ツアー関連情報

ニュージーランドの気候・服装

 

ニュージーランドは南半球に位置しているため、季節は日本と真逆になります。多くの地域は温暖な気候に恵まれており、最も暖かいのは12〜2月、最も寒いのは6〜8月になります。地域による格差が大きく、平均気温は南に下がるほど低くなっていきます。
1日の気温差が大きく、「1日の中に四季がある」といわれ、季節を問わず朝夕は冷え込みますので、服装は時期や目的、行き先に合わせた準備が必要です。


ニュージーランド各地の気温表

地名 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月
オークランド 最高気温 14 16 17 19 21 22 23 22 19 17 15 14
最低気温 9 10 11 13 15 16 17 16 19 13 11 8
降水量 114 92 80 83 86 76 70 88 92 101 115 118
クライスト
チャーチ
最高気温 12 14 17 19 21 22 21 20 17 14 11 10
最低気温 2 4 6 8 10 12 11 10 6 3 1 0
降水量 59 41 44 49 45 46 41 57 53 57 50 68
ネルソン 最高気温 12 14 16 18 20 22 22 20 18 15 12 12
最低気温 2 5 7 9 11 12 12 22 7 4 2 1
降水量 96 79 89 83 73 79 55 82 93 92 79 89
東京 最高気温 31 27 21 17 12 10 10 13 19 23 25 29
最低気温 24 20 14 9 4 1 2 4 10 15 19 22
降水量 148 180 164 89 46 45 61 100 125 138 185 126

ニュージーランドの季節

「あそびかた」によって、それぞれがベストシーズンです。

◎春(9月から11月)
凍えるような寒い日もあれば、汗ばむほど暑い日もあります。雪が溶け、新芽が覗き、生まれたばかりの子羊たちにも出会える、一年の中で一番生命力を感じることができる季節。また、雪解け水でホワイト・ウォーター・ラフティングがもっとも爽快に楽しめるシーズンです。

◎夏(12月から2月)
もっとも気温が高くなり、雨に濡れても気持ちが良く、水と戯れるには絶好の季節。サーフィンやカヤック、トレッキング等さまざまなアウトドア・アクティビティがもっとも楽しめるシーズンです。

◎秋(3月から5月)
天候は安定しており、最も気候的に過ごしやすい季節。また、秋の風物詩といえば、赤や黄色に美しく彩られる落葉樹たち。ワイナリーでは、2月中旬から4月上旬にブドウの収穫期を迎え、一年の中でもっとも賑やかなシーズンです。

◎冬(6月から8月)
寒い冬が訪れると、標高の高い場所では雪が積もります。そんな北島・南島の山々では、ウィンタースポーツを楽しめるシーズン。青く輝く氷河や美しい雪山など、南島ならではの美しい景観を望むには絶好の季節です。


服装


夏のニュージーランド(12〜2月)
日本の夏の準備で大丈夫ですが、雨具を忘れずに。フィールドでは、綿より化繊など速乾性の素材を選びましょう。ジッパーでショート丈にも早代わりする着脱式のパンツが特にオススメです。
春や秋(9〜11月/3〜5月)
紫外線が強いので、つば付きの帽子、サングラス、日焼け止めなどもぜひお持ちください。また、一年を通じて、なにかと水着があると重宝します。
冬のニュージーランド(6〜8月)
基本スタイルに、厚手の防寒着などをご用意ください。