3名様から催行出発日限定添乗員は同行しません特別講師が同行します

NPOしゃがぁ理事長西村氏同行!

[終了] 8/15(金)発 モンゴル 伝統楽器・馬頭琴を届けに行く旅8日間


このツアーの募集は終了しました。 現在募集中のツアーは「学生スタディツアー」ツアー一覧をご覧ください。
●社会人の方もお問い合わせください
モンゴルの伝統楽器「馬頭琴」。我々日本人も、小学校の国語で授業で習った「スーホの白い馬」という物語を通して記憶にある方も多いことでしょう。かつて、モンゴルの草原に住む遊牧民の家庭では年長者が弾く馬頭琴を見よう見まねで覚えるスタイルで、親から子へ旋律が自然に伝承されました。しかし、モンゴルの代名詞ともいうべきこの伝統も、馬頭琴を所有する家庭の減少や馬頭琴の高額化により、薄れつつあるのが現状です。
このツアーでは、「馬頭琴を学びたい、弾きたい」のに楽器が身近にない、ゴビ砂漠の村の高名な演奏家や子どもたちに馬頭琴を届けに行くNPOの活動に参加し、貢献します。移動はモンゴルの大地を肌で感じて頂けるようワイルドに陸路で行きます。

【パンフレットを見る】


イベント・説明会

こんなツアーもあります!

関連よみもの


このツアーを仮予約する お問い合わせフォーム

講師

西村 幹也(にしむら みきや)

厳寒のタイガから灼熱のゴビまでモンゴルなら俺にまかせろ

NPO法人北方アジア文化交流センターしゃがぁ理事長。
文化人類学や宗教人類学を専門とし、モンゴル地域のフィールドワークを長年行い、シャーマニズムやツァータンの生活の研究を中心に、カザフの文化研究やタヒ管理センター支援、ゴビ地域へ馬頭琴を届ける活動などを行っている。近年、活動の範囲は音楽や芸術、写真などにも及び、日本国内でコンサートや写真展なども精力的に開催。『もっと知りたい国モンゴル』(心交社 2009)の他、共著多数。


スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1東京・大阪
ウランバートル
13:00~14:40:東京(成田)・大阪(関西)発。MIATモンゴル航空にて空路、モンゴルの首都ウランバートルへ。
16:40~18:50:到着後、同行講師西村さんとともに専用車でホテルへ。
夜:自己紹介をしながらの夕食。その後、西村さんによる事前レクチャー。
  宿泊●ホテル泊 食事● - / 機内 / 夕
2ウランバートル
イフガザリーンチョロー
午前:ゴビで渡す馬頭琴を購入します。※ウランバートル市内の工房、又は草原で馬頭琴制作を行っている制作者から購入します。購入費用はツアー参加費に含まれています。
午後:専用車で一路ドンドゴビ県にあるイフガザリンチョローへ(走行=約250km、約5時間)。到着後、周辺を散策します。

※宿泊はテント内の寝袋です。
  宿泊●テント泊 食事●朝 / 昼 / 夕
3イフガザリーンチョロー
ウルジート
午前:専用車でウルジートへ(走行=約150km、約6時間)。
午後:到着後、高名な在野の演奏家のお宅にホームステイ。
夜:馬頭琴コンサート。

※宿泊は遊牧民のお宅にホームステイ。
  宿泊●ホームステイ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4ウルジート郡午前:ホームステイ先又は公共施設にて、馬頭琴を手渡す式典を開催。在野の演奏家やこれから演奏家になりたい金の卵の子どもたちや村の学校関係者などに持ってきた馬頭琴を渡します。
午後:ゴビの大地へ出発。地熱で民間療法が行われているウーシマンハン砂丘、清朝時代の遺跡がある「フトゥル」など周辺を専用車で巡ります。

※宿泊はテント内の寝袋です。
  宿泊●テント泊 食事●朝 / 昼 / 夕
5ウルジート郡
ウランバートル近郊(南方約70km周辺草原)
終日:引き続き、ゴビ周辺トリップ。見事な砂岩地形が広がるモリントルゴイト、エージハド(お母さん岩)などを見学に行きます。

