日本人パスポート保持者のミャンマービザ免除決定

 

以前よりうわさのありました「日本人のミャンマービザの免除」について
大使館のホームページでも掲載されました。

あくまでも1年間の試行ですが、要件は下記の通りです。

●試行される査証免除要件

1.対象者: 日本および韓国の一般旅券所持者。

2.試行期間:2018年10月1日から2019年9月30日入国分まで

3.無査証滞在の要件
(1)旅券の残存期間:入国時6ヵ月以上
(2)旅券の未使用査証欄:入国時2ページ以上
(3)入国時1,000ドル所持していること
(4)1ヵ月以内に出国するための有効な航空券を所持していること

(a)入国は次のいずれかの地点に限る。
・国際空港:ヤンゴン国際空港、マンダレー国際空港、ネーピードー国際空港
・国際港:ヤンゴン港
・タイとの陸路国境地点:Tachileik、Mayawaddy、Kawthaung、Hteekee
(b,c,d)観光目的での30日以内の滞在に限る。パッケージツアー、個人旅行いずれでも可。
(e)ミャンマー政府が定める旅行制限区域(外国人立入禁止区域)への訪問は不可。
(f)ミャンマー政府が定める法律、規則、命令、指令を厳格に遵守すること。

【ご注意】
今回改訂される前の大使館のホームページ上では要件(g)(i)には

「入国時1,000ドル所持していること」や「出国する航空券の所持」が入っていましたが、
上記の通り、削除されました。
但し、ミャンマー各地の入国管理担当者の判断で、滞在に十分な所持金や滞在予定先の提示を
求められる可能性がありますので、ご注意下さい。