ツアー関連情報

サハラ砂漠の過ごし方  ~メルズーガ~

 

「サハラ砂漠」。この響きに旅の浪漫を感じずにはいられない人も多いでしょう。どこまでもサラサラの砂山が続いている・・・。そんなイメージを持つ人も多いはず。実はサハラ砂漠の多くは土漠、礫漠なのです。でも、メルズーガはまさにイメージ通りの砂丘が広がっています。

 
サハラ砂漠(メルズーガ)イメージ図

サハラ砂漠(メルズーガ)イメージ図

※配置は異なる場合があります。



「風のモロッコ」ツアーでは、メルズーガのロッジやテントに宿泊し、目の前に広がるジェビ砂丘にラクダに乗ってアプローチするコースがいくつかあります。砂漠で1泊、ゆっくり2泊ご希望にあわせてお選びいただけます。

※現地事情により2015年8月以降、上記のベルベルテントで宿泊のプランは、ラクダで約45分もしくは2時間移動したところのテントを使用しています。詳しくはお問合せ下さい。


砂漠 Q&A

Q1.持っていくと便利なものは?
A1.小さな懐中電灯(特にテント泊)、ウェットティシュ(水道がありません)、トイレットペーパー(青空トイレ用)、風と砂の入りにくい服装(特に夜)、サングラス、お肌対策グッズ、マスク、星座早見盤など。

Q2.サハラで気をつけることは?
A2.乾燥した大地からは、砂を含む風がよく吹きます。コンタクトレンズよりは眼鏡を利用し、カメラなどの精密機械には砂塵が入らないように気をつけて下さい。

※砂漠での写真撮影

砂漠で写真を撮る時、気をつけたいのが砂塵対策。シャワーキャップや布を被せたり、カメラ用の防水ケースに入れたりして、万全な対策で望みましょう。充分な充電と予備のメモリーカードも忘れずに。心配な方は、砂漠用に使い捨てカメラをお持ちになるといいでしょう。


Q3.どんな服装が良いですか?
A3.太陽光線がとても強く、ひどく乾燥しているので、肌を露出しすぎるのは逆効果。夏は風通しの良い薄い生地の大きめの服を着るのが適しています。また、朝晩と日中の温度差もかなりあるので、重ね着できる対応を。

Q4.ターバンは便利?
A4.サハラでは帽子よりもぜひターバンを身に付けましょう。日光を防ぐだけでなく風通しもよく、砂嵐が来た時には顔を覆うこともできます。

現地でターバンをプレゼントしています!


Q5.砂嵐はいつが多い?
A5.砂嵐は常に起こる可能性があります。テント泊の予定を急遽ロッジ泊に変えたり、場所を移動したりする場合がありますので、常にガイドの指示に従って戴きます。