2名様から催行毎週出発日本語ガイドが付きます英語ガイドは付きません添乗員は同行しません特別講師は同行しません

絶景の露天風呂を楽しむ

「つきのいえ」に泊る ヒマラヤ展望ハイキング6日間

  • ようこそ「つきのいえ」へ
  • 花々に迎えられ通路を抜けると・・・
  • ヒマラヤの展望が開ける中庭へ
  • たった5部屋の隠れ家的ロッジです
  • 煙突の建物の中には・・・
  • ヒマラヤを望む自慢の露天五右衛門風呂
  • 自然に人が集まって語らいが始まる囲炉裏
  • 地元の野菜や地鶏を使った自慢の郷土料理
  • 夕陽に染まるアンナプルナサウス(7,219m)
  • 夜は満天の星空にも期待
  • そして朝焼けのヒマラヤ
  • 展望オーストラリアンキャンプへのハイキングも
  • 山の暮らしにふれるダンプス村の散策
  • お会いできるのを楽しみにしています *つきのいえ管理人トゥル(右)

《ヒマラヤに抱かれた隠れ家的ロッジで“湯ったり”癒される》
聖山マチャプチャレとアンナプルナ山群が正面に望める絶好のロケーションにある「つきのいえ」。目指すのは友人の家に遊びに来たような安らぎの空間。こぢんまりとしていて豪華さはありませんが、素朴な山村に溶け込んだ隠れ家的なロッジです。
そんな「つきのいえ」の自慢は、ヒマラヤを望む露天五右衛門風呂、そしてダンプス村でとれた野菜や地鶏を使用した家庭料理。
ハイキングでは、景観のよい広い放牧地オーストラリアンキャンプでヒマラヤの展望を楽しんだり、山村の民家を訪ね、素朴な山の生活も垣間見ます。
短期間ながらネパールの山の魅力がぎっしり詰まっています!

 ★出発日によっては1名様のご参加で催行決定いたします!詳しくは期間限定!ネパール「つきのいえ」1名催行キャンペーンをご覧下さい。
ツアーポイント
1. ヒマラヤを望む隠れ家的直営ロッジ「つきのいえ」に湯ったり2連泊
2. ポカラやサランコットよりもヒマラヤに近づく
3. 地元の野菜や地鶏を使った家庭料理と地酒(ロキシー)に舌鼓



関連よみもの

オプショナルツアー


このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1東京・大阪・名古屋・福岡
乗継地
カトマンズ
午前:東京(成田または羽田)・大阪(関西)・名古屋(中部)・福岡より空路、乗り継いでネパールの首都カトマンズへ。
夜:到着後、係員と共にホテルへ。
  宿泊●ホテル泊 食事● - / 機内 / 機内
2カトマンズ
ポカラ
カーレ
オーストラリアンキャンプ
ダンプス
午前:国内線でポカラへ。到着後、車でカーレ(1,770m)へ。
そこからハイキング開始。石段混じりの山道を登り、広い放牧地オーストラリアンキャンプ(2,060m)へ。(歩行=約2時間)
午後:アンナプルナ山群とマチャプチャレ等を望みながら、ダンプスにある直営ロッジ「つきのいえ」まで緩やかに下ります。(歩行=約1時間)
到着後、ネパール家庭料理と絶景の露天五右衛門風呂をお楽しみ下さい。
  宿泊●つきのいえ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
3ダンプス天候や体調をみながら、のどかな山村を訪ね歩き、ヒマラヤ展望ハイキング。(歩行=3時間) 
途中の村で農家を訪問し、山の暮らしぶりにふれます。
  宿泊●つきのいえ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4ダンプス
フェディ
ポカラ
カトマンズ
午前:ハイキング(歩行=約2時間)。森の中の石段をフェディ(1,130m)まで下ります。その後、車でポカラへ。
午後:国内線でカトマンズへ。到着後、フリータイム。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 /  - 
5カトマンズ終日:フリータイム。お部屋は夕食前までご利用できます。(多彩なオプショナルツアーがございます)
夜:係員と共に車で空港へ。
深夜:空路、乗り継いで帰国の途へ。
  宿泊●機内泊 食事●朝 /  - / 夕
6乗継地
東京・大阪・名古屋・福岡
午後:東京(成田または羽田)・大阪(関西)・名古屋(中部)・福岡到着。
  宿泊●泊 食事●機内 / 機内 /  - 
出発日・旅行代金(1名様あたり)
東京・大阪・名古屋発
10/7-11/18の(水)(土)1名催行キャンペーン283,000円
11/19-12/21の(水)(土)1名催行キャンペーン253,000円
12/22-12/26の(水)(土)287,000円
12/27-1/1の(水)(土)334,000円
1/2-1/8の(水)(土)272,000円
1/9-3/2の(水)(土)1名催行キャンペーン242,000円
3/3-3/31の(水)(土)1名催行キャンペーン267,000円
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
4/1-4/22の毎日258,000円
4/26(水)1名催行キャンペーン256,000円
4/29(土・祝)、5/3(水・祝)324,000円
ご旅行条件・他
最少催行人員●2名(定員6名)
添乗員●同行なし。現地係員がご案内。
利用予定航空会社●キャセイパシフィック航空、ドラゴン航空、中国南方航空
利用予定ホテル●
<カトマンズ> *カゼ・ダルバール、マーシャンディ、*マナン、サムサラリゾート、バイシャリ、*ガンジョン、カンティプール・テンプル・ハウス(スタンダードルーム)
<ダンプス>つきのいえ(男女別の相部屋。原則、ご夫婦等2名参加の場合は2名1室です。)
*は一部バスタブの無いシャワーのみの部屋となる場合がございます。 ※上記ホテルクラスはいずれもスタンダードクラスです。スーペリアクラス、デラックスクラスのホテル利用コース(いずれも追加料金要)もご用意しておりますので、詳細はお問い合わせください。
お一人部屋追加代金●21,000円
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●(基準日2017年10月1日)
国際線6,600円(キャセイパシフィック航空)~7,750円(中国南方航空)
ネパール国内線は旅行代金に含んでいます。
●旅行代金に含まれないもの
各国空港税、燃油付加運賃、査証代金、日程表に含まれない食事代、その他個人的な出費、クリーニング代など

