球の仲間」交流ツアーでは、日本の文化を携えて、ネパール、ペルー、ブータン、ミャンマー、アラスカにて実施。童謡伝道マガジン「ふんふん」を主宰。童話作家、詩人、日本音楽著作権協会会員、日本童謡協会会員、梅花女子大学、朝日カルチャーセンター、ヤマハ音楽教室、読売文化センターなどの講師を勤める。04年4月、日本ハーモニカ賞受賞(全日本ハーモニカ連盟、親子での受賞は初)


担当プログラム

講座

国内旅行

海外旅行

【ツアー】砂漠にも訪れます[終了]3/20(木)発
もり・けん同行「地球の仲間」モロッコ・砂漠の民と交流 9日間