ツアー関連情報

底抜けに明るい日本語ガイドがご案内 風の旅行社モロッコ支店

 

モロッコは欧米人を中心に年間数百万人が訪れる観光立国。『アラビアのロレンス』『カサブランカ』『グッバイモロッコ』をはじめ、数々の映画の舞台にも登場するのは、欧米から見たらエスニックな雰囲気を味わえる一番身近な国、だからでしょう。現地と一緒に作るから、あなたの想いもそのままモロッコまで伝えます。

風の旅行社マラケシュ支店 KAZE VOYAGE MOROCCO

KVMのスタッフたち モロッコでお待ちしています
KVMのスタッフたち
モロッコでお待ちしています

風の旅行社マラケシュ支店は、モロッコの観光拠点マラケシュの新市街に事務所を構え、日本の事務所と繋がってモロッコの最新情報を発信しています。モロッコ全土でもわずか十数人しか持っていない日本語ガイドライセンスを全員が持っています。他の旅行会社では大人数の時にしか付けられない日本語ガイドですが、風の旅行社ではいつでも2名様からご案内できます。今後はさらに連絡を密にし、オリジナルなコース・サービスの提供や、日本語レベルや質の向上を目指していきます。


マラケシュ支店の主なガイドたち

各ガイドの紹介は【こちら】

ラシッド

トゥフィク

アットマン

ハリッド

ムハンマド

ファティマ

ラシッドによるモロッコ生活
マラケシュで生まれ育ったガイドたちはとても仲がよく、いつも一緒。ラシッドに彼らの日常を紹介してもらいました。

Q:マラケシュで生まれ育ったガイドたちはとても仲がよく、いつも一緒だそうですね。マラケシュと言えばフナ広場の屋台が有名ですが、お気に入りの屋台はありますか。

A:普段、フナ広場でご飯を食べるときは魚のフライの屋台に行くことが多いです。とってもおいしいです。ご飯を食べた後は、喫茶店でお茶をのんでいます。あと、友達の家やオフィスでご飯を作って食べることもあります。モロッコ人は料理が上手な人が多いです。いいなあモロッコ!食後にはミントティを飲みます。 普通のミントティも飲みますが、リラックスしたいときには、ジャスミンの花を入れたり、みかんの花を入れたりといろいろアレンジします。

Q:休みの日は何をしていますか。

A:休みの日はみんなで集まることが多いです。モロッコ人はおしゃべり大好き。毎日集まって話をしています。サッカーもします。サッカーは田舎でします。いい運動。
あと、長い休みの時には海の街のエッサウィラやアガディールに行きます。とってもいいところ。

Q:モロッコで一番お勧めの場所を教えてください。

A:もちろんマラケシュです。とっても楽しい町です。モロッコに来るなら、ぜひ私たちが生まれ育ったマラケシュに来てください。マラケシュは元気になる町!マラケシュで元気になりましょう!