本気の乗馬が楽しめるとびっきりの草原へ
バヤウンジュール 「アルブルドキャンプ」

 
mongol_kiji056


ウランバートルから西南へ150km 広大な大草原を走り抜けたその先に突然、砂丘が広がる。緑の草原と砂丘が隣接し、いくつもの小さな湖や野生動物のいる岩山もある。この奇跡のような場所に唯一あるキャンプが「アルブルドキャンプ」 調教師家族が経営し、ナーダム馬を何頭も輩出したその業で 乗馬好きの心を魅了し続けています。

mongol_kiji055_header
■ 備品 洗面器、水差し、サンダル、石鹸、ハンガー、紅茶セットは食堂ゲルに。
いつでも利用可能
■ 電力 電気は食堂ゲルBARゲルのみ。主に風力と太陽の光で発電しています。
ゲルには電源がありますが、非常に不安定です
■ トイレ 洋式の落下式トイレ。トイレットペーパーの備え付けあり。
使用済みの紙は備え付けのBOXへ。
■ 風呂 シャワーゲルが2棟あり。男女各2~3人利用可能。タオル、シャンプーあり


アルブルドキャンプ
アルブルドキャンプ
トイレとゲルの一例
トイレとゲルの一例


砂遊びも楽しめる!
砂遊びも楽しめる!
ラクダで砂丘をお散歩
ラクダで砂丘をお散歩




mongol_kiji055_header バヤウンジュールという場所

しっかり調教された馬だから安心
しっかり調教された馬だから安心。とびっきりの草原です!

モンゴルではまばらな短い草が生えた半砂漠地帯をゴビといいます。バヤウンジュールは大草原を走りぬけた先にある、ウランバートルから最も近い場所にあるゴビ地帯。草原と砂丘が隣接しているという、我々にとっては不思議な場所にツーリストキャンプがあります。この周辺は多くのナーダム調教師がいる地域として有名で、中でもアルブルドキャンプは調教師家族が経営していることから、他のキャンプとは一線を画した多くの良馬を手配できることで知られています。

mongol_kiji055_header 様々な地形が織り成す美しい場所

ウランバートルから150kmちかく離れるため、豊かな草に覆われた大草原があることはもちろん、南に砂丘が広がり、西にはいくつもの小さな湖が点在し、岩絵のかかれた奇岩や奇石に野生動物のいる岩山と様々な地形が目を飽きさせません。

草原での乗馬
草原での乗馬
砂丘での乗馬
砂丘での乗馬


信仰の対象となっているゾルゴルハイルハン
信仰の対象となっているゾルゴルハイルハン
4000年近く前に描かれたといわれる岩絵
4000年近く前に描かれたといわれる岩絵




mongol_kiji055_header 野生動物に出会えるかも?

ハゲワシの雛ハゲワシの雛

野生動物にあうのは運も必要ですが、じつはコツもあります。車などで近づくとさっと姿を隠してしまう野生動物も馬で近づくと警戒心が薄れるといいます。馬に跨りながら動物に出会えるチャンスを待つもの楽しいものです。

● ハゲワシ キャンプ周辺の砂丘では5月から8月半ばにかけて、猛禽類の仲間、ハゲワシ(タス)の雛がおぼつかない姿で親鳥に寄り添う姿を見ることができます。
● 野生の羊 キャラバンで向かう岩山には野生の羊が生息しています。臆病で警戒心も強いため近づいてみることは出来ませんが、遠くから双眼鏡などで、そそり立つ岩壁を飛び跳ねる姿を目にすることが出来ます。



mongol_kiji056