ツアー関連情報

【未経験者歓迎!】モリンスクールからモンゴル乗馬をはじめよう

 
mongol_kiji060


「ほしのいえ・モリンスクール」とは…。

「ほしのいえ草原乗馬学校」に参加されたお客様に必ず参加していただく、初心者用(未経験者用)乗馬プログラムです。(ちなみに、モリンとはモンゴル語で「馬」の意味です)日本の乗馬クラブで行われている初心者用のレッスン(★1)を参考に、モンゴルの馬に乗ることを想定して考案した風の旅行社オリジナルのプログラムです。5日間のツアーでは乗馬3日目に常歩~速歩まで(人によっては駈歩まで)、6・8日間のツアーでは乗馬4日目以降に駈歩ができる事を目標にしています。(★常歩・速歩・駆歩について



「一般的な乗馬ツアー」との違いはココ!

風の旅行社では、モンゴルで安全に乗馬をする事に真剣に取り組んでいます。現地モンゴル支店やスタッフたちと、これまで10 年以上の長い年月をかけて培ってきた経験と自信があります。モンゴルでの乗馬は風の旅行社にお任せください!


モリンスクール 一般的な乗馬ツアー
対象 未経験者〜初心者 未経験者〜上級者
参加人数 6名限定 2名~16名
座学 あり なし
実技指導 専属スタッフが丁寧に教えます プログラムといったものは特に無し
草原での宿泊 ほしのいえ(風のお客様専用) ツーリストキャンプ(世界各国の観光客が利用)
オリジナル修了証 あり なし
乗馬スタッフ 2名に1人 2~5名に1人



こだわり① 対象レベルを初心者に限定

一般的な乗馬ツアーはツアーのお申し込みの段階から未経験者と経験者をわけた募集の仕方をすることはほとんどありません。仮にそうした募集の仕方をしたとしても、受け入れ先のツーリストキャンプや乗馬スタッフの数の関係で結局は一緒になってしまう、ということが殆どで、初めての方も経験者のペースに巻き込まれてお尻や腰を痛めるケースも少なくありません。



こだわり② 快適な滞在をサポート

モリンスクールは風の旅行社直営キャンプ「ほしのいえ」というしっかりした環境と、専門の乗馬スタッフがついてオリジナルプログラムをお教えできるという、2つの条件が重なってようやく出来た乗馬学校です。しかも人数を1組6名に限定している、他にはマネができない内容です。

毎年、日本で研修を行って日本語がめきめき上達中のキャンプ長ムンフツェツェグ(愛称:モチコ)と、同じく日本の乗馬クラブで研修経験のある乗馬リーダーのザヤー、「ほしのいえ」のベテランコックデギー(写真中央の青いデール)をはじめとするベテランスタッフがきめ細やかな対応をしています。



エアジャケットで安心で楽しい乗馬を

モリンスクールでは、衝撃を緩和するための「エアジャケット」を参加者の皆様に必ず着用していただきます。

落馬の際のクッション性も高く、エアガス式タイプのジャケットのように大きな音がしないので馬が驚くことがない、現地乗馬スタッフも納得のジャケットです。安心で楽しい乗馬をお楽しみください!



◆ ステップ1

mongol_kiji062


乗馬が始まる前に「エアジャケット」やすね当て(チャップス)などをしっかり身につけているか、乗馬中に取れてしまうようなアクセサリーなどはないかなどをチェックします。モンゴルの乗馬はちょっとした事が落馬につながるのでとても大事なポイントなのです。


mongol_kiji062
mongol_kiji062

普段、馬と触れ合うことのない私たちですから、まずは近づき方や乗り降りの練習から! ご覧の通り背の低い馬ですので高さに慣れるのも早いです。


◆ ステップ2

mongol_kiji062


乗馬をしたことのない方はとにかく馬に跨ると緊張で体が硬くなります。馬の背に揺られることに慣れるためにはとにかく常歩をしっかりやること。スタッフが引き馬をしながら時間をかけます。常歩が全ての基本です。



◆ ステップ3

mongol_kiji062


緊張をほぐすために馬上でかるい体操などを行って、リラックスしてきたら、スタッフの引き馬で草原に出てみましょう。馬をコントロールするというより、馬とリズムを合わせてバランスを取ることが意識できるようになるまで、ゆっくり進みます。



◆ ステップ4

mongol_kiji062


平地だけでなく、丘を登ったり降りたり…。様々な地形にも慣れてきたら、徐々にスピードや距離を伸ばします。周りの景色が楽しめるようになる頃にはきっと、草原を気持ちよく駈けているはず!




用語集・補足のご案内

★1 日本の乗馬クラブで行われている初心者用のレッスンを参考に・・・当然ながらモンゴルの馬と日本の馬(サラブレッド)は違います。ですから、モンゴルで乗馬ツアーを行っている、モンゴル乗馬をよく知るクラブで研修を行ってきました。モリンスクールプログラムは風の旅行社オリジナルのカリキュラムです。

★2 常歩(なみあし)・・・スピードが一番おそい歩ませ方です。上下の揺れは軽く、まずはこの乗り方に慣れる事からモンゴル乗馬は始まります。

★3 速歩(はやあし)・・・馬の揺れがもっとも大きく「テッテッテッテ」と進んでいる状態。モンゴル乗馬の場合は腰を浮かせて鞍にお尻を打ち付けないように立ち乗りで乗るのがコツです。これが出来れば乗馬がぐっと楽しくなります。がんばって習得してみてください。

★4 駆歩(かけあし)・・・「パカラッパカラッ」とスピードが出ている状態です。この状態になると速歩時の上下の細く激しい揺れから、おおきくゆったりした揺れにかわります。これが楽しんでできるようになれば乗馬学校は卒業。大草原を駆けることこそ、モンゴル乗馬の醍醐味といってもよいでしょう。