4名様から催行出発日限定日本語ガイドが付きます英語ガイドは付きません添乗員が同行します特別講師は同行しません

ネパールの山村で年を越し、復興を祈る

12/29(金)発 復興が進むパトレ村を訪ね村人とグルン族の新年を祝う6日間

  • 旅人を歓迎するパトレ村の人々
  • 麓のダディン→パトレ村への道
  • 畑仕事に水汲みに料理など、村の女性は働き者だ
  • 大地震で村の全家屋が倒壊し、現在は仮設家屋で暮らしています
  • パトレ村の子どもたち
  • 手つかずの瓦礫の中、徐々に建て始められている新しい家屋
  • 暗くなってからの食事は、支援品のソーラーランタンが役立てられています
  • 歌と踊りで新年を祝いましょう
  • 天気がよければマナスルを展望

どこか懐かしいパールの山村風景。
見事な段々畑や棚田がひろがり、山羊や水牛など家畜が鳴き、子供たちは自然の中で元気に遊び、村人は自然の恵みを最大限に活用する知恵のもとに暮らしています。
2泊するパトレ村は、主にグルン族が暮らす人口500人ほどの小さな山村です。ここでは「村の伝統的な文化、生活、習慣、そして自然環境を守りながら、それらをホームステイを通じて体験してもらおう」と、ビレッジツーリズムを展開しています。

地震前に風の旅行社が農村ホームステイのツアーを組んでいたパトレ村は、2015年4月25日のネパール大地震本震の震源地に近く、激しい揺れにより97棟ある村の全家屋が倒壊という甚大な被害を受けてしまいました。しかし、幸いにも村民は皆無事で、現在新しい村の再建を進めています。風の旅行社も、多くの日本のお客様のご支援をいただきながら、パトレ村の復興支援に携わってきました。

このツアーでは、復興が進むパトレ村に滞在し、村のリーダーたちが目指す未来の村の姿のお話をうかがうと共に、グルン族の新年「タムーロサール」と西暦の新年を祝いながら村人と交流することを主旨にした年越しツアーです。村の高台にあるゴンパから、初日の出に向かいネパールの復興を祈りましょう。
ツアーポイント
1. 風の旅行社が支援する山村パトレ村を訪ね2泊3日のホームステイ
2. グルン族の新年(12/30)と西暦の新年(1/1)の2つの新年を村人と共に祝います
3. 村の高台から初日の出を拝み、8,000m峰マナスルを望むチャンスも
4. カトマンズでは丸一日フリータイムも確保

