8名様から催行出発日限定日本語ガイドが付きます英語ガイドは付きません添乗員が同行します特別講師は同行しません

原優二と行く旅 第4弾

[終了] 2/26(日)発 3つの 「風のいえ」を巡る アンナプルナ山村ハイキングと古都カトマンズ7日間

  • 風ダルバール エントランス
  • 風ダルバール チョウタラのある中庭
  • 風ダルバール スタンダードルーム一例
  • 風ダルバールのスタッフたち 日本語でのご対応も可能です
  • つきのいえ アンナプルナ山群を望む露天五右衛門風呂
  • つきのいえ 月明かりのヒマラヤと満点の星空
  • はなのいえ 広大な敷地には自然素材で造られたロッジと無農薬農場を併設
  • はなのいえ 落ち着いた雰囲気の土壁の部屋
  • 山村ハイキングでは、すれ違う村人との出会いも楽しみです

このツアーの募集は終了しました。 現在募集中のツアーは「風のネパール」ツアー一覧をご覧ください。
古都カトマンズのヘリテージホテル「風ダルバール・カマルポカリ」、雄大なヒマラヤ・アンナプルナ山群を望むポカラ近郊の山村に建つ直営ロッジ「つきのいえ」、提携リゾート「はなのいえ」、ネパールにある3つの「風のいえ」を巡ります。
それぞれ、コンセプトは少しずつ違いますが「ネパールの村のよさ、自然の素晴らしさと伝統、文化、習慣、生活を感じてほしい」という思いは共通しています。それは、風の旅行社の旅作りにも相通じます。
弊社代表の原優二が、皆さんを3つの「風のいえ」と、震災からの復興を歩むネパールをご案内し、ゆっくり過ごしじっくり語らいます。きっと、弊社の原点である「ネパールの素晴らしさ」、そして「旅のチカラ」を感じていただけると思います。

【パンフレットを見る】

ツアーポイント
1. 弊社代表原優二が同行し、30年前のネパールそして震災後のネパールについて、ゆっくりじっくり皆さんと語らいます。
2. 風の旅行社の3つの「かぜのいえ」ー「風ダルバール・カマルポカリ」、「つきのいえ」、「はなのいえ」に宿泊します。
3. 「つきのいえ」と「はなのいえ」からはアンナプルナをはじめとしたヒマラヤの峰々を一望。
4. 山村ハイキングで、ネパールの村の雰囲気を肌で感じることができます。



企画・同行予定スタッフ

原 優二
ブログはこちら

1956年生まれ。東京都職員、長野県丸子町の小学校教員を経て、1990年に東京の海外旅行専門の旅行会社に就職。1991年、風の旅行社設立。代表取締役に就任。2014年より亜細亜大学経営学部 ホスピタリティマネージメント学科客員教授を兼任。著書『風の旅行社物語』では、風の旅行社の歴史から旅への思いまでが熱くつづられています。


関連よみもの

オプショナルツアー

このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1東京・大阪・名古屋

乗継地

カトマンズ
東京・大阪・名古屋(飛行機)乗継地(飛行機)カトマンズ
午前:東京(成田または羽田)・大阪(関西)・名古屋(中部)より空路、乗継地へ。到着後、乗り継いでネパールの首都カトマンズへ。
夜:到着後、係員と共にホテル(風ダルバール・カマルポカリ)へ。
  宿泊●風ダルバール・カマルポカリ泊 食事● - / 機内 / 機内
2カトマンズ終日:カトマンズ市内観光。(震災からの復興の姿をご覧ください)ネパール最大のヒンドゥ教寺院パシュパティナート、国内外からの巡礼者で溢れる世界最大級の仏塔ボダナート、ダルバール広場や点在する寺院、バザールを巡る旧市街散策へ。
  宿泊●風ダルバール・カマルポカリ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
3カトマンズ

ポカラ

フェディ

ダンプス
午前:国内線でポカラへ。
到着後、車でフェディへ。そこからハイキング開始。石段の多いの急な山道を45分ほど登ります。一旦平坦になり、村を抜けた後、更に30分ほど登ります。登り切ったところがダンプス村。目の前にアンナプルナ山群とマチャプチャレが聳えます。30分ほど平坦な村の道を歩くと「つきのいえ」に到着します。

素朴な山村ダンプス村に溶け込んだような直営ロッジ「つきのいえ」でネパール家庭料理と絶景の露天風呂をお楽しみ下さい

※急坂のハイキングは難しいという方は、フェディからジープで「つきのいえ」まで行くことができます。 
  宿泊●つきのいえ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4ダンプス

アスタム
午前:山村ハイキング
尾根沿いの道を歩いて「はなのいえ」のあるアスタムへ。到着後、自然農法であるパーマカルチャーを取り入れた「はなのいえ」の様々な取り組みに触れ、五右衛門風呂や併設有機農場で採れた食材を使った自然食やネパール家庭料理を堪能します。 
  宿泊●はなのいえ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
5アスタム

