ツアー関連情報

旅のヒント●おいしいモンゴル

 

文●稲元あかね(東京本社)

モンゴル料理ってどんな料理?

多くの方がイメージされるのは、羊肉に骨ごとかぶりつくモンゴル人ではないでしょうか。もちろん、そのような豪快な伝統料理もあります。そして、またコレが旨い!!しかし、食堂や家庭では「え!?これもモンゴル料理なの?」というような料理が普通に登場し、モンゴル人の口に気軽に運ばれていきます。草原にでれば、盛り付けこそワイルドですが、大きなお鍋1つでお茶やスープはもちろん、小麦粉料理にお米料理と実に手際よく作られています。遊牧民のお母さんは草原の腕利きコックでなければ、モンゴルの豊かな恵みを活かし、厳しい季節をのりこえる事ができないのです。
ここで、一般的なモンゴルのお料理を紹介させていただきます。見ていてお腹がすいてきたら、いざ!モンゴルへ!!

草原の伝統料理

まずは、草原の伝統料理。草原にいったら、1度は口にしてみたい料理です。

ホルホグ

大きな牛乳缶やお鍋に解体した羊や山羊の肉とジャガイモや人参、そして焼けた石を入れて密閉し、長時間かけて蒸し焼きにします。いかにもモンゴルらしい料理!時間はかかりますが、できあがった肉の柔らかいこと!!豪快に手づかみでかぶりつけば、口いっぱいにモンゴルの旨さが広がります。

内臓

見たままです。家畜を解体した時に作ります。シンプルな塩茹でですが、新鮮だから思ったほど臭わず慣れれば病み付きに。食べながら理科の勉強もできます。モンゴル人の大好物。

アーロール(左)、アイラグ(馬乳酒・右)

代表的な乳製品です。モンゴルには何十種類もの乳製品があります。乳製品は「白い食べ物」と呼ばれ夏に多く作られます。アーロールは硬いチーズといったところでしょうか。いろいろな家畜の乳からつくられ味や形はさまざま。アイラグ(馬乳酒)は馬の乳を何千回と攪拌して作られます。お酒といってもアルコール度数は低く、赤ちゃんの時から飲んでいます。夏だけに作られますが、大切に保管して旧正月などのお祝いの席に出されたりもします。

ボールツォグ(奥)、ウルム(前)

ボールツォグは揚げ菓子のような家庭料理。お茶請けに、軽食にとドコの家庭でも出てきます。硬くなっていたらお茶に浸して召し上がれ。ウルムは牛乳の脂肪分をすくった濃厚なクリーム。パンやボールツォグにつけて食べれば、草原の恵みに感謝せずにはいられません。

一般家庭やゴアンズのモンゴル料理

こちらは遊牧民や町の一般家庭で作られたり、「ゴアンズ」といわれる食堂(左写真)でよくあるモンゴル料理です。ウランバートルではここ数年でレストランが激増し、韓国・中国レストランを中心として日本食からフランス料理まで何でも食べらるようになりました。しかし、これらのレストランはまだまだ高価で、日本とさほど変わらない料金設定のところもあります。それにひきかえ、モンゴル家庭料理が食べられる「ゴアンズ」は、子供からお年寄りまで、いろんな人々が気軽に入り、サッと注文してパッと食べて、サッサと出て行く庶民の食堂なのです。

ボーズ

モンゴルの代表料理。蒸し餃子といったところでしょうか。中には刻んだ肉が入っています。一口かぶりつくと、中から肉汁がドドーっと溢れます。これをこぼさないように、一気に吸い込むのがモンゴル流。草原でも家庭でも、実によくたべられます。また、ツァガンサル(旧正月)などのお祝い事の席には欠かせません。食堂でも1個150トゥグリグ(約15円)前後で食べられます。

ホーショール

こちらも、モンゴルの代表選手。揚げ餃子と表現されることが多いです。中はやっぱりお肉。草原や家庭でも作られますが、だいたいどこの食堂でも売っていて、老若男女がかぶりつく姿がよく見られます。さめても食べやすいのでお弁当代わりに持っていくこともあります。

ツォイワン

いわゆる焼きうどん。これも代表家庭料理のひとつ。通常は麺からつくりますが、町のスーパーでは冷蔵麺も売っていて気軽につくることもできます。ツォイワンのおいしい食堂は大人気!人で溢れている食堂を見かけたら是非、ツォイワンにトライしてください。

