4名様から催行出発日限定日本語ガイドが付きます英語ガイドは付きません添乗員は同行しません特別講師は同行しません

シャウエンから砂漠、そしてマラケシュへ

12/28出発 年越しモロッコ周遊10日間

  • マラケシュフナ広場の夕暮れ
  • フナ広場の屋台
  • ラクダに乗っていざ砂漠へ
  • シャウエンの旧市街
  • 砂漠に沈む夕日
  • フェズ旧市街
  • フェズの旧市街観光入り口 ブージュルード門

2017年12月28日(金木)出発の年末限定企画です。


その他の出発日はこちらをご覧下さい。

カサブランカ、シャウエン、フェズ、マラケシュをめぐり、ラクダに乗ってリアドに泊まりたい!そんな希望を全てかなえるコースです。12/28の夜、出発のため年末のお仕事を終えてからの出発いただけます。


ラクダ目線の動画はこちらでご覧いただけます!(動画約40秒)


ツアーポイント
1. 砂漠でテント泊をしメディナでリアドに泊まる一番人気コースです。

このツアーは割引サービスが適用されます。


関連よみもの


このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1東京・大阪・名古屋〔名古屋発の場合 午後:名古屋駅からバスで関西空港へ。〕
夜:東京(成田)発、または深夜:大阪(関西)発。
空路、乗継地のドバイへ。
  宿泊●機内泊 食事● - /  - / 機内
2ドバイ
カサブランカ
飛行機を乗り継ぎ、空路、モロッコへ。
午後:カサブランカ到着後、日本語ガイドと共に車でカサブランカ市内へ。途中、モロッコ最大のモスク、ハッサン二世モスクを訪れます。(入場はしません)

  宿泊●ホテル泊 食事●機内 / 機内 / 夕
3カサブランカ
シャウエン
午前:シャウエンに向かいます。(走行=約340km、約6時間)
午後:幻想的なシャウエン旧市街を散策します。
夕刻:高台からのシャウエンの夜景をお楽しみ下さい。

※シャウエンではリアドに泊まります。

※シャウエンについては、「青の街シャウエンの魅力」をご覧下さい。
  宿泊●リアド泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4シャウエンフェズ午前:フェズに向かいます。(走行=約200km、約3時間)
午後:到着後、世界最大規模のメディナ、フェズ・エル・バリを中心としたフェズ市内観光。ユダヤ人居住区、旧市街展望の丘、ブー・イナニア・マドラサ、ザウィア・ムーレイ・イドリス廟、カラウィンモスク、陶器工房などを訪れます。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
5フェズメルズーガ午前:サハラ砂漠シェビ砂丘近くのメルズーガへ向かいます。
(走行=約 520km、約8時間)
夕刻:メルズーガに到着。1泊分の荷物を持ってラクダに乗って砂丘の中のテントへ。(ラクダ移動=約1時間30分~2時間)
2018年の最初の日は、サハラ砂漠で眠ります。

※スーツケースなどはロッジに預けますので1泊に必要な荷物だけを持ってテントに移動します。

  宿泊●テント泊 食事●朝 / 昼 / 夕
6メルズーガワルザザート早朝:砂漠から昇る日の出を鑑賞後、いったんロッジへ戻ります。(ラクダ移動=約1時間30分~2時間)
ロッジで身支度を整えてから、車でカスバ街道を通り、ワルザザートへ向かいます。
(走行=約350km、約5時間30分)
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
7ワルザザートマラケシュ午前:車で2,260mのティシュカ峠を越え、マラケシュへ。(走行=約 210km、約4時間)途中、要塞の村アイト・ベン・ハッドゥを訪れ、歩いて散策します
夜:深夜まで賑やかなジャマ・エル・フナ広場を徒歩で散策します。
※宿泊はメディナの中のリアドに2泊します。

※リアドについては、「風のスタンダード リアドに泊まる」をご覧下さい。
  宿泊●リアド泊 食事●朝 / 昼 / 夕
8マラケシュ滞在終日:バヒア宮殿、ベン・ユーセフのマドラサ(注)、マラケシュ博物館、スーク(市場)、クトゥビアなどメディナ(旧市街)の見所を歩いて訪れます。
夕刻:観光終了後、夕食までの3~4時間ほどフリータイム。お買い物や散策などお楽しみください。
夜:夕食時にはベリーダンスショー鑑賞をお楽しみ下さい。