ポカラ

カトマンズ
午前:ヒマラヤの展望が最も期待できる午前中は「はなのいえ」でゆっくりとお過ごし下さい。
午後:車でポカラへ。その後、国内線でカトマンズへ。

  宿泊●風ダルバール・カマルポカリ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
6カトマンズ
(早朝:ご希望者は『エベレスト遊覧飛行』(別料金)へ)
午前:古都パタン観光。「美の都」と称される手工芸で有名な街パタンを訪れます。(震災からの復興の姿をご覧ください)
午後:ご出発までフリータイム。(夕食前までホテル「風ダルバール・カマルポカリ」のお部屋をご利用いただけます)
夜:係員とともに空港へ。
深夜:空路、乗り継いで帰国の途へ。
  宿泊●機内泊 食事●朝 / 昼 / 夕
7
乗継地

東京・大阪・名古屋
乗継地(飛行機)東京・大阪・名古屋
午前:乗継地に到着後、乗り継いで帰国の途へ。午後:東京(成田または羽田)・大阪(関西)・名古屋(中部)到着。
  宿泊●泊 食事●機内 / 機内 /  - 
出発日・旅行代金(1名様あたり)
東京発
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2017年2月26日298,000円
大阪発
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2017年2月26日298,000円
名古屋発
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2017年2月26日298,000円
ご旅行条件・他
最少催行人員●8名(定員15名)
添乗員●原優二が同行します。
利用予定航空会社●キャセイパシフィック航空、中国南方航空
利用予定ホテル●
<カトマンズ>風ダルバール・カマルポカリ(指定)
<ダンプス>つきのいえ(指定・男女別の相部屋:5部屋10名定員のため、11名以上の場合、宿泊のみ隣接するロッジ泊になります)
<アスタム>はなのいえ(指定・男女別の相部屋)

お一人部屋追加代金●28,000円 ホテル泊
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●(基準日2017年2月1日)
国際線6,000円
●カトマンズやパタンの主要観光地は観光客の受け入れを開始しています。一部の歴史的建造物に関しまして、震災後の修復や復興作業中の場所もございが、予めご了承下さい。

●福岡発着も可能です。詳しくはお問合せ下さい。

●旅行代金に含まれないもの
各国空港税、燃油付加運賃、査証代金、日程表に含まれない食事代、その他個人的な出費、クリーニング代など

●事前徴収(2016年10月1日現在)
・成田空港諸税2,610円
・羽田空港諸税2,670円
・関西空港使用料3,040円
・中部空港使用料2,570円
・香港保安税90香港ドル(1,220円)
・香港空港建設費3,200円
・カトマンズ空港諸税3,260ルピー(3,170円)

●旅券(パスポート)
査証(ビザ)申請時に有効期間が6ヶ月以上の旅券(パスポート)が必要です。

●査証(ビザ)
このご旅行にはネパールの査証(ビザ)が必要になります。
査証代金(実費・手数料込み)
・東京申請の場合 ネパール滞在15日以内¥7320
・大阪申請の場合 ネパール滞在15日以内¥7,620
※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。
 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。

いってきました! お客様の声

  • 2017-02-26発/総合評価★★★★★

ふたつのかぜのいえで山の景色、風呂とおもてなしに素晴らしい 思いができましたことありがとうございました。ホテルのスタッフの対応も気持ちよく、カトマンズのお寺巡りや、タウン歩きも出来、夢のような7日間でした。 ネパールのことを知り尽くしている日本語ガイドの説明のおかげで、山を見るだけの旅ではなく、政治経済、宗教に思いを馳せ人々の暮らしを知る事が出来、満足感に浸っています。

困った点は下痢です。幸い比較的元気でしたが、思うように食べられなかったのが残念でなりませんでした。ラッシーかもしれないと思うと、飲むんじゃ無かったと後悔します(笑)。これも経験かと思ったり・・・。意見というか感想です。

おかえりなさい
下痢の原因がラッシーか否かは明確ではありませんが、その可能性は大です。添乗した私のラッシーへの警戒が足りなかったと反省しています。申し訳ありませんでした。      

  • 2017-02-26発/総合評価★★★★★

訪れた土地の雰囲気をゆっくり味わえる、どのお宿も大変心地良く過ごせました。お宿がまるで旅日程にむけて気持と体を上手に切り換える装置のようで。体調不良を気にすることなく楽しめたのもスタッフの皆さんのおかげです。湯たんぽとお風呂のありがたさと言ったら・・・!ホテルで両替できるのも安心でした。食事は残念ながら味わえませんでしたが、体調に合わせた臨機応変なご対応に大変感謝しております。      

  • 2016-03-06発/総合評価★★★★★

年賀送って頂き、ありがとうございました。自分の写真も今整理中。多忙のため、残念ながらエヴェレスト飛行の写真もあまり良く撮れていません。山の写真も思ったような写真が取れなくて残念。もう少し何日か泊まりゆっくり撮影をしてみたいです。日本の山でも連泊して撮影しますが、今度行く時にはゆっくりと写真撮影したいです。      

すべての「いってきました」を表示
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求