●事前徴収(2017年10月1日現在)
・成田空港諸税2,610円
・羽田空港諸税2,670円
・関西空港使用料3,040円
・中部空港使用料2,570円
・香港保安税90香港ドル(1,350円)※キャセイパシフィック航空ご利用の場合
・香港空港建設費230香港ドル(3,450円)※キャセイ・パシフィック航空利用の場合
・中国出国税180元(3,030円)※中国南方航空ご利用の場合
・カトマンズ空港諸税3,260ルピー(3,480円)

●旅券(パスポート)
ネパール入国時に有効期間が6ヶ月以上の旅券(パスポート)が必要です。

●査証(ビザ)
このご旅行にはネパールの査証(ビザ)が必要になります。
査証代金(実費・手数料込み)
・東京申請の場合 ネパール滞在15日以内¥7320
・大阪申請の場合 ネパール滞在15日以内¥7,620
※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。
 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。

いってきました! お客様の声

  • 2017-03-12発/総合評価★★★★

長期休暇をどこに行こうか探していて、たまたま風の旅行社のHPを見て電話したら、ツアー内容の説明も即答で、現地を良く知っていることと対応も親切で、ここにしようと決めました。個人1人参加でしたが、ここなら大丈夫と思えたので。そしてツアーでありながら手配旅行のようなプライベート感が良かった。団体では味わえない、自分旅が味わえました。ネパールの自然や文化、カトマンズの街のおもしろさ、その魅力に又訪れたいと思いました。ヒマラヤの山々とても美しかった。又自然にふれに行きたいです。

おかえりなさい
旅行会社のツアー=団体旅行というイメージが世間にはあるようです。ご指摘のように、やはり手配旅行のような感覚が大切だと思います。      

  • 2017-02-25発/総合評価★★★★★

ネパールも初めて、一人旅も初めて、結果は個人的な失敗はありましたが、貴社のツアーはすばらしいものでした。最終日、市内観光のガイドさんは私にはしんどかったです。エベレスト遊覧飛行で予定が半日遅れたので一日観光を半日に変更できたら有り難かったです。いきなり初対面のガイドさんと昼ごはんはかなり緊張しました(^-^;      

  • 2014-12-26発/総合評価★★★★★

今回、風の旅行社を利用するのは、チベット、モロッコに続き3回目となりましたが、とても良い旅になりました。
スタッフの方の気遣いが細やかで、本当に久しぶりにのんびりとゆっくり過ごすことができました。個人的にはトレッキングの時間がもう少しあっても良かったかなとも思いますが・・・

今回のツアーで気になったのは、「寒さ」でした。朝晩を除いては、日本より暖かいくらいだったのですが、部屋に暖房がない(ダルバールはオイルヒーターがありましたが・・・)ことが気になりました。つきのいえでは、湯たんぽを準備していただいた心遣いが嬉しく、その不自由さが楽しくもありました。
現地の事情ですので無くても構わないのですが、カイロ等を持って行っていれば、もう少し快適に過ごせたかなと思いますので、しおり等などに、記載していただけるといいかなと思いました。
月の家2日目については、午前中に近くの村を散歩するのはとても良かったのですが、その後、時間が空いたので二人で歩いていたのですが、オーストリアンキャンプ等には行けず(許可が要ると言われました)、ちょっと手持ち無沙汰になりました。でも、その分月の家でお茶をいただいてのんびりはできたのですが・・・^^;
私達のカトマンズでの自由時間は町歩きをしたいというのが主目的でしたので、1日と少しでは足りませんでした。初日の数時間はタメルチョーク近辺をウロウロし、夕食をしてホテルへ。2日目は午前中にスワヤンブナートまで歩いて、観光して降りてきてお昼。午後からタメルチョークからダルバール広場までをウロウロしていたら、時間がなくなってしまい、結局広場内を見ることができませんでした。機会があればまた行きたいと思っていますので、その時までのお楽しみとしますが・・・その際には、よろしくお願いします。
あと、風ダルバールが市街地から少し離れていますので、近くのホテルが選べれば・・・と思いました。風ダルバールの場所も事前にいただいた地図ではよくわかりませんでしたし・・・私達も忙しかったこともあり、ホテルについてはリクエストしていなかったのですが・・・
色々書きましたが、全般的にはとても素晴らしい旅になりました。ありがとうございました。

おかえりなさい
“つきのいえ”からオーストラリアンキャンプは、トレッキングパーミッションなどは不要ですから、時間が許せば行けるはずです。ガイドが、そのように案内したとしたら間違っています。申し訳ありません。現地に確認し、徹底させます。      

すべての「いってきました」を表示
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求