3名様から催行出発日限定日本語ガイドが付きます英語ガイドは付きません添乗員は同行しません特別講師は同行しません

アンナプルナ山群の好展望地モハレにも訪れる

知られざる裏ゴレパニ・トレッキング7日間

  • 最高宿泊地点モハレは3313m
  • モハレでは満天の星空も見られるかもしれません
  • モハレでは宿泊者だけの貸切状態で山の展望が楽しめます
  • モハレから素晴らしい朝陽と夕焼けが望めます
  • モハレはロッジ(レストラン棟)の目の前が展望台
  • モハレからウレリまでの下山路も絶景が広がります
  • 自然度が濃いのがこのルートの特徴のひとつ
  • プルバリからはサウスの展望が広がります
  • ウレリまでの道はシャクナゲの森を歩きます
  • タルチョたなびくプーンヒル
  • プーンヒルからの朝焼けにも期待しましょう
  • 世界中のハイカーたちで賑わうプーンヒル
  • 日本語も話せる、つきのいえスタッフがおもてなしいたします
  • つきのいえではふかふかの羽毛布団が嬉しい
  • つきのいえ名物の五右衛門風呂で疲れを癒しましょう
  • つきのいえの夕食は新鮮な野菜たっぷりのダルバートをお召し上がりください
  • ジープを使って効率よく周ります

近年、ネパールはジープ道の開発が年々進み、中国や韓国、ネパール国内の観光客も増え、いわゆる王道コースにあるロッジは日本の夏山のように大変賑やかになっています。今回のコースはそんな定番ルートからは外れた、裏銀座ならぬ、ゴレパニの裏側ルート。

このルートは今年の3月に下見に行ったときに偶然見つけた、ベテランガイドたちも行ったことがない穴場ルート。ハイカーがとにかく少なく、その分緑豊かで、「プーンヒルよりも絶景!」とみんなが大絶賛の展望地モハレは今のうちにぜひ!

アンナプルナエリアでは王道の「プーンヒル」(ダウラギリとアンナプルナ2つ山群の展望台)には行きつつも、中盤〜後半はマイナールートならではの自然豊かで、静かなトレッキングが楽しめます。最後は直営ロッジ「つきのいえ」の露天風呂とネパール家庭料理をご堪能あれ。

絶景写真を撮りたい方や既にゴレパニルートなどのアンナプルナ山域を訪れたことのある方の再訪にも、是非おすすめしたいルートです。


※レベル表示について

ツアーポイント
1. アンナプルナ山群の絶景展望地「プーンヒル」と「モハレ」にも足を伸ばします
2. 後半はトレッカーが少ない穴場のトレイルを歩きます
3. 露天五右衛門風呂と郷土料理が自慢の直営ロッジ「つきのいえ」に宿泊
4. 最大でも10名様まで。コンパクトな人数で歩くことができます。

このツアーは割引サービスが適用されます。


ルートマップ(クリックで拡大図表示)


このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1東京・大阪・名古屋乗継地カトマンズ

午前:東京(成田または羽田)・大阪(関西)・名古屋(中部)より空路、乗り継いでネパールの首都カトマンズへ。
夜:到着後、日本語ガイドと合流し、車でホテルへ。
  宿泊●ホテル泊 食事● - / 機内 / 機内
2カトマンズポカラタトパニ

午前:係員と共に国内線でポカラへ。到着後、車とジープでタトパニへ。(走行=約5-6時間)
  宿泊●ロッジ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
3タトパニチトレゴレパニ午前:ジープで一路、チトレ(2,350m)へ。(走行=約3時間)

[トレッキング1日目]
午後:昼食後、雄大なアンナプルナ山群とダウラギリ山群を望む峠の村ゴレパニ(2,860m)までトレッキング。(歩行=約2時間)

