ツアー関連情報

騎馬民族の末裔カザフ民族の伝統を学ぶ・知る

 

鷹匠の家にホームステイ

ウルギーのカザフ族
ウルギーはアルタイ山脈やロシア国境も近い

ウランバートルの西方約1,300km、時差(1時間)があるほど離れているモンゴル最西端の県バヤンウルギー。ここには、騎馬民族の末裔・カザフ族が伝統を守りながら暮らしています。両翼を広げると2mもあるイヌワシを使った狩り(鷹狩り)も、そのひとつです。ツアーでは遊牧と鷹狩りを生業とするカザフ族の一家にホームステイいたします。(実際の鷹狩りの季節は冬なのでホームステイ中はその練習風景を見せることはできません)

カザフ族の鷹匠
鷹狩りというが、
主にイヌワシが使われている

鷹狩りとは

鷹狩りのシーズンは10月〜4月ごろです。極限の空腹状態に追い込んだ10kg近いイヌワシを腕に担ぎ、馬で山を目指します。山の稜線から放たれたイヌワシはウサギ、狐、マーモットなどを見つけると急降下、その鋭い爪で獲物を捕らえます。草原や耕作地の少ない山岳地帯で厳しい自然条件が編み出した芸術的な狩猟方法です。
人類が鷹を使って獲物を取ることを始めたのは紀元前3,4世紀頃のこと、中央アジアの遊牧民だと言われています。カザフ族は、その伝統を継承し続けている数少ない末裔なのです。

カザフ族について

ウルギー県の9割を占めるチュルク系遊牧民族。独自の言語を持ち、イスラム教を信じています。カザフ族のゲルは赤や緑を多用した色鮮やかな刺繍が特徴。伝統料理「ベシュパルマック」は、5本の指という意味で素手で食べるのが流儀。そのほか、馬肉ソーセージ「カズ」や柔らかくて美味しい乾燥チーズ(アーロール)、ヤクの乳から作るお酒「イルキット」もカザフ名物です。

家族集合
カザフの語源は「冒険者」だそうだ
カザフ族のゲル
カザフ族は美しい刺繍が有名