なにわ日記

【なにわ日記】いいじゃん、アゼルバイジャン

 

旧市街の間から見える前衛的なスタイルの高層ビル(バクーにて)
旧市街の間から見える前衛的なスタイルの高層ビル(バクーにて)

お隣同士の国イランとアゼルバイジャン。アゼルバイジャンはトルコ系民族の国。16世紀、『世界の半分』と称えられ繁栄を誇ったサファービー朝ペルシアの支配下にあったが19世紀ロシアに併合され、その後、ソ連の社会主義共和国の1つを構成。ソ連時代、宗教活動は制限され、イランとは対照的な道を歩んでいるようにも感じられます。今アゼルバイジャンはカスピ海油田という資源をもって経済は発展。大阪と万博の誘致をめぐってしのぎを削っています。イスラムの規律もゆるやかで、おいしいワインもありますし、首都バクーでは、町を歩いていても女性が顔や肌を隠すようなことはありません。そのためか中には厳格な教義の国で不自由を感じている若者が羽目をはずしに来て困っているという話しも聞きました。イランからアゼルバイジャン、2つの国をつなぐツアーがあります。

9/25発は催行決定しています。よかったらご一緒にワインでもいかがですか?

悠久のシルクロード大走破【第5弾】
イラン~アゼルバイジャン ゾロアスターからイスラムの世界13日間