  宿泊●ロッジ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4ゴレパニプーンヒルプルバリモハレ[トレッキング2日目]
早朝:ヒマラヤ展望チャンス① アンナプルナとダウラギリの展望台・プーンヒル(3,210m)へ。天気に恵まれば朝焼けの美しいヒマラヤの山々が望めます。その後、再び樹林帯を経て、プルバリ(2,870m)へ。(歩行=約2時間)その後、まだ訪れる人も少ないアンナプル山群の好展望地モハレ(3,330m)に向かって出発。(歩行=2時間) 
午後:南東側が開けた展望の良いモハレのロッジでゆっくりお過ごしください。休憩後、高所順応を兼ねてロッジ周辺散策に出かけます。
  宿泊●ロッジ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
5モハレウレリダンプス[トレッキング3日目]
早朝:ヒマラヤ展望チャンス② 朝焼けに染まるアンナプルナ山群の絶景に期待しましょう。
午前:シャクナゲの大木と苔むした森を経てウレリ(1,960m)へ。(歩行=約4時間)
午後:昼食後、ジープで未舗装路を走り、ダンプスへ。(走行=約2時間) 居心地の良い、直営ロッジ「つきのいえ」で美味しいネパール家庭料理と露天五右衛門風呂をお楽しみ下さい。
  宿泊●つきのいえ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
6ダンプスポカラカトマンズ
午前:再びジープに乗り、ポカラへ。(走行=約1時間半) 国内線でカトマンズへ戻ります。
午後:夕食前までフリータイム。エネルギッシュな旧市街散策やお土産探しなどをお楽しみ下さい。(ホテルのお部屋をご用意いたします)
夜:車で空港へ。
深夜:空路、乗り継いで帰国の途へ。
  宿泊●機内泊 食事●朝 / × / 夕
7乗継地東京・大阪・名古屋午後:東京(成田)・大阪(関西)・名古屋(中部)到着。
  宿泊●泊 食事●機内 / 機内 /  - 
出発日・旅行代金(1名様あたり)
東京発 [ 大阪発を見る・名古屋発を見る ]
2019/11/1(金)304,000円
2019/12/22(日)315,000円
2019/12/29(日)375,000円
2020/03/15(日)308,000円
大阪発 [ 東京発を見る・名古屋発を見る ]
2019/11/1(金)304,000円
2019/12/22(日)315,000円
2019/12/29(日)375,000円
2020/03/15(日)308,000円
名古屋発 [ 東京発を見る・大阪発を見る ]
2019/11/1(金)304,000円
2019/12/22(日)315,000円
2019/12/29(日)375,000円
2020/03/15(日)308,000円
ご旅行条件・他
最少催行人員●3名(定員10名)
添乗員●同行なし。現地係員がご案内。(但し8名以上の場合は同行)
利用予定航空会社●キャセイパシフィック航空、キャセイドラゴン航空、中国南方航空
利用予定ホテル●<カトマンズ>*カゼ・ダルバール、マーシャンディ、サムサラリゾート、ガンジョン
<ダンプス>つきのいえ <その他>ロッジ(男女別相部屋)
お一人部屋追加代金●14,000円 ホテル泊
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●国際線7,590~18,600円(基準日2019年6月1日)
【ご注意】
●このコースは標高3,000mを超える高地に宿泊するため、高山病にかかる恐れがあります。健康に不安がある方は必ず事前にご相談ください。また、海外旅行保険への加入をお願いしております。

●「つきのいえ」には5室(最大10名様)しかないため、原則2名様での男女別相部屋となります。一人部屋を利用したい方は隣接するロッジのお部屋を手配(要追加料金)することも可能です。

●「つきのいえ」が満室となった場合は、隣接する一般ロッジにお泊りいただきます。食事や五右衛門風呂は「つきのいえ」で行います。

●事前徴収(2019年6月1日現在)
・成田空港諸税2,610円
・羽田空港諸税2,670円
・関西空港使用料3,040円
・中部空港使用料2,570円
・香港保安税90香港ドル(約1,290円)
・香港空港建設費230香港ドル(約3,200円)  
・カトマンズ空港諸税3,260ルピー(約3,350円)
・国際観光旅客税1,000円

●旅行代金に含まれないもの
各国空港税、燃油付加運賃、査証代金、日程表に含まれない食事代、その他個人的な出費、クリーニング代など

●旅券(パスポート)の残存期間
有効期間が6ヶ月以上残っているパスポートが必要です

●査証(VISA)
ネパール査証(VISA)が必要です。以下、弊社代行料金(実費込)
・東京申請の場合 ネパール滞在15日以内¥7,320
・大阪申請の場合 ネパール滞在15日以内¥7,620
 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。

たびとも募集中

2019-12-29出発 | 女性
声→【担当者より】既に予約希望をいただいています。ネパールトレッキングの王道ルート「ゴレパニコース」の一部を景色の良いマイナールートを選んで歩くコースです。トレッキングの最後はつきのいえでの、露天五右衛門風呂が待っています!
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求