2名様から催行毎週出発日本語ガイドが付きます英語ガイドは付きません添乗員は同行しません特別講師は同行しません

乗馬上級者限定! 目指すは「ほしのいえ」

大草原縦走 騎馬トレックキャラバン8日間

  • ウランバートルから西南150kmの位置にある「アルブルド」キャンプがスタート地点
  • 駆け足が前提の上級者向けコースです
  • 大草原でテント泊をしながら移動します
  • 外に寝袋を出して星空を見ながら就寝するのも楽しい
  • 日に日に乗馬の腕が上がってきます
  • 目指すは「ほしのいえ」!
  • 「ほしのいえ」スタッフが待っています!

キャラバンのスタートはウランバートルから140km離れたバヤンウンジュールにある「アルブルドキャンプ」。アルブルドキャンプ場周辺は砂丘、草原、岩山と風景の変化に富んでいます。砂丘の中にあるアルブルドキャンプを出発したら、広大な大地を馬で駆け、天気の良い日には満点の星空に包まれ、テント泊をしながら「ほしのいえ」を目指します。

1日のコース取りは頼もしいスタッフが、天候や馬の状態などを見ながら決めていきます。途中、ゲルを訪問したり、井戸に立ち寄って馬を休ませたり、遊牧民さながらの移動です。

ワイルドなキャラバンの旅を無事に終え「ほしのいえ」に到着すれば、温かいおもてなしにホッと一息。旅を共にしたスタッフとキャラバンの想い出を語らう時間はまた格別です。自然の厳しさなど、モンゴルの持つ懐の奥深さを間近に体験できるのも、キャラバンツアーの醍醐味といえるでしょう。キャラバン中はサポート車も同行します。



乗馬日数:5.5日間 合計乗馬距離:平均約130〜160km 対象:上級者(乗馬の「駆け足」が出来る方限定)




イベント・説明会

関連よみもの

本気の乗馬が楽しめるとびっきりの草原へ
バヤウンジュール 「アルブルドキャンプ」



添乗員報告記●大草原縦走キャラバン8日間


このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1東京・大阪・名古屋
(大阪・名古屋は乗り継ぎ)
ウランバートル
<東京(成田)>
14:40:MIATモンゴル航空にて空路、モンゴルの首都ウランバートルへ。
<大阪(関西)・名古屋(中部)>
午前:中国国際航空にて出発。乗り継いでモンゴルの首都ウランバートルへ。

17:20~20:10:到着後、日本語ガイドとともに車でホテルへ。
  宿泊●ホテル泊 食事● - / 機内 / 夕
2ウランバートル
バヤンウンジュール(乗馬)
朝:車でバヤンウンジュールのアルブルドキャンプへ。(走行=約3時間、約160km)
午後:草原乗馬。日本語スタッフや乗馬スタッフとともに翌日からのキャラバンに備えて足慣らしを行います。
  宿泊●ツーリストキャンプ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
3...5バヤンウンジュール(乗馬)
アルタンボラグ
終日:騎馬トレック
いよいよ「ほしのいえ」をめざして騎馬トレックキャラバンへ出発です。砂丘や草原の丘を越え、時には遊牧民のゲルで休憩をとりながら、大自然の中を馬で駆け抜けます。毎回の食事は同行スタッフが青空キッチンで腕を振るいます。夜は満天の星の下でのテント泊です。
  宿泊●テント泊 食事●朝 / 昼 / 夕
6アルタンボラグ(乗馬)午前:ゴール地点である「ほしのいえ」へ向かって馬を進めます。途中、らくだ岩を通り、遊牧民のゲルで休憩もします。
午後:「ほしのいえ」に到着。スタッフの暖かいもてなしでキャラバンの疲れを癒します。
  宿泊●ほしのいえ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
7アルタンボラグ(乗馬)
ウランバートル
午前:「ほしのいえ」周辺で最後の乗馬を楽しみます。
午後:昼食後、車でウランバートルへ戻ります。帰路、時間があればデパートまたは市場を訪れます。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
8ウランバートル
(大阪・名古屋は乗り継ぎ)
東京・大阪・名古屋
<東京(成田)>
早朝:車で空港へ。
08:55:MIATモンゴル航空にて帰国の途へ。
13:40:東京(成田)到着。
<大阪(関西)・名古屋(中部)>
午前:車で空港へ。中国国際航空にて出発。乗り継いで帰国の途へ。
夜:大阪(関西)・名古屋(中部)到着。
  宿泊●泊 食事●機内 /  - /  - 
出発日・旅行代金(1名様あたり)
東京発
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2017/6/2・6/9の(金)323,000円
2017/6/16~6/30の(金)338,000円
2017/7/1(土)338,000円
2017/7/7~7/15の(金)(土)348,000円
2017/7/21~7/29の(金)(土)363,000円
2017/8/4・8/5の(金)(土)373,000円
2017/8/11~8/19の(金)(土)383,000円
2017/8/25・8/26の(金)(土)373,000円
2017/9/1・9/2の(金)(土)348,000円
2017/9/8~15の(金)(土)338,000円
2017/9/16(土)348,000円
大阪発
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2017/6/2・6/9の(金)
2017/6/16~6/30の(金)
2017/7/1(土)386,000円
2017/7/7~7/15の(金)(土)401,000円
2017/7/21~7/29の(金)(土)401,000円
2017/8/4・8/5の(金)(土)416,000円
2017/8/11~8/19の(金)(土)416,000円
2017/8/25・8/26の(金)(土)401,000円
2017/9/1・9/2の(金)(土)386,000円
2017/9/8~15の(金)(土)386,000円
2017/9/16(土)401,000円
名古屋発
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2017/6/2・6/9の(金)
2017/6/16~6/30の(金)
2017/7/1(土)382,000円
2017/7/7~7/15の(金)(土)403,000円
2017/7/21~7/29の(金)(土)403,000円
2017/8/4・8/5の(金)(土)410,000円
2017/8/11~8/19の(金)(土)410,000円
2017/8/25・8/26の(金)(土)403,000円
2017/9/1・9/2の(金)(土)382,000円
2017/9/8~15の(金)(土)382,000円
2017/9/16(土)410,000円
ご旅行条件・他
最少催行人員●2名<各出発地ごとに2名>(定員16名)
添乗員●同行なし。現地係員がご案内。(但し10名以上の場合は同行)
利用予定航空会社●<東京>MIATモンゴル航空 <大阪・名古屋>中国国際航空
利用予定ホテル●<ウランバートル> フラワー、バヤンゴル、モンゴリカ、アルファ、ロイヤルマウンテン、フブスグルレイクホテル、ウランバートル、ホワイトハウス <バヤンウンジュール> ツーリストキャンプ(ゲル)泊 <アルタンボラグ> ほしのいえ〈ゲル泊〉 ※ほしのいえ・ツーリストキャンプはいずれも原則として男女別3〜4人1室の相部屋になります。 <騎馬トレック中> キャンプ(テント)泊。 ※テント泊はいずれも2名様1張りになります。1人テント希望設定はありません。 ※2名占有または家族ゲルご希望の方はお問い合わせください。
お一人部屋追加代金●16,000円
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●東京発0円(MIATモンゴル航空利用時)
大阪・名古屋発7,000円(中国国際航空利用時)
(基準日2016年5月2日)
●旅行代金に含まれないもの
【事前徴収】
<共通>
・成田空港諸税2,610円
・関西空港諸税3,040円
・中部空港諸税2,570円
・モンゴル出国税22,000トゥグリグ(2016年3月現在1,230円)