※宿泊はテント内の寝袋です。
  宿泊●テント泊 食事●朝 / 昼 / 夕
6ウランバートル近郊(南方約70km周辺草原)
ブール
午前:少し早起きをして、専用車でウランバートル郊外のブールで暮らす遊牧民のお宅へ(走行=約150km、約6時間)。
午後:乗馬体験。まずはガイドや乗馬スタッフについてじっくりと馬の扱い方や乗り方を教わりながら周辺で乗馬練習を行います。慣れてきたら馬で周辺を散策してみましょう。

※宿泊は遊牧民のお宅にホームステイ。
  宿泊●ホームステイ泊 食事●昼 / 昼 / 夕
7ブール
ウランバートル
午前:専用車で一路ウランバートルへ戻ります(走行=約60km、約2時間)。
午後:到着後、民族歴史博物館へ。展示物を見ながらモンゴルの伝統文化や歴史を学びます。
夜:滞在最後の夕食では、1人1人感想を。お1人ずつに「感謝状(又は参加証明書)」をお渡しします。終了後、ホテルへ。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
8ウランバートル
東京・大阪
午前:空路、帰国の途へ。
午後:東京(成田)・大阪(関西)着。
  宿泊●泊 食事●機内 /  - /  - 
出発日・旅行代金(1名様あたり)
東京発
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2014年8月15日(金)299,000円
大阪発
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2014年8月15日(金)289,000円
名古屋発
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2014年8月15日(金)
ご旅行条件・他
最少催行人員●3名(定員9名)
添乗員●同行なし。(但しウランバートル到着時からNPOしゃがぁ理事長西村氏が同行します)
利用予定航空会社●MIATモンゴル航空、フンヌエアー
利用予定ホテル●<ウランバートル> バヤンゴル、パレス、フラワー、ナラントール、コンチネンタル、エーデルワイス、ホワイトハウス、ウランバートル、ミカ、コーポレート、HT、ザローチョード、ガンザム、モンゴリカ、シティ <ウルジート> ホームステイ〈ゲル泊〉 ※ホームステイはいずれも原則として男女別1〜4人で一軒にステイします。 <その他の都市> キャンプ(テント泊) ※テント泊はいずれも2名様1張りになります。1人テント希望設定はありません。テント・寝袋などの寝具は現地でご用意いたします。
お一人部屋追加代金●14,000円
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●(基準日2014年3月1日)
国際線9,800円
●旅行代金に含まれないもの
【事前徴収】
・成田空港諸税2,610円
・関西空港諸税3,040円
・モンゴル出国税1,270円(2014年3月1日現在)
・燃油特別付加運賃9,800円(2014年3月1日現在)

●その他
個人的な出費、クリーニング代など

●旅券(パスポート)
入国時に有効期間が6ヶ月以上、未使用査証欄が2ページ以上残っている旅券(パスポート)が必要です。

●査証(ビザ)
このご旅行では不要です。
日本国籍の方のモンゴル30日以内の滞在の場合は不要。
※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

・テント、寝袋を現地で無料レンタルします。
 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。

いってきました! お客様の声

  • 2012-08-04発/総合評価★★★★

正直、申し込みを済ませてから「ほったらかし。」と言う印象。このツアー、それほど人が集まるツアーとは思えなかった事もあり、はたして催行されるのか・・・・ずっと不安に思ってました。人気のあるツアーであるかなしかに関係なく、催行人数に達した時点でメール一本くらいもらいたかった。
おかえりなさい
担当者は、何度か、留守電にご連絡をしたと言っていますが、留守電は、一方的な連絡になりますので、メール等でご返事を頂くような相互コミュニケーションでないと伝わっているかどうか分からないので意味がありません。そのことを、注意いたしました。大変申しわけありませんでした。      

  • 2012-08-04発/総合評価★★★★★

今回の旅行も、メンバー・ガイド・ドライバーに恵まれ、とても楽しい旅行となった。また、観光するだけの旅行ではなく、子供達に馬頭琴を届けるとちうNPOの活動に参加できたことも、今までにない経験で、とても充実した旅行となった。「学生スタディーツアー」となっていたが、社会人の私でも気兼ねなく参加できた。馬頭琴の演奏を聞き、乗馬し、遊牧民のゲルに泊まったり、星空を見ながら寝袋で寝たり・・・モンゴルの生活を楽しむことができた。ありがとうございました。      

すべての「いってきました」を表示

このツアーを仮予約する お問い合わせフォーム