※注:ベン・ユーセフのマドラサは修復のため見学できない場合、アグノウ門とサアード朝の墳墓群を訪れます。

マラケシュではリアドに2連泊します。

※リアドについては、「風のスタンダード リアドに泊まる」をご覧下さい。

※マラケシュについては、「喧騒のマラケシュを歩く」をご覧下さい。
  宿泊●リアド泊 食事●朝 / 昼 / 夕
9マラケシュ
カサブランカ
午前:車でカサブランカ空港へ。(走行=約240km、約3時間)
午後:空路、乗継地のドバイへ。
  宿泊●機内泊 食事●朝 /  - /  - 
10ドバイ
大阪・東京・名古屋
飛行機を乗り継ぎ、空路、帰国の途へ。 
夕刻:大阪(関西)・東京(成田)到着。
〔名古屋着の場合 夜:関西空港からバスで名古屋駅へ。〕
  宿泊●泊 食事●機内 / 機内 /  - 
出発日・旅行代金(1名様あたり)
東京発
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2017/12/28(木) 催行決定395,000円
大阪発
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2017/12/28(木) 催行決定395,000円
名古屋発
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2017/12/28(木) 催行決定395,000円
ご旅行条件・他
最少催行人員●4名(定員16名)
添乗員●同行なし。現地係員がご案内。(但し10名以上の場合は同行)
利用予定航空会社●エミレーツ航空
利用予定ホテル●カサブランカ:オウムパレスホテル、ルリド、モ-ベンピック、アルモハダス、ディワン、スイス
シャウエン:カーサ・ハッサン、リアドダール・シャウエン、リアド・ヒシャム、カーサ・ペルレータ、ダールガブリエル
フェズ:ワシム、ロイヤル・ミラージュ、レ・メリニド、メンゼ・ザラーグ、トート、ムーニア
メルズーガ:テント(男女別の相部屋)
ワルザザート:ラ・フィント、クラブハナン、アズゴール、ファラ・エルジャノブ、リアドサラーム
マラケシュ:リアドオリオンターレ、リアドエル・ボルジュ、リアドマラナ、リアドアンジャル、リアドブーサ、リアド・レ・ルビス、ダル・アル・アサッド、リアドアルジャジーラ、リアドアンジャル、リアドアルモルク、ダールムーレイアリ

お一人部屋追加代金●36,000円 ホテル・リアド泊
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●国際線7,000円
(2017年12月1日)
●注意点
・メルズーガでの宿泊は、砂嵐等の天候や現地事情によりテント泊がロッジ泊になる場合があります。テント泊、ロッジ泊ともに男女別の相部屋になります。

・ラクダに乗るプログラムは天候によりできない場合があります。


・名古屋~関西空港間はエミレーツ航空無料専用バスが運行されています。詳細はお問い合わせ下さい。

・札幌、福岡、沖縄など特別国内線乗り継ぎ運賃でご予約可能な都市があります。

・マラケシュとシャウエンのリアド宿泊は、分宿となる場合があります。基本的にダブルベッドとシャワー設備のみとなり、お部屋ごとに広さや設備が違います。

・イスラム教国では金曜日が安息日のため、メディナでは午後に店を閉める場合があります。

・王族の行事や宗教上の祝祭日で、急遽観光箇所が見学ができない場合があります。


●旅行代金に含まれないもの(2017年12月1日現在)
【事前徴収】
・関西空港諸税3,040円
・成田空港諸税2,610円
・モロッコ空港税194ディルハム(約2,330円)
・モロッコ保安税48ディルハム(約570円)
・モロッコ観光税エコノミークラス:100ディルラム(約1,200円)
・モロッコ観光税ビジネス・ファーストクラス:400ディルラム(約4,510円)
・U.A.E港諸税80UAEディルハム(約2,820円)


●旅券(パスポート)
入国時に残存期間が3ヶ月以上あり、かつ未使用査証欄の余白が1ページ以上ある旅券(パスポート)が必要です。

●査証(ビザ)
不要
※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。

いってきました! お客様の声

  • 2017-12-28発/総合評価★★★★★

アフリカの雄大な自然を感じつつ、人懐っこいモロッコ人にもまれて過ごす時間が楽しかったです。地元の人たちの生活が感じられるフェズやマラケシュがとくによかったです。今から思うと、旅の序盤に行ったシャウエンではまだ時差ボケで体調が悪かったのかなと思います。ホテルで寝てて、自由行動が全くできなかったのが非常に残念でした。      

  • 2017-12-28発/総合評価★★★★★

とても楽しかったです!!!砂漠で寝ることがずーーーーーーっとやりたかったので、やれて大大大満足でした。砂漠で寝転んで大大大好きな曲を聴くことがやりたかった。あの、世界に自分しかいないかのような、怖いくらいの静寂を味わえて本当に嬉しかったです。
マラケシュでの買い物も砂漠と同じくらい楽しかったです。車での長時間の移動は、ドライブが大好きなので、逆に私はそれがやりたかったので不満はないです。それこそ旅の醍醐味でした。
マラケシュで、ヒッチコックの映画の舞台になったレストランに行けたのが、とてもとてもとても嬉しくて、個人的にスーパー盛り上がりました。まさか!!!あの、あそこに行ける日が来るとは!!!
アイト・ベン・ハッドゥも、大好きな海外ドラマのロケ地で個人的に盛り上がりました。行って知りました。えーーーー!!!ぎゃー!!!ああ、あのシーンかーーー!!!
ということで、個人的なポイントがいろいろ満たせて、大変満足でした。本当にどうもありがとうございました。ああ、楽しかった*^^*。

観光は選択できるようにしてほしいです。行きたい人は観光に行って、のんびりしたい人はのんびりできるようにした方が、個人のペースがあるので疲れにくいと思います。長期間の旅だと、とくにそういう配慮をしてほしいなと思います。私もそうなんですが、集団行動ができにくい人用に(最近増えてると思いますし!)笑。      

すべての「いってきました」を表示
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求