6名様から催行出発日限定日本語ガイドが付きます英語ガイドは付きません添乗員が同行します特別講師は同行しません

【FOOTRAVEL】 ボールを持ってヒマラヤの国へ!

2018/2/26(月)発 ネパール サッカー交流と山村ホームステイ6日間 ─ 復興支援を知り伝統のホーリー祭に浸る ─

  • 新しい村のグラウンドで、皆さんを待っています!
  • たくさんの野菜が集まるアサンチョーク(2015年9月時点)
  • ダルバール広場の入口にあるカーラ・バイラブ像(2015年9月時点)
  • 手つかずの瓦礫の中、徐々に建て始められている新しい家屋
  • パトレ村へのハイキングは、のどかな川沿いの山道を歩きます。試合に向けた足慣らし?
  • ようやくパトレ村に到着。村人が歓迎してくれます
  • パトレ村はグルン族ののどかな村
  • パトレ村唯一の学校を訪問します
  • 地震後様々な事で忙しい大人の反面、子どもたちは時間をもてあましている印象です
  • 子どもたちからのリクエストを受け、復興作業用に借りた重機を使いグラウンドを建設中。ここでサッカーの試合をします
  • 「サッカー交流の旅をぜひこの村のグラウンドで」。村の若きリーダーとのこの会話でこのツアーが決まりました。
  • 復興支援ボランティア活動は、そのとき村に必要な作業をお手伝いします
  • 女性の先生も楽しそう!(2016年9月に実施した第一回目のFOOTRAVELツアーにて)
  • 交流試合後には、子どもたちへのプレゼントとして、ボールを2つお渡ししました
  • 夜は、支援物資ソーラーランタンの灯かりの中、歓迎のグルン族伝統舞踊があるかも
  • 「ホーリー祭」は豊作祈願のヒンドゥ教のお祭り。街中に赤・黄・緑の粉や水が飛び交います
  • カトマンズに戻ったら「ホーリー祭」の真っ最中! 粉をかけられても良いように汚れても良い服装で挑みましょう
  • 子どもだからといって油断すると、こんな風に狙われます(笑)
  • ティミにある施設「SOS Children's Village Sanothimi」でも、子どもたちとサッカー交流試合を実施します
  • 雨上がりで田んぼのようなティミ(SOS)のグラウンド(2016年9月に実施した第一回目のFOOTRAVELツアーにて)

2015年4月25日のネパール大地震、その後の余震で、レンガ造りの古い建物や長い歴史を持つ寺院や仏塔などが崩れ、カトマンズ盆地や近郊の村々の一部で家屋が全壊・半壊するなど甚大な被害が出ているネパール。地震により家屋を奪われた多くの人々が非常用テントや仮設家屋での生活を余儀なくされています。
風の旅行社では、震災3日後に「ネパール大地震支援金口座」を開設し、多くの方から温かいご支援をいただいています。風の旅行社ネパール支店は、その支援金を支援物資に充て、被災者へ直接手渡しで渡す活動を中心に、各地の団体から情報収集に努めています。

地震前に風の旅行社が農村ホームステイのツアーを組んでいたパトレ村は、本震の震源地に近く、激しい揺れで97棟ある村の家屋全てが全壊・半壊となるなど甚大な被害を受けました。その後、村人やボランティアの力で徐々に復興の兆しが見えてきた一方、子どもたちの遊ぶ時間や場所が奪われているのが現状です。

【FOOTRAVEL】ネパールでサッカー交流をする理由

過去に実施したこのツアーの添乗レポートはこちら【動画有り】
添乗報告記●「FOOTRAVEL」ネパール・被災地の山村でサッカー交流!

このツアーでは、風の旅行社が支援するパトレ村にホームステイ。地震後に子どもたちのリクエストを受け造られた村のグラウンドで、子どもたちや村人とサッカーを通じて交流をし、その時に必要なボランティア作業を村人と共に実施します。
また、同じく風の旅行社が就学支援しているティミの「SOS Children's Village Sanothimi」でも、子どもたちとサッカー交流をします。

サッカー経験者でなくてもOK(交流目的の試合なのでレベルは問いません。もちろん女性や学生の方も大歓迎!)
◆当ツアーにご参加の方は、必ず海外旅行保険にご加入ください



パトレ村での試合の様子をご覧下さい!(2016年9月)


ツアーポイント
1. 風の旅行社が支援するパトレ村とSOSで子どもたちや村人とサッカー交流
2. パトレ村で2泊3日のホームステイ。地震後に完成した子どもたちの為のグラウンドでサッカー交流とボランティア作業
3. お預かりした支援金の一部を、子どもたちの就学支援として寄付している「SOS Children's Village」を訪問
4. 3/1(木)は豊作祈願のお祭「ホーリー祭」で賑わうカトマンズの興奮を体感
5. 参加者全員に、試合用の特製チームユニフォームをプレゼント! 旅の記念としてもピッタリです