<中国国際航空利用時>
中国出国税3,280円

●旅券(パスポート)の残存期間
モンゴル入国時に6ヶ月以上の旅券(パスポート)が必要です。

●査証(ビザ)
不要
※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。

いってきました! お客様の声

  • 2016-08-13発/総合評価

気心の知れたメンバーとたっぷり楽しめました。アルブルドには、馬が良く調教されているし、乗馬スタッフもお客を楽しませようと頑張ってくれるので、本当にうれしいです。
今回もアルブルドのコックさんの作ってくれる食事、とても美味しかったです。
それに比べると、ほしのいえの食事はもうひと頑張りあると嬉しいです。
5日目、6日目、7日目の夕飯、偶然にもボーズが連続してしまったのには、ちょっと閉口しました。ウランバートルのレストランでのメニューは決まっていると思うので、せめて前日の、ほしのいえでの食事は別メニューにしてもらえると、嬉しかったです、
が、全体的には今年も大満足、すっかりリフレッシュでき楽しかったです!!ありがとうございました。

おかえりなさい
食事の件、確かにご指摘の通りです。改善を図ります。      

  • 2016-08-13発/総合評価★★★★★

2002:5日間乗馬学校、2005:「ほしのいえ」8日間キャラバンにさんかして、11年ぶりのツアー参加でした。

・ガイド(現地)のAさん、馬方さんが大変責任感が強い。
・アルブルドからのコックさんの料理が大変美味しかった。

まず以上2点が11年前と比較して、ランクが上がったなと感じた点です。(「ほしのいえ」の食事も美味しくなっていましたが、いただいた食数が少なかったので・・・。)

とくにかくにも旅慣れ、乗馬慣れした方との旅でしたので、気兼ねなく楽しめました。ウランバートルの発展には驚きましたが、草原を馬で走る快感は変わりなく、また行きたいと思っております。

おかえりなさい
モンゴルは、この10年で随分変わりました。来年からは空港も新しくなる予定です      

  • 2016-08-13発/総合評価★★★★★

今回は馬が良かったので、楽しい旅になりました。馬ガイドも一番信頼している人なので安心して乗馬が出来て嬉しい。モンゴルエアは不手際が毎回なるので、ANA、JALで行きたい。モンゴルエアのビジネスのっても、荷物が5回中1回しかまともに出てこない。帰国便。

おかえりなさい
残念ながら、まだ、ANA、JALは直行便が飛んでいません。他には、大韓航空や中国民航がいずれも乗り換えを伴いますが飛んでいます。だた、時間がかなり余計にかかります。どうぞ、ご理解ください。      

すべての「いってきました」を表示
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求