10名様から催行出発日限定添乗員は同行しません特別講師が同行します

三木昇さんと見る知るたしかめる

7/15(土)発 山口・秋吉台はどうなっているか -カルスト台地の風土と文化をたしかめにいく-

  • 広大なカルスト台地
  • ウバーレというカルスト地形の中にある江原(よわら)集落
  • ウバーレ地形とは...?
  • 蛙森様という蛙を祭る岩(江原集落)
  • 産業遺構も訪ねます
  • 秋芳洞もたしかめましょう

その土地の自然、景観、風土、そこに暮らす人々の知恵などなど、あらゆるものに興味を示しながら、どうなっているんだろう? とたしかめに行く旅の国内版。

今回は山口県、秋吉台周辺の自然、風土、風景を見ます。

以下、三木さんより~
 秋芳洞は大きな洞窟。洞窟は今までいろいろ見てきたし、また行ってもという方もありましょうが、秋芳洞は天下の名洞であります。一見の価値アリ。
 
 今回の旅は大洞窟を作った石灰岩台地と石灰岩地帯ならではの大地の暮らしを確かめます。石灰岩とゴボウの関係? 
石灰岩の上にくらす集落を訪ねて、そこで行われる共同作業とは…などなど。

 もちろん、石灰岩そのものを確かめます。カルスト地形、 化石、石材、付加体、ヘッドランプ利用の鍾乳洞もぐり、さらに石灰岩と火成岩の出会いが、奈良東大寺の大仏さんとつながる、このご関係とは とは・・・
 前入りして世界遺産となった日本の近代化遺産と組み合わせるのも良いかもしれません。松陰先生の風も吹いておりまする。




講師

三木 昇(みき のぼる)

風景を読み自然景観を紐解く名人

1951年生まれ北海道在住。学生時代は林学を専攻し、後に北海道自然保護協会、野生生物情報センターを経て、北の森自然伝習所を設立。北方の森を得意分野とし自然解説の他に植生等の調査研究活動にも従事。大地の歴史や息吹を感じさせるダイナミックでユーモアに溢れた解説と博学に裏打ちされた底知れぬ面白さが魅力。風景を読み、自然景観から様々な事柄を紐解く楽しさを伝えてくれる。



秋吉台の場所



このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1●地形と暮らしの関係を知る
12:15 山口宇部空港集合。
午後:車で移動。美祢市役場近くの歴史資料館にて概略をつかむ。その後、複数の窪地がつながったカルスト地形であるウバーレにある江原(よわら)集落を散策。

  宿泊●秋吉ロイヤルホテル泊 食事● - /  - / 夕
2●地球の営みを感じる
午前:秋吉台カルスト台地を歩き、たしかめてみましょう。
午後:鍾乳洞比較。大規模な秋芳洞と、ヘルメットとヘッドランプで探検する景清洞へ。
  宿泊●ほっとビレッジ美東泊 食事●朝 /  - / 夕
3●産業の関わりを見る
午前:長登銅山跡を歩く。石灰岩帯と銅山の関係を見ていきます。
午後:周辺の集落または寺社仏閣を見学。その後、車で空港へ。
17:00 宇部空港にて解散。



  宿泊●泊 食事●朝 /  - /  - 
出発日・旅行代金
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
7月15日(土)〜7月17日(月)3日間68,400円
ご旅行条件・他
最少催行人員●10名(定員16名)
添乗員●同行します。
利用予定航空会社●なし
利用予定ホテル●秋吉ロイヤルホテル、ほっとビレッジ美東
お一人部屋追加代金●設定ありません
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●
※宿のお部屋は原則として男女別の相部屋(3~4名)となります。ご夫婦や友人同士で1室ご利用になりたい場合はご相談ください。追加料金がかかる場合もありますが、可能な限りご相談に応じます。
 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求