村上大輔さん『チベット聖地の路地裏 -八年のラサ滞在記-』を上梓

 
村上さん著書
クリックで出版社サイトへ
村上さん著書
クリックで出版社サイトへ

元ラサ駐在員、現在は風カルチャークラブ講師の村上大輔さんが、風の旅行社のラサ駐在員時代のフィールドワークを元に書かれた著書『チベット聖地の路地裏 -八年のラサ滞在記-』(法蔵館)を上梓されました。

村上大輔さんは、2007年4月より2014年1月まで、風の旅行社ラサ駐在員としてチベットに駐在。7年に渡り、多くのお客様をお迎えいただきました。このHPをご覧いただいている皆様の中にも、お会いしたことのある方がきっといらっしゃるかと思います!

そして、ツアーや講座ではチベットの達人として、あるいは連載ブログ「ラサは今日も快晴」を通じて、現場からの生き生きとした知見を私たちに分け与えてくださいました。

そんな村上さんによる、記念すべき(日本語での)処女作です!
本当におめでとうございます。

書籍詳細・お求めはこちらから!(出版社サイト)