なにわ日記

5月のイベントはモンゴル・ゲル・レストラン 「ZAM」で!

 

ZAMのモンゴル人シェフ特製のボーズ、スープ、乳茶。
ZAMのモンゴル人シェフ特製のボーズ、スープ、乳茶。

4月11日にオープンしたモンゴル・ゲル・レストラン「ZAM」に早速イベントの下見も兼ねて行って来ました。長堀橋駅7番出口から徒歩3分のとても便利な場所です。7番出口は堺筋線ホームから近いので、長堀鶴見緑地線で長堀橋駅に着いてからは、堺筋線ホームを横断しますので、少し歩きます。5-8分ほど出口まで掛かります。南警察署を目指していくと斜め前にすぐZAMの入口が見えます。

モンゴル・ゲル・レストラン「ZAM」入口
ここが入口。階段を3階屋上まで上がります(左)。屋上には広いバーベキュースペースとゲルが(右)!

モンゴル人シェフ作のボーズを食べながらゲルを眺めていると、一瞬モンゴルの雰囲気も味わうことができるので、とっても落ち着きます。羊のボーズとっても美味しいです。でも現実は日本なので、モンゴル料理以外にもBBQやお酒もあります。現在はランチ営業はしていらっしゃらないそうですが、来月5月13日(土)にはここを貸し切って、モンゴル軽食ランチ、モンゴルツアーのお話、そしてプロ演奏家による馬頭琴演奏をお楽しみいただくイベントが開催されます。食と音楽の両方が楽しめる、(そしてモンゴル旅行の話も聞ける!)贅沢なイベントですので、皆さまどうぞご参加下さい。ご予約お待ちしています!

▼5/13(土)モンゴル料理とお話と馬頭琴鑑賞の会
日 時:2017年5月13日(土) 12:00-14:00
会 場:モンゴル・ゲル・レストラン ZAM(大阪・中央区)
定 員:30名(事前予約制)
参加費:1,300円(食事代、税込)