このツアーは割引サービスが適用されます。


FOOTRAVEL

関連よみもの


このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1東京・大阪・名古屋・福岡・札幌乗継地
カトマンズ
09:00~14:00:東京(成田又は羽田)・大阪(関西)・名古屋(中部)・福岡・札幌(新千歳)より空路、乗り継いでネパールの首都カトマンズへ。
17:55~22:10:着後、日本語ガイドと共にホテルへ。
  宿泊●ホテル泊 食事● - / 機内 / 機内
2カトマンズ
ダディンベシ
パトレ村
早朝:アサンチョークやインドラチョーク、ダルバール広場などタメル地区の見所を徒歩で散策します。
午前:車で舗装道路を走り、ダディンベシへ(走行=約85km、約3時間)。着後、ハイキングでパトレ村へ(走行=約3時間)。すれ違う村人とナマステの挨拶をしながら、交流試合に向けての足ならしです。
夕刻:到着後、村人の歓迎を受けて村での2泊3日のホームステイが始まります。夕食は家庭料理をお楽しみ下さい。
  宿泊●テント又は仮設家屋泊 食事●朝 / 昼 / 夕
3パトレ村(復興支援ボランティア活動)午前:村のリーダーから案内を受け、被災した民家や尾根上の学校を訪問します。その後、その時に必要なボランティア作業を村人と共に実施します
午後:パトレ村の子どもたちや村人とサッカー交流
夕刻:交流試合終了後、村人たちと交流会。おいしい家庭料理や地酒(ロキシー)を囲んで乾杯!。健闘を讃え合いながら言葉を超えた交流をしましょう。
  宿泊●テント又は仮設家屋泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4パトレ村
ダディンベシ
カトマンズ
午前:村人とお別れの後、ダディンベシまでハイキング(歩行=約2時間)。その後、車でカトマンズへ戻ります(走行=約3時間)。
午後:カトマンズ着後、ホーリー祭で賑わう街へ繰り出します。この日は豊作を祈願する、ヒンドゥ教の春祭り「ホーリー祭」にあたる日。赤・黄・緑の色のついた粉や水を誰彼構わず掛け合い、子どもたちは水風船や水鉄砲を持って待ち構えています。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
5カトマンズ
バクタプル
ティミ
カトマンズ
午前:車で古都バクタプルへ。復興状況を視察します。
その後、ティミへ。風の旅行社がお預かりしている支援金の一部を就学支援として寄付している「SOS Children's Village Sanothimi」を訪問します。午後:SOSの子どもたちとサッカー交流
夕刻:交流試合終了後、車でカトマンズへ戻ります。
【出発までお部屋をご利用いただけます】
夜:日本語ガイドと共にカトマンズの空港へ。
20:30~23:15:空路、乗り継いで帰国の途へ。
  宿泊●機内泊 食事●朝 / 昼 / 夕
6乗継地
東京・大阪・福岡・札幌
09:20~21:05:東京(成田又は羽田)・大阪(関西)・名古屋(中部)・福岡・札幌(新千歳)到着。
  宿泊●泊 食事●機内 / 機内 /  - 
出発日・旅行代金(1名様あたり)
東京発
2018年2月26日(月)279,000円
大阪発
2018年2月26日(月)279,000円
名古屋発
2018年2月26日(月)279,000円
ご旅行条件・他
最少催行人員●6名(定員16名)
添乗員●添乗員が同行します。
利用予定航空会社●中国南方航空、大韓航空
利用予定ホテル●<カトマンズ>*カゼ・ダルバール、マーシャンディ、バイシャリ、ガンジョン
*印のホテルは一部バスタブがなくシャワー設備のみのお部屋になる場合があります。
<パトレ村>ホームステイ ※テント又は仮設家屋での宿泊となります。 ホームステイ泊では、簡易的なシャワー施設となります。
お一人部屋追加代金●15,000円 カトマンズのホテルのみ対応可
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●(2017年9月1日)
国際線4,000円~7,550円
●上記代金は、スタンダードクラスホテルに宿泊の場合になります。スーペリア・デラックスクラスのホテルに宿泊をご希望の方はお問い合わせ下さい。

●旅行代金に含まれないもの
各国空港税、燃油付加運賃、査証代金、日程表に含まれない食事代、その他個人的な出費、クリーニング代など

●事前徴収(2017年4月1日現在)
・成田空港諸税2,610円
・羽田空港諸税2,670円
・関西空港諸税3,040円
・中部空港使用料2,570円
・福岡空港施設使用料970円
・新千歳空港施設使用料1,030円
・韓国空港諸税:2,000円(20,000韓国ウォン)
・広州空港税180元(3,060円)
・カトマンズ空港諸税3,260ルピー(約3,540円)

●旅券(パスポート)
ネパール入国時に有効期間が6ヶ月以上の旅券(パスポート)が必要です。

●査証(ビザ)
このご旅行にはネパールの査証(ビザ)が必要となり、カトマンズ空港後、ネパール入国時に取得します。現地でビザ申請時に必要な書類は、以下の通りです。写真(3.5×4.5)1枚。パスポート(残存期限6ケ月以上)、実費25米ドル
査証代金(実費・手数料込み)
※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

◆現地への支援物資として、ご自宅で眠っている文房具などを、必要に応じて任意でご協力いただくことも考えております。出発日が近づいてきましたら、その時点で必要なものを現地に確認し、参加される方へお知らせいたします。
 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求