ゴリルタイシュル

こちらは肉と野菜が入った汁うどん。塩味でわりとさっぱりしているので、油と肉の多いモンゴル料理に疲れてきても食べられます。草原では小さなお茶碗にすりきり一杯もられてきたりしますので、できたては火傷に注意です。

ノゴートイシュル

ノゴートイシュル、直訳したら「野菜スープ」。でも、肉も入っています。こちらも、草原からゴアンズとどこでもお目にかかれる料理。一般的にジャガイモ、人参、キャベツ、たまねぎ、肉、脂身が入っています。さっぱり塩味ですが野菜の甘みもでて、日本人の口にもよくあいます。

ボタータイホーラガ

チャーハンのようなお米料理です。炒めて味付けした具を最後に炊いたお米に混ぜるのが一般的です。小麦粉料理が多いモンゴルで、お米に出会うとうれしくなっちゃいます。

スーテイボダー

こちらは家庭料理です。早い話がミルク粥なんですが・・・・砂糖がはいってます。モンゴル人にはあたりまえのようですが、ちょっと覚悟が必要な一品です。

アズ(左)、ニースレルサラダ(右)、スーテイツァイ(奥)

アズは肉と野菜の炒め物。ゴアンズや庶民派レストランでよくみかけます。ニースレルサラダは直訳すると「都会サラダ」。中身はいわゆるポテトサラダです。きっと、昔は野菜をマヨネーズで和えているサラダなんて、とっても都会的だったんでしょうね。今では草原でも食べられます。スーテイツァイはどの家庭でも飲まれているミルクティー。地方や家によって味はそれぞれですが、一般的に塩が入っています。初めは驚くかもしれませんが、スーテイツァイはモンゴルの基本です。

シャルスンザイダス

シャルスンは「焼いた」の意、ザイダスは「ソーセージ」のことです。つまり焼いたソーセージ。味もそれです。こちらはゴアンズや庶民派レストランでよく見られます。付け合せのマッシュポテトも美味!

ゴリヤシ

こちらもゴアンズ、庶民派レストランの定番メニュー。肉の煮込み料理です。元々はハンガリー料理だそうです。シチューのようで肉が柔らかく、味付けも気が利いているので、食がすすみます。

シュネッツェリ

庶民派レストランからちょっとおしゃれなレストランでも食べられる料理です。メンチカツというか、ピカタというか・・・料理より目がいってしまうのは、奥のこんもりご飯にケチャップではないでしょうか。ゴアンズやレストランでは付け合せによくご飯がありますが、ほとんどの場合、このスタイルです。

ピロシキ(左) ボルシチ(右)

え!ロシア料理?その通りロシア料理の代表です。 1990年代初めまでロシアのもとで社会主義国だったモンゴルでは衣食住すべてにロシア文化が残っています。ゴアンズでもこのようなロシア料理があるところがたくさんあります。

ハルシュル

直訳すれば「黒いスープ」。肉だらけスープです。肉食のモンゴル人にはたまらない定番メニューですね。でも、最近の若い女の子は体系を気にして肉の脂身をさけたり、肉料理自体を食べない子も・・・

番外編

顔つきも文化も違うカザフ族の食卓

定番とは言えませんが、是非ご紹介したしたいものをいくつか集めてみました。

カズ

モンゴル最西部、バヤンウルギー県に多く住むカザフ族の民族料理です。カザフ族はじつによく馬肉を食べます。こちらの料理も馬肉のチャーシューのようで美味。肉よりも目立っている白いものは小麦粉を練って薄く延ばして、くるくるまいたもの。油の多いカザフ料理によく合います。

ケーキ?

食べ物です。ウランバートルから田舎に行く時、お土産にできるようにどんなガタガタ道を走っていってもお花は壊れません。石より硬いケーキと言われることもありますが、食べられます(硬くはないですよ)!色彩も豊かで、ブルーにピンク、紫、黄色等など色々あります・・・誕生日などのお祝いの席にも登場し、あくまで優しさでわざわざ大きなお花を取り分けてくれるので注意しましょう。

調味料各種

どれもロシアからきていて、全てロシア語で書かれています。もちろん使い方もロシア語なので、パッケージをみて想像力が勝負です。

肉の缶詰

さすが、羊肉大国!といえる一品です。右下は牛肉ですが、他の2つは「羊の茹で肉」と書いて主張しています。可愛らしい羊の絵も食欲をそそりますね・・・・