このツアーは割引サービスが適用されます。


関連よみもの


このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1東京・大阪・名古屋・福岡・札幌
乗継地
カトマンズ
午前:東京(成田または羽田)・大阪(関西)・名古屋(中部)・福岡・札幌より空路、乗り継いでネパールの首都カトマンズへ。
深夜:到着後、日本語ガイドと共に車でホテルへ。
  宿泊●ホテル泊 食事● - / 機内 / 機内
2カトマンズ
ダディンベシ
パトレ村
午前:車で舗装道路を走り、ダディンベシへ(走行=約85km、約3時間半)。着後、昼食。
午後:ハイキングでパトレ村へ(歩行=約3時間半)。すれ違う村人とナマステの挨拶をしながら、ゆっくり歩いて行きます。
夕刻:到着後、村人の歓迎を受け入村。2泊3日のホームステイが始まります。
夜:この日はグルン族の新年(タムーロサール)にあたる日。村人と共に新年行事に参加します。夕食は民家で家庭料理をお楽しみください。
  宿泊●テント又は仮設家屋泊 食事●朝 / 昼 / 夕
3パトレ村午前:村のリーダーが、再建中の民家や被災後に村の子どもたちのリクストで造られたグラウンド、尾根上の学校など村内を案内してくれます。
午後:昼食後は、民家訪問や村人と交流などゆっくりとお過ごしください。
夕刻:家庭料理の夕食後、村人と西暦の大晦日にあたる夜を過ごした後、みんなで年越し。歌あり、踊りありの楽しい夜になるでしょう。
  宿泊●テント又は仮設家屋泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4パトレ村
ダディンベシ
カトマンズ
早朝:早起きして、村の高台から初日の出鑑賞。天気が良ければ日本隊が初登頂した唯一の8,000m峰であるマナスル(8,163m)も拝めるかもしれません。※天候により見られない場合もあります。
村人とお別れの後、ダディンベシまでハイキング(歩行=約3時間)。その後、車でカトマンズへ戻ります(走行=約3時間半)。
午後:カトマンズ到着。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
5カトマンズ終日:フリータイム
【各種オプショナルツアーもございます】
ホテルのお部屋はご出発前までご利用できます。
夕刻:ホテルで夕食後、日本語ガイドと共に、車で空港へ。
深夜:空路、乗り継いで乗継地へ。
  宿泊●機内泊 食事●朝 /  - / 夕
6香港
東京・大阪・名古屋・福岡・札幌
午前:乗り継いで帰国の途へ。
午後:東京(成田または羽田)・大阪(関西)・名古屋(中部)・福岡・札幌着後、解散。
  宿泊●泊 食事●機内 / 機内 /  - 
出発日・旅行代金(1名様あたり)
東京・大阪・名古屋・福岡・札幌発
2017/12/29(金)347,000円
ご旅行条件・他
最少催行人員●4名(定員16名)
添乗員●同行なし。現地係員がご案内。(但し10名以上の場合は同行)
利用予定航空会社●キャセイパシフィック航空、大韓航空 ※福岡・札幌発着は大韓航空のみ
利用予定ホテル●<カトマンズ>マーシャンディ、*カゼ・ダルバール、*マナン、バイシャリ
*印のホテルは一部バスタブがなくシャワー設備のみのお部屋になる場合があります。
<パトレ村>ホームステイ ※避難用テント又は仮設家屋での宿泊となります。簡易シャワーがありますが天候や現地状況で使用できない場合があります。
お一人部屋追加代金●28,000円 カトマンズのホテルのみ対応可
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●(2017年10月1日)
国際線4,000円~6,600円
●上記代金は、スタンダードクラスホテルに宿泊の場合になります。スーペリア・デラックスクラスのホテルに宿泊をご希望の方はお問い合わせ下さい。

●旅行代金に含まれないもの
各国空港税、燃油付加運賃、査証代金、日程表に含まれない食事代、その他個人的な出費、クリーニング代など

●事前徴収(2017年10月1日現在)
・成田空港諸税2,610円
・羽田空港諸税2,670円
・関西空港使用料3,040円
・中部空港使用料2,570円
・福岡空港使用料970円
・香港空港諸税:275香港ドル(4,760円)
・韓国空港諸税10,000ウォン(1,960円)
・カトマンズ空港諸税3,260ルピー(約3,540円)

●旅券(パスポート)
ネパール入国時に有効期間が6ヶ月以上の旅券(パスポート)が必要です。

●査証(ビザ)
このご旅行にはネパールの査証(ビザ)が必要になります。
査証代金(実費・手数料込み)
・東京申請の場合 ネパール滞在15日以内¥7,320
・大阪申請の場合 ネパール滞在15日以内¥7,620
※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

◆当ツアーにご参加の方は、必ず海外旅行保険にご加入ください

◆現地への支援物資として、ご自宅で眠っている物資を、必要に応じて任意でご協力いただくことも考えております。出発日が近づいてきましたら、その時点で必要なものを現地に確認し、参加される方へお知らせいたします。
 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。

いってきました! お客様の声

  • 2015-12-27発/総合評価

「風ダルバール・カマルポカリ」に初めて宿泊しました。ネパールの古い建築をホテルとして蘇らせたということですが、落ち着いた雰囲気と歴史を感じさせる佇まいがいいなぁと思いました。スタッフの皆さんもいつも笑顔で親切にしてくれましたし、食事も日本食がありうれしかったです。時々、停電になるのもおもしろく、“さすがネパール”と思いました。シャワーもトイレも使えて安心しました。夜は湯タンポを用意してくれたので、温かくベッドに入ることができました。おみやげ品コーナーは、よく見るといろいろなものが揃えてあり、私はハチミツとカレンダーと紅茶とチョコレートを買いました。チョコレートの粒の中にはコーヒー豆がそのまま入っていて、帰国してから職場に持っていくと、「日本にはないチョコレートだ」と言って喜ばれました。同じツアーの女性は、おみやげ用にクッキーをいくつも買っていました。ネパールに行ったらまた泊まりたいホテルです。      

すべての「いってきました」を表示
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求