お知らせ

ツァガンサル(旧正月)変更のおしらせ


モンゴルのツァガンサル(旧正月)が変更になりました。
1月15日(金)元旦⇒2月14日(日)元旦
これに伴い「奥カラコルムで祝うツァガンサル8日間」の出発日および日程が変更となっております。
ツァガンサルはモンゴルの文化を深く感じる事ができる絶好の行事です。
是非、モンゴルの一番大切な日を遊牧民の家族と一緒に祝ってみてください。

「風のインドシナ」パンフレット完成!


 新パンフレット「風のインドシナ」が完成いたしました。

 ベトナム、ラオス、カンボジア、ミャンマーに中国雲南省・貴州省を含めた広範囲に16のコースをご用意しております。

 テーマは「暮らし」
 インドシナには、アンコールワットやルアンプラバーンといった世界中から観光客を集める世界遺産があります。さらに世界遺産には登録されていないものの、世界三大仏蹟のひとつに数えられるバガン遺跡や湖上の浮島に作られた巨大寺院など見所は満載です。しかし、それだけではありません。最大の魅力、それは人と暮らし。素朴な村で伝統を守りながら暮らす温かい家族。ちょっと遺跡から足を伸ばしただけで、そんな暮らしがあるのです。牛車に乗ったり、小船に揺られて村々を訪れると、旅の疲れを癒してくれる素敵な笑顔に出会えることでしょう。

定休日変更のお知らせ


2009年6月より、大阪支店のお休みが変更になりました。
これまでの水曜日定休から日曜定休となり、
土曜日・祝日は従来通り11:00~20:00まで営業いたします。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

大阪支店 9月臨時休業のお知らせ


いつも風の旅行社をご利用頂き、誠にありがとうございます。
9月20日〜22日は臨時休業とさせて頂きます。

9/19(土)11時より20時まで通常営業
9/20(日)定休日のためお休み
9/21(祝・月)臨時休業
9/22(祝・火)臨時休業
9/23(祝・水)11時より20時まで通常営業

■風の旅行社 大阪支店 
 お客様専用ダイヤル 0120-987-803
 TEL:06-6343-7517  FAX:06-6343-7518
 営業時間 11:00〜20:00(日曜定休日)

『風の旅行社物語』が刊行されました


いつも風の旅行社をご利用いただき、誠にありがとうございます。

突然ですが、このたび、風の旅行社が本になりました!

題して『風の旅行社物語─旅行会社のつくりかた』(原優二著)。
「会社と仕事のつくりかたシリーズ」第二弾(ポット出版)として刊行されました。

※ポット出版の「会社と仕事の作り方シリーズ」とは
会社ってなんなのか? 仕事にどんな意味があるのか? 思想と哲学のあるシステムとノウハウをどう形にしているのか。自分のやりたい会社を手探りで起こした人たちの物語を本にしました。今、本気で会社と仕事を考え直しませんか。

現在、東京本社・大阪支店の店頭にて販売しております。
(原のサイン入りです!)

また以下のサイトでも、お求めいただけます。

ポット出版サイト版元ドットコムサイトアマゾン

お値段のお得な電子書籍版はこちら!

紀伊國屋書店ウェブストア楽天kobo電子書籍ストア

『風の旅行社物語』 ─旅行会社のつくりかた

著●原優二(風の旅行社 代表取締役)
定価●2,000円+税

ISBN978-4-7808-0114-9 C0026
四六判/224ページ/並製

【内容紹介】
「風の旅行社」はネパールのトレッキング会社設立がきっかけとなり、誕生しました。時は、格安航空券、激安ツアー販売が急増した1990年代。「風の旅行社」もまた格安チケット販売を主軸に展開していきます。しかし、大手旅行会社の格安航空券販売への進出も始まり、低価格競争は熾烈さを増していきます。ただただ安いチケットを売りまくる日々…、二、三年で若いスタッフが入れ替わるようなローコストパフォーマンスを徹底的に追求する方法でしか生き残れない会社。これが自分のやりたかった会社なのか? いったい自分たちは何のために旅行会社という会社をやっているんだろう? 何のために仕事をしているんだろう?
1996年6月、風の旅行社は「格安航空券販売をやめる」という大きな決断をします。自分たちにしか作れない、オリジナルな旅を売っていこう。ネパール、モンゴル、チベット、ブータン…、次々に現地に支店、ネットワークを広げ、現地のスタッフを育て徹底的に「フルパッケージツアー」にこだわっていきます。

……と冗長に内容を紹介してしまいましたが、続きはお手にとってぜひ。

旅行社をつくった物語ですが、会社経営の思想が描かれた新しいビジネス書でもあります。

原のコラムは、こちらでもご覧いただけます

風のメルマガ「つむじかぜ」連載コラム バックナンバー

風の向くまま・気の向くまま

旅を愛する人の情報誌『風通信』連載コラム バックナンバー

風の彼方に